お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

目次

  1. お墓を持たない散骨について
  2. お墓を持たない散骨とは
  3. お墓を建てることと散骨をすることの比較
  4. 散骨の方法にはどんなものがある?
  5. 散骨は合法か?
  6. 散骨の注意点
  7. 散骨の他に後継ぎのいらない供養方法
  8. お墓を持たない散骨についてまとめ

お墓を持たない散骨について

海

昔は埋葬方法と言うと、家族のお墓に納めるのが一般的でしたが、少子化などの社会情勢の変化により、永代供養墓や納骨堂、合祀墓、自然葬と数多くの埋葬方法が認知されるようになってきました。

そんな中で、最近、特に注目を集めているのが自然葬です。
自然葬には樹木葬や散骨があります。
樹木葬は木の下にご遺骨を埋葬する方法ですが、散骨はどこかにご遺骨を撒くと言うイメージしかない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、お墓を持たない散骨について

  • お墓を持たない散骨とは
  • お墓を建てることと散骨することの比較
  • 散骨の方法にはどんなものがある?
  • 散骨は合法か?
  • 散骨の注意点
  • 散骨の他に後継ぎのいらない供養方法

以上の点を中心に解説していきます。

お墓を持たなくて良い散骨に興味がありましたが、よくわからないと考えていた人も、埋葬方法の一つとして知っておきたいと考えていた人にも参考になる記事になっています。
ぜひ、最後までご覧ください。

お墓を持たない散骨とは

葬儀

先ほどもお話ししたように、従来では家族墓や先祖代々からの「家」が中心となるお墓が主流でしたが、少子化が進み、高齢化時代となった今、お墓を持つことは、維持管理、供養という点で深刻な問題となっており、現代では、数多くの埋葬方法が知られるようになってきました。

この中でも、この記事では少し特異なお墓を持たない散骨について紹介します。

散骨とは文字とおり、ご遺骨を粉末状にして撒くという埋葬方法でお墓を持ちません。
ご遺骨を撒くと言ってもどこにでも撒いてよいわけではなく、自治体によっては条例で規制されているところもあるので、事前に調べることが必要となります。

また、墓所を持つということは定期的なご供養、清掃をはじめとする維持管理などがあり、残されたご家族に負担をかけてしまうことがあります。
しかし、散骨をするとご家族への負担をかけることはなくなります。
お墓がないと故人を偲ぶことができないという考え方もありますが、心の持ちようでいつでも身近に故人を偲ぶことができます。

ですので、散骨はご家族に負担をかけたくないと考えている方にとっては最適な埋葬方法でしょう。

お墓を建てることと散骨をすることの比較

お墓

では、お墓を建てるのとお墓を持たないのとでは、どのようなメリットやデメリットの差が生まれるのでしょうか。

費用や管理など、お墓を建てることと散骨することの比較をしてそれぞれの特徴をそれぞれ見ていきたいと思います。

費用

まずは費用についてです。

お墓を建てる場合と建てない散骨の場合とではどのように変わるのかみていきましょう。

お墓の場合

お墓を建てる場合には、寺院や霊園からお墓の土地を借ります。
その後、墓石を選び彫刻などをしてもらい設置する必要があります。

寺院や霊園の場所などによってかかる費用は変わってきますので一概にはいえませんが、その費用相場は200万円前後と言われています。

また、年期法要などの場合は僧侶を招いて供養することがあります。
その場合、お布施として法要ごとに1万円〜5万円必要となります。

散骨の場合

散骨の場合は、まずご遺骨を2mm以下のパウダー状にする必要があります。
ご家族が粉骨すれば費用はかかりませんが、難しい場合は専門家に依頼します。

この場合、専門家によっての差はあるものの、1万円から行うことができます。

管理

では、ご遺骨の管理についてはどうでしょうか。

お墓と散骨の場合とでご遺骨の管理を比較していきましょう。

お墓の場合

まずはお墓の場合の管理についてです。

お墓を建てる墓地には「民営墓地」「公営墓地」「寺院墓地」があり、いずれの墓地も公共スペースの清掃などの管理は管理者が行いますが、墓所の清掃などの管理は個人で行う必要があります。

散骨の場合

散骨の場合は、ご遺骨を撒いてしまうため、定期的な清掃などの管理は必要なくなります。

そのために、お墓の管理などの負担を子供にかけたくないという方に人気となっています。

また、ご遺骨のすべてを散骨するのではなく一部を手元に残しておくこともできるので、ご遺骨全部を撒いてしまうのは寂しいという場合でも安心です。

お参り

最後はお参りについて比較します。

お墓の場合

お墓がある場合には、みなさん一度は経験したことがあるようなお墓参りを行います。
また、年期法要など定期的に法要を行うこともあり、親族が集まる機会になりますが、費用や手間がかかってしまうというデメリットもみられます。

散骨の場合

散骨の場合は、ご遺骨を撒いた場所によりますが、基本的にお参りをすることはありません。

樹木葬として木の下にご遺灰を撒いた場合などは、故人を偲ぶために訪れることはありますが、僧侶を呼ぶなどのお参りをすることはないと考えて良いでしょう。

散骨の方法にはどんなものがある?

海

では、散骨にはどのような方法があるのでしょうか。
散骨は海に撒くというイメージがありますが、他の方法はあるのでしょうか。

散骨の方法についていくつか見ていきましょう。

海洋散骨

海洋散骨とは、名前のとおり海にご遺灰を撒くことです。

チャーター船によって沖合数キロの海洋に、水溶性の袋に包まれたご遺灰を海に流すことが一般的です。
船なので、比較的大人数の人が参列でき、ご家族、親族、友人などで最後のお別れができます。

この海洋散骨を行うにあたって、いくつかの方法に分けられます。
以下の三つの方法を見ていきましょう。

委託散骨

散骨に立ち会えない場合は、散骨を行う専門家に委託する委託散骨という方法があります。

その場合、散骨する場所を指定することもできますが、専門家によっては決められた海洋に散骨することもあります。
料金には、船舶、桟橋使用料、献花、献酒、セレモニー料が含まれている場合が多く、散骨後、写真、散骨証明書を送付してくれる業者もあります。

合同散骨

散骨は個別に行うのが主流ですが、合同散骨を選ぶこともできます。

合同散骨とは、複数のご遺族がチャーターした船に乗り合わせて散骨することです。
合同散骨では費用を抑えることができますが、ゆっくりお別れをすることができないなといった注意点もあるので、よく検討する必要があります。

個別散骨

個別散骨は、船舶をチャーターしてご遺族や親族、友人などとゆっくり散骨する方法です。
思い出の海などを選んで自由に散骨することができるのがこの個別散骨の特徴ですが、自治体の条例などで禁止されている場所やマナーに反する場所での散骨はできないので、モラルに従って行わなければなりません。

また、個別で船舶をチャーターする場合にはその分費用がかかってしまうのも注意しなければなりません。

山岳散骨

山登りやハイキングが趣味だった方は山岳散骨を希望することもあるでしょう。

この山岳散骨でも、山だからどこでも散骨して良いということはなく、その土地の所有者の許可が必要となってきます。
例えば、北アルプスが好きだったから、北アルプスに散骨してほしいという希望があっても、北アルプスは国立公園なので環境省の許可が必要となります。

他にも施設周辺、生態系に大きな影響を及ぼす場所は避けたほうが良いでしょう。
また、散骨した場所に目印となる墓標を建てたり、撒かずに埋めるのは違法行為となるので必ず注意しましょう。

宇宙葬

近頃は、ロケットにご遺灰を乗せて宇宙に埋葬するという宇宙葬も実現化されています。

ご遺灰を小さなカプセルに詰め、人工衛星に乗せて打ち上げ、地球を回る衛星軌道に乗せ、数か月から数年後には大気圏に突入して燃え尽きます。
費用は一度の打ち上げに十数名から百名ほどのご遺灰を乗せるので、一人数十万円からが相場と言われています。

宇宙が好きな方や、宇宙に行きたいと生前に願っていた方にはぴったりの散骨かもしれません。

バルーン葬

聞きなれないバルーン葬ですが、最近はテレビの取材などもあり、注目を集めている散骨の方法と言えます。

バルーン葬とは直径2~2,5mの巨大なバルーンにご遺灰を乗せ、空に飛ばします。
バルーンは2時間程度の時間をかけ高度30~35km(成層圏)付近で、気圧の関係により破裂し、ご遺灰は宇宙に散骨されます

条件を満たせば、バルーンを飛ばす日時やバルーンの色などは自由に決めることができます。
また、費用は一人25万円からが相場となっています。

空中葬

空中葬では、小型飛行機やヘリコプターをチャーターして大空からご遺灰を撒きます。
費用は時間にもよりますが、20万円~50万円程度となっています。

散骨は合法か?

困った人々

散骨は、行って良い場所とダメな場所があるというのは、いままでの説明のなかでもおわかりいただけたかと思います。
このように、制限のある散骨ですが、散骨を行うのは合法なのでしょうか

ここでは散骨について法律の観点から見ていきたいと思います。

墓地埋葬法

お墓や埋葬については、墓地・埋葬に関する法律という法律が日本にはありますが、この法律のなかでは散骨に関する規定はありません。

このことから、散骨は新しい供養方法で、法律的には少しグレーゾーンな部分があるということがわかります。

しかし、法律での規定がないからといって自由に行ってよいというわけではなく、常識を持っておこなわなければなりません

刑法

刑法190条には「遺体・遺骨などを遺棄してはならない」と定められています。また、刑法191条には「遺体、遺骨を損壊、遺棄してはならない」となっています。

散骨はご遺骨を粉末状にするため、「損壊になるのではないか」また、「海洋などに撒くのは遺棄になるのではないか」と考えてしまいますが、「葬送の自由は憲法上の基本的人権」の一つとして、法務省からは非公式ながら「散骨は節度を持って行われる限り違法性はない」とされています。

散骨の注意点

困った人々

散骨を規制する法律はありませんが、節度を持って行わなければなりません。
では、散骨をするにはどのような点に注意するべきでしょうか。

ここでは、散骨の注意点についてお話しします。

ご遺骨とわからない大きさに細かくする

ご遺骨を墓地以外の場所に埋葬すると「墓地・埋葬に関する法律」に抵触することになります。
ご遺骨を散骨する場合は、2mm以下のパウダー状にして、ご遺骨とわからない大きさに細かくする必要があります。

また、自宅の敷地内で散骨を行う場合でも必ずパウダー状にしなければなりません。

ご遺骨とわかるかたちで散骨を行った場合、遺体遺棄の罪に問われることもありますので、必ず粉骨することを忘れないようにしましょう。

散骨を避けるべき場所

散骨を避けるべき場所として、自治体によって条例で定められている場所があります。
その場合は、その場所以外に散骨をするようにします。

しかし、条例に定められていなくても、水源地の周辺や漁場、養殖場、防波堤は避けべき場所でしょう。
また、観光地や観光ルートも避けるべき場所になります。
このように、条例などでの決まりがなくても、常識の範囲内で他人に迷惑がかからないように行う必要があります。

他人の所有地では行わない

故人の思い出の場所であっても、他人の所有地に無断で散骨することはできません
散骨を行う際には必ず、その土地の所有者の許可が必要となります。

また、自分の家の敷地内であったとしても、家族の方とご相談するのを忘れないようにしましょう。

お墓からご遺骨を取り出して散骨できるのか

お墓からご遺骨を取り出して散骨することはできるのでしょうか。

お墓からご遺骨を取り出し移動することは「改葬」と言い、正式な手続きが必要となります。
しかし、散骨は埋葬し直さないので改葬には当たらないと解釈する自治体と、散骨でも改葬許可を必要とする自治体があるので、お墓からご遺骨を取り出して散骨する場合は自治体への確認が必須となります。

また、専門家の方に散骨のためパウダー状にしてもらうときは、ご遺骨の身元を証明するものが必要になりますので、墓地管理者に埋葬許可書を出してもらうのも忘れずに行いましょう。

散骨の他に後継ぎのいらない供養方法

お墓

散骨はご遺骨を撒く埋葬方法で、後継ぎがいらない供養方法ですが、他にも、後継ぎがいらない供養方法に「永代供養」と「樹木葬」があります。

ここでは、この二つの供養方法について簡単にご説明します。

永代供養

永代供養は、お墓の承継問題を解決する埋葬方法として注目を集めています。

この永代供養は、お墓の管理や供養を霊園や寺院が長期間行ってくれます。

期限を決めて個別に埋葬したり、最初から他のご遺骨と一緒に合祀する方法がありますが、個別に埋葬しても期限がくれば合祀されます。
合祀された後はご遺骨を取り出すことができなくなるので注意が必要です。

費用も、管理料、供養料などを一括で払うことが多く、あとあといろいろな費用がかからないので安心です。

樹木葬

散骨と同じお墓を持たない埋葬方法である樹木葬は、お墓を承継する必要もありません。

最近、注目されているこの樹木葬ですが、亡くなったら自然に還りたい、里山の復活などの社会貢献がしたいと考えている人に最適な埋葬方法です。
樹木葬にはシンボルツリーの周りに埋葬する公園型と山に木を植樹するなどして埋葬する里山型があり、どちらも最終的には自然に還るので、お墓の跡継ぎは必要ありません。

樹木葬も埋葬後、ご遺骨を取り出すことができなくなることが多いので、ご注意ください。
費用も、永代供養と同じように管理料や供養料が含まれているところが多いのが特徴的です。

お墓を持たない散骨についてまとめ

null

今回、終活ねっとではお墓を持たない散骨について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。

  • 散骨とはお墓を持たない埋葬方法である
  • 散骨はお墓を持つより、費用、管理、お参りなどの負担がない
  • 散骨には海洋散骨の他に山岳埋葬、バルーン埋葬などがある
  • 散骨は法的には違法ではないがグレーゾーンである
  • 散骨は節度を持って埋葬する必要がある
  • 散骨以外に承継者がいらない埋葬方法は永代供養、樹木葬がある

以上の点がおわかりいただけたかと思います。

散骨は法的にグレーゾーンですが、違法ではありません。
散骨にもメリット・デメリットがあります。
ご家族で話し合い悔いのない埋葬方法を考えてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも埋葬方法について数多くの記事があります。
ぜひ、参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・散骨」に関連する記事

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説しますのサムネイル画像

    墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

    以前は家のお墓に埋葬する方法が主流でしたが、最近は納骨堂や永代供養墓、合祀墓、自然葬と数多くの埋葬方法があります。その中でも注目を集めている散骨は墓地埋葬法ではどのような扱いになっているのでしょうか。墓地埋葬法における散骨について詳しく解説します。

  • 今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

    今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

    ドラマや映画で亡き人の埋葬シーンで海の散骨シーンを見たことはありませんか?日本ではまだ散骨は浸透していないようですが、費用が安くなる事や自然志向の方などを中心に広がっているようです。今回はそんな散骨と費用についてご紹介いたします。

  • 信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!のサムネイル画像

    信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

    散骨は新しい葬送方法として注目を集めています。お墓の購入や管理の必要もないので、散骨を選ぶ人が増えているのです。散骨にも様々な種類があります。今回はその種類や選び方を詳しくご紹介していきます。場所や費用、専門家の選び方を含め、様々な視点から見ていきましょう。

  • 墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

    墓じまいした後に、散骨を選択できることをご存知ですか?散骨はお墓を建てる必要がないため、費用が安いというメリットがあります。一方、散骨する際には注意しなければいけない点もあります。ここでは、墓じまいの際にメリットが大きい「散骨」について詳しく説明します。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説しますのサムネイル画像

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!のサムネイル画像

信頼できる散骨の専門家の選び方と、散骨方法の選び方を解説!

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・散骨」についてさらに知りたい方へ

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説しますのサムネイル画像

墓地埋葬法内の散骨に関する法律について詳しく解説します

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめのサムネイル画像

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと