葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

お葬式やお墓を建てて供養をするには、一体どのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか? なかなか人にたずねることが難しい内容ですが、いざという時のために知っておきたいですよね。今回は、お葬式とお墓に掛かる費用について、その内訳や相場を詳しくご説明していきます。

目次

  1. 葬式やお墓にかかる費用はどれくらいなの?
  2. 人が亡くなるとかかる費用の内訳
  3. 葬式やお墓などの費用相場
  4. 葬儀費用控除ができるかどうか?
  5. 葬式やお墓にかかる費用まとめ

葬式やお墓にかかる費用はどれくらいなの?

葬儀

亡くなった方を葬式でお送りし、お墓を建てて供養する。
私達がごく自然に身につけている習わしですが、葬式やお墓の費用に関してはっきりと答えることが出来ず、悩まれる方も多いことと思います。

「縁起が悪い」という思いから尋ねることもはばかられる内容ですが、葬儀やお墓についての知識があるといざという時に慌てることなく、安心して故人を供養することが出来ます。

そこで今回の終活ねっとでは、葬式やお墓にかかる費用について

  • 人が亡くなるとどのようなことに費用がかかるのか?
  • 葬式やお墓にかかる費用の相場はどれくらいなのか?
  • 葬儀に関わる費用の控除について

という点を中心に詳しくご紹介していきたいと思います。
ぜひ最後までお付き合い下さい。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

またお墓の購入にかかる費用を特に知りたいという方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

人が亡くなるとかかる費用の内訳

葬儀

まず最初に、人が亡くなるとかかる費用の内訳についてご説明していきます。

葬式をしてお墓にご遺骨を納める、という流れはわかっていても、具体的な内訳まではなかなか知る機会が少ないですよね。

葬式とお墓にはどのような項目に費用がかかるのか、具体的な内容をみていきましょう。

葬儀費用

葬儀費用は、大きく四つの項目に分けることが出来ます。

  • 施設使用料

    葬式を行う会場使用料と火葬施設使用料です。

  • 葬式を行うためにかかる料金

    祭壇・棺・供花・骨壷や骨箱など、葬式を行うためにご用意するものにかかる料金です。

  • 参列者のおもてなし費用

    お通夜や葬式にご参列下さった方々に対する飲食接待費用や、会葬礼状・返礼品にかかる費用です。

  • 宗教者へのお礼

    仏式ですとお経をあげて下さるお坊様へのお布施、神式では神主様への「ご神饌料」、キリスト教式での「献金」などが宗教者のお礼にあたります。
    この他、葬式の場所までおいで下さった宗教者に「お車料」「お膳料」をご用意することもあります。

葬式の方法や規模などによってその金額に違いがありますが、基本的には以上の4つの項目で費用がかかることになります。

飲食接待費

一般的な葬式では、お通夜から告別式に掛けて多くの方が最後のお別れにいらっしゃいます。

飲食接待費用は、葬式の際にお出しするお料理やお飲み物、ご参列頂いた方への返礼品といったものにかかる費用です。

葬式の規模が大きければそれだけ多くの方にご参列頂くことになりますので、その分飲食接待費用も多く見積もる必要があります。

思いもよらない方がいらっしゃることも多いですので、詳細な参列者の人数を把握することは難しいでしょう。

実際に葬式を仕切る経験をなさった方々のお話を聞くと、故人の職業柄や人脈などから予想される人数よりも多く飲食接待費用を見積もっている方が多いです。

お墓を購入する場合のお墓代

ご遺骨を納めるお墓がすでにある場合を除き、ご遺骨を納めるためにはお墓を建てる必要性があります。

お墓を購入する場合のお墓代には、以下のような項目について費用がかかります。

永代使用料

お墓を建てる場所は法律によって定められており、墓地・霊園など許可された場所にお墓を建ててご遺骨を納めなければなりません。

お墓を建てる際には墓地・霊園に申し込んで契約し、割り当てられた区画を永代的に使用する権利を購入します。
その権利を得るために必要となるのが永代使用料です。

「土地を購入した」と勘違いなさる方もいらっしゃるのですが、永代使用料はあくまで「使用する権利を購入した」だけであり、区画自体は墓地・霊園の所有地となります。

墓石代

墓石代は、お墓を建てるために必要な石材にかかる費用です。

お墓はメインとなる墓石の他にも墓誌や敷石、柵といった様々な部分で石材を使用しており、それらは全て石材店にて購入することになります。

区画の広さや墓石のデザインなどによって費用に違いが出ますが、石材店の多くは墓石の設置工事費まで込みで値段が提示されています。

管理料

管理料は、区画を借りている墓地・霊園に管理をしてもらうための費用です。

借りている区画以外の共有部分の管理は全て墓地・霊園の管理者が行っており、敷石や植え込みなどの手入れや保全・休憩所や備品といった細部の管理に利用されます。

永代供養してもらう場合の費用

永代供養とは、個別のお墓を持たず故人の魂を永代的に弔い上げ(とむらいあげ)して頂く供養方法です。

お墓の承継者問題などから永代供養を選ばれる方も増えてきており、その供養方法も注目されるようになってきました。
ここでは、永代供養してもらう場合の費用についてみていきます。

  • 永代供養墓への合祀

    寺院や墓地・霊園などにある永代供養墓にて、他家のご遺骨と一緒に埋葬し供養して頂きます。

  • 納骨堂による永代供養

    ご遺骨を納骨堂にお納めし、ご家族に代わり永代的に供養を行います。

  • 樹木葬

    墓石の代わりに樹木を植え、その根本にご遺骨を埋葬します。

  • 散骨による供養

    ご遺骨をパウダー状のご遺灰にして、海や山といった自然の中へ撒いて供養します。

どの永代供養にも共通しているのが、最初のお申し込みの時以外の費用がかからないという点です。

承継者問題以外にも、お墓を建てる予算の関係や故人の遺言などから永代供養を選ばれる方も増えてきています。

葬式やお墓などの費用相場

葬儀

次に、葬式やお墓等の費用相場をご説明していきます。

葬式やお墓にかかる費用の内訳はすでにご説明した通りなのですが、具体的な費用を出すとなるとなかなか予測がつきません。
もし目安となる相場がわかっていると、それを平均として葬式やお墓にどのくらいの費用がかかるのかを予想しやすくなってきます。

そこで、これまでご説明した内訳ごとの相場を提示し、どのくらいの費用がかかるのかをわかりやすくまとめてみたいと思います。

葬式

葬式にかかる費用を全国平均で見てみますと、約200万円程度になります。

この中には飲食接待費用や宗教者へのお布施なども含まれており、お通夜と葬式にかかる費用だけをみると約150万円ほどが相場となります。
ただし、これは参列者が約50名の場合です。

もし故人の仕事柄やお付き合いの広さなどから参列者が多くなった場合、広い会場を用意したりそれに見合う祭壇をしつらえる必要性があります。
その場合には葬式の費用だけで200万円を超えることも少なくありません。

以下のような点を考えながら、平均的費用を目安として予測を立ててみるのも良いでしょう。

  • どのような葬式にするのか?(家族葬・一般葬など)
  • お声掛けする人数がどのくらいか?
  • 故人のお付き合いの広さを把握しているか?

以下の記事では様々な葬儀の種類について詳しく解説しています。
葬儀の種類によって必要になる費用も異なってくるので、葬儀費用の目安を立てたい方はぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

飲食接待費

飲食接待費は、参列者の人数によってその費用に差が出てきます。

一番平均的な費用を見ますと、参列者50名でお一人様5千円分と換算して、約25万円程度というのが相場となっています。

もちろん、お料理のランクや人数・頼んだお飲み物などによっても変動があるため一概には言えません。
もし悩まれるようでしたら「お一人様につき5千円〜1万円」を目安とし、参列者の人数を掛けてある程度の費用を出してみても良いでしょう。

返礼品も同様で、おおよそ1千円〜2千円のお品が一番多く選ばれています。
最近の一般葬では、葬儀を承る会社の方である程度の数をご用意し、お渡しした分を計算してから清算するという流れになっています。

そういった点からあまり人数を気にかける必要はありませんが、もし事前にある程度の金額を把握したいということであれば、お声がけした人数に1千円〜2千円をかけて費用を割り出してみるのも良いでしょう。

お墓

お墓を建てる費用は、区画の広さや使用する墓石の量などによって変わってきます。

全国的な平均を見てみますと、約150万円〜200万円が相場となっています。

この費用は永代使用料と墓石代を合わせた費用で、管理料は毎年別途必要となります。

永代使用料

永代使用料は、次のような項目によって費用に差が出てきます。

  • 都心部にあるか地方にあるか?
  • 墓地・霊園までの利便性が良いか悪いか?
  • 公営墓地か民営墓地か?
  • 契約する区画の広さ

利便性が良く都心部にある墓地ほど人気があり、その分費用がかかってきます。
また、どのくらいの規模のお墓にするかによって契約する区画の広さが決まり、それによっても費用が変わります。

全国的な平均費用としては、約80万円が目安となる金額です。

墓石代

墓石代は、次のような項目でお値段が決まってきます。

  • 墓地の区画の広さ
  • 墓石に使用する石材の種類
  • 使用する墓石の量
  • 建てるための工事にかかる費用

石材店で提示されている金額は目安となる金額料金となるため、区画が広ければそれに見合った大きさの墓石を用意することになりますし、建墓する区画が特殊な地形であればその分工事費用が上がることもあります。

全国的な平均費用としては、約100万〜150万円が相場となります。

管理料

墓地の管理料は、民営墓地か公営墓地かによって平均費用に差が出てきます。

地方自治体が運営する公営墓地の場合、一年間で数千円〜1万円に届かない金額となっている場合がほとんどです。
一方で、民営墓地の場合、約1万円〜1万5千円ほどの管理料が必要となっています。

他にも、場所の利便性や共有部分の施設の充実度により管理料に差が出てきますので、墓地・霊園を選ぶ際にはこれらの点も踏まえて比較検討してみると良いでしょう。

以下の記事ではお墓を購入する際の注意点について解説しています。
お墓の費用に関する注意点もご紹介しているのでぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

永代供養してもらう場合の費用

永代供養してもらう場合の費用は、どの供養方法を選ぶかによってその費用に違いがあります。
供養方法ごとによる費用の相場は以下の通りです。

  • 永代供養墓による供養の費用

    最初から合祀による供養をする場合には約20万円。
    最初は個別に供養を行い、後から合祀する場合には約50万円ほど。

  • 納骨堂での永代供養の費用

    約30万円〜100万円近いものまで幅が広い。
    合祀かどうかや、納骨堂の設備によっても差が出てくる。

  • 樹木葬

    一本の樹木に一家族だけという形での樹木葬では平均して70万円前後。
    一本の樹木に他家のご遺骨と合祀する場合には10万円前後から供養出来る。

  • 散骨による供養

    散骨方法やセレモニーへの参加をするか否かで費用に差が出てくる。
    散骨を行なっている会社に詳しい説明を聞くことが望ましい。
    場合によっては約20万円ほどで供養が出来る。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

葬儀費用控除ができるかどうか?

お金

最後に、葬儀費用控除とはどういうものなのかについてご説明いたします。

葬式を済ませた後、ご遺族は故人の遺産整理などを行うことになるのですが、その時に必要な知識として知っておいていただきたいのが葬儀費用の控除です。

税金に関係する話は難しく感じてしまいますが、ポイントを押さえて理解をするとわかりやすくなります。

ここでは、必要な知識に重点を置いてご説明していきたいと思います。

そもそも葬儀費用控除とは?

葬儀費用控除とは、遺産相続でかかる税金を安くするために申請するものです。

遺産を相続すると相続税を払わなければいけませんが、葬儀は大変高額な費用がかかるため、ご遺族の負担を軽減することを目的として定められている制度です。
故人が亡くなられてから十ヶ月以内に税務署に出向き、申請する必要があります。

例えば、5千万円の預貯金を三人の法定相続人で相続するとします。

相続税が控除される金額=3千万円+(600万円×相続人数)ですので、この場合は4800万円が控除となり、5千万円のうち200万円が相続税の対象となります。

しかし、葬儀に200万円以上の費用がかかっていることを申請すると、相続税の対象となっている200万円も控除となり、結果として相続税がかからなくなるのです。

もしご自分で計算してみてもよく分からない場合には、お近くの税務署の相談窓口などでご相談してみるのも良いでしょう。

葬儀費用控除できるもの

葬儀にかかった費用は、すべて控除の対象となるわけではありません。

葬儀費用控除できるものはどのようなものがあるのか、詳細をまとめてみましょう。

  • 火葬・埋葬・納骨をするためにかかった費用

    火葬・埋葬・納骨で使用した施設の使用料など

  • ご遺体やご遺骨を回送するためにかかった費用

    ご遺体やご遺骨を葬儀会場までお連れするためのお車代など

  • 葬儀やお通夜で通常必要となる費用

    お通夜や葬式に必要なしつらえ・飲食接待・会葬礼状や返礼品・宗教者へのお礼やお布施など

  • ご遺体の捜索やご遺体・ご遺骨を運ぶためにかかった費用

    亡くなられた方のご遺体を探したり、ご遺体やご遺骨を移動させるために必要な費用

この他にも、葬儀にあたり必要と判断された場合には控除対象として認められることもありますので、領収書などは細かくとっておき税務署に相談するようにしてみましょう。

宗教者へのお礼やお布施などは領収書などがありませんので、お包みした金額と宗教者のお名前・住所・年月日などをメモで残しておきましょう。

葬儀費用控除できないもの

葬儀費用とは、基本的な考えとして「葬式・お通夜にかかった費用」を指します。

以下のような項目は葬儀費用控除ができないものなので、注意するようにしましょう。

  • 香典返しの費用

    参列者の方からいただくお香典は、贈与税の対象となりません。
    したがって、お香典のお返しにかかる費用も葬儀の費用とは認められないため、控除対象とはなりません。

  • お墓を建てる費用やお仏壇の購入費用

    お墓やお仏壇の購入費用は非課税対象となるため、相続税がかかりません。
    したがって、非課税の財産となるものの購入費用は控除対象となりません。

  • 初七日や法事にかかる費用

    葬儀の後に行われる供養はすべて控除対象となりません。

  • ご遺体の解剖にかかる費用

    死因を特定するための検査や解剖にかかる費用は、ご遺体の捜索やご遺骨の運搬に関係しませんので、控除対象となりません。

葬式やお墓にかかる費用まとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは、葬式やお墓にかかる費用について詳しくご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度、それぞれの項目についてまとめてみたいと思います。

  • 人が亡くなるとかかる費用の内訳について

    人が亡くなった後にかかる費用は、葬儀代・お墓代・永代供養費・飲食接待費という四つの項目に分けられる。
    それぞれどのような方法で行うかによって費用に差が出てくるので、故人のお人柄や立場などを考慮して準備しなければならない。

  • 葬儀やお墓にかかる費用の相場について

    葬儀代の相場は50名の参列者で平均して約150万円程度だが、参列者が増えると、その分の費用が増えていく。
    宗教者へのお礼やお布施、飲食接待費も含めると約200万円ほどの費用がかかる。
    お墓は全国平均で約200万円前後が相場となる。
    お墓の費用は、地域や利便性によって費用に差が出てくる。
    また、毎年管理費を支払う必要があり、その相場は数千円〜1万5千円前後となっている。
    永代供養の費用は供養方法によって違いがあるが、約20万円〜100万円未満で永代供養をお願いすることが可能で、その後の費用は一切かからない。

  • 葬儀費用控除について

    葬儀にかかる費用は、故人が亡くなってから十ヶ月以内に税務署に申請すると、相続税が控除される。
    葬儀に直接関わっている費用が対象となっており、申請する時には領収書や金額のメモを持って税務署に行く。
    お香典・お墓やお仏壇の購入費用は非課税なので控除対象とはならないので注意。

葬儀やお墓の準備にはとても大きな金額が必要となってきますが、事前にある程度の目安があるとその分準備もしやすくなります。

ご家族やご親戚・専門家の方にご相談しながら、納得のいく形の葬儀やお墓となるよう一つ一つ進めてみましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

終活ねっとでは葬儀やお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では葬儀の流れについて解説しています。
葬儀をするためにはどうすればいいのかお悩みの方はぜひこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の流れが分かる!葬儀から納骨までの流れを解説します!

葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「葬式・お墓・費用」に関連する記事

「葬式・お墓・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「葬式・お墓・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!のサムネイル画像

お墓を購入する費用はいくらくらい?安く抑える方法も解説します!

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!のサムネイル画像

子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと