お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

目次

  1. お墓はいつまでに建てればいいかについて
  2. お墓を建てるのに期限はある?
  3. お墓はいつまでに用意したらいい?
  4. お墓を建てるまでのご遺骨の保管方法
  5. 生前にお墓を用意することについて
  6. すでにお墓がある場合の納骨までの流れ
  7. お墓への納骨の時に必要な手続き
  8. 仏教以外の宗教のお墓への納骨時期
  9. お墓はいつまでに建てればいいかまとめ

お墓はいつまでに建てればいいかについて

お墓

お墓は、いわばそのご家族の方たちの祖先にあたる方たちが眠る場でもあるとともに、そのご家族にとってご先祖様や仏様とのつながりを感じることのできる、心のよりどころともいうべき場所です。

そして、お墓を建てるタイミングについて考える時、ご家族の誰かが亡くなった時になって初めて考えるという方もいれば、終活の一環としてあらかじめ建てておくという方もいるでしょう。
このように、お墓を建てるといっても、いつごろ建てておくかについては、それぞれの人やご家庭によって考え方が異なります。

ところで、お墓というものはいつまでに建てなければいけないのか、あるいは、そもそも法律や仏教などにおいていつまでに建てておくべきかという決まりはあるものなのか、一度はそのような疑問を持ったことがあるという経験のある方も多いことでしょう。

そこで今回は、以下のポイントを軸にお墓をいつまでに建てておくべきかという点について見ていきます。

  • お墓を建てるうえでの期限は法律などで決まっているのか?
  • お墓はいつまでに用意すればよいのか?
  • お墓を建てるまでに故人のご遺骨はどのように保管すればよいのか?
  • 生前にお墓を用意することはよいことなのか?メリットがあることなのか?
  • すでにお墓がある場合、納骨までどのような流れになるのか?
  • お墓への納骨をする際に必要となる手続きとは?
  • 仏教以外の宗教でのお墓に納骨する時期とは?

終活の一環として手掛けるにしても、大切な人が亡くなったという段階で取り掛かるにしても、ぜひともお墓の建立の際に参考にしていただければ幸いです。

お墓を建てるのに期限はある?

お墓

お墓を建てることについて、いつまでといった期限関係で何らかの決まりごとはあるのでしょうか?
ここでは、お墓関係で何らかの決まりごとが明記されている法律や、仏教の考え方の点から見ていきましょう。

墓地埋葬法に規定はあるか?

まず、法律の面から見ていきますと、お墓関係について決めてあるものといえば「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法、墓埋法)」が挙げられます。

たしかに、お墓を建てるための墓地や埋葬、火葬などについてさまざまな条文がありますが、お墓をいつまでに建てなければいけない、といった規定は特に見当たりません。

その点から考えると、墓地埋葬法においてはお墓をいつまでに建てるかということに関して規制などは特にないといえます。

民法に規定はあるか?

次に、お墓関係について明記した法律としては民法が挙げられます。
民法では897条でお墓を「祭祀財産」の1つに数えて、その承継(跡継ぎ)の決め方について規定があります。

ただ、この民法の条文においてもお墓をいつまでに建てなければいけない、といったところまでは踏み込んではいません。

そのため、民法でもお墓を建てるべき期限については、特に規定はないといえるでしょう。

仏教のしきたりで何か決められていないか?

最後に、仏教古来のしきたりでお墓をいつまでに建てるべきかについて説いたものがあるかどうかも見ていきましょう。
法律などでお墓を建てるべき期限について記した条文がない以上、仏教の慣習で何か決められているかどうかが参考材料として考えられます。

しかし、仏教古来のしきたりの中でもお墓をいつまでに建てるべきと説いたものはありません。
なお、仏教では仏様の教えについて記した数多くのお経がありますが、そこにもお墓をいつまでに建てるかについては特に記述はありません。

結論として決まりは特にない

ここまで見てくると、法律でも、また仏教古来のしきたりでも、お墓を建てる期限については特に何も明記されていないということになります。

言い換えれば、特に決まりがないということですので、それぞれのご家庭の事情に合わせてお墓を建てて差し支えはありません。

お墓はいつまでに用意したらいい?

お墓

お墓をいつまでに建てるべきかという点は、法律や仏教のしきたりでは特に何も決まりがないということに触れてきました。
しかし、一般的にいつまでにお墓を用意すればよいかということを知らないと、特に初めてお墓を建てるという方にとっては不安になるのではないでしょうか。

そこでここでは、一般的な傾向としてお墓をいつまでに用意するべきかについて見ていきましょう。

法要に合わせて建てるのが一般的

一般的には故人が亡くなった後の節目となる法要(四十九日や一周忌など)に合わせて建てるものとされています。

というのは、お墓は単に墓石を組み合わせて建てればよいというわけではなく、最後の段階で開眼供養(魂入れ、お性根入れ)が必要となるためです。
開眼供養でお墓に故人の魂を入れることで、そのお墓が初めてお墓として機能するようになります。

また、故人のご遺骨の納骨もご遺族だけで集まって納骨する、ということはしないで、僧侶を呼んで納骨法要をとり行うというのが仏式での慣習です。
一般的には開眼供養に続けて納骨法要を行うということが多いです。

ただ最近では、無宗教の方を中心に納骨法要そのものは省略して、そのままご遺骨を納骨するという場合も増えてきています。

法要に合わせて建てることのメリット

それでは、法要に合わせてお墓を建てることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、先ほども見たように、お墓は最終的には開眼供養を通じてお墓に故人の魂を入れることで、初めてお墓として機能することになります。

言い換えれば、お墓の建立の仕上げとして重要な法要であり、そのためお墓の建立において不可欠な段階であるともいえます。

開眼供養も、一般的にその後に続けて行われる納骨法要にも、故人の直接のご遺族だけでなくご親戚の方も一堂に会して行われることが多いです。
ただ、親族の方がなるべく多く集まるとなると、予定の調整などで手間がかかります。

その点では、故人の節目となる法要に合わせてお墓を建てることで、わざわざ何度も足を運んでもらう手間が省けるというメリットがあります。

お墓の工期はどのくらいか

お墓を建てるにはそれなりにまとまった時間が必要となります。
それでは、お墓を建てるのにおおよそどのくらいの時間が必要となるのでしょうか?

建てる予定のお墓の規模にもよりますが、一般的には2ヶ月から3ヶ月ほどの時間が必要とされています。
これは日数に換算すると60日から90日ほどとなり、計算上では四十九日以後に完成することになります。

このため、時間に余裕を持たせるということであれば、最も早くとも一周忌法要に合わせたほうがよいといえるでしょう。

法要に合わせて納骨できない場合

もしも、法要に合わせてご遺骨を納骨できない場合は、どのようにすればよいのでしょうか?

その場合は、一周忌や三周忌などといった比較的先にある節目の法要の際に納骨する予定を決めておいたうえで、ご遺骨を納骨堂や寺院で一時的に預かってもらうか、ご自宅できちんと保管しておくという方法を取るとよいでしょう。

なお、納骨するまでのご遺骨の保管の方法については、次の項で詳しくご紹介いたします。

お墓を建てるまでのご遺骨の保管方法

お墓

納骨する時まで、ご遺骨の保管はきちんとやっておきたいことです。
それでは、ご遺骨の保管の方法としてどのようなものが挙げられるのでしょうか?

お寺に預かってもらう

菩提寺がある場合は、そちらの寺院に一時的にご遺骨を預かってもらうことができます。
預かってもらうことのできる期間については、寺院や地域によってさまざまですが、故人の一周忌や三周忌までという場合が多いです。
また、長い場合は七周忌まで預かってもらうこともできます。

ただ、あくまでもお墓が建つまでの間、一時的に預かるというだけですので、預かってもらえる期間を確認したうえで、保管期限が来るまでにお墓を建てるとよいでしょう。

なお、その費用の相場は5000円から2万4000円ほどで、このほかにも保証金として3万円から5万円が必要となる場合もあります。

納骨堂に預ける

最近では、お墓に納骨する代わりに、お墓の機能を持った納骨堂に納骨するという方も増えてきていますが、ここで触れる納骨堂は本来のご遺骨を納めておくための施設を意味します。

預かってもらうことのできる期間はおおむね5年から6年程度のところが多く、また一時的に取り出すということができない場合がほとんどです。

施設そのもののご遺骨を保管しておく場所はロッカー状になっていることが多いうえ、費用も普通にお墓を建てるよりも安いため、一時保管の場所としては経済的な負担は軽くなるといえます。

自宅で保管する

お墓が完成するまでの間、ご自宅でご遺骨を保管するという方も少なくありません。
もちろん、保管している間にご遺骨の供養も仏壇などで行うこととなります。

たしかに費用はほとんど発生しませんが、その代わりにご遺骨を入れてある骨壷の保管に加えてメンテナンスも自前でやる場合が多くなります。

ただ、故人の存在を身近に感じながら生活できますので、日々故人のことに思いをはせる時間を多く持つことが可能です。

生前にお墓を用意することについて

お墓

最近の終活ブームの流れに乗って、生前にお墓を用意するという方も増えてきています。
ただ、中には生前にお墓を用意することについて、「死を連想するようで縁起が悪い」と考える方もいます。

ここでは生前にお墓を建てることの是非やメリット・デメリットなどについて見ていきます。

生前にお墓を建ててもいいのか

まず、生前にお墓を建てることがはたしてよいことなのかどうかについて見ていきましょう。

結論から先に書くならば、生前にお墓を用意することは悪いことではありません。
というのは、生前に建てたお墓は「寿陵」とも呼ばれ、仏教の考え方では大きな功徳を得られるものとされているためです。
具体的な功徳として、「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の果報を得られるとされています。

ちなみに、生前にお墓を建てることは古い時代から行われており、今でこそ遺跡とされている全国各地の古墳も、有力者が生前のうちから用意していたお墓であるといえます。

生前にお墓を建てるメリット

それでは、生前にお墓を建てることについて、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、早いうちからお墓を用意しておくことで、残されるご遺族の負担を軽くすることができるという点が挙げられます。
逆に亡くなった直後でお墓が用意されていない場合では、ただでさえ愛するご家族の一員を失った悲しみが大きいのに、葬儀の準備などもあってお墓のことまで考えられない状況です。

加えて、お墓を早めに用意することは経済的な負担の軽減にもつながります。
一般的なお墓を建てる際に必要な費用として100万円から300万円が必要であるため、亡くなった後にお墓を用意する場合、葬儀の費用と含めてご遺族にとっては大きな負担になりかねません。

そして、お墓を早めに用意することは節税対策にもなります。
実はお墓は祭祀財産に数えられるため、相続税の対象になりません。
そのため、後になってから遺産をめぐる相続税の課税の際に負担軽減となります。

生前にお墓を建てるデメリット

一方で生前にお墓を用意することにはデメリットもあります。

まず、経済面の問題として、お墓を建てた段階で墓地や霊園に支払う管理費が発生するという点が挙げられます。
このため、当初から管理費のことも含めて費用を用立てることが必要なうえ、亡くなった後にお墓を建てる場合に比べると、余分に管理費の分のお金が必要となるといえます。

次に、公営霊園では生前墓を建てることができない場合が多いという点も挙げられます。
公営霊園の場合は、ご遺骨があることをお墓の建立を認める条件としている場合が多いためです。
このため、お墓を建てる墓地や霊園探しの際に、永代使用料が高くなる場合も少なくありません。

最後に管理面の問題として、早くお墓を建てた分、お墓の管理に余計な負担がかかるという点も挙げられます。
お墓も石材でできているため、年月が過ぎていくにつれて劣化していきます。
そのため、劣化のたびにさまざまなメンテナンスが必要となる場合もあります。

お墓用の土地だけ先に確保しておく

生前にお墓用の土地だけを先に用意しておくという方法もあります。
これは、生前のうちに永代供養料だけ払っておいて、墓地や霊園にあるお墓用の区画を押さえておくというものです。

この方法のメリットとして、ひとまず永代使用料だけ支払えばよいため、お墓を一気に建てる場合よりも当座の経済的な負担が軽くて済むという点が挙げられます。
特に、現時点で費用が足りていなくても比較的安い区画をいち早く押さえられるという点でこの方法は使えます。

ただし、多くの墓地や霊園では建立期限(だいたい2年から3年)を設けているため、その間にお墓を建てる必要があるということには注意しておきましょう。

すでにお墓がある場合の納骨までの流れ

お墓

あらかじめお墓を用意しているということであれば、納骨を比較的早い時期に実現できますし、ご本人が亡くなってからあわただしくお墓の準備をする場合に比べても、ある程度は気持ちに余裕を持って納骨の準備ができます。

ここでは、その流れについて簡潔に見ていきましょう。

四十九日までの間にすること

お墓を早めに用意してあるということは、故人の四十九日明けには納骨できるということを意味しますが、それまでにやっておくこととして仏壇や故人の本位牌を用意が挙げられます。

仏壇を用意する

まず、故人の四十九日が明けた後で、故人の本位牌を安置するための仏壇を用意する必要があります。

仏具店で購入することになりますが、配送の関係でご自宅への納入に時間がかかることもありますので、遅くとも2週間前までに用意できるとよいでしょう。

なお、仏壇がご自宅に届いたら、仏壇の開眼供養が必要となります。

本位牌を作る

四十九日法要に合わせて納骨も一緒に行うとなると、故人の本位牌も用意する必要があります。
具体的な方法としては、こちらも仏壇と同様に仏具店に依頼して戒名と没年月日を入れてもらったものを製作してもらいます。
ちなみに、本位牌の製作には1週間から2週間ほどかかります。

なお、この本位牌はご遺骨の納骨後に仏壇に安置することになります。
その一方で、お通夜の際に授かった白木の位牌は納骨後に菩提寺に納めます。

四十九日法要

四十九日法要は、故人の喪が明けて最初の大規模な法要となるため、準備も入念に行う必要があります。
準備に必要な項目は以下の通りです。

  • 日時や会場の手配
  • 僧侶に読経の依頼(納骨法要についても合わせて依頼)
  • ご親族への案内状の送付や出欠確認
  • 石材店への依頼(納骨法要に関して)
  • 料理や引出物の準備
  • お布施の準備

お墓に納骨する

四十九日法要と合わせて納骨が可能な場合は、納骨法要も一緒に行います。
納骨法要が終わった段階で、故人のご遺骨を納骨することになります。

なお、一般的に四十九日法要に合わせて納骨することが多いです。
これは四十九日法要が故人の成仏を祈るという目的があるためで、それを節目に納骨しようという方が多いためという理由があります。

お墓への納骨の時に必要な手続き

お墓

故人のご遺骨を法要に合わせて納骨することには、実は必要書類を提出するという段階もあります。
ここでは、納骨を行ううえで必要な書類や手続き、発行にかかる時間について押さえておきましょう。

必要書類の提出

納骨に必要な書類には埋葬許可証墓地使用許可証が挙げられます。
埋葬許可証は、火葬の段階で火葬場に提出した火葬許可証が火葬場のハンコつきで戻ってきたものです。

納骨の際に必要ですので、納骨時まできちんと保管しておきましょう。
なお、交付時は火葬許可証として、死亡届と死体火葬許可申請書と引き換えに発行されます。

墓地使用許可証は、お墓の区画を購入した墓地や霊園の管理者から発行される書類で、発行には墓地使用許可申請書の提出が必要です。
なお、発行そのものは即日発行となります。

納骨式・開眼供養の手配

納骨式や開眼供養を手配する際に必要な手続きとしては以下の通りです。

  • 日時や会場の調整・決定
  • 読経を行う僧侶や、実際に納骨作業をする石材店、墓地や霊園の管理者への連絡・依頼
  • 出席予定者への案内状の送付や連絡、出欠確認
  • お布施や引出物、会食の準備
  • 祭壇やお供え物の準備

仏教以外の宗教のお墓への納骨時期

お墓

最後に仏教以外の宗教における、ご遺骨の納骨時期について簡潔に見ていきます。

神道の一般的な納骨時期

日本古来の宗教である神道の場合、納骨の時期は極めて早く、火葬後のお骨上げの後に直ちに納骨します。

もし、何らかの事情ですぐに納骨できない場合は、故人の没後50日の節目に行われる五十日祭と合わせて納骨します。

キリスト教の一般的な納骨時期

キリスト教の場合は、故人が亡くなってからおおよそ1ヶ月後の日曜日に、召天記念礼拝(カトリックであれば追悼ミサ)をとり行った後に納骨することになります。

ただ、これはあくまでも一般的な目安であり、実際の納骨の時期はそこまで厳格に決まってはいません。

お墓はいつまでに建てればいいかまとめ

お墓

お墓をいつまでに建てればよいのかということについて、いろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の終活ねっとの内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お墓を建てるうえでの期限は、法律(墓地埋葬法や民法)でも仏教古来のしきたりでも特に決まってはいない。
  • お墓はいつまでに用意すればよいのかということについて、故人が亡くなった後に用意する場合であれば故人の法要を節目にするとよい。そうすることで、法要に参加する方たちの負担を軽減することができるためである。もし法要に合わせて納骨できない場合は、お墓を用意する予定をあらかじめ決めたうえで、一時的に菩提寺や納骨堂などでご遺骨を保管してもらう。
  • お墓が建つまでのご遺骨の保管の方法として、菩提寺や納骨堂で預かってもらう方法や、ご自宅で保管するという方法がある。
  • 生前にお墓を用意することは、仏教では大きな功徳を得られるということで縁起がよい。メリットとして、残されるご遺族の負担を軽減することや節税対策が挙げられる。デメリットとしては、早い段階で管理費が余分に発生することなどが挙げられる。土地だけを先に押さえるという方法は、当座の経済的な負担を軽くしたり、安い区画を早めに押さえることができるというメリットがある。
  • すでにお墓がある場合は四十九日明けに納骨することができる。四十九日を迎えるまでにやるべきことに仏壇と故人の本位牌を用意することが挙げられる。四十九日法要の準備は故人の喪が明けてから最初の大規模な法要であるため準備も念を入れて行う必要がある。なお、この際に合わせて納骨のための準備も行うことになる。
  • お墓への納骨に必要な書類として、埋葬許可証と墓地使用許可証が挙げられる。納骨や開眼供養の手続きは、僧侶や石材店、墓地や霊園の管理者への依頼や連絡、日時や会場の調整、法要で必要な物の用意などが挙げられる。
  • 仏教以外の宗教における納骨の時期として、神道の場合はお骨上げのすぐ後、もしくは五十日祭の時点となる。キリスト教の場合は、カトリックにせよプロテスタントにせよ故人が亡くなってからおおよそ1ヶ月後の日曜日が一般的である。

お墓をいつまでに用意するべきかという問題は、それほど厳密には決まっていないため、それぞれのご家庭の事情に合わせて準備すればよいといえるでしょう。

ただ、もし慣習通りにやりたいということであれば、あらかじめお墓を用意しておいた方がよいともいえます。

いずれにせよ、お墓を準備するのであれば早めに検討して動くに越したことはありません。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・いつまで」に関連する記事

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓を購入し建てることは、家と同じで一生の買い物といわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てる時期にも適した時期と避けるべき時期があります。今回終活ねっとではお墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

    お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

    身内の方が亡くなり葬儀がひとまず終わったところで、次に大切な段階がご遺骨のお墓への納骨です。そのための方法や手続きは一見するとやや複雑に見えますが、流れで理解すれば結構分かりやすいものです。今回はお墓へのご遺骨の納骨の方法についてわかりやすく解説いたします。

  • お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

    お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

    お墓ができるまでの工程は?工事にはどのくらいの期間が必要なの?そんな疑問を持っている方も少なくないはず。そこで今回は、お墓ができるまでの工程から工事に必要な期間について解説します。これからお墓を建てようと考えている方の参考になれたら幸いです。

  • お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

    お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

    お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

  • お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

    お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

    お墓を建てることになったという方や建てることを考えておられる方も多いでしょう。とはいえ、特に初めてという方はお墓の建て方にどのようなものがあり、どこに注意すればよいのかわからないと思います。ここではお墓を建て方を一から詳しく見ていきます。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • 終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

    終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

    終活と聞くと多くの方は最期を迎えたときに備えていろいろとやっておくことというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実際のところ、お墓にまつわることも終活の中では大切な要素の1つです。今回は終活でお墓についてどのように考え行動するかを見ていきます。

  • お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

    お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

    自分の死後のことを考えることってありませんか?その時一番に考えるのは自分の遺骨を納めるお墓のこと…。お墓がない方はお墓を建てる必要があります。今回はお墓を建てるにはどうしたらいいのか、お墓について紹介していきます。

  • お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

    お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

    今までお墓を建てることは当たり前でしたが、現在ではあえてお墓を建てない人も増えてきました。その場合、今までと違って、どんな方法が必要となってくるのでしょうか。この記事では、お墓を建てない場合の供養方法などについて解説しています。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・いつまで」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介のサムネイル画像

終活でお墓について考えませんか?生前のお墓探しの基礎知識を紹介

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・いつまで」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと