お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

お墓ができるまでの工程は?工事にはどのくらいの期間が必要なの?そんな疑問を持っている方も少なくないはず。そこで今回は、お墓ができるまでの工程から工事に必要な期間について解説します。これからお墓を建てようと考えている方の参考になれたら幸いです。

目次

  1. お墓ができるまでの流れと期間について
  2. お墓ができるまでの流れ
  3. お墓ができるまでの工程
  4. お墓ができるまでに必要な期間
  5. いつまでにお墓を建てるべきか
  6. お墓ができるまでのご遺骨の保管方法
  7. お墓ができるまでの流れと期間まとめ

お墓ができるまでの流れと期間について

お墓

みなさんはどのようにしてお墓が建ち、納期までにどのくらいの期間が必要かご存知でしょうか?

思っていたより時間がかかってしまい、決めていた納骨の時期に間に合わなかったという方も少なくないでしょう。

また墓石を買ったらすぐに設置してもらえると思っている方も多いと思います。
しかし実際は様々な工程を経てお墓は建立されます。

そこで今回終活ねっとでは、お墓ができるまでの流れと期間について

  • お墓ができるまでの流れは?
  • お墓ができるまでの工程は?
  • お墓を建てるのに必要な期間は?
  • お墓はいつまでに建てるべきなの?
  • お墓が出来るまでご遺骨はどうしたらいいの?

以上の点を中心に詳しくご説明いたします。
今後お墓を建てる際、必ず役に立つ内容になっております。

是非最後までお読みください。

お墓ができるまでの流れ

お墓

お墓を初めて建てる方は、最初に何をしたらいいのか、どうやってお墓を建てたらいいのかなど、分からないことだらけですよね。

大切なご家族が亡くなってしまい、気持ちが落ち着かない中、お墓のことを一から調べるのも大変です。

そんなご家族の為に、ここではお墓ができるまでの流れをご説明いたします。
一通りの流れを知り、いざという時に慌てず落ち着いて対策しましょう。

お墓のイメージを固める

まずはどのようなお墓にしたいのか、お墓のイメージを固めることが大切です。

今では多種多様なデザインの墓石があります。
オーダーメイドや変わった形などは金額が高く、墓石が大きければ大きいほど金額が高くなります。
故人の趣味や職業などを墓石のデザインにするオーダーメイドや、今では洋風のお墓も人気を集めています。

デザインや石材の種類によって金額も違ってきますので、自分一人で決めるのではなく親族などでも話し合い、みんなが納得のいくお墓のイメージを固めて下さい。

墓地・霊園を探す

次にお墓を建てる墓地・霊園探しに移ります。
墓地・霊園を決めることはお墓を建てるにあたってとても重要なポイントです。

墓地・霊園は、大きく3つに分類することができ

  • 地方自治体が管理・運営をする公営墓地
  • 寺院が管理・運営をする寺院墓地
  • 財団法人や社団法人など民間会社が管理・運営する民営霊園

があります。

以上のような墓地・霊園は、各墓地によって宗教や価格などが異なります。

墓地・霊園を選ぶ際には、立地条件も重要となってきます。
家から近いからと墓地を選ぶ人も多いですが、実際に建ててみたら色々と困ったことがあったと後悔したという方もいます。

近場なら問題はないのですが、車で行けるから、という理由で決めた墓地・霊園でも、お盆などの込み合う時期に駐車場が狭く停められない場合もあります。
駐車場が付近にある墓地・霊園や、駅からの無料送迎バスが出ている墓地・霊園は便利なため、おすすめです。

また墓地・霊園内にお手洗いや売店はあるのか、きちんと管理は行き届いているのかなど様々な観点から選ぶ必要があります。
自分たちがイメージしたお墓を建てるのにピッタリな墓地・霊園を見つけるためにも、決める前に一度足を運び自分たちの目で確認することをおすすめします。

終活ねっとでは、全国の墓地・霊園を様々な条件から検索することができるだけでなく、霊園に資料請求することも、見学予約することも可能です。
ぜひご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

石材店に見積もりを取る

お墓を建てる墓地・霊園が決まったら、次に墓石を建てる石材店に見積もりを取ります。
墓地・霊園によっては指定された石材店がある場合があるので、必ず見積もりを取るようにしましょう。

指定された石材店がない場合は複数の石材店に見積もりを取ることをおすすめします。
石材店によって価格が違うため、始めから一つの石材店に決めるのではなくお墓を建てたことのある知人に話を聞いたり、ネットなどの口コミも参考にしましょう。

お墓を建てる際にかかる費用は高額なためとても重要なので、信頼できる石材店に依頼をし、後悔のないようにしましょう。

石材店と契約する

石材店から見積もりを取った後は、選んだ石材店と契約を行います。

石材店とは長い付き合いとなるため、自分たちのイメージに合ったお墓を建てるには良い石材店を選ぶ必要があります。

きちんと自分たちの話を聞いて相談に乗ってくれるのか・近くに店舗はあるのか・アフターケアを行ってくれるかなどが石材店を選ぶのに重要なポイントとなります。

良い石材店は経験が豊富なので、お墓を建てる際に注意するポイントや石材の種類についても詳しく、一つ一つ丁寧に説明をしてくれます。
また石材店によっては墓石の完成図面を作成してくれるところもあります。

契約の際には、きちんと契約書の提示をしてもらい安心してお願いできる石材店を選ぶことが重要です。

お墓を建てる

石材店をきちんと話し合いを行い、いよいよお墓の建設が始まります。

石材の種類や墓石のデザイン、大きさなどを決めましょう。
ここで大切なのは墓石に彫る文字です。
お墓の顔ともなる大切なことですので、どのような書体が使用可能なのかもきちんと確認しましょう。

いきなり墓石を置けるわけではなく、基礎工事や外柵工事などを行う必要があります。
基礎工事と外柵工事については後程詳しくご説明いたします。

お墓の設置が終了したら、自分たちのイメージに合ったお墓になっているかどうか確認をしましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓を建てる際の注意点についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

納骨式・開眼供養を行う

自分たちの満足のいくお墓が建ったら、納骨式・開眼供養を行います。
納骨式の際にまだ魂の入っていないお墓に魂を入れてもらう開眼供養も同時に行います。

納骨式・開眼供養はできるだけたくさんの人に参加してもらえる日にちを選ぶことを意識しましょう。

開眼供養の時期について決まりはないので、お墓が完成した時点で開眼供養を先に行うこともできます。
僧侶や石材店の方、親族と相談をして都合のいい日にちを決めましょう。

お墓ができるまでの工程

お墓

上記ではお墓ができるまでの流れをご説明しました。

では次に、実際にお墓を建てる場合は、どのような工程になっているのかについて説明したいと思います。
お墓ができるまでの工程を理解していれば石材店との話し合いもスムーズに進みます。

お墓ができるまでの工程は大きく分けると次のようになっています。

  • 地鎮際を行う
  • 墓の基礎工事をする
  • 外柵を設置する
  • 竿石に彫刻をする
  • 竿石を設置する

では上記についてさらに詳しくご説明いたします。

地鎮祭をする

家を建てる際と同様、お墓を建てる際も工事の無事を祈って土地の神をまつる儀式を行う地鎮祭を行います。

この地鎮祭は、ご家族・施工会社・工事関係者・神職により執り行われ、最近では近所の神社へお願いすることが多くなってきています。

また日にちに関して決まりはありませんが、大安や先勝、友引などの吉日に行うのが良いでしょう。
しかし吉日は予約が取りにくい場合もあるので早い段階から日時を決めておくことをお勧めします。

お米やお酒、野菜などのお供え物を準備し、お供えする物を置く三方や祭壇などは神社や施工専門の方から借りられる場合があるので確認をしましょう。

必ずしも地鎮祭を行う必要はありません。
ただし、工事が安全に進みお墓が無事完成しますようにとみんなの心を一つにする儀式です。
無事にお墓が完成するようみんなで祈りましょう。

お墓の基礎工事をする

先程ご説明させていただいたように、お墓を建てる前には基礎工事が必要です。

雑草の撤去や墓石を建てる土台作りなどを行う基礎工事は、しっかり行われないと、自然災害や劣化からお墓を守ることができなくなってしまいます。

土台にはコンクリートを使用することがほとんどなので、基礎工事にはおよそ一カ月かかるのが一般的です。
基礎工事がしっかりしていないと数年後墓石が傾いたりと、せっかく建てたお墓が台無しになってしまいますのでどの専門の方も基礎工事は念入りに行います。

基礎工事が完了した時点で一度お墓に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

外柵を設置する

お墓の基礎工事を終えたら、外柵を設置します。
そもそも外柵とは隣のお墓との境界線や自然災害からお墓を守る役割をしています。

外柵にも様々な種類があり種類によって施工期間も違い、芝生墓地では最近外柵を設けないことも多くなっています。

かならずしも外柵を設置しなければならないということはありませんが、大切なお墓を守るためにも外柵は重要なので納得するものを選んでください。

竿石に彫刻をする

外柵が設置された後は文字を竿石に彫刻します。

竿石とはお墓の一番上に設置される縦長の石のことで、主に家の名前などを彫り込みます。
洋風で横長のお墓でも一番上の石のことを竿石と呼び、お墓の顔ともなる大切な石です。

彫刻できる書体などは石材店によって違いますので、予め確認が必要です。
また最近ではお花などのイラストや家紋を入れているお墓も多くなりました。

一般的には表に「~家乃墓」などを彫り込みますが、好きな言葉を彫ることが可能です。
竿石の側面にはお墓を建てた人の名前やお墓を建てた日にちなどを彫ります。

色を入れることもできるので、石材店との打ち合わせで自分たちのイメージに合ったお墓になるよう細部まできちんと確認しましょう。

竿石を設置する

竿石への彫刻が完了したらいよいよ竿石の設置となります。

蓮華台(竿石の真下の石)などの設置を行い竿石を設置します。
墓誌・花立て・香炉・玉砂利などの付属品がある場合はそちらも設置をし、最後にコーティングをしてお墓の完成です。

お墓が完成したら自分たちのイメージしていたお墓になっているのか必ず確認しましょう。

お墓ができるまでに必要な期間

お墓

上記でお墓ができるまでの工程をご説明しましたが、ではお墓が完成するまでどのくらいの期間が必要なのでしょうか。

一般的にお墓ができるまでに必要な期間約1~3カ月と言われています。

しかし四十九日までに完成させて納骨を行いたいという方も多くいます。
ご家族の希望に答えて仕上げてくれる石材店も多いので、その場合は石材店に相談をしましょう。

また約1~3か月という期間は工事期間になりますので、お墓のイメージや墓地やお寺探し、石材店との話し合いなどの期間を考えると、さらに時間がかかります。

四十九日までに絶対に完成させなくてはならないということはありません。
焦ってお墓を建てて失敗をするのではなく、余裕をもってお墓を建てるようにしましょう。

いつまでにお墓を建てるべきか

困った人々

お墓を建てるタイミングは四十九日までに建てる人や新盆までに建てる人などご家族によって様々です。

それではお墓を建てる期限はあるのでしょうか。

ここでは、いつまでにお墓を建てるべきかについて詳しく見ていきましょう。

法律では納骨までの期間は決められていない

現在法律では、納骨までの期間は決められていません
葬儀を行い、火葬した後にご遺骨を骨壺に入れ一旦自宅へ持ち帰り、後日納骨するのが一般的となっています。

既にお墓がある場合は、四十九日などの法事に合わせて納骨を行ったり、お墓をこれから建てる場合は開眼供養の際に納骨するケースが多いです。

しかしいつまでに納骨しなければならないと決まりはありませんので、家族や親族と話し合い、できるだけたくさんの人が集まれる日に納骨を行いたいですね。

一般的に一周忌法要に合わせてお墓を建てる

納骨までの期間に決まりはないようにお墓を建てる時期にも決まりはありません。

一般的に一周忌供養に合わせてお墓を建てますが、お墓は自分たちの好きな時期に建てられます。

一周忌供養までなら焦る必要もなく、ゆっくり自分たちのイメージに合ったお墓を建てることができますね。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
お墓はいつまでに建てればいいのかについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

お墓ができるまでのご遺骨の保管方法

お墓

納骨までの期間に決まりはないけれど、お墓に納骨するまでのご遺骨の保管はどのようにしたらいいのでしょうか。

ご遺骨の保管方法は主に以下の三つの方法があります。

  • お寺に預ける
  • 納骨堂に預ける
  • 自宅で保管する

ではそれぞれどのようにご遺骨を保管するのか、また保管する際の注意点などを詳しくご説明いたします。

お墓を建てるまでの間どこにご遺骨を保管するか悩んでいる方は参考にしてください。

お寺に預ける

お墓ができるまでお寺でご遺骨を預かってもらうということが出来る場合もあります。

保管方法はお寺によって様々で、一周忌供養までと期間に決まりがあるお寺もあります。
保管代としては無料のところが多く、供養も自由に行えます。

四十九日など法事の際には保管してもらっているお寺にお布施代を払うことが一般的です。
しかし、まったく縁のないお寺や故人がご家族ではない場合、預かってもらえないこともあるので注意が必要です。

納骨堂で保管する

お墓ができるまで納骨堂で保管することもできます。

納骨堂とは、屋内のお墓を指し、ロッカータイプや仏壇タイプなどがあり、金額も様々です。
永代使用料と管理費がかかり相場は約50万となっています。

天候に左右されることなく、個別に保管してもらえるので気軽に供養できます。
納骨堂の多くは年会費を払っていれば管理者が代わりに管理と供養をしてくれます。

万が一参拝に行くことができなくても、お墓が建つまでの間、安心してご遺骨を預けておくことができます。
しかし、屋内なのでお線香をあげることのできない納骨堂もあるので注意してください。

自宅で保管する

火葬後のご遺骨は骨壺に入れて自宅で保管することも可能です。

実際に火葬後、一度ご遺骨を持ち帰り後からお墓へ納骨する人がほとんどです。
葬儀屋さんにお願いをすると、納骨するまでの間骨壺やお供え物を置く台を貸してくれる場合もあります。

しかし保管するにあたって直射日光や、カビが生えるので湿気の多い場所を避ける必要があります。
実際に保管している人はリビングや寝室の隅に保管している人が多く、水回りや押し入れの奥などはご遺骨の保管に適していないため絶対に避けなければなりません。

また骨壺に入れて自宅に保管するのは可能ですが、ご遺骨を自宅の庭に埋めたりすることは法律により禁止されているので注意してください。

お墓ができるまでの流れと期間まとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓ができるまでの流れと期間について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓ができるまでの流れとしてはお墓のイメージを固め、墓地・霊園を探す。お墓を建てたら納骨・開眼供養を行う。
  • お墓が出来るまでの工程は地鎮祭をした後、お墓の基礎工事・外柵工事を行う。そして竿石に彫刻をしてから竿石を設置する。
  • お墓ができるまでの期間は約1か月~約3カ月。墓地・霊園探しや石材店との話し合いも含めるともっとかかる。
  • 法律では納骨までの期間とお墓を建てる時期に決まりはないが、一般的に一周忌供養までにお墓を建て納骨も一緒に行う。
  • お墓ができるまでご遺骨はお寺や納骨堂で保管したり、自宅に持ち帰り保管することも可能。

お墓は永代に渡って受け継がれていくものです。
焦ってお墓を建て失敗や後悔は絶対にしたくありませんよね。

お墓を建てるには長い期間が必要なため、余裕をもって納得のいくお墓を建てましょう。

終活ねっとではこの他にもお墓や供養方法など様々な記事が掲載されています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・できるまで」に関連する記事

「お墓・できるまで」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・できるまで」についてさらに知りたい方へ

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!のサムネイル画像

お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと