お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!

一口にお墓といっても、いろいろなタイプがあります。 お墓に入る人・供養の仕方、お墓の経営者・お墓の形のタイプもいろいろあり、何がどう違うのか、迷ってしまいますね。 今回の終活ねっとでは、お墓のタイプについて、お墓の種類を全部まとめて、分かりやすく解説します。

目次

  1. お墓のタイプについて
  2. 供養方法に関するお墓のタイプ分け
  3. お墓の管理主体別のタイプ分け
  4. お墓の形に関するタイプ分け
  5. 永代供養墓のタイプ
  6. その他の供養方法のタイプ分け
  7. お墓のタイプについてまとめ

お墓のタイプについて

お墓

お墓にはどんなタイプがあるのでしょうか。
お墓探しを始めようと思っても、お墓のことがよく分からずに困っている方も多いと思います。

一口にお墓といっても、いろいろなタイプがあります。
お墓に入る人や供養の仕方、お墓の形など迷うことが多いですよね。

そこで今回の終活ねっとでは、お墓のタイプについて

  • 供養方法によるお墓のタイプの分け方は?
  • お墓の管理主体別のタイプの違いは?
  • お墓の形によるタイプの違いは?
  • 永代供養墓にはどんなタイプがあるのか?
  • その他の供養方法にはどんなものがあるのか?

など、お墓の種類を全部まとめて、分かりやすく解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

供養方法に関するお墓のタイプ分け

お墓

まず、供養方法によるお墓のタイプ分けについて、簡単にそれぞれの供養方法の特徴などを説明します。

先祖代々の家族墓

まずは、お墓のタイプ分けで先祖代々の家族墓について見て行きましょう。
お墓といえば、まず頭に浮かぶのは、先祖代々から続く伝統的な石塔のあるお墓ですね。
先祖代々のお墓は、これまで主に家の長男の方が引き継ぎ、管理とご先祖の供養をしてきたお墓です。
その方が亡くなったら、その家族の方がまた引き継いでいくことになります。

一人で入る個人墓

お墓は、家族がそろって入るお墓だけではありません。
一人だけが入る個人墓というものもあります。

個人墓は、実は古くから著名な武将や高名な方を称えるお墓として建てられていましたが、最近は少子高齢化によってお墓の承継者がいない方が、自分だけのお墓を建てるケースも増えています。

夫婦墓

夫婦墓は、まさに結婚をしている夫婦だけが入るお墓です。
少子高齢化の影響で、個人墓とともに、お墓の承継者がいないご夫婦が夫婦墓を選ぶケースも増えています。

また最近は、お墓のことで子供たちに面倒をかけたくないとか、夫婦だけの記念のお墓を持ちたいなどの思いから、夫婦墓を選ばれる方も多いようです。

永代供養してもらえるお墓

永代供養してもらえるお墓とは、お寺や霊園にお墓の管理や供養をお願いできるお墓で、永代供養墓といいます。
永代供養墓は、費用も比較的安いこともあり、お墓の後継者がいないときなどに、この永代供養墓を利用する方が増えています。

ただ、永代供養といっても、ご遺骨の安置期間は33回忌までなどの一定期間になっていることが一般的です。
その後は他の方のご遺骨と一緒に合祀される例が多くなっています。

個人墓も夫婦墓も、その個人・夫婦だけのお墓ですから、無縁墓とならないように、お寺や霊園に永代供養をお願いしておくことが大切です。

お墓の管理主体別のタイプ分け

お墓

次に、お墓の管理主体別のタイプ分けについて、説明します。

お墓は、管理主体により次の3つのタイプに分かれます。

  • 寺院墓地
  • 民営霊園
  • 公営霊園

それそれの特徴と、メリット・デメリット、費用などは次のとおりです。

寺院墓地

寺院墓地は、お寺の境内にある、寺院が運営する墓地です。
古くからある寺院墓地は立地も比較的良いところにあり、お墓参りなどがしやいことが多いです。

以前は寺院墓地は檀家でなければ利用できないものでした。
しかし最近では、宗教宗派を問わず利用を認めるという寺院も増えており、この面でも使いやすくなってきています。

また、寺院墓地は代々引き継ぐ住職の方が管理業務を行っており、管理は行き届いています。
寺院の住職の方は、お寺の歴史や過去の事情をよく理解しておられますので、分からないことは相談できるメリットもあり、安心して利用できます。
さらにお寺の檀家であれば法要や供養を優先的にやってもらえるメリットもあります。

ただ、新たに檀家になるときはお布施などの形で入檀料を支払うのが通例です。
また、寺院墓地はお寺の行事も多く、その都度寄付金などの費用が必要になることもあります。

寺院墓地の永代使用料は、寺院の格式や立地によりかなり違いがありますが、一般的に民営霊園よりも高くなります。
また、寺院墓地の管理費は、おおむね5千円~1万5千円で民営霊園と大差ありません。
しかし、全体的な費用は他の霊園より大きくなると考えたほうが良いでしょう。

民営霊園

民営霊園は、宗教法人や公益法人が経営する霊園です。

民営霊園は、一般的に比較的立地の良い場所が多く、施設もきれいで使い勝手の良いところが多くなっています。

民営霊園のメリットは、一般に宗教・宗派は不問のうえ、墓地の区画の選択肢が多いので、予算に合わせてお墓の区画や墓石のデザインを自由に決められることです。

また、公営霊園のように募集期間が限られることはなく、基本的にいつでも申し込むことができます。
民営霊園では、ご自身のお墓を生前に申し込んで購入しておくことも可能な場合が多いです。

民営霊園の永代使用料は

  • 全国:50万円~100万円位 平均80万円弱
  • 東京都内:120万円~150万円

となっています。

民営霊園の初期費用は、経営者である宗教法人や公益法人により違いがあります。
公営霊園よりは高く、寺院墓地よりは低めのところが多いです。

民営霊園の管理費は、おおむね5千円~1万5千円で、公営霊園よりは高いですが、寺院墓地とは大差ありません。

公営霊園

公営霊園は、公共団体が運営する霊園です。

したがって、通常当該地域の住民であることなどの一定の申込資格はありますが、宗教・宗派に関係なく、誰でも申し込むことができます。

しかも、公共団体の運営ですので、経営は安定しており、民営霊園ほどの高級感はなくても管理も行き届いています。

また、公営霊園は比較的立地が良いところが多くなっています。

さらに永代使用料や管理料などの費用も、民営霊園や寺院墓地に比べると安価です。

例えば、東京都の都立青山霊園の平成29年度の一般墓所の値段は約274万円/㎡で一見高いのですが、民営霊園の約半分の価格となっています。
また、都立霊園の一般墓所の管理費は610円/㎡で、立地による違いはなく、これもかなり低額です。

都立霊園以外の一般的な公営霊園の管理費も1000円~1万円が相場で、寺院墓地や民間霊園の管理費より安くなっています。

一方、都立霊園は募集時期が年一度と限られていますが、他の公営霊園も同様に募集時期などが決められていることが多いです。
さらに、人気の高い公営霊園では、募集があっても抽選になることがあり、ご希望の時期に必ずしも利用できないというデメリットがあります。

終活ねっとでは、都立青山霊園に資料請求することも、見学予約することも以下のページより可能です。
ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。

霊園詳細情報
とりつあおやまれいえん

都立青山霊園

多くの著名人が眠る桜が綺麗な人気の霊園
都立青山霊園
  • 公営霊園
  • 宗教不問
住所

東京都港区南青山2-32-2

供養形態

お墓

地図

GoogleMapで表示する


お墓の形に関するタイプ分け

お墓

墓石の形にはどのようなものがあり、どんな特徴があるのでしょうか。
ここでは、お墓の形についてタイプ別に説明します。

和型のお墓

和型のお墓は、縦長の長方形の石を台石の上に置いた、一般的なお墓です。

お墓の墓石代や工事費の相場は、使う石の産地や種類、お墓の大きさやデザインにより幅がありますが、一般的には100万円~200万円になります。

和型のお墓で、特に凝った形でなければ、比較的安く作ることができます。

洋型のお墓

洋型のお墓は、海外の公園墓地などでよく見かけられる横長の四角形の平面的な低いお墓です。

こちらもシンプルな形であれば、比較的安く作ることができます。

デザイン墓

デザイン墓は、石の形や彫刻をご希望により自由に変えることができるお墓です。
ご自分の好みに応じて、形やデザインを自由に変えられる利点はありますが、費用も高くなります。

永代供養墓のタイプ

お墓

ここでは、永代供養墓のタイプについて、どのような種類があるのか、まとめて見ておきましょう。

最初から合祀するタイプ

ご遺骨を骨壺から取り出して他の方のご遺骨と最初から合祀するタイプの永代供養墓を、合祀墓といいます。
最近はこのタイプの利用者が増えています。

合祀墓にご遺骨を埋葬すると、その後の管理や供養はすべて霊園や寺院が行います。

合祀墓のメリットは、何と言ってもお墓の管理や継承の心配がないことです。
一方、いったん合祀されるとご遺骨を取り出すことはできないというデメリットもありますので、注意が必要です。

個人墓を建てて一定期間後に合祀するタイプ

個人墓は、基本的に永代供養墓となっています。
個人墓は、通常のお墓と同じように墓石を建てたお墓にご遺骨を埋葬できますので、合祀に抵抗がある方にも選ばれます。

しかし、永代供養の個人墓でも、永久に個別に供養されるわけではありません。
一般に、十七回忌、三十三回忌などの一定期間後には合祀されるタイプが多いです。

個人墓は、通常のお墓よりは小さめですが、墓石を建てますので、費用は他のタイプよりは高くなります。
初期費用は、使用料と墓石代・工事費などでおよそ30万円~100万円程度ですが、使用する墓石や立地によっては200万円近くするものもあります。
管理費は、不要な場合も多いのですが、初期費用に含まれている場合もあります。

合祀墓の費用は、使用料などが10万円~50万円前後です。
墓石代・工事費は必要なく、管理費も必要ないというケースが多いため、永代供養墓のタイプ中で費用を一番低く抑えることができます。

一定期間納骨堂に納めた後合祀するタイプ

納骨堂は、一般に建物内にありご遺骨を収蔵して供養するための施設で、納骨スペースが個々に分かれており、それが集合した形になっています。
ご遺骨は、当初は骨壺に入れたままこの納骨堂の納骨スペースに納められて個別に安置されます。
そして一定期間後、合祀墓に移されて、他の方のご遺骨と合祀されます。

納骨堂の形は

  • 仏壇型
  • ロッカー型
  • 位牌型
  • 機械搬送型

など様々です。

納骨堂の費用は、納骨堂の形式や納骨するご遺骨の数、永代供養までの年数によって幅があります。
納骨堂の初期費用は、永代使用料や永代供養料の名目になっており、おおむね10万円~100万円となります。
墓石が必要ありませんので、一般的なお墓よりは安価になります。

別途毎年1万円前後の管理費が必要なケースも多いですが、ご遺骨を合祀する場合は不要のこともあり、初期の永代供養料に含まれていることもありますので、契約内容に注意が必要です。

仏壇型

仏壇型は、上段に仏壇や位牌を置き、下段にご遺骨の入った骨壺を安置する方式です。
仏壇を設置しますので、使用料は30万円~100万円と一般的なお墓より高めになります。

ロッカー型

ロッカー型は、ご遺骨の入った骨壷をロッカー状の棚に収納する方式です。
永代使用料は、5万円~50万円前後と比較的安価になります。

都立多磨霊園の「みたま堂」もこのタイプですが、使用料は収蔵期間30年で約24万円(2体用)~約41万円(6体用)で、管理料が毎年3010円~5030円となっています。

終活ねっとでは、都立多摩霊園に資料請求することも、見学予約することも以下のページより可能です。
ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。

霊園詳細情報
とりつたまれいえん

都立多磨霊園

都内最大級の緑豊かな公営霊園
都立多磨霊園
  • 公営霊園
  • 宗教不問
住所

東京都府中市多磨町4-628

供養形態

お墓

納骨堂

永代供養

地図

GoogleMapで表示する


位牌型

位牌型の永代供養墓は、仏壇の側にご位牌だけをまとめて立て、ご遺骨は別の場所に安置する場合が多いです。
したがって、位牌型はロッカー型よりも安い価格の場合が多いです。

機械搬送型

機械搬送型の永代供養墓は、利便性の良い立地にあることが多く、お参りも比較的自由にできるようになっています。

利便性の高さに応じ、永代使用料も50万円~100万円超まで幅があり、高額になる場合もあります。

その他の供養方法のタイプ分け

お墓

お墓のタイプは、他にもいくつかあります。
ここではその他の供養方法のタイプについて、まとめて解説します。

樹木葬

樹木葬は、ご遺骨を自然に囲まれた樹林や草花の中で埋葬するものです。
樹木葬では、墓石の代わりにシンボルとなる木を植え、その木の周囲にご遺骨を埋葬します。

一般に、樹木葬は、宗教・宗派不問で、生前申込もできますので、ご希望に沿った霊園を自由に選ぶことができます。
しかも、永代供養となっていますので、自然に還り自然の中で眠りたい、というご本人やご遺族の希望に沿うことができます。

樹木葬はまだ新しい埋葬方法で、やり方やスタイルも多様です。
そのため、費用相場も10万円~100万円と幅があります。
また、墓石代・工事費は必要ありませんので、他のタイプより費用は安くできます。

散骨

散骨は、ご遺骨を細かく砕き粉末状にして山や海に撒く方法です。
ただ、散骨が認められない場所もありますし、公共施設や観光地など他人に迷惑がかかる場所を避ける必要があります。

最近は、ご遺骨を海に撒く海上散骨を選ばれる方が多くなっています。
やり方は、専門会社に代行を依頼する方式、他の方との合同散骨、家族で船を借りて散骨する個別散骨などがあります。
個別散骨であれば基本的な費用相場は、20万円~30万円ほどですが、別途目的地までの交通費や宿泊費なども必要となることもあります。
その場合、かなり高額になる場合もありますので、よく調べる必要があります。

手元供養

手元供養は、ご遺骨を自宅などの手元で保管し、亡くなった方を身近に偲ぶものです。

ご遺骨は、葬儀が終わるとご自宅で安置して、四十九日や一周忌などに合わせてお墓を作り、納骨するのが一般的となっています。
しかし、なかにはご遺骨をそのまま自宅で保管し続ける方もいらっしゃいます。

また、亡くなった方を常に身近に感じていたいと、ご遺骨をペンダントなどのアクセサリーにして身に着ける方もおられます。

お墓のタイプについてまとめ

お墓

いかがでしたか?

今回終活ねっとのこの記では、お墓のタイプについて、以下のことを解説してきました。

  • お墓のタイプを供養される方で分けてみると、一般的な先祖代々の家族墓の他に、一人で入る個人墓や夫婦だけが入る夫婦墓もある。
  • 供養方法には、お墓の後継者がいないときなどにお寺や霊園で永代供養してもらえるお墓もある。永代供養のお墓も一定期間後は合祀されるが、費用も安く利用者が増えている。
  • 墓地の種類は、寺院墓地・民営霊園・公営霊園があり、それぞれメリットとデメリットがあるが、公営霊園は立地も良く、費用が安い。
  • 墓石の形には、和型・洋型・デザイン墓があるが、和型は比較的安い費用になる。
  • 永代供養墓は、霊園にご遺骨を預けて供養・管理を依頼するお墓であるが、最初から合祀するタイプと最初は個人墓や納骨堂にご遺骨を収め一定期間後に合祀するタイプがある。
  • 故人の供養方法には、一般的なお墓の他にも、樹木葬や海などへの散骨、自宅などので手元供養などの方法もある。

ご覧いただいたように、お墓のタイプ、供養の仕方はいろいろあります。

供養の仕方やお墓の形が多いので迷われるかもしれませんが、大事なことはご先祖を敬う気持ちと、残されたご遺族の今後のことを併せて考えることです。
先々のことも含めて家族の方ともよく話し合われ、ご自身の状況にふさわしいお墓を選ばれるとよいでしょう。

この記事が、皆様のお墓選びの参考になれば幸いです。

詳しいお墓の探し方についてはこちらで解説しているのでぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

より良いお墓の探し方のポイントを分かりやすく紹介します!

お墓を建てる際にはまず場所探しから始まります。先祖代々続くものが多いですから、より良いものを選びたいですよね。今回はそんなお墓探しのポイントを分かりやすくご紹介していきます。これからお墓を探そうと思っている人必見!

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・タイプ」に関連する記事

「お墓・タイプ」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

    近年お墓の値段はかなり高額になっています。大切な方の供養の場ですから、心のこもったお墓にしたいと思うのは当然です。ですが、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。お墓もいろいろありますが、安く建てるにはどうしたらよいのでしょうか。費用の抑え方を紹介します。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

    現代ではお墓の後継者についての心配がいらない永代供養のお墓に注目が集まっています。その中でも永代供養付きの家族墓は家族と一緒の安心感が好評です。今回は家族墓の特徴や気になる費用の相場などを詳しくご説明いたします。

  • 永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

    現代は供養に対する価値観も多様化し、夫婦だけのお墓を建てたい方も多いのではないでしょうか。 そんな方たちに今人気なのが、永代扶養の夫婦墓です。 ここでは永代供養の夫婦墓について、実際の費用やメリットについて詳しくまとめてみました。

  • 永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

    永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

    自分がお墓に入った後のお墓の管理について心配する人は多いです。お墓の管理を気にすることなく、自分一人や家族で同じお墓に入りたいと考えている方に知ってもらいたいのが、永代供養の個別墓です。この記事では、永代供養の個別墓についてご紹介します。

  • お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

    お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

    新たにお墓を建てる時、費用は最も気になることのひとつです。ここでは、お墓を建てる時の費用の内訳や相場、お墓を建てない埋葬方法の費用の相場、費用を安く抑える方法などについて説明していきます。ぜひ、最後までお読みください。

  • お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!のサムネイル画像

    お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!

    お墓を建てる際の費用は、かなりの高額になります。 しかし、お墓の費用はどんなものがあり、どのくらいかかるのか、どうしたら安い価格にできるのか、分からずに迷っている方も多いでしょう。 お墓を安い価格で建てる方法について、費用の相場も含めて分かりやすく解説します。

  • 個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!のサムネイル画像

    個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!

    永代供養墓には、合祀型だけでなく個別に埋葬できるものもあります。 それなら興味があり終活で検討してみたいと思われる方も多いと思います。 でもどんな埋葬方法なのか、費用も気になりますね。 個別の永代供養墓について、費用やメリットなどをも含めて、分かりやすく解説します。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・タイプ」についてさらに知りたい方へ

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓を安い価格で建てるには?気になる方法や費用相場を解説!

個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!のサムネイル画像

個別で埋葬できる永代供養墓について費用やメリットなどをご紹介!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと