お墓の彫刻に対する疑問を解決します!彫刻の種類・費用などを紹介!

お墓を建てる時、何らかの彫刻を施す方は非常に多いでしょう。その際に彫ってもらう文言の種類や彫ってもらう場所、必要な費用など考えるべきポイントは多々あります。そこで今回は、お墓の彫刻を彫ってもらううえで欠かせないポイントやよくある疑問について見ていきましょう。

目次

  1. お墓の彫刻について
  2. 和型のお墓で彫刻する場所
  3. 洋型のお墓で彫刻する場所
  4. お墓の彫刻デザイン
  5. お墓の彫刻にかかる費用は?
  6. お墓に彫刻するのはいつ?
  7. お墓の彫刻についてまとめ

お墓の彫刻について

お墓

お墓を建てる際に、一度は考えるであろう問題の1つがお墓の彫刻[/emp1をどのようなものにするか」ということです。

一般的なお墓の彫刻といえば、「先祖代々之墓」や「○○家之墓」、さらに念仏や題目の文言というような伝統的なものをイメージする方も多いでしょうが、最近では故人が生前好きだった名言や座右の銘、単語などを彫る場合も少なくありません。

せっかくお墓に何か彫刻を施すということであれば、ご自身が最も納得するようなものを選びたいと考える方が多いでしょう。
特に終活の取り組みとしてお墓を建てるのであれば、なおさらご自身の想いを表現したような残し方をしたいと考えるのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、お墓に彫る彫刻の種類やそれらを施す場所、必要な費用についていろいろと見ていきましょう。
なお、今回は以下のポイントを軸として話を進めていきます。

  • 日本の伝統的な和型のお墓ではどこに彫刻が施されるのか?
  • 洋型のお墓ではどこに彫刻が施されるのか?
  • お墓の彫刻のデザインにはどのようなものがあるのか?
  • お墓の彫刻に必要な費用はどのくらいなのか?
  • お墓に彫刻が施されるのはいつ頃なのか?

お墓の建立をお考えの方に役立つ情報を書いているので、ぜひ最後までお読みください。

和型のお墓で彫刻する場所

お墓

お墓に彫刻を施すうえで、「どこに彫刻を施すか」ということを考えておくことは非常に大切ですし、この点に関しては実際に施工する石材店の方ともよく話し合うことになるでしょう。

はたして、一般的に和型のお墓で彫刻を施す場所はどのあたりが挙げられるのでしょうか?

竿石(棹石)の正面

彫刻が施されるお墓の場所の中でも最も一般的で、かつイメージしやすいのが竿石(棹石)の正面です。
竿石とは、和型の墓石の中でも最も高くそびえて目立つ石を指します。

そして、竿石の正面に施される彫刻の内容は、主としてお墓を建てた方の家名と宗派ごとの文言が挙げられます。

家名

家名を彫刻する場合は、「○○家先祖代々之墓」もしくは「○○家之墓」というように表記がされます。

また、竿石の部分に「先祖代々之墓」と彫刻したうえで、竿石の台座の部分に「○○家」と彫るといった、家名と先祖代々の部分とを別々にするパターンもあります。

宗派別に彫刻する文字

正面に彫刻する文字には宗派別の文字があります。
特定の宗旨や宗派の信者となっている方の場合は、その宗旨や宗派で決まっている文言を彫刻してもらいます。

各宗旨・宗派ごとの文言は以下の通りです。

  • 浄土宗:「南無阿弥陀仏」、「南無阿彌陀佛」(梵字「キリーク=阿弥陀如来の意味」を上につける場合も)
  • 浄土真宗:「南無阿弥陀仏」、「南無阿彌陀佛」、「倶会一処」
  • 日蓮宗:「南無妙法蓮華経」、「妙法」+「○○家先祖代々」もしくは「○○家之墓」
  • 天台宗:「南無阿弥陀仏」、「南無阿弥陀佛」、梵字の「ア」(大日如来を意味)もしくは「キリーク」+「○○家先祖代々」
  • 真言宗:「南無大師遍照金剛」、梵字の「ア」+「○○家先祖代々」
  • 禅宗(曹洞宗、臨済宗):「南無釈迦牟尼仏」、円相(完全な悟りを意味する丸印)+「○○家先祖代々」
  • キリスト教:十字架+「○○家」、故人が生前に愛用した聖書箇所の字句など
  • 神道:「○○家奥津城」「○○家先祖代々之奥城」
  • 無宗派:好きな言葉やデザインなど

竿石(棹石)の右面

お墓の竿石の右面に彫刻を施す場合は、そのお墓に納骨されている故人の戒名や俗名などを表記します。

なお、これはお墓に墓誌を建てない場合に彫刻するやり方で、もし右側面がいっぱいになった場合は左側面にも彫刻していきます。

戒名

戒名とは、一般的には亡くなった方が菩提寺などから授かる仏様の弟子としての名前のことです。
もともとは、生前に出家して仏様の弟子になった方が、仏教のしきたりである戒律を守っていく誓いに与えられた名前のことを指していました。

なお、生前に戒名を授かり、かつ現在もなおご存命の場合はその部分が赤くなっており、その方が亡くなった後に赤色を抜きます。

俗名

俗名とは、故人の生前の本名のことです。
戒名の場合と一緒に彫られますが、もし漢字間違いなどがあった場合は全体的に少し竿石を削って彫り直しをします。

竿石(棹石)の裏面

竿石の裏面には、そのお墓が建立された年月日や建立者の氏名(施主名)を彫刻します。
施主が個人の場合で、その方がご存命であればその部分は赤くしておきます。

また、施主が複数人である場合は「○○家一同」や「○○家兄弟一同」といった彫られ方がされます。

墓誌

墓誌とは、墓石の脇などに建てておく、そのお墓に眠っている故人の戒名や俗名、没年月日、享年などを記した板のことです。
なお、浄土真宗では「法名板」と呼びます。

片面にそれぞれ10名分ずつ彫刻できるため、竿石の側面に彫る場合よりもさらに多くの人数の分を彫っていくことができます。

最近では、故人の生きた証に故人が生前愛用した名言や辞世の句などを彫るケースも増えています。

水鉢と花立

水鉢や花立には、そのお墓を建てた家の家名や家紋、お花のイラストのデザインを彫刻します。

必ずしも決まったデザインを彫刻しなければいけないというわけではありませんので、この部分については彫刻するデザインを自由に決めることができます。

外柵の親柱

外柵とは、他家のお墓との境界を示すために建てるもので、親柱はその家のお墓の敷地の入り口に建てて置きます。

ここには家名の名字や家紋、好きなデザインが彫刻されることが主です。

洋型のお墓で彫刻する場所

お墓

最近では公園墓地も多く見られるようになってきたためか、欧米式の洋型のお墓もあります。
ここでは、洋型の墓石で彫刻する場所について見ていきましょう。

竿石(棹石)の正面

洋型の竿石は和型のものとに比べて、石板と形容できるほどの外見となっています。
基本的には和型のものと同じ内容が彫刻されますが、故人や家族のことを表現する言葉が彫られることも少なくありません。

家名

基本的に家名は和型の場合と同じような彫刻が施されます。
欧米風のお墓であるため、彫刻の表記は左から右と横方向に施されます。

宗派別に彫刻する文字

宗派別に彫刻する文字も基本的には和型の場合と同じような内容で彫刻されます。
この場合も彫刻の表記は横方向であるため、仏教の各宗派や神道のお墓で使われる文言であっても、横に彫られます。

故人・家族らしさを表現した言葉

洋型墓石の場合に多く見られるのは、そのお墓に眠る故人や家族の性格や人生観などを表した言葉を彫刻するというものです。
具体的には、故人や家族の生き方を表すような偉人の名言や漢字の熟語、座右の銘などが彫刻されます。
また、そのお墓を訪ねた人たちに贈る言葉やイラストを彫刻することもあります。

竿石(棹石)の右面

洋型墓石の場合は竿石(棹石)の右面にそのお墓の建立者(施主名)と建立年月日を彫刻します。

竿石(棹石)の裏面

竿石(棹石)の裏面にはそのお墓に眠る故人の戒名や俗名、没年月日を彫刻します。
和型墓石の場合に比べると、墓誌に彫るようにして多くの人数分を表記していくことができるようになっています。

花立

花立は和型墓石の場合と同じように、そのお墓を持っている家の家名や家紋などを彫刻していくのが一般的です。

外柵の門柱

外柵の門柱にはそのお墓を持っている家の家名や家紋を入れていくことができます。

お墓の彫刻デザイン

お墓

お墓の彫刻のデザインといっても、その種類は非常に多様です。
そのため、決める際に悩むことも少なくないでしょう。

ここではお墓の彫刻のデザインを決める基準となる書体や色遣いなどについて見ていきましょう。

文字の書体

お墓の彫刻に使われる文字の書体にもいろいろとありますが、主に挙げられるのが以下の楷書体をはじめとする4種類とオリジナルのものです。

楷書体

現代人の生活の中で最も広く使われているのが楷書体で、パソコンなどの文字打ちでも一般的に使われています。
なお、お墓で使う場合は、書道などでよく書くような形のものが使われます。

非常にわかりやすいうえ、経年劣化の影響を受けづらい点においても他の書体に比べて優れているのが特徴です。

行書体

楷書体をやや崩した見かけの書体が行書体です。
こちらも楷書体と同じように、お墓の彫刻では広く使われる書体として挙げられます。

楷書体の場合に比べると、やや素早く書いたように見え、やや芸術的なデザインのようであるため、こちらも人気があります。

草書体

草書体は行書体よりもさらに素早く描いたような書体です。
曲線が非常に多く、行書体以上に芸術的な外見を持っている書体であるともいえます。

デザインの面では非常に独特ですが、一方で書いてある内容がわかりにくいという難点もあります。

隷書体

隷書体は楷書体や行書体よりも古い時代の中国(春秋戦国時代から秦の時代)で使われていた書体で、非常に重厚感があるどっしりとした見かけが特徴です。

非常に個性的であるため、終活でご自身のお墓を建てる際に独特さを持たせたいということであればおすすめの書体の1つといえます。

オリジナル書体

オリジナル書体(デザイン文字や直筆のもの)をご自身のお墓を建てる際に取り入れることもできます。

しかし、あまり細すぎるものやかすれがあるもの、意味不明なものは彫刻できない場合や、彫刻できても理想通りにいかなかったり、わかりづらいものになったりする場合もあるため、事前に専門家と話し合うことをおすすめします。

文字の彫刻方法の種類

お墓の文字の彫刻方法の種類は非常に多様で、お墓の石材や彫り込む内容によっていろいろと使い分けられます。

ここではその彫刻方法でもよく使われるものを列挙しておきます。

  • 彫り込み(通常彫り)
  • グラデーション彫り
  • 浮かし彫り
  • 立体彫刻
  • 象嵌
  • 中彫り
  • 線彫り
  • ガラスプレート
  • 二度彫り

文字の色

お墓の文字に使われる色も実は何種類かあります。
お墓に使われている石材やその地域の慣習に合わせて取り入れるとよいでしょう。

は非常にわかりやすいために、黒と同じように広く取り入れられています。
特に、お墓の石材が黒など暗色のものであれば非常に目立って遠くからでもわかりやすいです。

は白と同じように広く使われているいろといえます。
白色系の石材に使われている場合は、なおさらコントラストがはっきりして遠くからでもわかりやすいです。

は古くから大陸との交流が盛んであった九州地方において、大陸のお墓にまつわる慣習を導入する形で定着している色です。

特に、黒色の石材のお墓の場合は、非常に目立ってわかりやすくなりやすいです。
ただし、メンテナンスの際には金箔が必要である点など、少し手間がかかるのが難点です。

お墓の文字に色を入れるのは、お墓を建てた方がご存命の場合です。
その方が亡くなった際には、赤色を抜いて白色などに塗り替えることになります。

花・家紋などのイラスト

お墓に眠る方の家や個性を表す花・家紋などのイラストもさまざまです。
個人や夫婦の方が眠るお墓であれば、お花などのデザインが多くなる傾向にあります。

そして、イラストの方は洋型墓石の方が変化をつけやすく、導入できる種類も非常に多くなります。

お墓の彫刻にかかる費用は?

お金

お墓への文字彫刻でも費用はやはり気になるところです。
お墓の彫刻にかかる費用はいったいどのくらいなのでしょうか?

戒名や俗名を入れる場合であれば4万円〜6万円ほどが相場となります。
ただし、これは文字数ではなく、文字を入れる人数によって大きく変わってくるものといえます。

つまり、一度に文字入れする人数が多いほど、その費用も大きくなっていくというものです。

お墓に彫刻するのはいつ?

お墓

最後に、お墓に彫刻を入れる時期がいつ頃になるのかについても見ていきましょう。

竿石の正面に彫るものであれば、お墓の完成に合わせて彫刻するのが基本的です。
故人の戒名を彫る場合であれば遅くともその故人の納骨法要に間に合うようにするとよいでしょう。

作業自体は数日程度で済みますが、やはり納骨法要までの時間にはある程度余裕を持たせる形で作業を進めてもらった方がよいといえます。

お墓の彫刻についてまとめ

お墓

お墓に入れる彫刻についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 和型のお墓の場合、竿石の正面には家名や宗旨・宗派別の文言を、右側面には戒名や俗名を、裏面にはそのお墓を建てた施主名と建立年月日を彫刻する。また墓誌にはそのお墓に眠る故人の戒名や俗名、没年月日、享年を、水鉢と花立、外柵の親柱には家名や家紋などを入れる。
  • 洋型のお墓の場合、竿石の正面には和型のお墓と同じような家名や宗旨・宗派別の文言、さらにそこに眠る個人や家族のことを表現した言葉などを入れるが、横方向に記すことになる。右側面にはそのお墓を建てた施主名と建立年月日を、裏面には戒名や俗名を記す。花立や外柵の親柱には家名や家紋などを入れる。
  • お墓にいれる彫刻のデザインの要素には書体や彫刻方法、文字色、イラストが挙げられる。書体には楷書体や行書体、オリジナルな書体などが挙げられるが、書体によっては入れづらいものもある。さらに、色については墓石の石材の色やその地域の慣習に合わせて取り入れるとよい。
  • お墓の彫刻に必要な費用は、おおよそ4万円〜6万円が相場であるが、文字数ではなく人数分で変わってくる。
  • お墓に彫刻を入れるタイミングは、遅くとも故人の納骨法要に間に合うくらいがよい。作業そのものは数日程度あればできるが、時間に余裕があることに越したことはない。

お墓を建てるといっても、そのお墓がどのような方のものであるのかを示すうえで、彫刻は不可欠です。

同時に、お墓の彫刻はそこに眠る方の生き様や個性を示す手段ともなっているため、彫刻でよく使われる文言や書体などについてあらかじめ知っておくことは、納得のいくお墓づくりをするうえで大切なことといえます。

ぜひとも、お墓の彫刻に関してもよく検討のうえで、ご自身にとって納得のいくお墓を建てる際にこの記事をはじめ、さまざまな関連の情報源をお役立てください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・彫刻」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・彫刻」についてさらに知りたい方へ

お墓にどんな彫刻をする?人気のデザインや彫刻の費用も紹介します!のサムネイル画像

お墓にどんな彫刻をする?人気のデザインや彫刻の費用も紹介します!

お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!のサムネイル画像

お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!

お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめましたのサムネイル画像

お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめました

墓石の彫刻に迷う方必見!デザインや費用について解説しますのサムネイル画像

墓石の彫刻に迷う方必見!デザインや費用について解説します

墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたしますのサムネイル画像

墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたします

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!のサムネイル画像

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介しますのサムネイル画像

お墓に戒名彫刻をする際の流れや費用の相場をご紹介します

墓石の彫刻について解説!人気の文字やデザイン、気になる費用は?のサムネイル画像

墓石の彫刻について解説!人気の文字やデザイン、気になる費用は?

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・彫刻」についてさらに知りたい方へ

お墓にどんな彫刻をする?人気のデザインや彫刻の費用も紹介します!のサムネイル画像

お墓にどんな彫刻をする?人気のデザインや彫刻の費用も紹介します!

お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!のサムネイル画像

お墓の彫刻にかかる費用ってどれくらいなの?お墓の彫刻を徹底解説!

お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめましたのサムネイル画像

お墓に文字や絵柄を彫刻する時に知っておきたいことをまとめました

墓石の彫刻に迷う方必見!デザインや費用について解説しますのサムネイル画像

墓石の彫刻に迷う方必見!デザインや費用について解説します

墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたしますのサムネイル画像

墓石への彫刻の値段はいくらくらい?詳しい相場をお教えいたします

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと