お盆のお墓参りの服装はどうする?目立つ格好などは大丈夫?

お盆の準備の中でよく疑問に上がるのが、お墓参りにはどういった服装をすればいいのかということ。いざ服を選ぶ段階になると、何を基準にして選べばいいのか分からないことも多いでしょう。今回はお盆のお墓参りに着ていく服装を様々なケースから紹介します。

目次

  1. お盆でのお墓参りの服装について
  2. お盆での正しいお墓参りの服装
  3. 特に注意したいお盆のお墓参りの服装
  4. 特別なお墓参りの正しい服装
  5. 服装以外のお墓参りでのマナー
  6. お盆でのお墓参りの服装まとめ

お盆でのお墓参りの服装について

お墓

お盆にお墓参りを行うにあたって、服装選びも重要な準備の一つです。
お盆のお墓参りは年に一回の行事であり、あまり手順などについて教わる機会も少ないという人もいるでしょう。

お墓参りは基本的に親族など、葬式よりも少人数かつ身内で行われる事がほとんどです。
なので、これまでの経験などから基準を推測することも難しいかもしれません。

では、どういった基準で服装を選んでいくのでしょうか?
そこで今回終活ねっとでは、お盆でのお墓参りの服装について解説していきます。

  • 「性別」や「年齢」による違い
  • 避けておくべき服装
  • 特別なお盆の場合

基本的な考え方を中心に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お盆での正しいお墓参りの服装

困った人々

初めに、お盆での正しいお墓参りの服装について紹介します。

お盆のお墓参りの服装に関して、まず知っておきたいのが「ルール」でしょう。
お盆もお墓参りも宗教的な行為の色が強いので、規則がありそうだと感じます。

実際のところ、通常のお盆のお墓参りに関して実はルールというものはあまりありません。

当然お墓参りのマナーは存在しますし、極端に周りから浮いた格好をすることは避けるべきです。
しかし、服装についてはこういった格好をするべきと規定している宗派などは特にないのです。

通常のお盆のお墓参りは法事ではないので、しっかりとかしこまった服装でなくても大丈夫です。
「お盆のお墓参りは普段着でよい」といわれるのはこのためです。

では、何を基準にするかというと、場の雰囲気と動きやすさです。

「場の雰囲気」というのは周りの風景や人の心情にかみ合っているかどうかです。
お墓は周りが落ち着いた雰囲気であり、亡くなった方が穏やかに眠っている場です。
そんな中で、極彩色のアロハやジーパンなどは流石に相応しくはないでしょう。

故人や親族の方に「お墓参りは派手にしてくれ」と言われていればそれでも良いでしょう。
ですが、ごく普通のお墓参りであれば、控えめで落ち着いた服装をするのが無難です。
故人が亡くなられて間もない時期も、喪に服した格好に合わせます。

次に、「動きやすさ」についても考慮する必要があります。

大抵の場合、お墓は霊園や墓地にあり、そういった場所は自然に囲まれていることが多いです。
そういった場所は足元が少し歩きにくかったり、虫が多かったりします。

その場合は履きなれなかったり歩き辛い靴を履いたり、露出の多い服装は避けるべきです。
動きにくいだけではなく、怪我につながってしまう恐れもあります。
お墓の掃除も考えると、動きにくかったり、汚れると困る服装は控えたいところです。

以上のことから、「落ち着いた色合いで袖や裾の長い私服にスニーカー」というのが基本形です。
お墓の周りの状況や宗派や周囲の雰囲気などを考慮して変えていくと良いでしょう。

色については黒・紺・グレーといったものがおすすめです。

ただし、ここで注意しておくのが、先ほど述べたのは「通常のお盆」の場合ということです。
初盆や法事など特別な場合のお盆の場合は、それなりにきちんと格好を整えなければなりません。

また、霊園や墓地など管理側でルールがある場合は、それに従うようにしてください。

お墓参りをする上で最も大切なことは、お墓参りは故人を偲ぶ場であるということです。
そのような場であれば、主張の激しい格好を控えるということも分かりやすいではないでしょうか。

以下でお盆での正しいお墓参りの服装について男女別に見ていきましょう。

男性の場合

男性の服装は、長袖のシャツとズボンとスニーカーを中心に組み合わせるといいでしょう。
ベルトや時計などは派手な装飾などがないものにしましょう。

革靴でもいいですが、その場合はお墓の周囲の足場に配慮してください。
滑りやすい石段や砂利道では、革靴では転倒の危険が発生してしまします。

また、男性ということで力仕事や荷物の運搬を任されることもあるでしょう。
そういった場合は、丈夫なジーンズや厚手のシャツがいいでしょう。
こちらもあまり派手なものやダメージ加工されたものは避けます。

女性の場合

女性の服装の場合も、基本形は男性と同じです。

スカートを履く場合は、極端に長いものや短いもの、派手な柄や凝ったデザインの服は避けましょう。
場に合わないだけでなく、怪我や服の汚損につながってしまいます。

靴も、できればスニーカーが良いですが、パンプスを選ぶ場合は特に歩きやすさに注意します。
開口部が大きすぎたり、ヒールが高く安定性が悪いものは転倒につながります。
基本的に砂利道や濡れた石段を安定して歩けるかを目安にしてみるといいでしょう。

アクセサリー類は、派手すぎたり邪魔になったりしないものであれば付けても大丈夫です。
指輪などはお墓の掃除の際に邪魔になるので、しまえるようにするか、最初から外しましょう。
パールのものであれば、法事などの場にも応用できておすすめです。

化粧は派手なものでなければ大丈夫ですが、汗や掃除する際に落ちる可能性に注意しましょう。
日焼けや虫刺され対策に薬品をきちんと使用することも忘れないようにします。

子供の場合

子供の服装の場合は、年齢を考慮して着せてあげましょう。

小さくて元気に動き回る年ごろなら、とにかく動きやすさと防護性を重視しましょう。
転んだり枝に引っ掛ける可能性を考えて、丈夫な長袖を着用させてあげます。

逆に、大人しくできる子であれば、大人と同じような基準で選んで大丈夫でしょう。
子供の場合は、大人よりも緩い目で見られることが多いので、低年齢であれば普段通りでOKです。

ただし、暑がって長袖を嫌がる場合も多いでしょう。
お墓の周りの環境を考えて、我慢してもらうか、半袖に切り替えるかを判断してください。

また、子供は大人よりも体力や耐性の面で劣っています。
そのため、熱中症や脱水症状には十分に気を配ってあげてください。
子供は我慢したり無理をすることがあり、大人より重症化する傾向が見られます。

特に注意したいお盆のお墓参りの服装

困った人々

お墓参りの服装は普段着でいいとはいうものの、やはり避けるべき服装はあります。
ここでは、特に注意したいお盆のお墓参りの服装について見ていきましょう。

上で述べたように、派手な色や柄の服装はやはり避けるべきです。
露出が激しい服装も、TPOの面でも安全面でも適していません。
法事ではないとはいえ、故人に会いに行く以上は控えめにしておきましょう。

また、決められた形がないとはいえ、場所ごとのルールや傾向は抑えなければなりません。

例えば、地域ごとのルールであったり、親族内でのルールが存在する場合があります。
普段離れたところで生活している場合は、きちんと確認を取っておくのがいいでしょう

個人を偲ぶ場、公共の場のTPO、場の雰囲気や環境を念頭に置いて服装を考えましょう。

赤などの色モノ

お盆のお墓参りには、本来禁色などの概念はありません。
しかし、色自体に意味がある場合があるので、そこに注意する必要があります。

例えば、「赤」と「白」はおめでたい意味を示すことがままあります。
祝いの場でよく使用されるのでイメージは沸きやすいのではないでしょうか。
お墓参りという場でそのようなイメージを連想させる赤などの色モノは、やはり避けておくべきです。

また、原色などの派手な色合いの服装も適切ではありません。
その色でお墓参りをすることに意味があるのならともかく、そうでなければ避けましょう。

色合いの面で悩むようであれば、基本的に黒やグレーを選んでおけば間違いはありません。
どうしても着たいけれど大丈夫かどうかわからない場合は、きちんと確認を取りましょう。

毛皮やファー

お墓参りの場においては、お盆に関わらず、毛皮やファーの製品は避けましょう。

色の項目で挙げたように、連想させる先に問題があるからです。
毛皮からは殺生を連想させるとされており、お墓参りの場においては不適切でしょう。

また、同様の理由で爬虫類製品もダメなものとして挙げられやすいです。
ワニ柄やヘビ柄のアクセサリー類も避けましょう。
革靴のような製品までは余り言われることはありませんが、見た目で連想するかは考慮しましょう。

帽子

お墓参りとは、基本的に故人に会いに行くものです。
なので、帽子を被ったまま手を合わせるのは失礼にあたってしまいます。
コートと同様に脱いだうえで、御挨拶をしましょう。

ただし、手を合わせて御挨拶をする場面以外では着用していても問題ありません。
むしろ、お盆の炎天下などの元では、積極的に利用したほうが良いでしょう。

子供やお年寄りなど、体力や耐性の低い方はきちんと被るようにしてください。
マナーを意識するあまり、こちらが倒れてしまっては本末転倒です。

サンダルやヒール

サンダルやヒールのある靴も避けましょう。

お墓参りの服装では、靴も重要になります。
故人に会いに行くのに、サンダルなどのラフすぎるものはマナーとして不適でしょう。

しかし、それ以上に足回りの危険性が大きいという問題があります。
お墓の周りの遊歩道などは石畳などで構成されていることが多く、隙間があることもあります。
当然濡れれば滑りますし、ヒールのある靴は段差に取られてバランスを崩しやすくなります。

舗装されていない場合、砂利道や土などより歩きにくい道になってしまいます。

履きやすさやお洒落も時には必要ですが、お墓参りでは無難にスニーカーなどを着用しましょう。

特別なお墓参りの正しい服装

お墓

ここまでは通常のお盆のお墓参りの服装についてを中心として紹介しました。
中には、特別なお墓参りの場合というのもあります。

特別なお盆の場合は、いつもよりかしこまった服装で参加することになります。
ここでは、特別なお墓参りの正しい服装について紹介していきます。

初盆

お盆のうち、四十九日の忌明け後の最初のお盆を初盆と呼びます。

初盆は法事として行われることがほとんどなので、それなりにかしこまった服装が必要です。
ただ、葬式ほどは固くならなくてもいいというのが一般的です。

男性は黒や灰色のスーツを基本にするといいでしょう。
ネクタイは派手な柄や色を避け、地味なものにしておけば大丈夫です。
革靴は光沢がないものを使用しましょう。

女性も地味な色のスーツやワンピースを着用します。
ストッキングは肌色や黒色の物を使用し、全体で露出を抑えるように心がけてください。

アクセサリー類は、パールのネックレスや小型のイヤリング程度にとどめておきます。
靴は光沢のない黒のパンプスが無難ですが、ヒールの形状や歩きやすさに注意しましょう。

子供は制服があればそれで大丈夫です。
ない場合は、無地で地味な色のシャツやブレザー、女の子であればワンピースやブラウスなどです。
靴下やスニーカーなどは柄など派手なものでなければ白などでも大丈夫です。

法事

通常お盆時期に法事を行うことはあまりありませんが、同時に行う場合は法事に合わせます。
法事の方に普通のお盆の様に普段着で出るわけにはいきません。

お墓参りに適さない服装であると感じた場合、替えの動きやすい服装を準備してもいいでしょう。
その場合でも、なるべく法事側に合わせた格好を心がけましょう。

大事な報告をするとき

お墓参りの際に、故人の方に何か報告をすることもあります。
その場合は、「その方に報告に向かう」という意識で服装を選びましょう。

例えば、子供が進学する場合には、制服を着せて会わせてあげましょう。
また、結婚の報告などは、生きている方に報告に向かうのと同様に、服装を整えます。

基本的に、その方に会いに行くということを意識すれば、服装は決めやすくなります。

友人のお墓参り

お盆時期に友人のお墓に参ること自体は特に変わった服装をする必要はありません。

ただし、親族の方のことを考えると、ラフな格好は避けたほうがいいでしょう。
掃除の必要がなければ、汚れることはそこまで気にする必要もありません。

また、お盆は故人の方は実家に戻っているとされる時期です。
お墓の方には不在であるとされるということは認識しておきましょう。

服装以外のお墓参りでのマナー

お墓

お墓参りでは、服装に限らず様々なマナーが存在します。

ここでは、お盆のお墓参りにあたって服装以外のお墓参りでのマナーを紹介します。

持参すべきもの

お墓参りで持参すべきものを代表的なものに絞って挙げると、以下のものが必要になります。

  • お花
  • 線香
  • ロウソク
  • 着火道具

お花は花屋でお供え用と伝えて用意してもらうのが一番です。
自分で花を決める場合は、棘のあるものや毒のあるものなどを避けるのが一般的です。
また、ユリなど花粉の多いものはお墓を汚す可能性があるので注意しましょう。

線香・ロウソク・着火道具は最低限用意するべきものです。
口で吹いてはいけないなどのマナーも存在するので、注意しておきましょう。

また、お盆でお墓の掃除をするなら、掃除道具も必要です。
掃除にも手順や細かいマナーがあるので、確認しておきましょう。

他にもお供え物など、様々な持参品があります。
お墓参りの手順で調べてみるといいでしょう。

時間帯

お墓参りの時間帯については、午前中に行うのが良いとされています。
一日の用事の優先順位を高くする[ことで、御先祖様への敬意を示すといわれるからです。

しかし、最近ではお墓参りの時間帯はあまり重視されていません。
掃除や各方面へのご挨拶を鑑みて、無理のない範囲で行うと良いでしょう。

安全面を考慮すると夕方から夜の時間帯は避けましょう。
霊園や墓地にお墓がある場合は、開園時間内にお参りを済ませておきましょう。

お盆でのお墓参りの服装まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お盆でのお墓参りの服装解説しましたが、いかがでしたか?

この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 通常のお盆であれば私服でよい
  • 服装を選ぶ際は、派手でなく動きやすい格好を重視
  • 初盆など特別な場合はかしこまった服装をする

お盆のお墓参りで一番大切なのは故人の方を偲び、敬意をもって会いに行くということです。
服装も敬意を示すための大事な要素であり、普段着でも節度は大切です。

終活ねっとでは、ほかにも様々なお盆に関する記事を掲載しています。
ぜひ、お盆の時期の準備にご活用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お盆・お墓参り・服装」に関連する記事

「お盆・お墓参り・服装」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お盆・お墓参り・服装」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの服装はどうしたらいい?マナーや注意点などを解説!のサムネイル画像

お墓参りの服装はどうしたらいい?マナーや注意点などを解説!

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!のサムネイル画像

お墓参りはお盆前でもOK?お盆に忙しくてお参りに行けない人必見!

お墓参りの時の格好は?格好の注意点やマナーについて解説します!のサムネイル画像

お墓参りの時の格好は?格好の注意点やマナーについて解説します!

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

お墓参りってスーツで行くべき?適した服装、マナーまとめ!!のサムネイル画像

お墓参りってスーツで行くべき?適した服装、マナーまとめ!!

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!のサムネイル画像

お盆のお墓参りはいつ行けばいいの?時期やマナーについて解説!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?詳しく解説します!のサムネイル画像

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?詳しく解説します!

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと