エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

終活でのエンディングノートに書く内容はとても大切なものです。エンディングノートを書くことで、遺された方に自分の意思をきちんと伝えることと、これからの生き方の再確認ができます。ここではエンディングノートの内容と書き方について詳しく解説をします。

目次

  1. エンディングノートの内容について
  2. エンディングノートについての基礎知識
  3. 項目別エンディングノートに書くべき内容
  4. エンディングノートを書く際の注意点
  5. エンディングノートの種類
  6. エンディングノートの書き方講座
  7. エンディングノートの内容まとめ

エンディングノートの内容について

人々

終活の一つとして、エンディングノートを考えたことはありますか?
昨今、終活のためのエンディングノートを用意する方が増えているようです。
エンディングノートを書くことで、どんなメリットがあるのでしょうか?

エンディングノートには、ご自身の意思をきちんと残すことができます。
そして、遺された方の負担を軽くすることができます。

例えば、葬儀は昨今、さまざまな形式のものが営まれるようになりました。
たくさんの方に参列していただく一般葬もあれば、少人数で落ち着いた家族葬もあります。
また、懇意にしている寺院はあるのか、宗派は何なのか、そのようなことも遺されるご家族に伝わっているでしょうか?

親戚関係のつながりも、今後どのようなお付き合いをしていけばよいのか、ご家族で共有できているかの確認が必要です。

ほんの少し考えただけでも、伝えておきたい細かなことがいろいろ思い浮かびますよね。
遺された方が悲しみにくれつつ、さまざまな判断を負うのはたいへんです。

エンディングノートを書いておけば、ご自身の希望が叶うだけではなく、遺された方の負担も軽くなります。

ただ、実際に用意するとなれば、エンディングノートには何を書けばよいのか、どんな内容にすればよいのか、漠然としていてわかりにくいかと思います。

そこで今回終活ねっとでは、エンディングノートの内容について、

  • エンディングノートについての基礎知識
  • 項目別エンディングノートに書くべき内容
  • エンディングノートを書く際の注意点
  • エンディングノートの種類
  • エンディングノートの書き方講座

以上のことについて詳しくご説明をします。

エンディングノートを書くことで、今までの人生を振り返り、そして、これからの生き方を考え直すきっかけにもなることと思います。
終活において、エンディングノートはとても大切なものです。
ぜひ最後までお読みください。

エンディングノートについての基礎知識

人々

では、エンディングノートとは一体、どんなものなのでしょうか?
エンディングノートに書く内容も含め、エンディングノートの意味やメリット等の基礎知識など、エンディングノートの基礎知識をご説明します。

エンディングノートとは何か

そもそもエンディングノートとは何なのでしょうか?

エンディングノートとは、これまでのご自身の人生と、終末期、そして逝去後の意思表示を記したノートです。
エンディングノートに書かれる内容は、ご自身が生きてきた証でもあり、遺されるご家族へのメッセージでもあります。

なぜエンディングノートを書くのか

エンディングノートはなぜ必要なのでしょうか?
エンディングノートには二つの大きな役割があります。

エンディングノートが果たす一つ目の役割は、ご自身の意思をご家族に伝えることです。
終末期や逝去後のことを考え、家族の方と話し合うということはとても大切なことながら、どうしても重苦しい話となってしまうため、改まってご家族に伝えるのは難しいことです。
しかし、エンディングノートを用意すれば、それをきっかけにしてご家族にご自身の考えを伝えやすくなります。
口に出して言いにくいことも、エンディングノートには書いておくことができます。

エンディングノートが果たす二つ目の役割は、遺されたご家族の負担を減らすことです。
ご自身の意思表示ができなくなった終末期、また逝去された後のことの判断は、すべて遺された方が負うこととなります。
エンディングノートに終末期の医療や葬儀などについて、ご自身の希望が記されていれば、ご家族の心の負担が軽減されます。

エンディングノートを書くメリット

エンディングノートを書くメリットは何なのかという疑問を持たれる方も多いことでしょう。

エンディングノートを書くことのメリットは、生前のご自身の意思がはっきりと伝わり、遺された方が医療・介護やお墓のこと、資産のことなど様々な面で迷わなくてというものです。

ご自身が終末期や逝去後にどうしたいかをきちんと伝えることができるので、ご自身も希望通りの対応を受けやすくなる上に、ご家族の方も負担が軽減されます。

項目別エンディングノートに書くべき内容

人々

それでは実際、エンディングノートにはどんな内容を書けばよいのでしょうか?

ただ、漠然と思いつくままエンディングノートを書いてしまうと、後々読みにくいだけではなく、大切なことを書き落としてしまう可能性があります。

エンディングノートを書く時に大切なのは、内容を項目別に分けて考えることです。
項目別に分けることで、書くべきことが整理され、遺された方にも伝えやすくなります。

では、項目別のエンディングノートに書くべき内容を具体的に例を挙げて見ていきましょう。

個人について

エンディングノートには、ご自身についての個人情報を書いておきます。

生まれや育ち、今までの生き方や考え方など、誰一人同じ方はおらず、唯一無二の存在です。
エンディングノートには自分史を事細かに書く方もいれば、ほんの数行で済ませる方もいます。
ご自身やご家族との思い出の写真や動画を添えたり、絵やイラストで表現されることもあります。
いずれにしてもそれを読むことで、遺された方はしみじみと故人を偲ぶことができます。

また、ご自身の情報として、インターネットでのSNSや有料サイトを利用している場合は、エンディングノートにそのサイトのアドレスとパスワードを明記しておきます。
SNSは放っておくと開いたままになってしまいますし、パスワードがわからなければ、有料サイトからの退会ができません。

ネット銀行を利用している場合も、ご家族がアクセスできるよう、エンディングノートには銀行名とパスワードを書いておきます。

エンディングノートにはご自身の人生、そしてオンライン上の情報など個人について詳しく書くことが大切です。

親族や友人について

エンディングノートには、親族や友人について書いておきます。
お世話になった親族とのつながりや、連絡を取り合っている友人とのお付き合いの深さは、ご自身でなければわからないことが多いです。
趣味やサークル仲間がある場合も、会の名簿からは親しさの程度がわかりません。

ご自身の終末期の入院や逝去の知らせ、また葬儀の連絡をどこまで知らせてよいものかなど、遺された方は途方に暮れることとなります。

エンディングノートには親族や友人関係について、どこまで何を知らせるかなどを詳しく記しておくことが大切です。

財産や相続について

エンディングノートには、財産や相続についてもきちんと書いておきます。

保険や株、預貯金、またローンや借金などのマイナスの遺産についても、遺された方がスムーズに手続きを進められるよう、エンディングノートにまとめてわかりやすく明記します。
また、年金証書や保険証書、通帳や印鑑など貴重品の置き場所も記しておきます。

ネット銀行を利用している場合には、ご家族がアクセスできるように銀行名とパスワードも忘れないように書いておきます。

財産や相続についての考え方は、人それぞれに違います。
遺された方が迷ったり諍いを起こしてはたいへんです。
エンディングノートには、財産や相続についてのご自身の意思を詳しく書いておくということが大事になってきます。

ただし、法律で定められている財産分与の方法以外の相続方法を希望されるという場合は、エンディングノートでは効力がないため、遺言書が必要です。
エンディングノートと遺言書では効力が変わってくるので注意してください。
遺言書を作成している場合には、エンディングノートに遺言書を作成していることと、管理者の名前を明記しておきます。

医療や介護について

エンディングノートには、ご自身の医療や介護についての希望も書いておきます。
最近では医療技術が進み、終末期にどの程度まで延命治療を受けるのか等、難しいことが増えてきました。

現実問題として、意思表示できない状態に陥った時、ご自身がどのような医療や介護を望むのか、ご家族にとっては決断の難しいところです。
「これでよかったのだろうか。」と、後々、ご家族が悔やまれることにもなりかねません。

エンディングノートに終末期の医療や介護についてのご自身の意思を記しておけば、そういったご家族の心の負担が軽くなります。

エンディングノートには、ご自身の望まれる医療や介護について書くことが大切です。

葬儀やお墓について

エンディングノートには、葬儀やお墓についても書いておきます。
以前なら、葬儀もお墓も伝統的なしきたりに従って進めていけば何も問題はありませんでした。
しかし、少子高齢化が懸念される中で葬儀やお墓にもさまざまな新しい形式が登場しています。

例えば、葬儀は一般葬にするのか、家族葬にするのか。
お墓は先祖代々のものがあるのか、新しく建てるのか。
お墓は建てず、永代供養をお願いするのか。
懇意にしている寺院はあるのかどうか。

ご自身が当たり前だと思っていることも、ご家族には伝わっていないことがあるのではないでしょうか。
エンディングノートには、ご自身が望む葬儀の形式やお墓について詳しく書いておくと、ご家族にもご自身の意思がはっきりと伝わるでしょう。

遺品について

エンディングノートには、遺品についても明記します。

悲しみにくれるご家族にとって、遺品は生前を偲ぶことができる大切なものです。
それだけに、遺品を整理をすることがとても難しくなります。

しかしながら、いつまでも遺品のすべてを残しておくわけにもいきません。
日常的に愛用していた指輪など資産価値の低い貴金属や趣味のコレクションなど、形見分けの品について、保管場所と贈る人の名を、あらかじめエンディングノートに書いておくことが大切です。

遺された方の気持ちの負担を減らすためにも、エンディングノートにはご自分の遺品の整理についての希望を記しておきましょう。

遺言について

エンディングノートには、遺言について書くことができます。
逝去した後、特に強く望まれるご自身の意思を、遺言として残すことができるのです。
形式通りに書かなくてはならない「遺言書」とは違い、エンディングノートには逝去後のご自身の希望を、自由に書くことができます。

ただし、エンディングノートでの遺言には法的な効力はありません。
後ほどのエンディングノートの注意点にて詳しく解説いたします。

遺族・友人へのメッセージ

エンディングノートには、遺族や友人へのメッセージを残すことができます。
面と向かっては言いにくい感謝の言葉や、共有する思い出、これからの生き方の示唆などをエンディングノートに書いておくことで、遺された方の心が慰められます。
写真や動画のメッセージをCDにして添付する方法もあります。

エンディングノートには、遺族や友人へのメッセージを自由な形で残すことができます。

エンディングノートを書く際の注意点

人々

エンディングノートは、逝去した後も家族の手元に長く残るものです。
それだけに、エンディングノートを書く時には注意することがいくつかあります。

以下からエンディングノートを書く際の注意点を考えてみます。

遺言状と違って法的拘束力はない

エンディングノートには遺言状とは違って法的拘束力がない、と言うことに留意する必要があります。
財産や相続についても、エンディングノートに書かれたことは、ご自身の希望に過ぎず、法的な効力はありません。

法的拘束力を望むものは、法的な規定に従った形の遺言書の作成が必要です。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
遺言書との違いについてもっと詳しく知りたい方はこちらを併せてご覧ください。

こちらも読まれています

両方必要?エンディングノートと遺言書の違いについて解説します!

エンディングノートと遺言書。共にご家族に対してご自身の遺志を残すために重要となるアイテムですが、この二つには明確な違いがあります。どのような場合にどちらが有効となるのでしょうか。エンディングノートと遺言書を比較しながら、その違いについて解説していきます。

エンディングノートの形式に決まりはない

エンディングノートの形式に決まりはないため、気軽に取り組むことができます。

エンディングノートにはこのように書かなくてはならないという決まりなどはなく、書き方は自由です。
堅苦しく考える必要がなく、書きたいときに書けることが特徴です。

書けるところだけ書くようにする

エンディングノートの書き方には決まりがないため、項目を全て埋める必要はありません
親戚づきあいや友人関係、加入している保険のことなど、とりあえずは具体的にわかりやすいところから書き込んで大丈夫です。
エンディングノートは少しずつ、書けるところだけ書くようにすればよいのです。

家族と事前に話し合いながら書く

ご自身が逝去した後のことは、縁起でもないという気持ちからご家族とは話しづらいものです。
しかしエンディングノートを前にすれば、あらかじめ伝えておきたいことをご家族に話しやすくなるのではないでしょうか。

エンディングノートは、ご家族と事前に話し合いながら書くことをお勧めします。

書いた内容を折に触れて見直す

エンディングノートは、書いた内容を折に触れて見直す必要があります。

エンディングノートは、ご自身の逝去した後も活用されるものです。
場合によっては、ご家族が開くのは何年も後のこととなる可能性があります。
その間、親戚や友人関係、財産などの状況も変わっていきます。

エンディングノートの種類

人々

それでは、エンディングノートにはどんな種類のものがあるのでしょうか。
エンディングノートには決まった形式がなく、自由な書き方ができるため、さまざまな様式のものがあります。
では、エンディングノートの種類について見ていきましょう。

書店で購入可能なエンディングノート

書店で購入可能なエンディングノートをご紹介します。

冒頭に、記入のコツとヒントが書かれており、項目別に書き込んでゆけば完成するエンディングノートです。
書店に置いてあるので、手に取ってエンディングノートの形式を確かめてから買うことが可能です。

書店以外で購入可能なエンディングノート

次に、書店以外で購入可能なエンディングノートです。
こちらは手書きのノートではなく、パソコンソフトとなっています。
項目を入力してゆくだけなので、書き直しがしやすく、紛失の心配がありません。

無料配布しているエンディングノート

エンディングノートには、無料配布されているものもあります。
葬儀会社や葬儀会社の紹介サイトをチェックすれば、資料請求することでエンディングノートを無料で入手できるところがあります。
こちらが無料配布しているエンディングノートです。

オンライン配布しているエンディングノート

こちらは、オンラインで配布しているエンディングノートです。
マイクロソフトOfficeのテンプレートの一つで、ダウンロードすれば、worldを使って管理できる無料エンディングノートです。
手書きのエンディングノートとは違い、こちらも書き直しがしやすくなります。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
おすすめのエンディングノートについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートの価格について解説!人気のノートをご紹介します

終活におけるツールとしてエンディングノートの話題性が高まっています。ではエンディングノートはどのぐらいの価格でどのようなものがあるのでしょうか。今回はエンディングノートの価格と種類について解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

エンディングノートの書き方講座

人々

ここまでエンディングノートについて、さまざまな項目を見てきましたが、いざエンディングノートを書こうとしても、やっぱり気が進まない、具体的な書き方がわかりにくい、ということもあるかと思います。

そんな時は、エンディングノートの書き方講座に参加してみるのも良いかもしれません。

エンディングノートの書き方講座には、足を運んでセミナーに参加する講座や、ご自宅のパソコンで受けられる、オンライン講座もあります。

セミナーでの講座

コンサルティング会社が開く、エンディングノートの書き方セミナーが、全国で数多く開催されています。
エンディングノートの書き方のコツだけではなく、ファイナンシャルプランナーや相続のコンサルタントを交えてのセミナーもあります。

オンライン講座

エンディングノートの書き方についての、オンラインセミナーも開催されています。
ご自宅のパソコンで、エンディングノートの書き方講座の動画を見ることができます。

エンディングノートの内容まとめ

人々

今回終活ねっとではエンディングノートの内容についてご説明をしましたが、いかがでしたでしょうか。
この記事内容をまとめてみますと、以下のようになります。

  • エンディングノートとは、終末期や逝去された後、ご自身の意思をきちんと伝えるために書いておくもの。
  • エンディングノートを書いておくと、ご自身の希望が叶い、遺された家族の負担を軽くすることができるというメリットがある。
  • エンディングノートは個人について・親族や友人について・財産や相続について・医療や介護について・葬儀やお墓について・遺品について・遺言について・家族、友人へのメッセージについてなど項目別に分けて書く。
  • エンディングノートを書く際の注意点として、遺言状と違って法的拘束力がないこと、エンディングノートは決まった形式がないので自由に書けること、書けるところだけを書いても良いこと、家族と話し合いながら書くのが望ましいこと、長期にわたって保管するものなので折に触れて内容を見直すことを留意する。
  • エンディングノートには、書店で購入可能なエンディングノート・書店以外で購入可能なエンディングノート・無料配布しているエンディングノート・オンライン配布しているエンディングノートなどいくつか種類がある。
  • エンディングノートの書き方講座を受講することもできる。コンサルティング会社が開催する、エンディングノートの書き方セミナーや、動画を使ったオンラインでのエンディングノートの書き方講座もある。

以上、エンディングノートの基礎知識と、書く内容についてのご説明をしました。
エンディングノートは、自由に書くことができる形式なので取り組みやすく、また、これからのご自身の生活を再確認する機会にもなると思います。
エンディングノートをきっかけに、ご家族に様々なことを伝えやすくもなるのではないでしょうか。
エンディングノートが、より良い終活の選択肢のひとつとなれば幸いです。

終活ねっとではこのほかにも終活に関する記事や葬儀・お墓の情報を掲載しています。
ぜひ併せてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「エンディングノート・内容」に関連する記事

「エンディングノート・内容」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「エンディングノート・内容」についてさらに知りたい方へ

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介のサムネイル画像

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!のサムネイル画像

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!のサムネイル画像

かわいいエンディングノートとは?おすすめの商品を紹介します!

どこに売ってるの?エンディングノートの入手方法をご紹介しますのサムネイル画像

どこに売ってるの?エンディングノートの入手方法をご紹介します

エンディングノートをシンプルに作るには?簡単な作り方を紹介!のサムネイル画像

エンディングノートをシンプルに作るには?簡単な作り方を紹介!

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容の例や活用例、注意点などを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「エンディングノート・内容」についてさらに知りたい方へ

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介のサムネイル画像

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと