葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

通夜や葬儀で喪主を務めるときに挨拶を行いますが、どのようなことを話せばよいのか悩みますよね。喪主として挨拶を行うタイミングや、使ってはいけない忌み言葉など知らないことがあると不安になります。今回は、葬儀で喪主として挨拶する時の例文なども含めて紹介します。

目次

  1. 葬儀での喪主の挨拶について
  2. 葬儀で喪主が挨拶を行うタイミングと例文
  3. 喪主が息子や妻の場合は挨拶は変わる?
  4. 忌み言葉について
  5. 家族葬で喪主の挨拶は必要?
  6. お通夜での喪主の挨拶
  7. 葬儀での喪主の挨拶についてまとめ

葬儀での喪主の挨拶について

葬儀

通夜や葬儀を行うとき、参列者の方やご僧侶へ喪主の挨拶をします。

喪主の方は、挨拶や通夜、葬儀の進行などすることが多く大変です。
参列していただいた方や故人のためにも葬儀を滞りなく行う必要があります。

特に挨拶は遺族を代表して感謝の気持ちと、故人に代わってお礼を述べる大切な場なので失敗できませんよね。

今回、終活ねっとでは

  • 葬儀での喪主の挨拶について
  • 喪主の挨拶を行うタイミングと例文
  • 喪主が息子や妻の場合は挨拶は変わる?
  • 忌み言葉について
  • 家族葬で喪主の挨拶は必要?
  • お通夜での喪主の挨拶

について、わかりやすくまとめました。
参考になる記事となっていますので、最後までご覧ください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀で喪主が挨拶を行うタイミングと例文

葬儀

喪主は責任をもって葬儀の場をしっかりとこなす役割を担っています。

喪主は、葬儀全体を仕切る監督として通夜や告別式を執り行わなければなりません。
精神的にもずっと緊張を強いられることになります。

喪主を務める人は故人の配偶者または、家族で長男や長女といった親族で血縁の濃い順で決めるのが一般的です。

通夜、葬儀では喪主が親族を代表して挨拶をする場面が何度かあります。
葬儀社の指示に従って行うことが一般的ですが、どのようなタイミングで行うのかを知っておくことで、いざという時に慌てずにすみます。

ここでは、喪主の挨拶を行うタイミングとその場にふさわしい例文を紹介します。

ご僧侶を迎えるとき

ご僧侶を迎える時は、事前に迎えが必要なのかを確認することが大切です。
ご僧侶が自分の車で来るときは、駐車場の準備をしておきます。

ご僧侶を迎え、控室で「本日はお忙しいところをありがとうございます。よろしくお願いします。時間通り始めさせていただきます。」など挨拶をして、打ち合わせを行います。

告別式の参列者を迎えるとき

受付では参列者に簡単に挨拶をします。

お悔やみを述べていただいた参列者に対して、「お忙しいところありがとうございます。」「生前は故人が大変お世話になりました。」など簡単な挨拶を述べます。

喪主は告別式が始まる前に着席しておく必要があります。
参列者を迎えるときの挨拶は、受付の担当者が行う場合も多くあります。

告別式のとき

告別式はご僧侶の読経・焼香から始まり、弔辞、弔電の披露、喪主、親族による焼香、参列者の焼香の順で行います。

告別式の初めには、開式を告げる簡単な挨拶を行います。
そして最後に喪主が親族を代表して、告別式が滞りなく終わったことと参列いただいたお礼の挨拶を行います。

告別式開式の挨拶

一般的に告別式を葬儀社へ依頼したときは、係員が開式を告げます。

喪主が開式の挨拶を務める場合もあります。
開式の辞では誰の葬儀なのかを明確にし、短く簡潔にまとめることが重要です。

告別式閉式の挨拶

告別式の最後には喪主が挨拶をします。
告別式の閉式挨拶は、自分でオリジナルの文章を作るのが一番です。

挨拶の流れは、式に出席していただいたお礼から始まり、亡くなるまでの経緯や人柄、エピソードなど故人をあまりよく知らない方にもわかるように簡潔に述べます。

最後に残されたご遺族の決意など、自分の言葉で作ると参列者の心に響きます。

例文も数多くあるので参考にしましょう。
家族や親族とも相談しながら、感謝を込めた挨拶文になるようにします。

基本的な構成はお礼、主題、(亡くなった経緯)結び(これからの決意そして再びお礼で締めます)となります。

例文は以下のようなものがあります。

  • お礼

    本日はお忙しい中、多数の方々のご会葬をいただき、また心のこもったご厚志を賜りありがとうございます。

  • 主題

    生前の父は勤勉で、朝早くから夜遅くまで働き詰めでしたが、休日は私たちを遊園地に連れて行ってくれたりと子煩悩な父でもありました。私たち家族にはとても優しく頼りになる父でしたが、半年前から〇〇を患い、入院しておりました。入院中も弱音を吐くこともなく闘病を続けてまいりましたが、〇月〇日、〇〇病院で家族が見守る中穏やかに息を引き取りました。〇〇歳でした。入院中には皆様方からの心強いお励ましや、お見舞いをいただき、父も感謝しておりました。

  • 結び

    私たち家族一同、これからも力を合わせて頑張ってまいります。今後とも亡き○○同様、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。本日は本当にありがとうございました。

文面は喪主や家族、親族が心を込めて考えることが大切になります。

挨拶の時間は3分程度を目安として、無理に覚えようとせずにメモを見ながらでもわかりやすく挨拶できるようにしましょう。

出棺のとき

告別式が終わると、霊柩車で火葬場へ向かう前に出棺があります。

出棺は、参列者が故人と最後に対面できるお別れのときです。
喪主から順に、棺に生花や思い出の品を入れて蓋をします。

出棺のときは喪主が位牌を持ち、棺の後に続きます。
火葬場に運ぶ準備が整うと、ご遺族は参列者に向かって横にならび、喪主は出棺の挨拶をします。

出棺の挨拶は短く簡潔に述べます。

例えば、
「本日はお忙しいところ、○○の葬儀に会葬いただきありがとうございました。生前中は一方ならないご厚誼をいただき、また、本日も最後のお別れにお越しいただいたことを○○も深く感謝していることと思います。○○が生前に賜りましたご厚情に深く御礼申し上げます。今後とも、私たち遺族にも、亡き父同様のご指導、ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。」

などとなりますが、葬儀の挨拶と同様に臨終についての話を挨拶に交えても問題ありません。

精進落としのとき

精進落としとは本来、初七日の法要を終えた後に行います。
今までのご苦労に対する感謝、労いの気持ちを込めて僧侶や弔問客、お世話になった方々へ食事の席を設けることです。

最近は葬儀の後に精進落としを行うことが多くなっています。
精進落としの時にも喪主の挨拶があります。

精進落とし開式の挨拶

精進落としでは、献杯の時に喪主が挨拶を行います。
挨拶では、葬儀の時にお世話になったお礼を述べます。

例文としては、
「父の葬儀の時は、大変世話になりました。お陰様で滞りなく葬儀を終えることができました。
本当にありがとうございました。ささやかでございますが、精進落としのお膳を用意させていただきましたので、お時間が許す限りおくつろぎください。」

このような挨拶になります。

精進落とし閉式の挨拶

精進落としの最後も、喪主が挨拶をして閉めます。
この時の挨拶は四十九日の法要や納骨式などの予定も知らせます

例文としては、
「本日は亡き○○の葬儀にお集まりいただきありがとうございました。皆様と父の思い出をもっと語り合いたいところではありますが、お忙しい方もいらっしゃいますので、あまり長くお引止めしても申し訳ありません。勝手ながら、この辺でお開きにしたいと存じます。なお、満中陰の法要は○月○日○時より○○寺院にて執り行う予定でございます。お忙しいところ恐縮ではございますが、皆様にはお繰り合わせの上、ご参列いただけますようにお願いいたします。本日はありがとうございました。」

このようになります。

喪主が息子や妻の場合は挨拶は変わる?

葬儀

喪主が誰でも、挨拶の内容に変わりはありません。

挨拶で大切なことは、参列者に感謝の言葉を述べることです。
続いて故人の思い出や、これまでのエピソードなどを織り込みます。

自分の言葉で話せば参列している方々の胸に強く響き、印象に残るでしょう。

忌み言葉について

困った人々

忌み言葉とは、不幸が重なることを連想する言葉です。
通夜や告別式の挨拶で使ってはいけない言葉には、忌み言葉と重ね言葉があります。

重ね言葉は不幸が重なるとされているので使ってはいけません。

直接的な言葉は避け、言い回しを置き換えるなど配慮が大切です。
代表的な忌み言葉は下記のとおりです。

  • 重ね重ね
  • 重々
  • またまた
  • 度々
  • 追って
  • 再三

言い換えなければならない言葉は次のものがあります。

  • 死亡→逝去
  • 急死→突然のこと
  • 生存中→ご生前、生前

忌み言葉に関しては以上のようになります。
葬儀の際は忌み言葉・重ね言葉に気を付けて挨拶をしましょう。

家族葬で喪主の挨拶は必要?

葬儀

生活環境の変化や核家族化が進み、葬儀の形も大きく変化しています。
中でも身内や家族だけ、あるいは親しい友人、生前故人と親しかった人だけで行う家族葬が増えています。

しかし、家族葬でも喪主は必要です。
喪主は、最後のお別れに来ていただいた方にきちんとした挨拶を行います

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
家族葬についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

家族葬について、お考えになったことはありますか? お葬式が多様化する現代、家族葬を選ばれる方も増えているとか。 ただ、今までになかった様式なので、さまざまなメリット、デメリットがあります。 ここでは家族葬についてデメリットをも含め、詳しくご説明をさせていただきます。

お通夜での喪主の挨拶

葬儀

通夜の弔問客は故人と近しい場合や会社関係者が多いです。

通夜の挨拶は、喪主にもきちんとした挨拶が求められます。
うまく挨拶するのではなく、心からの感謝を述べることが大切です。

お通夜の始まりの挨拶

喪主は通夜で弔問客への挨拶をしますが、できない場合は他の遺族が代行しても構いません。

通夜の始まりの挨拶の例文は、

「お忙しいところ、お越しいただきありがとうございます。生前は○○が大変、お世話になりました。○月○日にかねてより闘病中のところ、静かに息を引き取りました。安らかな最期でした。」

など、簡単な挨拶にします。

通夜の閉式の挨拶

挨拶のタイミングは読経や弔問客の焼香が終わり、僧侶が控室に下がった後に行います。

挨拶の最初は弔問へのお礼と故人に関することや、通夜振る舞いを用意してある事を話します。
通夜では告別式の案内を述べて、最後に改めてお礼の言葉で締めます。

例文は、
「本日はお忙しい中、○○の通夜にお越しいただき、ありがとうございました。○○も皆様に見守られてさぞかし喜んでいることでしょう。明日の告別式は○時から執り行う予定でございますので、よろしくお願いいたします。故人の在りし日のお話など伺いたいと存じますので、ささやかではございますが別室でお茶などを用意しております。しばらくお付き合いいただければ幸いです。」

などとなります。

通夜振る舞い開式の挨拶

通夜振る舞いは通夜が終わった後、食事をしながら故人を偲ぶ場です。
ここでも喪主は弔問のお礼と挨拶をします。

通夜振る舞い開式挨拶の例文は、

「本日はお忙しいところ、○○の通夜にお越しいただき、ありがとうございました。また、生前は○○が大変お世話になりました。本日は○○の思い出など、皆様のお話をお聞かせいただけたらと考えております。どうぞ、お時間の許す限り、ゆっくりと思い出話をお聞かせください。」

などとします。

通夜振る舞いお開きの挨拶

通夜振る舞いの雰囲気をみて(およそ一時間程度)お開きの挨拶をします。
お開きの挨拶は喪主が行います。

挨拶の内容は弔問のお礼やねぎらいの言葉、夜遅いので気を付けて帰宅していただきたい旨と改めて感謝の言葉で締めます。

通夜振る舞いのお開きの挨拶例文は、

「本日は誠にありがとうございました。お陰様をもちまして、滞りなく通夜を行うことができました。これもひとえに皆様のご厚情によるものと存じております。夜も更けてまいりましたので、これより後は、家族で守りますので、皆様、どうぞご自由にお帰り下さいませ。夜遅いのでお足元が悪くなっております。お気を付けてお帰り下さい。本日は遅くまでありがとうございました。故人に代わり、厚く御礼申し上げます。」

などとなります。

葬儀での喪主の挨拶についてまとめ

葬儀

今回、通夜や告別式で喪主が述べる挨拶について、タイミングや例文を紹介しました。

この記事を通して、

  • 通夜や告別式で喪主は挨拶をするタイミングが数多くある
  • ご僧侶を迎えるときは、来ていただいたお礼と今後の流れを打合せする必要がある
  • 告別式で喪主が弔問客を迎えるときは、簡単にお礼の言葉を述べ席を外すときは受付の人が代わりに対応することがある
  • 告別式での喪主が挨拶は、参列のお礼と亡くなった時の状況や結びの挨拶を3分程度で述べる
  • 挨拶の目安は3分程度でメモを見ても構わない
  • 出棺の時や精進落としも、喪主が挨拶をする
  • 喪主が故人の配偶者、子供でも挨拶の内容に変わりはない
  • 使ってはいけない忌み言葉に注意する
  • 家族葬でも喪主は挨拶をすることが礼儀である
  • 通夜に来る人は故人と特に親しい関係の場合が多いので、挨拶は大切である

などがわかりました。

身近な人を見送り、喪主を務めることは気苦労が重なります。
しかし、弔問に訪れた方々に誠意をもって心を込めた挨拶をすることが、喪主の務めです。

喪主はうまく挨拶をしようと考えるのではなく、参列してくださったことや故人の思い出や厚情のお礼などを、自分の言葉で話すことが大切です。
心のこもった喪主の挨拶は、参列者に印象深いものとなります。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
ぜひ、他の記事も併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・喪主・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・喪主・挨拶」についてさらに知りたい方へ

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しようのサムネイル画像

色々な種類がある挨拶言葉と挨拶の意味を理解しよう

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・喪主・挨拶」についてさらに知りたい方へ

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!のサムネイル画像

通夜の挨拶に困らない!いざという時のための例文!

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと