お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

目次

  1. お墓が不要かどうかについて
  2. お墓をもつ意義とは?
  3. お墓を持たないことのメリットとデメリット
  4. お墓が不要な供養方法
  5. お墓や葬式不要の「ゼロ死」とは
  6. お墓を不要とする浄土真宗
  7. お墓が不要かどうかについてまとめ

お墓が不要かどうかについて

お墓

かつては、私たちの家にはほとんどの場合、最低でも一基のお墓があり、代々そのお墓に眠るご先祖様の供養を定期的に行い、またそのお墓を守ってきました。
そして、いずれご自身がこの世を去った後に、次の代の方がこれまでと同じようにお墓を守っていけるように引き継ぎもしてきました。

しかし、その一見常識のようにさえ見えるような慣習が最近になって大きく変化してきています。
つまり、お墓そのものを不要な存在と考える方が増えてきているという状況になってきています。

はたして、お墓を不要と考えたうえで、お墓を持たないとはいったいどのようなものなのでしょうか?
そして、お墓を持たない場合、どのような故人の供養の方法があるのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、お墓を不要と考えることとは一体どういうことなのかについてや、その場合の故人を供養していくための方法についてを、以下のポイントを中心に、お墓を持つ場合と対比させつつ考えていきましょう。

  • お墓を持つ意義とはいったいどのようなものなのか?
  • お墓を持たないことのメリットやデメリットとして、それぞれどのような点が挙げられるのか?
  • お墓が不要な供養の方法にはどのようなものがあるのか?
  • お墓だけでなく葬式が不要な「ゼロ死」とはどのようなものなのか?
  • 浄土真宗がお墓を不要のものと考える理由とは?

以上のポイントに沿ってお話ししていきます。
ぜひ最後までお読みください。

お墓をもつ意義とは?

お墓

一般的に私たちは亡くなった後、先祖代々であろうとそうでなかろうとほとんどの場合がお墓に入ることになります。

いわば、「終の棲家」というのが、私たちがお墓に対して抱いているイメージといえます。
それを踏まえたうえで、まずはお墓とは本来どのような場であるのか、そしてお墓を持つ意義とはどのようなものであるのかについて考えてみましょう。

お墓が亡くなった方のご遺骨を納めて眠らせる場であることは間違いありません。
事実、多くの方がお墓参りについて、そこに眠る故人に会いに行くことを目的としているという方も非常に多いです。

しかし、実際のところ、お墓は単に故人が眠る場であるだけではなく、その家のご先祖様が代々命を受け継いできたことを実感できる祈りの場でもあります。

いわば、ご先祖様がいたからこそ、今を生きる私たちがいるということをそこに集ったご家族やご親戚とともに再確認し、合わせて仏様にそのことを感謝するための場であるともいえます。

お墓を持たないことのメリットとデメリット

人々

お墓を持つことの意義について見たうえで、今度は最近になって増えてきているお墓を持たないという選択肢を選ぶ方々に注目してみましょう。

ここでは、お墓を持たないことのメリットやデメリットをそれぞれ見ていきます。

メリット

まず、お墓を持たないことに対するメリットについて考えていきます。

主に、費用面や管理面、そして跡継ぎに関する点でメリットが見られます。

お墓にまつわる費用がかからない

まず、費用面のメリットについて見ていくと、お墓を持たないことで、その建立やその後の管理に関する経済的な負担が一切かからないという点が挙げられます。

お墓を建立するには、墓地や霊園の中の区画の永代使用料や墓石を建てるための費用を合わせておよそ100万円から300万円ほどの費用が必要です。
お墓を建立することは、人生全体の中でも自家用車やマイホームの購入と同じくらいに非常に大きな買い物であるとさえいわれています。

さらに、お墓を建てた後も利用している区画のある墓地や霊園の管理者に毎年のように管理費を払う必要が発生します。
特に寺院墓地の場合は檀家になったうえで、管理費以外にもさまざまな経費を負担する必要も出てきます。

それらを踏まえて考えると、お墓を持たない方が将来的に経済的な負担がかからずに済むといえるでしょう。

維持・管理の手間が省ける

また、お墓は費用面以外でも維持や管理の点で手間のかかるものです。
特に定期的にお墓参りに来たときには毎回きれいにする必要がありますし、それ以外にも災害などの影響でお墓が損害をこうむった場合は、石材店に依頼して何らかのメンテナンスをしてもらう必要があります。

加えて、毎年のようにお墓参りに出かけるなどする際には、主にお墓を守っている方がご家族やご親戚に集まってもらうように働きかけたり、僧侶の方に供養の際の読経の依頼をしたりする必要があります。

その点ではお墓を持たない場合、これらの管理や維持の手間が省けます。

承継に関する悩み事がなくなる

最近では少子高齢化の影響でお墓の跡継ぎ(承継)について悩みを抱える方も少なくありません。
そして、跡継ぎが見つからない場合はお墓を閉じるなどの対策を講じる必要があります。

一方で、お墓を不要と考えてお墓を持たない場合は、このような悩みを持つ必要がなくなります。

そういう意味では、お墓を持たないほうが将来にわたってお墓の管理に対する負担が少なくなります。

デメリット・注意点

お墓は不要として、お墓を持たないという選択肢をとった場合、上記のようなメリットもありますが、逆に以下のようなご遺骨に関するデメリットや注意点もあります。

そのため、もし終活の一環として将来的にお墓を不要とする選択肢について検討されている方はこれらの点に注意するようにした方がいいでしょう。

心の拠り所がなくなる

先ほども見たように、お墓とはご先祖様の眠る場であるとともに、先祖代々の方々がいたからこそ今の私たちが生かされていることを再確認する場でもあります。
言い換えれば、ご先祖様とのつながりを感じることのできる場でもあるということです。

ところが、お墓を持たないということは、ご先祖様の存在を感じることができる場を持たないということとも同じであるため、心の拠り所まで失ってしまうことをも意味します。

当然ながら、なかなか集まることのできないご家族やご親族の方とも会う機会も失われるため、その分お互いの絆も薄くなってしまう場合もあるという点は注意が必要といえるでしょう。

ご遺骨を元に戻せない場合もある

お墓が不要の供養の方法の中によっては故人のご遺骨を元に戻せない場合があるという点も、お墓を持たないことのデメリットに挙げられます。
特に永代供養墓への納骨については、他の故人の方のご遺骨と一緒に納骨されるため、一度納骨されると二度と取り出すことは不可能です。

そうなると、故人がそこに眠っていることを実感しにくいですし、ご遺骨の存在を考えての供養はできなくなります。
その意味では、供養をしても寂しい気持ちを持たざるを得なくなることへの覚悟が必要でしょう。

お墓が不要な供養方法

海

ザラビ、供養はできますが、具体的にどのような供養の方法があるのでしょうか?
ここでは、お墓が不要な供養の方法として、永代供養や樹木葬、散骨、そして手元供養について見ていきましょう。

永代供養

永代供養とは、合祀墓に納骨したご遺骨の管理や供養を墓地や霊園の管理者に引き受けてもらうことのできる方法です。
特にお墓の跡継ぎが不要であったり、お墓参りになかなか来ることのできなかったりするような方などが多く利用しています。

加えて、合祀墓に納骨した後は文字通り、永久的に管理や供養をしてもらうことができるため、跡継ぎがいなくなっても安心して管理者の方におまかせすることができます。
また、費用も10万円から30万円と一般のお墓に比べて比較的安めの相場です。
ただし、一度納骨すると二度とご遺骨を取り出すことができないという点がデメリットです。

樹木葬

樹木葬は、樹木の根元にご遺骨を埋葬するという供養の方法が樹木葬です。
自然の中で眠りたいという方や環境意識の高い方、さらに残されるご家族の負担を軽くしたいという方を中心に利用されています。

費用面については一般のお墓に比べて比較的安く10万円から80万円ほどで利用できます。
ただし、こちらも永代供養の場合と同じく納骨したご遺骨の取り出しができないことと、比較的新しい供養の方法であるため、場合によってはご理解が得られにくいこともあるというのがデメリットです。

散骨

散骨とは、海や山などの自然の中にご遺骨を撒くという供養の方法で、こちらも樹木葬の場合と同じように自然の中で眠りたいという方や残されるご家族に負担を強いたくないという方が選ぶ供養の方法です。

特に海洋散骨の場合は、業者に委託する方法で最も安くて5万円ほどで利用することができます。
また、世界中の海すべてを故人が眠る場と考えることができるため、海の上であればどこででも故人をしのぶことができます。

ただし、デメリットもいくつかあり、まず前もって粉骨する必要があることや誰の迷惑にもならない場所でご遺骨を撒く必要があること、さらに基本的にご遺骨が手元に残らないということが挙げられます。

手元供養

手元供養とは、ご遺骨をご自宅などで保管・供養する形の供養の方法です。
具体的にはご遺骨の入った骨壷をそのまま仏壇に安置したり、ペンダントにご遺骨の一部を納めたりするというもので、毎日のように常に故人の存在を感じながら生活することができます。

ただし、デメリットとしてお墓に納骨することを当たり前と考える方から理解してもらいにくい点やご遺骨の管理を全面的に自分で行わなければならないことなどが挙げられます。

お墓や葬式不要の「ゼロ死」とは

困った人々

では、お墓や葬式不要の「ゼロ死」についてみていきましょう。

最近では「ゼロ死」と呼ばれる葬儀や供養さえも行わない方法を選択する方も増えてきています。

これは、ご自分の死後に葬儀も行わず、またお墓も持たず、単に火葬を行うというだけの方法で、さらには火葬を行ってもご遺骨はそのまま散骨して全く残らないようにするやり方です。

言い換えれば、ご自分の死後には何も残らないようにする方法ですが、もちろんご家族の中にはこのような方法を取られると非常に寂しい思いをする方も出てくることが予想されますので、終活の段階などでよく話し合ったうえでご理解を得ておくことが大切といえるでしょう。

お墓を不要とする浄土真宗

お墓

実は、仏教の宗派の中でも浄土真宗ではお墓は不要という考えを持っています。
これは、浄土真宗では人は誰もが亡くなった後、仏様のお力によって極楽浄土に生まれ変わるという考えを持っているためです。

そして、故人のご遺骨はそのまま抜け殻として残されますが、これもいずれは土に還る存在であるため、結論としてお墓は必要ないという立場に立っています。

なお、浄土真宗の宗派の中には墓地さえも不要という原則を重んじる宗派も存在します。

お墓が不要かどうかについてまとめ

お墓

お墓は不要という考え方についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようにまとめられます。

  • お墓を持つことは、単に故人のご遺骨が眠る場を持つというだけでなく、代々のご先祖様がいたからこそ、今の私たちが生きることができていることを再確認し、そのことを仏様に感謝することができる場を持つという意義もある。
  • お墓を持たないことのメリットとして、お墓関係の費用が一切かからないことやお墓の維持や管理の手間がかからないこと、そして承継に関する悩みを持たなくてよくなることが挙げられる。他方でデメリットとして、故人の存在を感じることができる場がないため、心の拠り所が持てないという点と、お墓不要の供養の方法によってはご遺骨を取り出すことができない場合もあるという点が挙げられる。
  • お墓が不要な供養の方法に永代供養や樹木葬、散骨、手元供養が挙げられる。
  • お墓や葬儀さえも持たない「ゼロ死」という方法があり、これは葬儀は火葬のみで一切行わず、お墓さえも持たず、さらにご遺骨も残らないようにするというやり方である。
  • 浄土真宗は仏教の宗派の中でもお墓を不要とする立場に立っている。それは、亡くなった人は皆、仏様のお力で極楽浄土に生まれ変わるうえ、ご遺骨は単なる抜け殻としていずれ土に還るものと考えているためである。

今回見てきたように、お墓を不要と考えたうえでお墓を持たないということは、残されるご家族の負担を軽くしたり、経済面や管理面の手間を省いたりするうえでは有効な方法であるといえますが、一方で心の拠り所を持つことができなかったり、故人の存在を感じにくかったりとデメリットも存在します。

お墓を持つにせよ持たないにせよ、それぞれの特徴や長短を踏まえたうえで、ご自分やご家族の気持ちを優先しつつ決めるとよいでしょう。

終活ねっとでは、「善通寺の永代供養」以外にも、「葬儀・お墓・相続・仏壇」など終活に関する記事を多数掲載していますので、他の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・不要」に関連する記事

「お墓・不要」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・不要」についてさらに知りたい方へ

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓を守るというのはどういう意味?守る人がいない時はどうするのかのサムネイル画像

お墓を守るというのはどういう意味?守る人がいない時はどうするのか

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・不要」についてさらに知りたい方へ

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓を守るというのはどういう意味?守る人がいない時はどうするのかのサムネイル画像

お墓を守るというのはどういう意味?守る人がいない時はどうするのか

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと