直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

目次

  1. 直葬のメリットとデメリットについて
  2. 直葬って?
  3. 直葬のメリットについて
  4. 直葬のデメリットについて
  5. 直葬をする際の注意点
  6. 直葬のメリットとデメリットについてまとめ
  7. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

直葬のメリットとデメリットについて

葬儀

ご自分らしい人生の最期を迎えるために、前向きな姿勢で終活に取り組む方が増えています。

終活には荷物の生前整理や葬儀、相続、お墓といったさまざまな項目があります。
なかでも葬儀に関しては、ご自分の意思を明確に残すためにもしっかりとした考えをもって終活に取り組みたいものです。

近年では本当に必要なものを見極めたシンプルなライフスタイルが注目を集めるなか、直葬(ちょくそう)が話題となっています。

今回はこの直葬について、次のポイントから詳しくご説明いたします。

  • 直葬とは?
  • 直葬のメリットについて
  • 直葬のデメリットについて
  • 直葬をする際の注意点

直葬という言葉は耳にするものの、そのメリットについてはまだわからない方も多いのではないでしょうか?
メリットとデメリットの両方を知ることで、より納得したうえで直葬を選ぶことができます。
またそのほかの葬儀の方法の選択もしやすくなります。

知っているようで意外と知らない直葬に関する知識です。
メリットとデメリットを整理して解説いたします。

直葬って?

葬儀

そもそも直葬とはどのような葬儀の方法なのでしょうか?

一般的な葬儀では、まずお通夜、その翌日に告別式と火葬を執り行ないます。
いずれも参列者をお招きして亡くなった方とのお別れの儀式を行う形です。

一方で直葬の場合はお通夜と告別式を行いません
亡くなった方のご遺体は安置場所から火葬場に移し、荼毘に付されます。

直葬では火葬場にて僧侶の方にお経をあげてもらうこともできます。
直葬は一般的な葬儀と比べるととてもシンプルな葬儀であると言えます。

直葬のメリットについて

メガネ

直葬をご希望する方は年々増えています。
葬儀社によってはご依頼のあった葬儀のうち約半数近くが直葬であったというケースもあるようです。

ここでは直葬を行うメリットについて4つの観点からご説明いたします。

費用を抑えられる

直葬ではお通夜と告別式を行わないため、費用を抑えられ経済的な負担を抑えることができます。
例えばある葬儀社の場合、直葬のプランは約20万円となっています。

一般的な葬儀の費用の相場は全国平均で約190万円とされています。
直葬を選ぶことで費用がいかに抑えられるかがよくわかります。

遺族の負担を減らせる

次に、ご遺族の負担を減らすことができます。

お通夜と告別式には大勢の参列者がお見えになります。
喪主の方を中心に遺族の方は、大切なご家族を亡くされた悲しみのなかで受付や挨拶など参列者への応対をすべてこなさなければなりません。
ご近所の方に受付などの係をお願いしたり、いただいた香典への香典返しの手配なども必要です。

しかし直葬の場合はご家族やご親族のごく身近な方だけで行うため、こういった負担はかかりません。
ご遺族への負担を格段に減らせるのは直葬の大きなメリットです。

所要時間が短い

式全体の所要時間が短いことも挙げられます。

直葬はご遺体を安置場所から火葬場に直接移して行ないます。
お通夜と告別式のように日にちをまたいで行うことはありません。
一般的な葬儀に比べて所要時間が短いことは、何かと忙しい現代のライフスタイルに適していると言えます。

ちなみに火葬にかかる時間は約1~2時間ほどです。
その間に会食などをしながら火葬が済むのを待ちます。

火葬の待ち時間は1〜2時間程度です。

返礼品の必要がなくなる

直葬では返礼品を用意する必要はありません。

返礼品とは葬儀に参列してくださった方全員にお渡しする品物のことです。
お通夜と告別式の参列者にはお礼の品物にお礼状を付けて渡します。

返礼品を準備する手間がなくなるのはメリットのひとつと言えます。

直葬のデメリットについて

葬儀

時代のニーズに合い、メリットが多い直葬ですが、デメリットもあります。
デメリットを知っておくことは後悔のない葬儀方法の選択につながります。

ここでは3つの観点から直葬を行う場合のデメリットをご説明いたします。

葬儀後の弔問対応が多くなる

まず、葬儀後の弔問対応が多くなります。

直葬はご家族やご親族といったごく身近な方々だけで行う葬儀です。
一般のお通夜と告別式ではその場に参列してご焼香ができますが、直葬の場合は後日自宅にうかがってお線香をあげることになります。

従って直葬では、葬儀が済んでから自宅に弔問に訪れる方が増える可能性があります。
後日弔問に訪れた方にその都度対応しなければならないのは、直葬のデメリットのひとつと言えます。

知り合いや友人の方などがどれくらいいらっしゃるのか?ご遺族の方は亡くなった方の生前の人間関係を把握しておく必要があります。

寺院に反対される場合がある

直葬自体を寺院に反対されることもあります。

これはご遺骨を納める菩提寺がすでに決まっている場合のケースです。
お寺ではその宗派でのやり方に沿って葬儀を行いますが、直葬ではお通夜と告別式を省いて直接火葬場に向かいます。

そのために菩提寺ひいては宗教宗派の存在を軽視していると取られる場合が考えられます。
ご先祖からの代々のお墓がすでにお寺にある場合は、直葬をお寺から反対されることもある点を理解しておく必要があります。

菩提寺があるものの直葬を希望する場合は事前の相談が不可欠です。

火葬までの安置所を確保する必要がある

また、火葬するまでの安置所を確保する必要があるのもデメリットの一つになります。
直葬で必ず決めておかなければならないのが火葬場にご遺体を移すまでの安置場所です。

日本の法律では亡くなった後24時間が経過しなければ火葬をしてはいけないことが定められています。
従って直葬の場合でも必ず24時間はご遺体を安置しなければなりません。

ご遺族だけで安置所を確保するのはなかなか困難なため、デメリットと言えます。

直葬をする際の注意点

葬儀

以上のようにデメリットもある直葬ですが、4つの注意点に気を付ければトラブルを未然に防ぐことができます。

ここでは4つの注意点をひとつずつご説明いたします。

親族とちゃんと話し合いましょう

親族との話し合いを大切にしてください。

直葬を選ぶ方は増えているものの、やはり従来のようにお通夜と告別式を執り行いたいと考える方もいらっしゃいます。
直葬はごく身近な方々だけでお見送りする葬儀の方法です。

亡くなった方との大切なお別れの場で、あるいはその後日に親族内で揉めてしまうことがないように前もってご家族やご親族の方と話し合っておくことが大切です。
直葬にしたい理由を明確にして話すことで、親族内での理解が得られやすくなります。

葬儀の方法だけでなく終活の取り組み全般にとって、ご家族やご親族との話し合いはとても重要となっています。

香典は辞退する?

香典はご供養のためのお香の代金として参列者が喪主の方に渡すようになったことが由来です。

従ってお通夜と告別式を行わない直葬では香典のしきたりはなく、身近な近親者として直葬に参列する場合でも香典は必要ありません。

直葬なのでという理由で香典を辞退することができます
直葬を経験した方では実際に香典を辞退した方も多いようです。

しかしそうは言うものの、その都度辞退する旨を話すのは相手の方とのトラブルの原因にもなり得ます。

香典を受け取った場合は香典返しを行う必要があります。
香典返しは、いただいた香典の3分の1から半額の物が目安となります。

直葬でも葬儀社に依頼するの?

現在は葬儀を行う場合は専門の葬儀社に依頼するのが一般的になりました。

直葬が注目を集めるなか、現在ではほとんどの葬儀社が直葬のプランを用意しています。
直葬のプランでは、ご遺体をお迎えしてご自宅あるいは安置所まで寝台車で移してもらえます。
法律で定められた24時間が経過した後は、納棺した後に火葬場に搬送し火葬を行ないます。

葬儀社のプランでは直葬にまつわる一式がパッケージとなっています。
葬儀社に依頼しなければならない決まりはありませんが、ご自分で直葬にまつわる細かな手続きと手配を行うのはとても手間がかかり、現実的な選択とは言えません。

多くの葬儀社では直葬のプランの資料請求に応じています。
資料を取り寄せて検討してみるのもおすすめです。

直葬のときの服装は?

直送での服装について悩まれる方が多いと思います。

直葬ではお通夜と告別式を行いませんが、喪服もしくは喪服に準じた服装をするのがマナーです。
華美な装いは避けて黒または黒に近い色の服を着るようにします。

直葬では亡くなった方とのお別れの場は火葬場になります。
葬儀の場にふさわしい服装としても喪服の着用がおすすめです。

直葬のメリットとデメリットについてまとめ

葬儀

直葬のメリットとデメリットについて解説してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事では次のような点がポイントでした。

  • 直葬とはお通夜と告別式を行なわない葬儀の方法である。ご遺体は安置場所から火葬場に移し火葬する。火葬場でお坊さんにお経をあげていただく場合もある。
  • 直葬のメリットとしては次の4つが挙げられる。①費用を抑えられる②遺族の負担を減らせる③所要時間が短い④返礼品の必要がなくなる。
  • 直葬のデメリットとしては次の3つが挙げられる。①葬儀後の弔問対応が多くなる②寺院に反対される場合がある③火葬までの安置所を確保する必要がある。
  • 直葬をする際は次の4つに注意するとよい。①親族とよく話し合う②香典は辞退できるが、受け取った場合は香典返しをする③直葬でも葬儀社に依頼してよい。④直葬のときは喪服、もしくは喪服に準じた服で参列する。

直葬はご遺族への負担が少ない最もシンプルな葬儀の方法として、年々希望する方が増えています。
直葬についてメリットとデメリットの両方を知ることで、より自分らしい選択が可能となります。

今回の記事が皆さまの葬儀についての検討の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「直葬・メリット・デメリット」に関連する記事

「直葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

  • 直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

    直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

    直葬という葬儀のスタイルが増えていることをご存知でしょうか?直葬とは火葬だけを行う葬儀のことです。お通夜や告別式を行わない分、時間短縮になり家族の負担はかなり軽減します。そんな直葬について、その所要時間を流れとともに解説してきます。

  • 直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

    直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

    最近は直葬を行う方が増えてきていますが、直葬の場合の読経や費用、戒名についてどうすれば良いかあなたは知っていますか?何も知らない状態では、いざという時に困ってしまいますよね。 今回は直葬時のお経や費用、戒名についてまとめましたのでぜひ最後までご覧下さい。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 気になる直葬の費用の相場について調査しました!

    気になる直葬の費用の相場について調査しました!

    「お葬式の費用ってどれくらいかかるの?」と考えたことはありませんか? 簡素でも心温まるお葬式をしたいと考えたことはありますか? 今、直葬に注目が集まっています。 費用を抑えつつも故人との最後のお別れができる直葬について調べてみました。どうぞ、最後までご覧ください。

  • 直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

    直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

    一般的な葬儀とは異なる直葬ですが、近年この直葬を行うケースが増えてきています。ですが直葬の場合、菩提寺に納骨ができないなどのトラブルが生まれているのはなぜでしょう?そこで、直葬が増えている理由と、菩提寺へ納骨する方法をご紹介します。ぜひ最後までご拝読ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「直葬・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

気になる直葬の費用の相場について調査しました!のサムネイル画像

気になる直葬の費用の相場について調査しました!

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと