お墓開きの仕方や流れ、お布施についても全部解説します!

新しくお墓を建てた際、どのようにお骨を納骨すればいいのかご存知ですか?今回は、お墓開きの準備やお墓開き当日の流れ、お寺にお渡しするお布施の相場などを詳しく説明していきます。お墓開きの基礎知識について知りたい方は、ぜひとも最後までお読みください。

目次

  1. お墓開きについて
  2. お墓開きとは何か?
  3. お墓開きの手配について
  4. お墓開きの流れ
  5. お墓開きの際のお布施について
  6. お墓開きの際の服装
  7. お墓開きの際のお供え物
  8. お墓開きについてまとめ

お墓開きについて

お墓

みなさまはお墓開きという言葉をご存知でしょうか。

実はこのお墓開きは、お墓を建てた際必ず行われることの一つです。

そこで今回終活ねっとでは、お墓開きについて

  • お墓開きをなぜ行うのか?
  • お墓開きはどのように手配すればいい?
  • お墓開きと納骨式は同じ日に続けて行ってもいいのか?
  • 墓石に巻いてある白い布の意味は?
  • 納骨式で必要になるものとは?
  • お墓開きにお布施は必要なのだろうか?
  • お布施の相場額は?のし袋はどれを使えばいいのだろうか?
  • お墓開きの際のお供え物はどんなものがいいだろうか?

などの点を中心に詳しく説明していきます。

これからお墓の購入や納骨をしようと考えている方は、この記事で手順やマナーを今のうちに確認しましょう。

是非最後までお読みください。

お墓開きとは何か?

お墓

そもそもお墓開きとはいったい何なのでしょうか。

新しくお墓を建てる際、墓地の契約、墓石の手配、そしてお墓の建立も無事済んだとします。

しかし、これだけではお墓は完成ではありません。

僧侶に魂入れをしてもらって、初めてお墓と言えるのです。
魂入れを行なうことで、お墓は亡くなった方が安らかに住むことが出来る浄土になります。

この魂を入れる法要を開眼法要と言います。
魂を入れる対象は墓石に限らず、ご位牌や仏像に魂を入れるときにも開眼と言います。

そしてこの魂を入れてもらう対象がお墓の場合その開眼法要を一般的にお墓開きと呼びます。

ある地域では性根(しょうね)入れや入魂式とも言います。

お墓開きの手配について

お墓

ここまでお墓開きとは何かについて説明してきました。

それでは実際にお墓開きを行うためにはどうすればよいのでしょうか。
ここでは、お墓開きの手配について具体的に見ていきましょう。

施主を決定する

まず施主を決定しましょう。

この場合2つのパターンがあります。
一緒に見ていきましょう。

すでに亡くなった方がおられる場合

すでに亡くなった方がおられる場合はどうすればよいのでしょうか。

この場合は通夜・葬儀の喪主の方がお墓開きの施主を務めるのがいいでしょう。

まだ亡くなった方がおられない場合

まだ亡くなった方がおられない場合お墓開きもする場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合はお墓を建てた方が施主を務めるのがいいでしょう。
またご夫婦やご家族で建てたならば代表する方が施主を務めるのが通例です。

僧侶に依頼する

また、僧侶に依頼することも手配しなければならないことの一つです。

墓石を建てただけのお墓に魂(地方によっては性根とも言う)を僧侶に入れてもらいますので、事前に連絡をしなくてはいけません。
これも2つのパターンがあります。

お寺が決まっている場合

お寺が決まっている場合はどうすればよいのでしょうか。

菩提寺となるお寺を決めている場合、そのお寺を代表する方(主にご住職)に「お墓開きを〇月〇日〇曜日〇時から執り行いたいのですが、ご都合はいかがですか?」とお尋ねください。
各寺院の僧侶の都合もあると思うので日時の打ち合わせが必須です

お墓を建てた場所が菩提寺内の墓地であれば、場所の説明等はいりません。
お寺から遠く離れた墓地や、敷地が広い墓地であれば場所の説明等が必要となります。
迷われた際の緊急連絡先をあらかじめお聞きしておいた方が賢明です。

お寺が決まっていない場合

お寺が決まっていない場合はどうでしょう。

お墓開きの後納骨をするケースが多いため、お寺が決まっていないケースは少ないかと思いますが、家族が急に亡くなったなど時間に余裕のないケースもあり得ます。

この場合はお墓を建ててもらった石材店や、墓地の管理者に「お墓開きをしてくれる僧侶を紹介願いませんか?」とお尋ねしてみてください。
このとき宗派を伝えるのを忘れないでください。

石材店や墓地の管理者は仕事上、お寺や僧侶と深いつながりを持っていることがほとんどですので、紹介してもらえる確率は高いでしょう。

参列者に連絡する

参列者に連絡することも必要な手配です。

基本どなたに参列していただいてもかまいません。
故人、またはそのお墓に入る予定の方のご親戚やご友人、ご近所で仲の良かった方に案内状を送るのが礼儀です。

案内する項目は

  • 誰のお墓開きなのか
  • お墓開きをする日時
  • お墓開きをする場所
  • その後会食を開く場合は会食の案内もする

などです。

連絡相手がお墓開きの出欠表明をしやすいように、返信用はがきを添えて案内状を送ると良いでしょう。

また、お墓開きは屋外で執り行うので、夏場なら暑さ対策、冬場なら寒さ対策を促す一文があると、案内をご覧になった方も助かるかと思います。

例を挙げると、夏場であれば日傘やタオルの持参を促したり、冬場であればカイロの持参や重ね着を促すのがおすすめです。

お墓開きの流れ

お墓

ここまでお墓開きを執り行う前の手配について述べさせていただきました。

ここからは、実際にお墓開きを執り行った際、どういう流れで進行していくのかについて具体的に見ていきたいと思います。

開眼供養の流れ

まず開眼供養の流れです。

開眼供養はどのような流れで進むのでしょうか。

お経をあげてもらう

初めに、僧侶に読経をしてもらいます。

読経は、お墓を安らかに眠れる場所にする為に必要不可欠な儀式です。

白い布を取り除く

次に、白い布を取り除きます。

お墓開き中に僧侶の方から「施主様、白い布をお取りください」とご指示があるかと思います。
そのタイミングで取ってください。

または事前に僧侶から打ち合わせがあるかもしれません。
打ち合わせ通りに白い布を取り払いましょう。

場合によっては石材店さんがお墓開きに立ち会うこともあります。
初めてで自信がない場合は一緒に取ってもらうのもおすすめです。

お焼香する

最後に、お焼香を行います。

僧侶から「では皆さんのご焼香をお願いいたします。まず施主様からお願いします。続いて参列者の皆様もお願いいたします。」というような案内があります。
お墓の前で一人ずつご焼香をしていってください。

ご焼香の順番は、故人から縁の深かった順番になります。

納骨式の流れ

先述しましたが、お墓開きに続いて同じ日に納骨式を執り行うケースが多いです。

それでは納骨式はどのような流れで進むのでしょうか。
以下では納骨式の流れを紹介していきます。
順次見ていきましょう。

施主が挨拶する

まず施主が挨拶をします。

お通夜やご葬儀での挨拶に似たものですが、ここでは絶対に外せないポイントを挙げさせていただきます。

  • お墓は当然外にあるので、参列してくださった方への感謝の辞を忘れずに述べましょう。
  • 雨ならば「お足元の悪い中」、暑かったり寒かったりした場合も「酷暑にも関わらず」や「この寒さの中」など加えましょう。
  • 施主様から見てどういった関係の誰の納骨式なのかを述べましょう。

納骨する

施主が挨拶を終えたら、次は納骨です。
実際にご遺骨をお墓に納めます。

納骨の仕方は地域によって違ってくると思うので、お寺や葬儀屋さん、石材店さんにお聞きください。

お経をあげてもらう

次に僧侶にお墓の前で読経をしていただきます。
お墓を安らかに眠れる場所にするために必要不可欠な手順です。

お焼香する

最後に、お焼香をします。

僧侶が読経をしてくださっている間、お墓の前で一人ずつ順番にご焼香します。
僧侶より「では皆さんのご焼香をお願いいたします。まず施主様からお願いします。続いて参列者の皆様もお願いいたします。」という案内があります。

この場合もご焼香の順番は故人から縁の深かった順番になります。

開眼供養と納骨式を同時に行う場合

お墓開き=開眼供養と納骨式を同日に執り行うことが多いと、先述しました。

開眼供養と納骨式を同時に行う場合、どの順番で執り行うでしょうか?

お墓開きを先に執り行い、そのあとで納骨式を執り行います。
故人の永住の家としたいお墓に魂を入れて、そのあと納骨=そのお墓に住んでいただく、という意味合いがあるからです。

お墓開きの際のお布施について

お墓

ここまではお墓開きの流れについて紹介してきました。

次に、お墓開きの際のお布施について項目ごとに説明していきます。

使用するのし袋

使用するのし袋はどうなるのでしょうか。

実はお墓開きは慶事の扱いとなります。
そのため、表書きは「お布施」ではありません。
「開眼御礼」や「御礼」がふさわしい表書きです。

のし袋の種類ですが紅白の水引を使うのが一般的です。
袋にアワビのついたものもありますが避けましょう。

開眼供養のお布施の相場

では、開眼供養のお布施の相場はどれくらいなのでしょうか。

地域やお寺によって変わってきますが、3万円~5万円が最も多いようです。

お布施には開眼してくださった僧侶へのお礼の意味があります。
感謝の念を込めてお包みしたいですが、一度ご近所に住む周囲の方々にきく方がいいでしょう。

お寺に直接費用を聞くという方法もあります。
お寺によっては質問されるとはっきりと「〇万円で大丈夫ですよ」と答えてくださるお寺も多いです。
特に、比較的若いご住職・僧侶ははっきりと答えてくださる傾向にあります。

開眼供養と納骨式を同時に行う場合

開眼供養と納骨式を同時に行う場合はお布施はどうしたらよいのでしょう。

この場合、

  • お墓開きは紅白の水引を、納骨式は黒白の水引を使う
  • 2つ同時に手渡したい場合は白い無地封筒を使う

のどちらかがいいでしょう。

1の場合、納骨式で使う水引の表書きは「お布施」です。
2の場合、表書きは「お布施」でいいと思います。

お車料・お斎料(おときりょう)について

お車料・お斎料はどうすればよいのでしょうか。

菩提寺以外の墓地に僧侶に来ていただいたり、法要後会食をし、僧侶が出席されない場合はお車料やお斎料を別途包むのが一般的礼儀です。

相場ですがお車料が5000円~1万円、お斎料は5000円前後が一般的です。
表書きはそれぞれ「お車料」「お斎料」で、白い封筒を使うのが望ましいです。

手渡すタイミングと渡し方

お布施の手渡すタイミングと渡し方はどうすればよいのでしょうか。

開眼御礼・お布施共に各法要が始まる前に手渡しましょう。
お車料・お斎料は僧侶が会食を欠席される場合は法要前が望ましいです。
出席される場合は会食後が望ましいです。

直接手から手へ渡すのではなく、袱紗(ふくさ)を使い小さなお盆(切手盆)の上に置いて、渡すのが一般的作法です。
その際「この度〇〇のための開眼(または納骨)、よろしくお願いいたします。」など感謝の挨拶も添えましょう。

ここで僧侶にお渡しする開眼御礼やお布施についてまとめてみます。

表書き 開眼御礼 お布施 お車料 お斎料
渡す意義 お墓開きのお礼 納骨式のお礼 遠くまで来ていただいたお礼 欠席された会食代
使うのし袋 紅白の水引 黒白の水引 白い封筒 白い封筒
相場額 3万円~5万円 3万円~5万円 5000円~1万円 5000円前後
渡すタイミング お墓開き前 納骨式前 各式の前or会食後 各式の前

お墓開きの際の服装

人々

お墓開きの際、どのような服装で行くのが良いのでしょうか。

ここでは、お墓開きの際の服装について二つの場合に分けてご紹介していきます。

お墓開きのみが行われる場合

まず、お墓開きのみが行われる場合です。

開眼のみ行われる場合は華美でなければ平服で問題ありません。

納骨法要と同時に行われる場合

納骨法要と同時に行われる場合はどうでしょう。

同じ日にお墓開きと納骨法要が行われる場合は、喪服を着用してください。
納骨法要は葬儀や回忌法要と同じくらい重要なものです。

故人を弔い、新しい家=お墓で住んでもらう大事な法要です。
お墓開きから続けて納骨法要に入ることが多いと思われますので、喪服を着用してください。

ちなみにですが、お墓開きと納骨法要が同じ日に執り行われる際、僧侶も袈裟(けさ)等それぞれの法要、式に応じたものに変えられます。
ですので、お墓開きと納骨法要の間、少し時間を取るかもしれません。
しかし、平服から喪服へ着替える時間まではないかと思われます。

お墓開きの際のお供え物

お墓

最後にお墓開きの際のお供え物についてみていきます。

一般的に仏様へのお供え物としては

  • 殺生を連想させない食べ物→肉や魚を使っていない食べ物
  • 飲み物
  • お花
  • 消耗品

が好まれます。

持ち運びができ、小分けできるともっと喜ばれます。
参列者のみんなで分けることが出来るからです。

具体的な品物としては

  • フルーツや焼き菓子など
  • ペットボトルの水やお茶(酒は飲めない人のことを考えて避けた方が無難)
  • 多いのはユリや胡蝶蘭、トゲのあるバラは避けた方が無難
  • お線香やろうそくなど

がいいでしょう。

開眼や納骨式などお墓の前に供えるものとして、まずは故人が好きだったものをお供えしてあげるといいでしょう。

お墓開きについてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓開きについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓開きとは、建てた墓石に僧侶が魂を入れることである。
  • 魂を入れることにより、墓石はお墓となり、仏さまにとってお墓は安住の地となる。
  • お墓開きの手配は、施主決定、僧侶に依頼、参列者への連絡である。
  • お墓開きの流れは、読経、白い布除去、焼香である。
  • お墓開きと納骨式は同日に行うことが多く、順番はお墓開きの後で納骨式を行う。
  • 納骨式の流れは施主の挨拶、納骨、読経、焼香である。
  • 納骨するスペースの石蓋は非常に重いので、石材店さんに介助を依頼する。
  • お布施の相場は開眼、納骨式共に3万円~5万円である。
  • 開眼は慶事、納骨式は弔事である。
  • 場合によっては僧侶にお車料やお斎料もお渡しする。
  • お墓開きのみ行われるなら平服、納骨式も続けてするなら喪服が望ましい。
  • 仏前へのお供えは小分けできるものが良く、墓前へは故人の好物を備えるのが望ましい。

お墓を建ててから納骨するまでの手順やマナー、結構しなくてはいけないことが多いですね。
連絡箇所が多く、煩雑になりがちですが、1個1個紙に書いてチェックしていくとわかりやすくていいですね。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

終活ねっとではこの記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらも併せてご覧ください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・開き」に関連する記事

  • 今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情のサムネイル画像

    今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情

    開眼供養ってなに?お布施の相場はどれくらい?お墓の話はあまり人に尋ねにくいですよね。開眼供養の意味からお布施の相場までこちらで解説していきます。

  • お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説しますのサムネイル画像

    お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説します

    お墓の開眼供養って何のことでしょう?お墓の開眼供養を経験したことがある方はあまりいないのではないでしょうか。そこでお墓の開眼供養を、いつ、どのような時に、どんな風に行えばよいのか、わかりやすく解説します。

  • お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

    お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

    身内の方が亡くなり葬儀がひとまず終わったところで、次に大切な段階がご遺骨のお墓への納骨です。そのための方法や手続きは一見するとやや複雑に見えますが、流れで理解すれば結構分かりやすいものです。今回はお墓へのご遺骨の納骨の方法についてわかりやすく解説いたします。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • 開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。のサムネイル画像

    開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。

    お墓の開眼法要って知っていますか?これからお墓を設置する方、またはリフォームの予定がある方は必見です!今回は、知っておきたいお墓の開眼法要についてご説明します。

  • 閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!のサムネイル画像

    閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

    開眼供養は聞いたことあるけど閉眼供養っていったい何!?閉眼供養はいつやるの?これにもお布施が必要…?お布施の額は?開眼供養より馴染みのない閉眼供養ですがこれから増える可能性があります。ここで疑問を解消しましょう。

  • 納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜のサムネイル画像

    納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜

    お葬式と火葬が終了したら残すは納骨式のみです。知人友人のお葬式には参加したことがあっても納骨式に参加はしたことがなく、どんな流れで行われているのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では納骨式までの流れと、当日の流れをご説明します。

  • お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

    お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

    お墓ができるまでの工程は?工事にはどのくらいの期間が必要なの?そんな疑問を持っている方も少なくないはず。そこで今回は、お墓ができるまでの工程から工事に必要な期間について解説します。これからお墓を建てようと考えている方の参考になれたら幸いです。

  • お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!のサムネイル画像

    お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

    お墓を建てる場所はどこでも良いわけではなく、公営・民営の霊園や、お寺の墓地を使用することになります。 今回は、お寺の墓地を使用して、お墓を建てた場合の費用について考えていきます。 お墓を建てるまで、そしてお墓を建てた後の維持費用までを説明します。

  • お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!のサムネイル画像

    お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!

    お墓への納骨という行為は一見すると費用は特に必要ないように見えます。しかし、納骨とはお墓に骨壷を納めるだけでなく、その前の納骨式やその準備なども含み、さまざまな費用が発生してくるため知っておいた方がよいと言えます。今回は納骨にまつわる費用について見ていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・開き」についてさらに知りたい方へ

今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情のサムネイル画像

今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説しますのサムネイル画像

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説します

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。のサムネイル画像

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!のサムネイル画像

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜のサムネイル画像

納骨式の流れをわかりやすく解説!〜準備から当日まで〜

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!のサムネイル画像

お寺にお墓を建てるための費用、守るための費用を徹底解説!

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!のサムネイル画像

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・開き」についてさらに知りたい方へ

今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情のサムネイル画像

今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説しますのサムネイル画像

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説します

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。のサムネイル画像

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと