お盆のお墓掃除っていつやるの?正しい時期や掃除の仕方などを紹介!

お盆にはお墓参りと一緒にお墓の掃除をするという方も多いのではないでしょうか。 どうせ掃除をするのであればご先祖様が喜ぶ掃除方法を知っておきたいと思いますよね。 今回はお盆のお墓掃除の正しい時期や掃除の仕方について解説します。

目次

  1. お盆でのお墓の掃除について
  2. お盆でのお墓の掃除の正しい時期
  3. お盆に行うお墓掃除のマナー
  4. お盆に行うお墓の掃除に必要な道具
  5. お盆に行うお墓の掃除の仕方
  6. 由緒正しいお盆のお墓参りの仕方
  7. お盆でのお墓の掃除まとめ

お盆でのお墓の掃除について

お墓

お盆にはお墓参りと一緒にお墓の掃除をするという方も多いのではないでしょうか。

お墓には自分たちのご先祖様が眠っていらっしゃいます。
そのご先祖様が喜ぶような掃除の仕方があれば知っておきたいとは思いますよね。

そこで今回終活ねっとではお墓の掃除について

  • お墓の掃除をする正しい時期
  • お墓を掃除する際のマナー
  • お墓掃除に欠かせない道具の紹介
  • お墓の掃除の仕方
  • 正しいお墓参りの仕方

以上のことを中心に解説します。
最後までこの記事を読んで頂けると幸いです。

お盆でのお墓の掃除の正しい時期

お墓

お盆にはお墓参りをし、お墓の掃除をすることが日本人のイベントのひとつとして成り立っています。

お墓の掃除はお盆のどの時期にやるのがいいのか、掃除の時間帯には決まりはあるのかといったことについて下記で解説します。

正しくは年2〜3回行うが決まりはない

お盆に故郷に帰省する際、お墓参りをするという方は多いです。
お墓参りでは故人に手を合わせて近況報告をする方や、ご挨拶をする方など様々いらっしゃると思います。
お墓参りをする際、お墓の掃除もするのが一般的です。

お墓の掃除をしようと予定を立てる時、お盆のどの時期に掃除をするのが正しいのかと考える方もいるのではないでしょうか?

お盆のどの時期にお墓の掃除をするのかはここ最近ではいつ行っても良いと言われています。
そのため家族や親戚が集まりやすい時期を選んで行うといいでしょう。

そもそもお墓参り自体、やっていい時期・悪い時期という決まりはありません

理想としてはお墓の掃除は年2~3回行うのが良いでしょう。
ただし、年2~3回というのは理想であり決まりではありません。

もし理想的なペースでお墓の掃除をするのであれば、

  • 春のお彼岸:春分の日(3月21日)を中心に前後7日間
  • お盆:8月13日~16日(地域によっては7月13日~16日)
  • 秋のお彼岸:秋分の日(9月23日)を中心に前後7日間
  • 年末年始:12月29日~1月3日

上記の時期に行うと良いでしょう。

正しい時間は特にないが午前中が良い

お墓の掃除の時期はいつでもいいことがわかりましたが、掃除の時間帯に決まりはあるのでしょうか。
時期と同様に時間帯についても特に決まりはありません。
そのため午前中、夕方、夜のいつでも自分の都合の良い時間に掃除をしても問題ありません。

ただ午前中にお墓の掃除をした方が無難です。

お墓には意外にも汚れがついていますし、お墓の周りには雑草が生えていたりもします。
それら全ての掃除をしていると案外時間がかかります。
夕方にお墓の掃除を開始すると辺りが暗くなってしまうかもしれません。

また、全ての墓地・霊園ではありませんが、場所によっては足元が悪いところもあります。
暗くなってしまうと転倒の恐れもありますので、そのような事態を防ぐためにも午前中に掃除を行ったほうが良いでしょう。

お盆にお墓参りすることは意味がない?

お盆とはご先祖様の霊が家に帰ってくる時期と言われています。
そのためご先祖様をお導きするために迎え火を焚いたり、逆に家から送り出すために送り火を焚いたりします。

ご先祖様の霊が家にいることから考えると、お盆の期間はお墓にご先祖様の霊はお墓にいないため、お墓参りに行っても意味がないと言われることがあります。
しかし、お盆にお墓参りに行くことに意味がないことはありません
お墓参りに大事なのはご先祖様に対する敬いの心です。

お墓の前で手を合わせ、ご先祖様や故人を弔い、冥福を祈るようにしましょう。

お盆に行うお墓掃除のマナー

お墓

いざお墓の掃除をするとなった時、年に何度もやることではない故にマナーや服装などはどうしたらいいかと迷うことがあります。

ここではお墓掃除のマナーや正しい服装について解説をします。

常識的なことは守る

墓地は多くの方が利用する場所です。
自分の行いが他の人の気分を害する用なことは絶対にしないようにしましょう。

例えば、お供え物を入れてきたビニール袋やお線香に火をつけるマッチの燃えカスといったゴミは必ず自分で持ち帰ります。
基本的には他の人の迷惑にならないよう常識的なことは守るようにしましょう。

正しい服装は?

服装については何が正しいといった決まりはありません。
しかし、墓地は厳粛な場でもあるので、極端に肌の露出するようなタンクトップ・サンダルなどは避けた方がいいです。
また、派手な洋服・アクセサリーなどもできれば避けた方がいいです。

お墓の掃除では季節によっては汗をかくこともあるので、動きやすい服装で、タオルなども持参するといいです。
また、夏場などは熱中症対策として帽子をかぶっておくといいでしょう。

お盆に行うお墓の掃除に必要な道具

お墓

いざお墓の掃除に墓地に行った時に、忘れ物がないように持ち物は事前にリストアップするといいです。
そこで下記ではお墓掃除の際に必要な道具と、あるとさらに便利な道具をご紹介します。

必需品

お墓掃除の必需品は下記の4つです。

  • スポンジかたわし(金属製はNG)
  • バケツ(じょうろやペットボトルでも代用可)
  • 雑巾
  • ゴミ袋

スポンジやたわしは墓石に付着した汚れを綺麗にするために使います。
墓地には共有の水道がある場合がありますが、必ずしも水場から自分のお墓が近いとは限りません。
そこでバケツやじょうろなど水を溜めておけるものは活躍します。
水を使って汚れを落としたお墓を最後に乾拭きするために雑巾なども持っていくといいです。

掃除の後には何かしらゴミが出ることがありますので、ゴミ袋も忘れず持参しましょう。

あると便利な道具

必需品に加えて、掃除の際にあると便利な道具は以下の4つです。

  • 歯ブラシ
  • 軍手
  • 虫除けスプレー

お墓によっては細かな凹凸があり、スポンジやたわしでは汚れを落としづらい箇所もあります。
そんな時は歯ブラシがあると掃除が楽になります。

お墓の周りに雑草が生えている場合もあるので、鎌などを持っていくと雑草処理が捗ります
また鎌などを扱う際には怪我防止のために軍手があると安心して作業ができます。

最後に、墓地によっては豊かな自然に囲まれた場所もあります。
虫除けスプレーがあれば蚊やアブといった嫌な虫に気を取られずに作業に専念することができます。

洗剤はマナー的に使っていいのか?

お墓の掃除をするなら徹底的に綺麗にしたいという方もいらっしゃると思います。
きれい好きな方は汚れを綺麗に落とすために洗剤を使うことも検討するかもしれませんが、洗剤が作法的によくないのではと心配になりますよね。

洗剤で墓石を磨くことはマナー的に問題ないです。

しかし、食器用洗剤や塩素系・酸素系の洗剤を使って墓石を洗うのは墓石を傷つけるため避けた方がいいでしょう。
可能であれば墓石用の洗剤が市販されているので、専用の洗剤を使って掃除をした方がいいです。

お盆に行うお墓の掃除の仕方

お墓

お墓の掃除の仕方は下から始め、上の方を綺麗にし、最後に下を綺麗にするという手順が正しいとされています。
その理由はお墓の下は下界に例えられており、まずは下界の汚れを落とすのが良いと言われているためです。

それでは下記で敷地や墓石といった場所によって、どのような掃除の仕方があるか具体的に解説します。

敷地内の掃除

敷地内にある落ち葉やゴミなどは持参したゴミ袋に収集しましょう。
また雑草が生えていれば、根っこから引き抜きます。

砂利玉の汚れが目立つときには、一度ザルにある程度集め、水でゆすいで綺麗にしましょう。

墓石の掃除

墓石の掃除は、まず苔といった大きな汚れを払った後に、スポンジなどを使い、水洗いをしましょう。

水洗いの際に金属タワシなどの使用は墓石に傷をつける原因になるため避けましょう。
もし頑固な水垢などがあれば洗剤を使って綺麗にすると良いでしょう。

墓石をふく

墓石を水洗いした後は乾いた雑巾などで墓石の水分を拭き取ります。
墓石が水に濡れたままだと、新たな汚れが付きやすくなりますし、苔が生えやすくもなります。

由緒正しいお盆のお墓参りの仕方

お墓

日本に古くからあるお盆のお墓参りには、いくつか作法があるので、ここでは由緒正しいお墓参りについて解説します。

初日(13日)

初日は迎え火によってご先祖様の魂を家に迎え入れます。
迎え火は松の割り木や麻幹(おがら)を焚くのが一般的です。
地域によってはお墓までご先祖様の魂を迎えに行く場合もあります。

また魂をお迎えするにあたり、精霊馬(しょうりょうま)を盆棚に飾りましょう。
精霊馬とはナスやキュウリを牛・馬に見立てた飾りです。
家に魂を迎える際には早く帰ってこられるように馬に乗ってください、家から送る際にはゆっくりと牛で帰ってくださいという思いが精霊馬にはこめられています。

中日(14・15日)

中日の間は灯明を絶やさぬようにしましょう。
仏壇には故人が好きだったものをお供え物にするといいでしょう。
ただし、殺生を連想する肉類や魚は避けた方が無難です。

故人の好きだったフルーツやお菓子、飲み物などをお供えします。

お墓参りは中日か初日に行くといいでしょう。

お墓にはお線香をあげますが、宗派によって本数などしきたりが異なるので注意が必要です。
またお線香に火を付けた後に息を吹きかけるのは作法として良くありません。
正しくは、手で扇いだりした風によって火を消すようにします。

お線香をあげた後は、お墓の前で合掌をします。
宗派によってやり方が異なる場合もありますが、一般的には掌をぴったりと合わせて、頭を前に少し倒すのが一般的です。

最終日(16日)

最終日には送り火を焚いて、ご先祖様の魂をお見送りしましょう。
この際、次のお盆でまた帰ってきてくださいという心でお見送りをするといいでしょう。

お盆でのお墓の掃除まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓の掃除について以下のことを解説しました。

  • お盆でのお墓の掃除の時期に特に決まりはなく、また時間帯もいつでもいい
  • お盆でのお墓掃除のマナーは派手目な服装と他人に迷惑をかける行動は避ける
  • お墓掃除に必要なものに加えてあると便利な道具をもって行くとよい
  • 掃除は下→上を基本とし、敷地内・墓石の順に掃除を行うとよい

お墓の掃除について、厳しい決まりなどはないのですね。
大切なことはご先祖様や故人を敬う心をもって、お墓参りやお墓の掃除をすることが大切です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お盆・お墓・掃除」に関連する記事

「お盆・お墓・掃除」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・お墓・掃除」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの時の掃除の仕方って?用意する道具やマナーなども解説!のサムネイル画像

お墓参りの時の掃除の仕方って?用意する道具やマナーなども解説!

墓地・霊園の掃除方法についてまとめました!便利なグッズも紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の掃除方法についてまとめました!便利なグッズも紹介!

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!のサムネイル画像

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介のサムネイル画像

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介

お墓を綺麗にしよう。お墓掃除についてのあれこれのサムネイル画像

お墓を綺麗にしよう。お墓掃除についてのあれこれ

お墓掃除は大変と思っている人に、ポイントをお教えしますのサムネイル画像

お墓掃除は大変と思っている人に、ポイントをお教えします

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょうのサムネイル画像

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょう

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

お墓参りの用品って何が必要?お墓の掃除用品についても解説します!のサムネイル画像

お墓参りの用品って何が必要?お墓の掃除用品についても解説します!

お墓掃除の代行を頼む時の費用や内容を全て解説します!のサムネイル画像

お墓掃除の代行を頼む時の費用や内容を全て解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと