墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

以前は家のお墓に埋葬する方法が主流でしたが、最近は納骨堂や永代供養墓、合祀墓、自然葬と数多くの埋葬方法があります。その中でも注目を集めている散骨は墓地埋葬法ではどのような扱いになっているのでしょうか。墓地埋葬法における散骨について詳しく解説します。

目次

  1. 墓地埋葬法内の散骨に関する記述について
  2. 墓地埋葬法とは?
  3. 散骨が違法行為に当たらないために
  4. 散骨の種類
  5. 墓地埋葬法内の散骨に関する記述まとめ

墓地埋葬法内の散骨に関する記述について

散骨

以前は埋葬方法と言うと家のお墓に納骨するだけでしたが、最近は納骨堂や永代供養墓、合祀墓、樹木葬で知られている自然葬と数多くの埋葬方法があり、ご自分に合った埋葬を選ぶことができます。

最近、注目を集めている自然葬の中でも、散骨はお墓を持たない埋葬方法として知られていますが、墓地埋葬法ではどのような扱いになっているのでしょうか。
今回終活ねっとでは、墓地埋葬法における散骨を中心に

  • 墓地埋葬法内の散骨に関する記述について
  • 墓地埋葬法とは?
  • 散骨が違法行為に当たらないために
  • 散骨の種類

以上のポイントについて解説します。

散骨に関心がある人や墓地埋葬法について知りたいという人にも参考になる記事になっています。
最後までご覧ください。

墓地埋葬法とは?

null

そもそも墓地埋葬法とはどのようなものなのでしょうか?
ここでは、墓地埋葬法について見ていきましょう。

墓地埋葬法について

墓地埋葬法の正式名称は「墓地、埋葬に関する法律」と言われ、昭和23年(1984年)5月31日に制定された法律です。
一般的には略して「墓埋法」または「墓葬法」と呼ばれています。

法律の構成は、第一章「総則」、第二章「埋葬」、第三章「墓地」、第三章の2「雑則」、第四章「罰則」、附則からなる法律です。

その中には「墓地、納骨堂、火葬場の管理及び埋葬などが国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生、その他公共の福祉の見地から支障なく行われることを目的とする」となっており、散骨に対しても関係があると考えられます。

死後24時間が経過しないと火葬はできない

特別の事情がない限り、亡くなってから24時間以上たたないと火葬することができません。

第三条には「埋葬又は火葬は(中略)死亡又は死産後24時間を経過した後でなければこれを行ってはならない。ただし妊娠7箇月に満たない死産のときはこの限りではない」と書かれています。

埋葬はお墓、墓地、納骨堂でないとできない

また、この法律では埋葬は決められた場所でしかできないことも記されています

「埋葬又は焼骨の埋蔵は墓地以外の区域にこれを行ってはならない」(墓地埋葬法第4条)となっており、ご遺骨の埋葬は、お墓など決められた場所以外ではできないと決められています。

散骨に関する記述について

墓地埋葬法には散骨についての条文はなく、「埋葬」「火葬」「埋蔵」そして「収蔵」のみが明記されています。

この法律ができた昭和23年(1948年)当時は、散骨という葬法はあまり知られていませんでした。
しかし近年核家族化が進み、お墓の承継者やお墓の維持管理、そして費用などの面からも新たに墓地を持つということが難しくなってきています。

散骨そのものは古く、奈良、平安の時代から行われており、近年では自然葬の一つでもある散骨が注目されるようになってきました。

散骨が違法行為に当たらないために

違法行為

散骨とは文字通りご遺骨をパウダー状にして撒くことです。
しかし、「墓地埋葬法」では前述の通り埋葬または焼骨の収蔵が定められており、「墓地以外の区域にこれを行ってはならない」となっています。

散骨は焼骨し、さらにパウダー状にして墓地以外に撒くので、墓地埋葬法の条文「遺骨遺棄、墓地以外への埋蔵禁止」に違反していると判断される可能性もあります。

しかし、散骨のニーズが高まってきたことをふまえ、1991年に法務省が「葬送を目的とし、節度を持って行う限り死体遺棄にはあたらない」という、散骨は違法行為ではない見解を示しました。
当時の厚生省も「墓地埋葬は散骨を規制していない」という見解を出しています。

ただし、これらの見解は両省とも公式ではなく、「節度をもって行う」「散骨を規制していない」としているだけで、「散骨を行っても良い」とは認めていません。

ご遺骨をパウダー状にして撒くという行為は、公式にはグレーゾーンかもしれませんが、現在は規制されていないというのが現状です。
ですが節度を持たずに散骨することが増えた場合は、法的に規制される可能性があると考えられるでしょう。

散骨するときは必ず遺灰にする

散骨をする際は、ご遺骨をそのまま撒くことはできません。
必ず、2mm以下の遺灰にする必要があります。

粉末にするのは、ご家族や親族でもできますが、散骨するために粉末にしてくれる業者や葬儀社があるので、相談してみると良いでしょう。

散骨する際は決められた場所で行う

散骨はどこにでも良いというものではなく、決められた場所で行わなければいけません。

散骨を避ける場所として

  • 水源地付近や生活用水として利用される河川、湖、沼など
  • 漁場、養殖場、防波堤など
  • 公園や住宅地
  • 観光地や観光ルート

などが挙げられていますが、自治体によっては散骨できない場所を明記している場合もあります。
また、個人の所有地や自治体などの所有地は許可を得られれば、散骨することは可能ですが、散骨する際には節度を持つことが大切です。

自分の庭などの所有地に散骨することは可能ですが、のちのトラブルにならないように近隣の理解、許可を得ておくことが大切です。
また、土地を売却することを考えている場合も散骨は避けるべきでしょう。

そのような事情を踏まえ、海洋散骨が人気ですが、漁場の近くなどは風評被害が発生することもあるので、散骨を決めたときには専門家に相談することをおすすめします。

散骨の種類

null

散骨にはいくつかの種類があります。
ここでは、代表的な散骨の種類についてご説明します。

海洋散骨

散骨と聞くと、海洋散骨を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
海洋散骨とは、粉末にしたご遺骨を船で沖に出て、散骨することです。

一般的には、個人または複数のご遺族と船をチャーターして沿岸から20kmほど離れた外海でお花や献酒と共に海に散骨します。
ご遺族が乗船する場合と、業者がご遺族に代わり散骨する場合があります。

空中葬

空中葬とは、セスナやヘリコプターで高度の空から散骨する方法です。
散骨をする場所は許可を得た山や海の上空となり、街中の上空で行われることはありません。

最近では、ロケットやバルーンに乗せ宇宙や成層圏で、散骨することができるようになり、注目を集めています。

樹木葬

自然葬の中でも人気がある樹木葬は、霊園や里山など決められた場所にあるシンボルツリーの周りや植樹した木の下に、ご遺骨を埋葬する方法です。

しかし、霊園によっては、粉末にしたご遺骨を決められた場所に散骨する場合もあります。

墓地埋葬法内の散骨に関する記述まとめ

人々

いかがでしたか。
今回、終活ねっとでは墓地埋葬法内の散骨について

  • 墓地埋葬法は正式には「墓地、埋葬に関する法律」で1984年に制定された法律である
  • ご遺骨はお墓や納骨堂など決められた場所に埋葬しなければならない
  • 墓地埋葬法では散骨についての記述はない
  • 法務省と厚生省が散骨は節度を持って行えば違法ではないという見解を出した
  • 法的には散骨はグレーゾーンである
  • 散骨は必ず粉末状にしなければならない
  • 散骨できない場所がある
  • 散骨には海洋散骨や空中散骨などがある

ということを紹介しました。

散骨はお墓の承継問題や自然に還りたいと考える人にとって、一考に値する埋葬方法と言えるでしょう。
しかし、散骨をする際には墓地埋葬法を順守し、節度を持って行うことが大切です。

また、全てのご遺骨を散骨してしまうと、その後のお参りが難しくなります。
散骨をしたいと考える人は、ご家族や親族と話し合い、了解を得ることがとても大切になります。

終活ねっとでは、他にも数多くの埋葬方法を紹介している記事を掲載しています。
ぜひ、そちらの記事も併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「墓地埋葬法・散骨」に関連する記事

「墓地埋葬法・散骨」についてさらに知りたい方へ

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!のサムネイル画像

    散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

    少子高齢化の後継問題や墓地事情から散骨を選ばられる方が増えています。 一方日本には墓埋法があり遺骨はしかるべき所に収めなければ違法となってしまいます。 はたして散骨は違法になるるのでしょうか? ここでは散骨を法的な側面からご説明します。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

    故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

    遺言によって骨を大好きだった場所、思い出の場所に散骨してほしい、と希望をされるケースも増えてきています。散骨をする際には、どのような許可が必要なのでしょうか。許可や方法などについてご紹介いたします。

  • 近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?のサムネイル画像

    近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?

    今、核家族化や少子化といった現代事情などにより、お墓を持たない散骨という葬送方法に注目が集まってきています。遺骨を好きなところに撒いていいの?違法じゃないの?など疑問に思う方に向けて、散骨の方法や違法性などについてご紹介します。

  • 散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

    お墓を持たずに遺骨を自然へ返す、散骨という御供養を最近よく耳にするようになりました。しかし、この鎖骨という方法は法律的にはどのように解釈されるのでしょうか?散骨についての法律問題について一緒に考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓地埋葬法・散骨」についてさらに知りたい方へ

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!のサムネイル画像

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とはのサムネイル画像

故人の希望をかなえたい!散骨に必要な許可とは

近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?のサムネイル画像

近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓地埋葬法・散骨」についてさらに知りたい方へ

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!のサムネイル画像

散骨は違法になる可能性がある?散骨にまつわる法律を解説!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと