お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!

お墓参りに行く時の供花はどのようなお花を選んでいますか?供花には決まりと言うものがあるのでしょうか?そこでお墓参りで供花の選び方とお供えする時の注意点などを詳しくご紹介します。ぜひ最後まで呼んで供花を選ぶ時の参考にしてください。

目次

  1. お墓参りの供花について
  2. お墓参りの供花の定番の種類
  3. お墓参りに避けた方が良い供花
  4. お墓参りの供花の費用相場
  5. お墓参りの供花を選ぶポイント
  6. お墓参りの供花は持ち帰るべき?
  7. 供花・墓花・仏花の違い
  8. お墓参りの供花についてまとめ

お墓参りの供花について

お墓

供花は、「くげ」あるいは「きょうか」と読み、祭壇に供えるお花と言う意味になります。

一般的にはお葬式の時に飾るお花のことを供花と言いますが、故人に供えるお花と言う意味もありますのでお墓にお供えする花のことを供花と言う場合もあります。

たくさんの種類があるお花の中で、供花にふさわしいお花はあるのでしょうか?
また、NGとされている種類も知っておいた方が供花を選ぶ際の参考になります。

今回、終活ねっとではお墓参りの供花について以下の事柄を解説します。

  • お墓参りの時の供花の定番は?
  • お墓まりの時に避けた方がいい供花は?
  • お墓参りの時の供花の費用相場は?
  • お墓参りの供花を選ぶポイントは?
  • お墓参りの供花は持ち帰るべき?
  • 供花・墓花・仏花の違いとは?

以上のような供花に関する様々な疑問についてお答えいたします。

お葬式の際に、供花をお供えしたいと思った時は葬儀社に申し込めば用意をしてくれます。
お墓参りの供花の費用相場としては1万円~2万円です。

葬儀社に頼んだ場合は季節にもよりますが、使うお花は大体決まっていることが多いです。
希望するお花の種類がある場合はその旨を伝えておけばバランスを考えて作ってくれます。

しかし、お墓参りに持って行く供花の場合は自分で選ばなければいけません。
この記事ではお墓参りの時に持って行く供花について、マナーや決まりごとについて詳しく解説いたします。

知っていそうで案外知らない供花についてですが、これを機会に供花について学んでみましょう。

お墓参りの供花の定番の種類

お墓

お墓やお仏壇にお供えするお花は基本的には何でも良いとされています。

お墓参りの供花の定番の種類は以下の通りです。

はお供えのお花の定番です。
大輪菊や小菊・スプレー菊など種類やカラーバリエーションも豊富です。

水上げもよく長持ちします。
一年中安定した生産が行われていて、手に入りやすいです。

カーネーション

カーネーションは可愛らしくカラーバリエーションも豊富で華やかさをアップしてくれます。
暑さには比較的強く、長持ちします。

リンドウ

リンドウは紫や青など上品な色合いが人気です。

まっすぐ伸びているので花活けに入れやすく、他の花とも相性が良いです。

カスミソウ

カスミソウは小さくかわいい花がちりばめられているようで、華やかさを演出してくれます。

水分をそれほど必要としませんので造花の後ろに入れてもいいでしょう。

グラジオラス

グラジオラスは高さがあり花が開くと派手さもあることから供花にオススメです。

カラーバリエーションも豊富で長持ちもします。
球根なので自分で栽培することも比較的簡単です。

他にはアスター・アマリリス・桔梗・キンギョソウ・スターチス・ナデシコなどがオススメです。
季節によっては手に入りにくいものもあります。

お墓参りに避けた方が良い供花

お墓

次に、お墓参りに避けた方が良い供花について紹介します。

お墓参りでお供えする供花には特に決まりごとはありません。
故人の好きだったお花でもいいですし、自分で作ったお花でも構いません。

しかし、一般的に避けた方がいいとされているお花もあります。
他のお墓がたくさんある霊園などでは、お墓参りに来られた方に見られる可能性もありますので、避けた方がいいとされているお花の種類は覚えておいた方が良いでしょう。

避けた方がいいとされているお花は、宗教上の問題ではなく、昔からの慣習、言い伝えのようですので、地域によってはお供えしても大丈夫と言うところもあります。

トゲがあるお花

バラやアザミのようなトゲがあるお花は避けた方がいいでしょう。
これは管理する方やお供えをする方が、けがをしてしまうからと言われています。

しかし、故人がバラが好きだったのなら、トゲを取ってお供えしても大丈夫です。

キリスト教などではバラをお供えすることもあります。
血を連想することから真っ赤なバラは避けた方が無難です。

毒があるお花

毒があるお花は、死をイメージさせるためお供えしない方がいいとされています。
キョウチクトウ、彼岸花、水仙、スズラン、トリカブト、紫陽花などがあります。

しかし、あまり毒のイメージがないことから、彼岸花や水仙、スズランなどはお供えする地域もあります。
慣習や家族間での話し合いを通して、毒はあるけど供花として使ってよいか見極めましょう。

香りが強いお花

香りが強いお花は、虫が寄ってくるということから避けた方が良いとされています。
また、あまりに香りの強いものは他の参拝者に迷惑になる場合もありますし、神聖な場所であるお墓にふさわしくないとされています。

墓地や霊園によってはユリや梅、バラなどはNGとされているところもあります。
ユリでも鉄砲ユリのように香りがあまり強くないものを使うのは、それほど問題ないでしょう。

ツルのあるお花

ツルのあるお花は、倒れてしまい、うまくまとまらないので避けた方が良いでしょう。
具体的には、アサガオやクレマチスなどです。

ツルのあるお花は切り花にすると水の上りが悪く、すぐにしおれてしまいます。
また、鉢植えのアサガオをお供えすれば常にキレイな花が咲くと思う方もおられるかもしれませんが、ツルが隣のお墓まで伸びたりすれば迷惑しますので、絶対にやめておきましょう。

花粉の飛ぶお花

ユリなどの花粉の飛ぶお花は、基本的にNGです。
ユリの花粉は服に付くと取れにくいですし、墓石についてしまうとシミになってしまう場合があります。

ユリをお供えしたい場合は、おしべ部分を取り除くようにしましょう。

黒いお花

黒い色のお花はあまりありませんが、基本的には黒いお花はNGです。
供花はなるべく華やかで明るい色が良いとされています。

黒いお花は具体的にはチューリップやカラー、ダリアなどでもブラックのものがあります。
故人が黒いお花が好きだった場合は、紫や紺色のお花を使うといいでしょう。

葉や花びらが散りやすいお花

葉や花びらが散りやすいお花は、お墓周辺を汚してしまう可能性があるので避けた方が良いでしょう。

また、ツバキのようにお花が落ちてしまうものは縁起が悪いとされていますので、供花に使うのはやめておきましょう。

お墓参りの供花の費用相場

お墓

では、お墓参りの供花の費用相場はいくらぐらいなのでしょう?

自分の家で咲いているお花を持って行ってもいいので、この場合は費用はかからないということになります。
一般的にはお花屋さんやスーパーで供花として数本が束ねられて販売されていることが多いです。

お供え用として売られている場合

お供え用としてお花をバランスよく束ねられて販売されているものは、一束500円~1000円ぐらいです。
一対必要なことが多いので、同じ組み合わせのお花を選ぶようにしましょう。

お花屋さんに作ってもらう場合

お花屋さんに供花として作ってもらう場合は、入れて欲しいお花があればその旨を伝えます。

希望の金額を告げれば、お花屋さんが予算を考慮してバランスよく供花を作ってくれます。
費用相場は、一束800円~1000円ぐらいです。

お墓用かお仏壇用かも伝えるようにすれば、ちょうど良い大きさに作ってくれます。

お墓参りの供花を選ぶポイント

お墓

たくさん種類があるお花の中で、お墓参りの供花はどの点を考慮して選べばいいのでしょうか?

ここでは、お墓参りの供花を選ぶポイントをご紹介します。

色合いやバランスを考える

まず第一に、色合いやバランスを考えましょう。

一般的には、白・紫が多いですが、お墓に供える供花は華やかな色のお花を選んでも構いません。

ピンクや黄色のお花がきれいに咲いているのならバランスを考えて取り入れましょう。
後ろに樒や榊などの緑色を入れると引き締まって見え、前のお花の色が鮮やかになります。

入れるお花の本数は3・5・7本の奇数にして飾ることが一般的です。
「白」「赤」「黄」「紫」「ピンク」の5色を中心にしてお花を選ぶのが一般的です。
3色の場合は、「白」「黄」「紫」を使うとバランスよく見えます。

花活けの深さや形によって変わってきますが、基本的にはひし形になるように揃えるときれいに見えます。
お墓の場合はお花を少し大きめにすると遠くからでもきれいに見えます。

5本が基本である

花立の大きさにもよりますが基本的にはお花は5本入れるのが良いとされています。
1本は花の数ではなく枝の数になります。

例えば、後ろ側に一番高く大輪菊を2本、その前に小菊を1本、一番前に短めに切ったカーネーションを2本と言う具合に入れます。
少し華やかさが足りないと思うなら後ろ花としてヒバや榊、ドラセナなど緑をいれてもいいでしょう。
カスミソウなど小さな花をちりばめると華やかさがアップします。

造花でもいい

お墓参りの供花はなるべく生花の方が良いです。

しかし、お墓参りにあまり行けずに、お供えしたお花が枯れてお墓の周辺を汚くしてしまうのなら、何もないか造花にしても構いません。

暑い時期はお花はすぐに枯れてしまいますので、生花より造花を使う方が良い場合もあります。
お墓参りに行った時は生花をお供えして、造花に変えて帰るというのも一つの方法です。

また、造花と生花を上手に組み合わせてお供えしてもいいでしょう。

故人の好きな花・季節の花でも良い

供花にはこのお花でなければいけないという決まりは特にありません。
故人の好きだったお花をお供えするのが一番良いです。

また、季節のお花も供花にふさわしいです。
お花には、いわゆる旬があり一番きれいに咲く時期でもありますので、ぜひ供花に使いましょう。

故人が亡くなってすぐの時は白を基調とする

供花は基本的には華やかな色のものを使うのが良いとされています。

しかし、故人が亡くなってから四十九日までは、なるべく白を基調とする供花を使うようにしましょう。
白以外であれば、うす紫や桃色などの薄い色合いのお花を使うといいでしょう。

参拝者に向けてお供えする

供花と言うのは、故人やご先祖様に捧げるお花と言う意味ではなく、「生あるものはやがて枯れてしまう、だからこそ今を一生懸命生きる」と言うことをお参りに来た方に感じてもらうためのものです。
なので供花は参拝者に向けてお供えしましょう。

また、供花を参拝者の方に向けてお供えするのは、華やかで美しいお花を見て、悲しんでいる参拝者の心を慰めるという意味も込められています。

お墓参りの供花は持ち帰るべき?

お墓

お墓参りの供花は持ち帰るべきなのでしょうか?

寺院や霊園によっては、枯れたお花を処分してくれるところもありますが、頻繁にお墓参りが行けず、枯れたお花を処分してくれないところでは供花が枯れて、景観も悪くなりますしお墓周辺を汚してしまう可能性があります。

また、お花に虫が寄ってくることなどから持ち帰りを推奨している寺院や霊園などが多いです。
自分の家のお墓は、お花に関してルールがあるか確認が必要です。

供花を持ち帰ったあとは再び家の仏壇などにお供えしてはいけません

一度お墓にお供えしたものを再びお供えに使うのは、故人やご先祖様に失礼にあたります。
持ち帰ったお花は、ばらして一輪挿しなどに入れてお部屋の観賞用として楽しみましょう。

供花・墓花・仏花の違い

お墓

供花と墓花、仏花はよく似ていますが違いは何なのでしょう?

ここでは、供花・墓花・仏花の違いについて解説します。

供花(くげ・きょうか)

供花とは、祈りを込めて故人に捧げる生花のことです。
一般的には、葬儀の際に祭壇の横に飾られ、送った方の名前を表示することが多いです。

墓花(はかばな)

墓花とはお墓にお供えするお花のことです。

遠くからでもよく見えるように高さがあり大きめのものが多いです。
お墓周辺に咲くことが多い彼岸花の別名を墓花と言う場合もあります。

仏花(ぶっか)

仏花とは、仏教でのお墓やお仏壇に飾るお花のことです。

仏教では、お花を仏様や故人、ご先祖様にお供えすることで、命あるものはいつか枯れてしまうからこそ今を大事に生きることが大切であるという教えを説いていただくという意味があります。

地域によって呼び方が違う場合もありますが、一般的には供花はお通夜や葬式の時に飾られるお花、墓花はお墓にお供えするお花、仏花はお仏壇にお供えするお花のことを指すことが多いようです。

お墓参りの供花についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓参りの供花について解説しましたがいかがでしたか?

この記事では以下のような事柄について説明しています。

  • お墓参りの時に持って行く供花の定番は、大輪菊・小菊・カーネーション・リンドウ・カスミソウ・グラジオラスなどです。
  • お墓参りの供花の種類は基本的に何でも良いのですが、トゲのあるお花(バラやアザミなど)毒のあるお花(キョウチクトウや彼岸花など)香りの強いお花(カサブランカやバラなど)ツルのあるお花(アサガオやクレマチスなど)花粉の飛ぶお花(ユリなど)黒いお花(黒チューリップや黒ダリアなど)は避けた方がいいでしょう。
  • お墓参りの供花の費用相場は、お供え用として売られている場合は一束500円~1000円、お花屋さんで作ってもらう場合は一束800円~1000円ぐらいです。
  • お墓参りの供花を選ぶポイントは、まず色合いやバランスを考えましょう。基本的には5本使うのが良いのですが3本、7本など奇数にするのが一般的です。
  • お墓参りの供花は故人の好きだったお花でも構いませんが、亡くなってすぐは白を基調としたお花にするのが望ましいです。
  • お墓参りの供花は基本的には持ち帰る方が良く、持ち帰ったお花はお仏壇にお供えしてはいけません。お仏壇ではなくお部屋の観賞用にしましょう。
  • お墓の供花に造花を使っても構いません。

お墓参りの供花は故人に捧げるという意味もありますが、悲しんでいるご遺族様の心を癒すということもあります。
故人やご先祖様が喜んでくれるようなお花をお供えしましょう。

終活ねっとではお墓参りに関する疑問やマナー・注意点なども解説していますので、他の記事もあわせてお読みいただき、お墓参りの時の参考にしてくださればうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓参り・供花」に関連する記事

「お墓参り・供花」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・供花」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園とお供えの花に関するマナーについて解説します!

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

実は知らないお墓参りのお花にまつわるルールについて解説!のサムネイル画像

実は知らないお墓参りのお花にまつわるルールについて解説!

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!のサムネイル画像

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと