お墓はどんなパーツでできている?それぞれの役割や費用などを紹介!

お墓は複数のパーツによって構成されていますが、そのパーツの名称や役割にどういったものがあるかご存知でしょうか? 今回はお墓のパーツについて詳しい説明をしたり、パーツごとにどれだけの費用がかかるのかといったことについてご紹介をします。

目次

  1. お墓のパーツについて
  2. 和型墓のパーツ
  3. 洋型墓のパーツ
  4. 外柵部分のパーツ
  5. お墓のパーツの費用相場
  6. お墓のパーツまとめ

お墓のパーツについて

お墓

お墓を直接目にすることはお墓参りの時ぐらいという方が多いのではないでしょうか。
そのためお墓を細部に渡ってよく見たことはあまりないですよね。

実はお墓は複数のパーツによって分かれていて、ぞれぞれに役割があります。
その役割を知ることでお墓の知識は格段に向上するはずです。

また、これからお墓を建てようと思っている方は、この記事を読んでおくことで石材店から出される見積書でどこの部分にどれだけ費用がかかっているのかといったことを素早く理解することができます。

そこで今回終活ねっとでは、お墓のパーツの役割や、それらパーツの費用相場について下記のことをご紹介します。

  • 和型墓の各パーツに関する説明・パーツの役割
  • 洋型墓の各パーツに関する説明・パーツの役割
  • 外柵部分の各パーツに関する説明・パーツの役割
  • お墓のパーツごとの費用相場

ぜひ最後までお読みください。

和型墓のパーツ

お墓

まずは日本人にとって最も馴染み深い和型墓のパーツについてご紹介します。

一言で和型墓と言っても、そのパーツは20種類近くあります。
今回はその中でも代表的な8種類のパーツについて解説します。

石碑

石碑は竿石、その竿石の下に位置する蓮華、竿石・蓮華を支える上台や中台などをまとめて呼ぶものです。
竿石には「○○家之墓」といったような名前を刻まれており、お墓の顔と言っても過言ではないパーツです。

この文字の入れ方は、各宗派によって異なるということをご存知でしょうか?
代表的な宗派の入れ方をご紹介しますので、ご自身の場合どういう名前の刻み方をするか確認してみましょう。

天台宗の場合は「南無阿弥陀佛」と刻む時と、「○○家先祖代々」と刻む時があるのが一般的ですが、頭に梵字を入れることもあります。

真言宗の場合は「南無大師遍照金剛」と彫刻する時と、密教の大日如来を表す文字を頭に入れる場合があります。

日蓮宗の場合、「南無妙法蓮華経」と刻む時と「妙法」とだけ刻むことが多いです。

曹洞宗や臨済宗といった禅宗の場合は、「南無釈迦牟尼佛」と彫刻する時と、頭に円相と言われる○を入れ、その下に「~~家先祖代々」と入れる場合があります。

浄土宗の場合には「南無阿弥陀佛」と彫刻する時と、「○○家先祖代々」と刻んだ上に梵字を入れます。

浄土真宗の場合には「南無阿弥陀佛」あるいは「倶會一處」と刻むのが一般的です。

このように宗派によって名前の彫刻は異なります。

水鉢・花立て

水鉢とは両サイドを花立てに挟まれたお水をお供えするパーツのことを指します。
神道や浄土真宗の場合、通常であれば水鉢はありません。

仏様は水が好物と信じられていますので、そのお水をお供えするためのものです。
また、お盆の時期などにあの世からご先祖様が一度お墓に帰ってくると言われていますが、帰ってきた時に反射する水面に自分の顔を映すためとも言われています。

水鉢が黒ずんだりしたいようお酒やジュースをこの場所に入れるのは控え、お水だけお供えするようにしましょう。

花立ては、一般的には水鉢の両サイドに設置されており、お花をお供えするパーツのことです。

灯篭(とうろう)

灯籠とはお墓の入り口の両サイド付近に設置されており、お墓全体を荘厳に見せる演出的な役割を担っています。
もうひとつの役割はご先祖様に灯明供養を捧げるためのものです。

灯籠に火を灯すことで、その周辺の邪気を払うと信じられています。
また、故人があの世に旅立つ際に神仏のもとに迷うことなく導かれるための明かりとして役割を果たすとも言われています。

香炉(こうろ)

香炉とはお線香をお供えするために設置されている台のことを言います。
台の前面をくり抜いており、そこにお線香をお供えします。

お線香は仏様のお食事とも考えられており、その大切なお線香をお供えする香炉は石碑などと比べれば目立ちませんが、重要なパーツのひとつです。

拝石(はいせき)

この次にご紹介するカロートと呼ばれる部分を塞ぐ蓋のことを拝石と言います。
カロートに雨風が入らないようにしっかりガードする役割を持っています。

カロート

ご遺骨を納めておくために中が空洞になっている部分をカロートと呼びます。

通常は拝石で蓋がされており、中を覗き見ることはできません。
お墓全体としてはご遺骨を納めておくためのものですので、カロートはお墓の心臓部とも言えるパーツです。

塔婆立(とうばたて)

塔婆立はお塔婆(卒塔婆)を立てておくための場所のことを指します。
お塔婆には故人の戒名が書かれており、供養のために立てられますが、それを支えるための重要なパーツです。

お塔婆を立てるということは善を積むということと一致しているため、故人の冥福につながると考えられています。

浄土真宗の場合は基本的にはお塔婆を立てることはないため、塔婆立もないことが一般的です。

墓誌

故人のお名前を刻んでいる石版を墓誌と言います。

墓誌の「誌」という文字に注目してください。
日誌という言葉にも使われている通り、「誌」には書き記すという意味があります。

墓誌の場合は何を書き記すのかというとそのお墓で祀られている方々のお名前ということになります。

洋型墓のパーツ

お墓

近年、モダンなデザインで欧米風の洋型墓の人気も高まっています。
そこで和型墓に続いて、下記では洋型墓のパーツについてご紹介します。

石碑

石碑は和型墓と同様にお名前を刻む竿石や、竿石を支える中台・下台をまとめて呼んだ部分のことです。
和型墓と比べると、洋型墓の石碑は背が低いため、地震に強いと言われています。
また石碑のデザインに個性を出す場合も多く見受けられます。

例えば洋型墓の典型的な形は横長の長方形ですが、その形を活かして故人が好きだったピアノに模したり、あえて長方形にはせず波型に石を成形したり、花の彫刻を施したりします。

水鉢

洋型墓における水鉢も和型墓と同じように花立に挟まれる形で設置されていることが多いです。
水鉢には主に2つの種類があります。

1つ目は切り出し水鉢と呼ばれるタイプのものです。
このタイプは水鉢と花立が同じ石から削り作成されるため、一体型になっているのが特徴です。
石碑にもくっつけることができるため地震に強いというメリットもあります。

もう1つは独立型水鉢と呼ばれるタイプのものです。
名前の通り、水鉢と花立がそれぞれ独立しています。
デザイン性が高く、格式高い印象を与えますが、その分価格はやや高くなる傾向にあります。

花立

花立は水鉢の左右に置かれ、お花をお供えするためのパーツです。

色鮮やかなお花をお供えするパーツですので、人目を引く部分とも言えます。
そのため花立に個性を出す方も多いです。

特に洋型墓には様々なデザイン・形状の花立が用意されています。
例えば、一般的な四角いデザインの花立の他に、丸い形や花瓶のような形の花立があり、バリエーションは豊かです。

香炉

香炉はお線香を置くためのパーツです。
香炉にも複数の種類があります。

まず形状に関しては縦型・横型のものがあり、洋型墓では横型の香炉が採用されることが多いです。
洋型墓は和型墓と比べると高くないお墓ですので、バランスを考えて横型が選ばれることが多いです。

次に、屋根付きと屋根なしの違いもあります。
屋根付きの場合、雨水が溜まりにくいという面があるため、お手入れが簡単というメリットがあるため、屋根なしのタイプのものより選ばれることが多いです。

拝石

拝石はカロートを塞ぐための蓋となるパーツのことです。
拝石だけでは雨水を防ぐことが難しいのでコーキング剤も使うことで隙間を塞ぎます。

拝石が置かれている部分は、石碑や香炉の手前に位置していることが多く、お参りがしやすいように参拝者のための台としても使用されます。

カロート

カロートは骨壷を納めるためのスペースです。
お墓用語なのにカタカナで記載するのは変わっていますが、漢字では「唐櫃」と書きます。
カロート内には棚が設置されており、複数の骨壷を納めることができるようになっています。

もし骨壷の数がカロートに収まらなくなった時には、骨壷内のご遺骨をカロートの下にある土の部分に埋葬したりします。

外柵部分のパーツ

お墓

次に、外柵部分のパーツについて解説します。

外柵とは墓地の外周を囲んでいる石のことを言います。
関西地方では巻石と呼ばれることもあります。
外柵の役割は主に4つです。

  • 周囲の墓地との教会を示すため
  • 雨による土の流出や陥没、地崩れを防ぐため
  • お墓自体を立派に見せるための演出的な役割
  • 仏教的な意味合い

仏教的な意味合いとしては、外柵の内側はあの世と捉えています。
一方、外柵の外側は私達が生きているこの世とされています。
外柵はそのあの世とこの世の境界にあり、結界の役割を果たすと仏教的には考えられているのです。

それでは外柵はどのようなパーツから成り立っているのでしょうか?
以下から外柵の具体的なパーツに関するご説明をします。

植木

植木は、グレーや黒といった落ち着いた色に落ち着いているお墓に緑のアクセントを加えることで見た目をよくするために植えることがあります。
植木には根がはる植物は石材をダメにしてしまうため、成長の遅い植物を植えるのが一般的です。

化粧砂利

化粧砂利とは読んで字のごとく砂利のことです。
化粧という文字を冠していることからも分かる通り、お墓の景観を良くするためのものです。
また、雑草が生えにくくするための役割も担っています。

化粧砂利は砂利玉と呼ばれることもあります。

拝所板石

拝所板石とは、お墓の入り口から石碑まで地面に敷かれた石の板のことを言います。
日本庭園にある飛び石のように参拝者がそこを歩きやすいように設置されるものです。

参拝者が歩く場所ということもあり、滑り止めのために凸凹を施したりすることがあります。
雑草が生えないようにするため墓地全体を石で敷き詰める場合もあります。

霊標

霊標は墓誌と呼ばれることもあるパーツで、そのデザインは和型・洋型に分かれます。
霊標には表面に10人、裏面に12人ほどお名前を刻むスタイルが一般的です。

霊標にはお墓に入っていらっしゃる方々のお名前や戒名、亡くなられた年月日、享年などを刻みます。
また、お墓に入っている方の全員の名が刻まれますので、言うならば家の歴史書のような役割を果たすのです。

外柵石

外柵を構成する最も外側に配置される石の囲いのことを外柵石と言います。
上記でご説明した通り、お墓のお墓との境界線や結界の役割を果たすためのものです。

外柵石のデザインも様々なものがあります。
例えば、お墓を前方から見た時にお墓の豪華さを引き立てるために前から後ろに行くほど、外柵石の高さが増えていくタイプのものがあります。
このタイプですと遠近感が生まれ、荘厳さが際立ちます。

逆にあえて同じ高さに揃えたシンプルな外柵石もあり、この場合石碑に視線が集中する効果もあります。

お墓のパーツの費用相場

お金

上記でご説明したお墓のパーツですが、それぞれのパーツの費用相場は気になるところですよね?
そこで下記では和型墓と洋型墓のパーツにおける費用相場についてご説明します。

お墓の規模や石材、立地条件などによって費用は上下するため下記はあくまで目安としてご参考にしてください。

一般的お墓の値段は、使われる石材の種類と石材の量によって決まります。
ここでは石材の種類はすべて同じとして、パーツごとの一般的な石材の量によって計算しています。

ただし、外柵の費用はこの計算方法が当てはまらないことが多く、別途費用が発生します。

また下記の費用は単純な石材だけの費用となり、実際は文字彫り代・工事費用も加算されることになります。

和型墓

和型墓のパーツごとの費用相場は下記の通りです。

  • 石碑:60万~110万円
  • 水鉢・花立て:5万~10万円
  • 香炉:4万~6万円
  • 霊標:10万~20万円

やはり石材の量がはるかに多い石碑部分の費用が他のパーツと比べると大きいです。

洋型墓

洋型墓のパーツごとの費用相場は下記の通りです。

  • 石碑:70万~120万円
  • 水鉢・花立て:5万~10万円
  • 香炉:4万~6万円
  • 霊標:10万~20万円

石碑を除くパーツの費用は和型墓と同じ費用相場となります。

お墓のパーツまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓のパーツについて解説しましたが、いかがでしたか?

今回の記事で終活ねっとが解説していたことは以下のようなことでした。

  • 和型墓と洋型墓のパーツの機能的な役割や仏教的な役割について
  • 外柵自体の役割や仏教的な役割について
  • 外柵のパーツごとの詳細な説明と費用
  • 外柵は別途費用が加算される場合がある

お墓と言っても、そのパーツは様々なものに分かれるのは驚きですね。
どうしてもお墓参りというと石碑に目が行きがちですが、次回お墓参りに行った際にはこの記事に書いてあったことを思い出してみてください。

「そういえば香炉は仏様が好きなお線香をお供えするものだった」と思い出すと、より一層香炉の掃除は念入りにやろうと思うきっかけになるかもしれません。

また、霊標に刻まれたご先祖様の名前を眺めることで、自分が今生きているのはここに名を刻まれた人達がいたおかげなんだと再認識することもあるかもしれません。

今回の記事が皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・パーツ」に関連する記事

「お墓・パーツ」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・パーツ」についてさらに知りたい方へ

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!のサムネイル画像

伝統的な和型のお墓の特徴や各部の名称について解説します!

お墓の構造ってどうなっているの?カロートや卒塔婆って何?のサムネイル画像

お墓の構造ってどうなっているの?カロートや卒塔婆って何?

今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!のサムネイル画像

今大人気の洋型のお墓について徹底的に解説します!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介しますのサムネイル画像

彫刻の自由度が高い、洋型墓石のデザインを紹介します

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

お墓の構造を徹底解剖!種類や部位の名称まで載っていますのサムネイル画像

お墓の構造を徹底解剖!種類や部位の名称まで載っています

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

お墓の外柵の意味は?印象をガラッと変えるデザイン・修理法についてのサムネイル画像

お墓の外柵の意味は?印象をガラッと変えるデザイン・修理法について

黒いお墓は縁起が悪い?知っておくべきお墓の色の知識を紹介!のサムネイル画像

黒いお墓は縁起が悪い?知っておくべきお墓の色の知識を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと