お墓の文字をペンキで補修するには?自分でできる簡単な方法を紹介!

あなたのお墓にも文字部分は何らかの色のペンキが使われているはずです。しかし、お墓はほとんどの場合屋外にあり、常に風雨の影響を受けやすいことからその文字部分のペンキもいつかは補修が必要という状況になります。そこで今回はお墓のペンキの補修の方法をご紹介します。

目次

  1. お墓の文字に塗るペンキについて
  2. お墓の文字をペンキで修復する
  3. お墓の文字の修復は石材店に頼んでもいい
  4. お墓の文字に塗るペンキの色の種類
  5. お墓の文字のペンキについてまとめ

お墓の文字に塗るペンキについて

お墓

近年、自由なデザインのものや文字の入らないものが増えてきているとはいっても、やはり伝統的な和型墓石のお墓を取り入れるという方は少なくありません。

そして、和型墓石にはご家庭によって彫られる文言は異なるものの、文字が入っています。

さて、このお墓に彫られる文字部分はペンキが塗られていることが一般的です。
お墓を建てたばかりの頃は塗られたペンキの鮮やかさが目を引くことでしょう。

しかし、お墓のほとんどが屋外に建てられているため、常に風雨の影響を受けやすい状態となっています。
そのため、年月が過ぎるほど文字部分にも何らかの形で補修が必要状況となってきます。
そもそも、一部であってもペンキが落ちた状態はあまり見栄えのよいものではありません。

そこで今回終活ねっとでは、以下のポイントを軸にお墓のペンキの補修の方法についてご紹介いたします。

  • お墓の文字をペンキで修復する方法とは?
  • お墓の文字の修復は石材店に依頼することもできる
  • お墓の文字に塗るペンキの色の種類には何があるのか?

お墓の文字をペンキで修復する

お墓

お墓参りなどの際に、文字部分に塗られたペンキがはげてしまっていた場合、どのように修復すればよいのでしょうか?

ここでは、ペンキで修復する方法を必要な道具から手順に至るまでご紹介いたします。

ペンキで塗り直す時に必要な道具

お墓の文字部分をペンキで塗り直すといっても、どのような道具が必要となってくるのかさえも想像がつかない方が多いのではないでしょうか。

以下がご自分で塗り直しを行う場合に必要な道具ですので、ぜひともご参考にしてください。

  • 剥離剤やシンナー
  • 歯ブラシ
  • 綿棒(細かい部分のペンキを落とすため)
  • 水性ペンキ
  • 絵筆
  • カッターの刃
  • ビニール手袋
  • ガムテープ
  • 乾いた布や雑巾

ペンキで塗り直す手順

ここでは、文字部分をペンキで塗り直す手順について具体的に見ていきます。

なお、作業の際には安全のためにビニール手袋をつけて行うようにしましょう。

補修する文字の部分の掃除

最初に、補修する文字のペンキの部分を雑巾や歯ブラシなどを使ってきれいに掃除をします。

これは、補修に先立って余計な汚れを取っておくことで、ペンキでの補修がよりやりやすくなるようにするための準備であるともいえます。

なお、この段階で水拭きという方法で汚れを落とす方も多いでしょうが、その場合は汚れを落とし終えた段階で水をきちんと拭き取るのを忘れないようにしましょう。

古いペンキを剥離する

文字部分の補修の準備ができましたら、まずお墓の文字の部分の古いペンキを剥離するところから始めます。

実は、この作業が全体の中で最も手間がかかる段階ですが、念入りにやっておくことで後々きれいさを長く保つことができます。

具体的には、剥離剤やシンナーを歯ブラシや綿棒、筆などにつけて念入りに古いペンキに塗っていきます。
なお、この時に歯ブラシなどに水をつけないようにする必要があります。

この作業を行っていくと、次第に古いペンキが浮いてきて取りやすくなるので、乾いた布や雑巾などで念入りに取るようにします。

古いペンキで残っているものが汚れなどにならないように、一文字ずつきちんとやってから次の文字に移ることが大切です。

ちなみに剥離剤ですが、文字の部分以外の墓石の部分に触れると墓石そのものを傷めたり、あるいは変色させたりしてしまう場合がありますので、使う時は慎重に量などに気を配りながら使うという点に注意しましょう。

ペンキを塗って色を入れる

古いペンキを剥離させることができたら、いよいよ新しくペンキを塗り直し色を入れる段階です。

ただし、特に剥離剤を使って古いペンキをはがしたという場合は、すぐにペンキを塗り直すということに手を出さない方がよいでしょう。

というのは、剥離剤が残っている状況で塗り直しに取り掛かっても、うまくペンキが付かないためです。
だからこそ、古いペンキを取る際に剥離剤を使った場合は、文字部分を水で洗ったうえで少し日数を置いてから塗り直しをするといいでしょう。

さて、実際にペンキの塗り直しを行う際には、まずあらためて塗る文字部分の周囲にガムテープを貼って区切ります。
そのうえで、絵筆を使って元の文字の色のペンキを使って塗っていきます。

使うペンキについては水性のものでも大丈夫ですが、どのようなペンキを使うにしても一度塗ってから乾くのを待ち、また塗っていくという工程を3度ほど繰り返します。

はみ出た部分を削る

最後に、ペンキのはみ出た部分を削ります。

ペンキを塗っては乾くのを待ち、また塗っていくという工程を繰り返していくと、あらかたペンキがもともとの状態のようにきれいに吸着するようになります。
そこまでくれば、いよいよ最後の仕上げの段階としてペンキのはみ出た部分を削っていく作業です。

はみ出た部分を削っていく際にはカッターナイフを用います。
もちろん、使うのが刃物であるため、慎重にやらないと墓石を傷つけてしまいかねませんので、そこは気をつけましょう。

具体的には、カッターの刃で横に滑らせつつ、余分についたペンキをそぐような形で取っていきます。

ちなみに、その作業の際にペンキがお墓の表面のへこみに入ってしまった場合は、綿棒に少量の剥離剤をつけたものでその部分を軽くこすると取れます。
この場合も、墓石を傷めたりしないように剥離剤の量には気を付けるようにしましょう。

お墓の文字の修復は石材店に頼んでもいい

お墓

お墓の修復は、もちろんご自分でやる以外にも石材店に修理を頼む方法があります。

ここまで見てきたように、お墓の文字のペンキ部分を補修することは必要な道具をそろえ手順さえ知っていればご自分でやることもできます。

しかし、なにぶん手間や時間がかかる作業ですので、もしそれほどお墓参りやお墓の文字部分の補修に時間を割く余裕がないという場合はプロである石材店の方におまかせするのが良いでしょう。

もしも、石材店に補修を依頼するということであれば、一般的には1万円から3万円が依頼による補修に必要な費用の相場です。

この費用を出しても差し支えがなかったり、また先ほども述べたようにどうしてもお墓参りに行く時間さえもないような方であれば、石材店の方に依頼してみるとよいでしょう。

お墓の文字に塗るペンキの色の種類

お墓

お墓の文字部分に塗られているペンキの色と言えば、白色をイメージする方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は白色だけでなく地方の慣習などの関係で、全国的にさまざまな色が使われている状況です。

はお墓の文字の色でもよく使われるものの1つで、文字部分の見え方をよりはっきりさせたい場合に使われます。

また、お墓の石材が黒御影石や灰色のものなどである場合は、一段と清潔感があり、人気を呼んでいます。
ただし、文字部分に何らかの汚れが付着すると白色である分、目立ちやすいところがデメリットです。

は白色とともによく使われる文字の色で、こちらも文字の部分をよりはっきりと目立たせたい場合に使われます。
特に、墓石が白色のものの場合に多用されます。

また、白色に比べると、仮に汚れがついてもそれほど目立たないため、その点においては安心できます。

ただし、お墓の墓石には白色系のものは黒色系のものに比べて多くないため、塗ることのできる石材の種類に限りがあるというデメリットがあります。

お墓の文字部分に色を使っている例は本州などではあまり見かけないという方が多いでしょう。
それもそのはずで、実は金色が使われているのは、主に九州で建てられているお墓であるためです。

これは、九州が位置的に大陸に近かったことが理由として挙げられます。
特に中国文化の影響が大きく、中国のお盆で金を燃やす風習があったことがお墓の文字部分に金色を使っているのが由来です。

赤(朱色)

お墓の文字にはもしくは朱色で塗られている場合があります。
実はこの点については2つの意味があります。

まず、生前に出家している場合、つまり仏様の弟子として仏道修行に励む決意をした場合が挙げられます。

このような場合は、生涯仏様の弟子として歩むことと、そのために守るべき戒律を守っていくことへの誓いのしるしに戒名を授かったことを意味しています。

もう1つの意味合いとして、お墓を生前に建立したことやその人物を指し示す意味で、建立者のところを赤くしています。
この場合は、その方が亡くなった段階で赤色から白色などに塗り替えられることになります。

お墓の文字のペンキについてまとめ

お墓

お墓の文字部分の補修の方法などについて、いろいろと見てきました。

今回終活ねっとで紹介した内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お墓の文字部分をペンキで修復するには、必要な道具として剥離剤やシンナー、歯ブラシ、綿棒、絵筆、乾いた布もしくは雑巾、水性ペンキといったものをそろえる。
  • 塗り直しの手順として、補修する文字の部分の汚れを取り、古いペンキを剥離する。そのうえで一文字ずつ新しくペンキを塗って色を入れ、完全に乾いた後ではみ出た部分をカッターナイフで削る。
  • お墓の文字部分の補修はご自分でできるが、そのための時間などが確保できない場合は石材店の方に依頼することもできる。なお、そのための費用の相場は1万円から3万円が一般的となっている。
  • お墓の文字部分に塗るペンキの色の種類には白や黒が多く見られるが、そのほかにも地域や事情によって金色や赤色(朱色)の場合も見られる。

お墓の文字部分の補修は、手間と時間さえ惜しまなければご自分でもやることができます。

特に、終活の取り組みとして前もってお墓を建てたということであれば、なおさらできるだけご自分でペンキの色の塗り直しはやっておきたいと考えるでしょう。

なにしろ石材店に頼んだ場合の経済的な負担を考えると、ご家族の負担はなるべく軽くしておきたいところですので、終活で生前にお墓を建てるのであれば、あわせてご自身でペンキの塗り直しの方法もあとに残されるであろうご家族に伝えておくとよいのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・ペンキ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・ペンキ」についてさらに知りたい方へ

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!のサムネイル画像

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめましたのサムネイル画像

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめました

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!のサムネイル画像

お墓の修理費用について誰がどのように修理するのかケース別に紹介!

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?のサムネイル画像

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?

DIYのお墓について作る流れやオススメのキットを紹介します!のサムネイル画像

DIYのお墓について作る流れやオススメのキットを紹介します!

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・ペンキ」についてさらに知りたい方へ

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!のサムネイル画像

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめましたのサムネイル画像

お墓を改修する目安と改修に必要な費用についてまとめました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと