火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

身内の方が亡くなった際に葬儀が行われると、最終的にご遺体は火葬されます。その後はお骨のお墓への納骨ということになりますが、それまでの詳しい流れについてわからないという方もいるのではないでしょうか。今回はお骨のお墓への納骨の流れや、改葬の方法などを見ていきます。

目次

  1. お墓とお骨について
  2. お墓にお骨を納める納骨について
  3. お墓にお骨が入らない時の対処法
  4. お墓に納めたお骨を移動するには?
  5. お墓とお骨の新しい考え方
  6. お墓とお骨まとめ

お墓とお骨について

お墓

亡くなった身内の方のご遺体は葬儀で告別式が終わった後に火葬され、お骨の状態となってご遺族のもとに戻ってきます。
その後、お骨は一般的にはお墓の完成を待ってそこに納骨されることになります。

しかし、お墓に納骨されるまでの間、どのような手順で納骨の準備を整えるのか、またそのために必要な費用はどのくらいなのかといったことはその時になってみないと詳しいことがわからない場合が多いでしょう。

また、一度納骨したお骨を移す際の手続きについても、あまり詳しくはわからないという方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、火葬後のお骨をお墓に納骨する手順や一度納骨したお骨の移し方など、お墓におけるお骨に関することを以下のポイントに沿ってとりあげていきます。

  • お墓へのお骨の納骨の手順や費用はどのようなものなのか?
  • お墓にお骨が入らない時はどのように対処すればよいのか?
  • お墓とお骨に関する新しい考え方にはどのようなものがあるのか?

以上のポイントに沿ってお話ししていきます。
終活の中でお墓やお骨のことを考える時の参考材料にしていただければ幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

お墓にお骨を納める納骨について

お墓

納骨という言葉は聞いたことはあっても、具体的にどのようなやり方でやっていけばよいのかについてわからない方も少なくないのではないでしょうか?

まずこちらでは、お墓にお骨を納める納骨について、納骨という行為そのものについての基本的なことや手順、費用について見ていきます。

納骨とは

納骨とは、故人のご遺体を火葬した後にご遺族のもとに戻されたお骨を骨壷に入れ、お墓の完成を待ってお墓の中に納めることです。
あるいは、お墓でなくとも、納骨堂にお骨を納めることも指します。

この納骨の段階は、故人とのお別れの一番最後に行われるものであるとともに、残されたご遺族にとっても故人の死に対して心の整理をつけるという意義があります。

なお、納骨の際には、ただ単にお墓にお骨の入った骨壷を納めればよいというものではなく、その前にお墓の開眼供養や納骨法要(納骨式)を行う必要があります。

納骨はいつするべき?

お骨の納骨はいつやるべきかについて悩む方も多いのではないでしょうか?
実は、納骨の時期については、法律的にも宗教的にも特にこれといった決まりはありません。
そのため、ご遺族の都合に合わせてやればいいといえるでしょう。

ただ、世間一般には故人の四十九日法要に合わせて行うものとされています。
もしこの慣例に合わせるということであれば、お墓は生前の段階で用意しておく必要があります。

なぜなら、お墓の建立には最短でも2ヶ月から3ヶ月ほどの工期が必要となるためです。
それぞれを日数で換算するとしたらおよそ60日から90日ほどとなるため、仮に故人が亡くなった時点でお墓の建立について考えたとしてもとても四十九日に間に合わなくなります。

いずれにせよ、納骨の時期は四十九日明けにこだわる必要はないといえるでしょう。

納骨のために必要な手順

実は納骨を行うには、その準備の段階でさまざまな手順を踏む必要があります。
ここでは、納骨のために必要な手順について見ていきましょう。

納骨の法要を行う

納骨の際には、単にお骨の入った骨壷をお墓の中に入れればよい、というわけではありません。
納骨そのものに先立って、お墓に故人の魂を入れる開眼供養と納骨のための法要である納骨法要を行う必要があります。

もちろん法要であるため、その際に読経を行う僧侶に依頼をする必要があります。
より具体的には、菩提寺の住職や、そうでなければ葬儀の際にお世話になったお寺の僧侶が依頼する先です。

石材店に依頼する

納骨の際には、石材店にも依頼する必要があります。
納骨の際にはカロート(お墓の納骨スペースのこと)の扉を開けたり、お墓に新たに戒名などを彫刻するということが必要となるためです。

いずれの作業も手間がかかるため石材店の方にやってもらうことになります。
特に、カロートの扉を開ける作業については、地域によって扉が非常に重く、一つ間違えるとけがの元になりかねませんので、必ず石材店に依頼しましょう。

納骨に必要な書類を準備する

次に、納骨に必要な書類を準備することについて見ていきましょう。
納骨の際には必要な書類も何点かあります。
まずは、埋葬許可証で、こちらは火葬の際に提出した火葬許可証が火葬済みの印つきで戻ってきたもので、納骨の際に墓地や霊園の管理者に提出する必要があるので、納骨の時までに紛失しないように保管しておくことが大切です。

このほかにも墓地使用許可証の提示も必要となります。
これは、墓地の区画を購入した際に墓地や霊園の管理者から発行される書類で、こちらは納骨時に限らず今後お墓の区画を使い続ける限りは必要です。

以上の埋葬許可証と墓地使用許可証を準備しましょう。

納骨にかかる費用

納骨にはさまざまな費用が発生します。
ここでは、納骨のために必要な費用について詳しく見ていきましょう。

お墓への彫刻費用

納骨の際には、故人の戒名などをお墓に彫刻する作業も必要になってきます。
そのお墓にその故人が眠っていることやその故人がどのような人物であるのかを示すためです。

お墓への彫刻費用の相場は、彫刻する故人の戒名1人分につき2万円台から8万円台で、特に3万円から5万円が平均とされています。

作業代

納骨の際にはカロートのふたの開閉をやってもらったり、実際にお骨の入った骨壷を納めてもらったり、納骨法要の際の祭壇を整えたりするための作業も必要となります。

作業は安全性の面からご遺族や参列者が行うのは危険であるため、石材店の方にやってもらうことになります。
作業代の相場は1万5000円から3万円が一般的です。

お布施

開眼供養や納骨法要の際には僧侶の方が読経を行うため、その僧侶の方にお礼としてお布施を手渡す必要があります。
その相場は、それぞれの法要につき1万円から5万円となっています。

加えて、僧侶の方が遠方から参加する場合は、お布施とは別に交通費に当たるお車代も必要となります。
こちらの相場は5000円から1万円です。

法要にかかる費用

このほか法要そのもので必要となるお供え物(お線香やお花、故人の好きだったお菓子など)やロウソク、小物なども用意します。
法要そのものにかかる費用は5000円から1万円ほどが必要です。

なお、法要のための部屋を借りることができる場合もありますが、このための費用は1万円から3万円ほどが相場となります。

お墓にお骨が入らない時の対処法

困った人々

いざ納骨する段階となった際に、お墓の中に新しく納骨するためのスペースがないという問題にぶつかることもあるでしょう。

その場合はどのように対処すればよいのでしょうか?

一つの骨壷にまとめる

まず、すでに納骨されている複数の古いお骨を1つの骨壷にまとめるという方法があります。
この方法によって、まとめたお骨の分の骨壷が必要ではなくなり、それによって新しくお骨の入った骨壷を納骨できるスペースを確保できます。

粉骨する

次に挙げられる方法として、粉骨という方法があります。
粉骨とは、お骨を粉状にするための処理のことを指し、特に散骨する場合では不可欠です。

ただ、散骨をしなくても、粉骨によって1つの骨壷により多くの人数分のお骨をまとめることができるようになります。

お骨を土に還す

さらに、古いお骨を土に還す方法も挙げられます。
お墓の中にはカロートの底の全部もしくは一部が土となっているものもあり、その場合に使うことのできるのがこの方法です。

この土の部分にお骨を広げることで、お骨は長い時間をかけて土の中で分解されて文字通り自然に還ることになります。
そして、土に還したお骨の分、スペースに余裕ができて新たに納骨できるようになります。

古いお骨を永代供養墓に移す

あるいは古いお骨を永代供養墓に移すという方法もあります。
永代供養墓は基本的に合祀墓であるため、納骨後はそのお墓を管理する墓地や霊園の管理者に供養などをすべて引き受けてもらうことができ安心です。

ただし、古いお骨を永代供養墓に移すためには、改葬のための手続きが必要となります。
その改葬の手続きの手順については、次の項目で詳しくご紹介していきます。

お墓に納めたお骨を移動するには?

お墓

お墓に一度納骨したお骨を何らかの事情で他のお墓に移すなどお骨を移動させる一連の流れを改葬といいます。
先ほども触れた古いお骨を永代供養墓に移すというのも改葬に含まれます。

改葬をするためにはさまざまな手順や手続きが必要となってきますので、ここではそのための流れについて詳しく見ていきます。

お骨の移動の流れ

お骨を移動させるための流れは以下のようになります。
各段階でいろいろな手続きが必要となりますので、よく理解しておくことが大切です。

1.お骨を移す墓地との手続きを行う

まず、お骨を移転する先の墓地や霊園との手続きが必要となります。
お骨を移すとなると、その移転先を確保しておかなければ改葬は実現しないためです。

手続きをする相手は移転先の墓地や霊園の管理者ということになり、ここで受入証明書を発行してもらいます。
申請用紙は管理事務所に備え付けられています。

2.現在の墓地との手続きを行う

次に現在お骨を納骨してあるお墓がある墓地や霊園の管理者に対する手続きが必要です。
特に墓地が寺院墓地である場合は、管理している寺院に改葬を決断するに至った経緯や事情を納得してもらえるようによく説明しておきましょう。

そして、管理者から承諾を得たら、埋葬証明書を発行してもらいます。
ちなみに埋葬証明書の書式は自由です。

3.自治体に改葬許可の申請をする

受入証明書と埋葬証明書を発行してもらったら、次は現在のお墓がある自治体の役所に出向き、改葬許可証の発行手続きを行います。

改葬許可証の発行には、受入証明書と埋葬証明書に加えて、役所に備え付けられている改葬許可申請書も必要です。
それらの3点を添えて役所の担当窓口に提出すると、数日ほどで改葬許可証が発行されます。

4.現在のお墓からお骨を取り出す

改葬許可証が発行されたら、いよいよ現在のお墓からお骨を取り出す段階となります。
この段階では、お墓から魂を抜くための閉眼供養を行う必要があります。

その際には、法要で読経を行う僧侶の方と移すお骨を取り出す作業に当たる石材店の方とに依頼する必要があります。
もちろん、そのためのお布施などの費用も必要です。
そのほか、現在のお墓を管理する墓地や霊園の管理者に改葬許可証を提示します。

閉眼供養が終わりお骨も取り出したら、あとは移転先のお墓に移すだけです。

5.新しいお墓にお骨を移す

移転先の新しいお墓への納骨の際には、開眼供養と納骨法要とを行う必要があります。
こちらのほうも読経を行う僧侶の方と、実際にお骨を納骨する作業を行う石材店の方への依頼が必要となります。
また、移転先の墓地や霊園の管理者に改葬許可証の提出も必要です。

開眼供養と納骨法要が終われば、いよいよそのお骨を納骨することとなります。
納骨が終われば一連の改葬の手続きも完了です。

お骨の移動にかかる費用

お骨の移動の際にもさまざまな費用が発生します。
ここでは、具体的にどのような費用が発生し、その相場がどのくらいかについて見ていきましょう。

離檀料

移転元のお墓が寺院墓地にある場合、檀家になっている状態であるため、お骨の移動の際には檀家を辞める手続きを取ることになります。
その際に、墓地を管理している寺院に支払うのが離檀料です。

離檀料の相場については10万円から20万円ほどが一般的とされています。
ただし、管理者である寺院からすれば檀家が離れていくことはあまりよい話ではないため、お骨の改葬を決めるに至った経緯や事情を誠意をもってきちんと話しておかないと、法外な額の離檀料を請求されてトラブルになりかねないため、注意が必要です。

墓石の撤去費

改葬するとなると、墓石を撤去する段階も伴います。
具体的には、閉眼供養を経てお骨の取り出しが完了した後に、墓石を撤去し、区画も更地にした状態で管理者に返すというものです。

墓石の撤去の費用そのものは、1㎡につき10万円から20万円ほどが相場となります。
このほかに閉眼供養のお布施で1万円から5万円、さらにお骨の取り出しの際の作業代で1万5000円から3万円ほどが発生します。

新しいお墓の費用

お骨の移転先の新しいお墓の費用については、そのお墓の種類によってさまざまです。
一般的な和型墓石のお墓であれば、永代使用料や墓石代込みで100万円から300万円ほどが相場となります。

ただ、改葬先が永代供養墓である場合はもっと安く費用を抑えることができます。
合祀墓であるため永代使用料が安く抑えられていることと、個別で墓石を建てる必要がないこととが一般のお墓よりも安い要因です。
なお、その相場は、10万円から30万円ほどです。

納骨費用

新しいお墓へのお骨の納骨費用も必要となります。
お骨の納骨費用の主な内訳は開眼供養と納骨法要のお布施と、納骨の際の作業代、納骨法要そのものに必要な物を準備する費用が挙げられます。

お布施は両方の儀式でそれぞれ1万円から5万円、納骨時の作業代で1万5000円から3万円、納骨法要の準備費で5000円から1万円となります。

お墓とお骨の新しい考え方

お墓

近年ではお墓や葬儀に対する考え方もさまざまなものとなってきている関係で、その方法についてもいろいろなものが見られるようになってきました。

ここでは、お墓やお骨に関する新しい考え方をいろいろと見ていきましょう。
終活でお墓や葬儀のことを考える際の選択肢としてみてください。

お墓にお骨を入れない

まず、お墓にお骨を入れないという考え方があります。
具体的なものとして、手元供養や散骨という方法が挙げられます。

手元供養する

手元供養とは、お骨をご遺族の身近なところで保管し、供養するという方法です。
具体的にはご自宅の仏壇に祀ったり、あるいはお骨の一部をペンダントの中に納めたりするというやり方ですが、亡くなった方を身近に感じながら生活したいという方が主にこの方法を用います。

最近では手元供養専用のミニ骨壷やミニ仏壇も販売されています。

散骨する

散骨とはお骨を海や山といった自然の中に撒くという方法です。
自然の中で眠りたいという方や残されるご家族の負担を軽くしたいという方を中心に用いられます。

散骨に際しては前もって粉骨を行い、お骨を粉状にしておく必要があるうえ、散骨場所については誰の迷惑にならない場所を選ぶことが大切です。

分骨する

お骨を複数のお墓に分けて納骨する分骨という方法もあります。
将来的にお墓の面倒を見てくれる方がいないという場合やお墓参りしようにも身体面で不安があるという方が近くにもう1つお墓を建てて、そこにお参りするというやり方です。

また、浄土真宗では故人ののど仏の骨を京都にある本山(浄土真宗の開祖親鸞聖人の墓所)に納骨することで、故人を親鸞聖人の近くに眠らせるというやり方もあります。

ちなみに、分骨をするには火葬場の職員や墓地・霊園の管理者に分骨証明書を発行してもらう必要があります。

お骨を郵送して納骨する

お骨を郵送したうえで納骨するという方法もあります。
これは「送骨」と呼ばれるもので、納骨したくても身体面の問題などが障害となって難しい場合に、郵送で寺院などに送り、そこで納骨してもらうという方法です。

最近の永代供養墓の広まりと並行して広まってきている方法の1つに数えられます。
そして、多くの場合、郵送先の墓地や霊園では永代供養つきの合葬墓に入れられることになります。

ちなみに、「送骨」が可能な配達業者は郵便局のゆうパックサービスくらいで、それほど多くありません。

ペットのお骨を一緒に納骨する

近年では未曾有のペットブームであるためか、没後にペットとともに眠りたいと考える方も少なくありません。
そのため、ペットのお骨とともに故人のお骨も納骨するという方法も現れてきています。

ただし、特に寺院墓地の場合ではそれが許されない場合もあります。
それは、仏教の教えではペットは「畜生」として、人間よりも下の存在と考えられており、寺院の中には一緒の納骨することに抵抗を感じるところも多いためです。

お墓とお骨まとめ

お墓

お墓とお骨についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 納骨とは、故人のお骨をお墓などに納めることを指し、その時期は実は法律などで特に決まってはいない。そのための手順として、納骨法要や実際の作業を依頼し、さらに必要な書類として埋葬許可証や墓地使用許可証も用意する。なお、納骨に必要な費用としてお墓への戒名などの彫刻費用に3万円から5万円ほど、納骨時の作業代に1万5000円から3万円、納骨法要のお布施に1万円から5万円、法要そのものの準備費に5000円から1万円などが必要となる。
  • お墓にお骨が入らない時の対処法として、複数のお骨を1つの骨壷にまとめる、粉骨する、古いお骨を土に還す、古いお骨を永代供養墓に移すといった方法がある。ちなみに永代供養墓に移す場合は改葬手続きが不可欠である。
  • 納骨したお骨を移動させる改葬を行うには、移転先の墓地や霊園の管理者との手続きや現在の墓地や霊園の管理者の手続きを経て、自治体で改葬許可証を発行してもらい、現在のお墓で閉眼供養の上でお骨を取り出した後、新しいお墓にて開眼供養の後で納骨を行う。その際に必要な費用として離壇料(寺院墓地の場合)や墓石の撤去費、新しいお墓の費用、納骨費用が挙げられる。
  • お墓とお骨に関する新しい考え方や方法として、手元供養や散骨、分骨、送骨、ペットのお骨と一緒の納骨が挙げられる。

お墓にお骨を納骨するにせよ、納骨したお骨を別のお墓に移動するにせよ、さまざまな手続きや手順、費用が必要となります。

今回の記事以外にも、専門の書籍や記事などでよく理解しておけば、いざという時の納骨や改葬の際も落ち着いて準備することができるでしょう。
もちろん、この記事の内容を納骨や改葬に役立てていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
終活ネットでは、他にもさまざまな記事をご用意しています。
ぜひ合わせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・お骨」に関連する記事

「お墓・お骨」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・お骨」についてさらに知りたい方へ

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!のサムネイル画像

お墓に納骨するまでの方法・手順・費用などを丁寧に解説します!

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説しますのサムネイル画像

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説します

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説のサムネイル画像

墓地・霊園に納骨する際に必要な費用を内訳・相場とともに詳しく解説

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!のサムネイル画像

納骨法要の手順と費用。これさえ知っていればもう大丈夫!

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!のサムネイル画像

お墓の納骨にかかる費用ってどれくらい?相場や流れについても解説!

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓への納骨はどうすればいい?手順や時期を詳しく解説します!

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

お墓に入れる人数に制限はあるのか。お墓がいっぱいになった時の対処のサムネイル画像

お墓に入れる人数に制限はあるのか。お墓がいっぱいになった時の対処

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと