お墓の建て方について一から詳しくお教えします!

お墓を建てることになったという方や建てることを考えておられる方も多いでしょう。とはいえ、特に初めてという方はお墓の建て方にどのようなものがあり、どこに注意すればよいのかわからないと思います。ここではお墓を建て方を一から詳しく見ていきます。

目次

  1. お墓の建て方について
  2. いつ頃お墓を建てればいいのか
  3. お墓をどこに建てるのかを決める
  4. お墓の建て方で重要なポイント
  5. お墓を建てる際に必要なこと
  6. お墓を建てる時の費用相場
  7. お墓の建て方についてまとめ

お墓の建て方について

お墓

お墓といえば、年に何度か定期的にお墓参りをする場所やすでに亡くなったご先祖様が眠っている場所といったイメージがあるでしょう。

そのお墓を新しく建てるということになった方もいれば、現在建てることを考えている方も多いのではないでしょうか。
中には、終活の取り組みの一環として、あらかじめ元気なうちにお墓を建てておきたいという方もいるでしょう。

しかし、お墓を建てるといっても、どのような建て方があり、どのような点に注意すればよいのかがわからないという場合もあると思います。
むしろ、そのような方が実は多いのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、お墓の建て方について、お墓に関する知識がないという方にもわかりやすいように一からお話ししていきます。
なお、中心となっていくポイントは以下の通りです。

  • お墓を建てればいい時期はいつ頃なのか?
  • お墓を建てる場所としてはどういうところがあげられるのか?
  • お墓の建て方の中でも特に重要なポイントとは?
  • お墓を建てる際にやっておくべき必要なこととは?
  • お墓を建てる際の費用の相場とは?

以上のポイントに沿ってお話していきます。
ぜひ最後までお読みください。

いつ頃お墓を建てればいいのか

お墓

いつ頃お墓を建てればいいのでしょうか?

まずは時期という視点からお墓の建て方について見ていきます。
多くの方はお墓を建てるうえで適切な時期についてさまざまなところから情報を得てきているでしょう。

ただし、情報の中にはいわゆる俗説というものも含まれており、正確さに欠けるものもある場合があります。
ここでは、より正確なお墓を建てる時期に関する情報をご紹介します。

特に決まりがあるわけではない

実はお墓を建てる時期については法律においても、また仏教の教えの中でもきちんと決まっていたり、明記されていたりしているわけではありません。
言い換えれば、「この時期でなければいけない」というような決まりがあるものではないということです。

そのため建てる時期としては、ご自身が元気なうちであっても、亡くなった直後であっても、あるいは事情を考慮して亡くなってから1年以上経過した後でも構わないということになります。

一般的によくお墓が建てられている時期

一方で、世間一般の傾向として、ある程度お墓が建てられることが多い時期というものがあります。
そしてお墓が建てられることが多い時期は、すでにお墓を用意した方と葬儀の後にお墓を建てた方とによって違いが見られます。

前もってお墓を用意したという方の場合は、故人の四十九日法要が終わった時点で納骨ができるように生前から建てていることが多いです。

なお、生前に建てたお墓は「寿陵」と呼ばれ、縁起のよいお墓とされています。
また、縁起の良し悪しだけでなく、相続税対策にもなるということで将来のご家族の負担を減らすために終活の中で建てる方も多いです。

一方で、お墓を葬儀の後に建てるという方の場合は、四十九日法要以後の完成を見越して、納骨の時期が一周忌や三周忌の節目となるように建てることが多いです。
実際にお墓を建てるとなると、石材店に依頼してから数ヶ月ほどの時間が必要となるため、故人の四十九日だけでなく百か日法要にも間に合わないためです。

お墓をどこに建てるのかを決める

お墓

お墓の建て方を考える要素として、お墓を建てる場所もまた重要です。
お墓を建てる場所といえば、墓地や霊園が考えられそうですが、このほかにもあり得るのかどうかという問題も含めて考えていきましょう。

墓地の形態

まず、お墓を建てる場所についてですが、原則として墓地や霊園に建てることとなっています。
なぜなら、墓地について定めた「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法、墓埋法)」の第4条で決められており、「墓地以外の区域」ではお墓を建てることが禁止されているためです。

そして、お墓を建てるための墓地や霊園の形態には、寺院墓地・公営霊園・民間霊園の3種類があります。

寺院墓地

寺院墓地とはお寺が管理している墓地のことです。
基本的にはその寺院の檀家(寺院を経済面で支える家のこと)のみが使用することができます。

寺院墓地のメリットとして、単にお墓や故人の供養のことだけでなく、身内の方の葬儀のことなどに関しても一切相談に乗ってもらうことができるという点や墓地自体がアクセスの良いところにあるという点、さらに供養などが手厚いという点が挙げられます。

一方でデメリットとして、特定の宗派以外の方は利用できないという点や檀家になることが利用の前提条件となっている点などが挙げられます。

公営霊園

公営霊園は市町村などの地方自治体が運営している霊園を指します。
地方自治体による運営であることから、運営の元手として税金が投入されています。

公営霊園のメリットとして、税金で運営されているため、自治体が財政破たんしない限りは霊園そのものが潰れないという点や、管理費や永代使用料(お墓の土地代のこと)が安く設定されているという点、国籍や宗教・宗派に関係なく利用できる点などが挙げられます。

反対にデメリットとして、人気のある霊園の場合は応募が殺到しやすいという点や生前購入が難しい点、管理費が安いぶん、掃除用具が備えられていない場合もあるといった点があります。

民間霊園

民間霊園は石材店などの民間企業や公益法人などが運営する霊園のことです。
中には複数の石材店が運営団体を立ち上げて管理している場合もあります。

メリットとしては、公営霊園の場合と同じく国籍や宗教・宗派に関係なく利用できるところが多い点や墓石の形やデザインを選ぶことができる場合が多い点、さらに施設や交通手段が充実している傾向にあるという点が挙げられます。

一方でデメリットとして、施設を充実させているぶん、永代使用料や管理費が高い場合がある点や霊園によってはお墓を建てる際に利用できる石材店があらかじめ決まっている場合もあるという点が挙げられます。

お墓の立地

お墓の建て方を見るうえで場所のことを考える際にもう1つ見逃せないのが、お墓の立地についてです。
墓地の立地はお墓を建てる際にそのための土地区画に対して発生する永代使用料に大きく影響してくるためです。

まず、アクセスが良くお墓参りに通いやすいところや墓地の周辺環境の良いところなどは人気が高く、永代使用料も高くなりがちです。
加えて、人気の高さは空き区画が早めになくなりやすいことも意味します。

さらに、墓地が立地している地域の地価も見逃すことはできません。
都市部であるほど高く、地方に行くほど安くなるというのが大まかな傾向で、こちらもそのまま永代使用料の金額に影響します。

お墓の建て方で重要なポイント

お墓

ここからはいよいよお墓の建て方で重要なポイントについて見ていきます。
主なポイントとして、実際にお墓の建立を手掛ける石材店の選び方やお墓そのものの各要素の考え方、そして永代供養してもらうかどうかという各点について見ていきます。

石材店の選び方

お墓を建てる際には、それを実際に手がける石材店を選ぶこととなりますが、石材店選びでは、あらかじめ墓地や霊園が指定した石材店がある場合に注意すべき点と、指定されていない場合はなるべく多くの石材店から見積もりを取るという点が重要なポイントとなります。

指定石材店がある場合

墓地や霊園によっては、お墓を建てるうえで選ぶことのできる石材店が指定されている場合があります。
このような「指定石材店制度」がとられている場合は、基本的に指定された石材店以外の石材店にお墓の工事などを依頼することはできません。

このため、墓地や霊園を選ぶ際は、情報収集の際に「指定石材店制度」がとられているかどうかという点もポイントの1つとしてもいいかもしれません。

できるだけ多くの石材店に見積もりをとる

特に石材店に関して指定されていない場合は、なるべく多くの石材店から見積もりをとることが重要です。

お墓を建てる際の費用の相場は後で詳しく触れますが、結論から言って決して安いものではなく、むしろ自家用車や自宅と同じくらい人生における大きな買い物の1つに数えられるほどです。
だからこそ、なるべく費用が安くできるのであれば、それに越したことはありません。

また、普段なかなかすることのない種類の買い物であるため、当初お墓を建てるうえでの相場はわかりにくいものです。
しかし、なるべく多くの石材店から見積もりをとることでおおよその適正な価格帯がわかりますし、それを基準として最も妥当な価格を提示している石材店を選ぶことができます。

もちろん、単に費用が安いというだけでなく、この後に触れるお墓の品質などの要素も合わせて総合的に判断するようにしてください。

墓石を選ぶ際に考慮すべきポイント

お墓を建てるうえでは、墓石選びで欠かせない各要素に注目することも重要です。
墓石を選ぶ際に考慮すべきポイントとはなんなのでしょうか?
ここでは、墓石の石材や大きさ、デザインについて見ていきましょう。

墓石の石材

墓石に使われる石材にはさまざまな種類があり、その数は国内産・国外産合わせて300種類近くに及ぶとされています。
もちろん、これらを1つずつ考えていくというのは非常に大変な作業です。

そのため、石材を考えるうえで重要な判断のポイントとして、国内産か国外産かというものがまずあげられ、基本的に国外産の方が安いとされています。
ただし、国外産のものの中には安くて、かつ質の良いものもあります。

もし、石材の原料費をなるべく抑えたいということであれば、石材の中でも安くて質の良いものを選ぶのがポイントといえるでしょう。

墓石の大きさ

墓石の大きさも、墓石代の費用を左右する要素の1つです。
墓石が大きいということはそれだけ墓石のために多くの石材が使われていることを意味し、そのぶん墓石の費用も高くなります。

逆に墓石の大きさがコンパクトなものであれば、使用する石材の量も少なくて済むため、それほど費用はかさみません。

ちなみに、最近の傾向としては建立後の管理や負担のことも考えて、必要最低限の大きさのコンパクトなお墓が人気を集めています。

墓石のデザイン

近年では、お墓に対する価値観が多様化している影響で、墓石のデザインもさまざまなものが登場してきています。
墓石の形ひとつとっても従来の直方体の和型墓石だけでなく、故人を象徴するデザインのものも多く出現してきています。

しかし、デザインが複雑なものとなるほど、それだけ工程の中で手間が発生するため彫刻費が高くなります。
そのため、もし彫刻費を安くするということであれば、なるべくシンプルなデザインにするとよいでしょう。

永代供養してもらうかどうか

近年では、少子高齢化の影響でお墓の跡継ぎがいないというご家庭も増えてきています。
後継のいない方たちを中心に利用者が増えてきているのが、永代供養という納骨後のご遺骨の管理や供養を管理者側がすべて引き受けてくれる供養のあり方です。

永代供養を利用する場合、お墓を建てずに合祀墓を利用するという選択肢もありますが、お墓を建ててかつ永代供養をしてもらうという方法もあります。

ただ永代供養をしてもらうという場合、文字通りの未来永劫にわたっての「永代供養」ではなく、三十三回忌までといったあらかじめ期限の決まっている永代供養となります。

そのため、将来的に期限が来た後にそのお墓をどうするかということも視野に入れた選択が求められるともいえます。

お墓を建てる際に必要なこと

お墓

お墓を建て方において、実際にお墓を建てる墓地や石材店の選定や、墓石の検討といったことも重要ですが、お墓を建てる際にやっておく必要のあることもまた欠かせない要素です。

ここでは、故人のご遺体の火葬を行ったことを示す火葬証明書の提出や、お墓の建立の最後の仕上げである開眼供養について見ていきましょう。

火葬証明書を提出する

火葬証明書とは、故人のご遺体を葬儀の際に火葬したことを証明する書類のことで、火葬が終了した段階で火葬場が発行するものです。
似たような書類に「火葬許可証」というものがありますが、これは故人のご遺体を火葬場で火葬することを許可するための書類であるうえ、火葬後は埋葬許可証となる書類のことを指します。

さて、この火葬証明書は納骨の際に埋葬許可証とともに提出されるもので、埋葬許可証とともに納骨の際に不可欠な書類です。
特に故人が死亡してから5年以上経っている場合、火葬証明書はすでにご遺体を火葬したことを証明するために必要となります。

開眼供養を行う

めでたくお墓そのものが完成したとしても、実はそれだけではお墓はただの石材の塊にすぎません。
お墓がお墓になるには、最後の仕上げである開眼供養を行う必要があります。

開眼供養とは、お墓にご先祖様の魂を入れるための儀式のことで、この儀式によって初めてお墓は故人が安らかに眠る場としての機能を持つことになります。

開眼供養を行うには、読経を行う僧侶への依頼のほか、実際にカロートへの納骨作業を担当する石材店への依頼といった下準備が必要です。

お墓を建てる時の費用相場

お金

お墓の建て方に関する問題の中でも、やはりお金の問題を避けることはできません。
ここでは、お墓を建てる際に必要な費用の相場を考えてみましょう。

永代使用料

永代使用料とは、お墓を建てるための土地を利用する権利に発生する費用のことです。
そして、その金額は立地する地域の地価が大きく影響します。

永代使用料は、全国的な平均でおよそ60万円ほどといわれていますが、地価が大きく影響するため、都市部ほど高く地方の方が安いという傾向にあります。
特に東京都心では100万円を超える場合もあります。

墓石代

墓石代は、いわばお墓そのもののための費用のことです。

こちらの墓石代の相場は全国で130万円ほどが平均で、安くても100万円ほど、高い場合は300万円ほどになります。

墓石代の価格を変動させる要素は、石材の種類や量・質、墓石のデザインの複雑さ、使用された石材の量など多岐に及びます。
ただ、なるべくシンプルでコンパクトなお墓であるほど墓石代が安くなるといえるでしょう。

維持管理費

お墓は建立した後も維持管理のための費用が発生します。
この維持管理費は、墓地や霊園の中の共有スペースのメンテナンスに使われる費用で、毎年のように年額で納めることになります。

維持管理費の相場は4千円〜1万4千円ですが、この金額は墓地や霊園の種類によっても大きく変わってきます。
特に公営霊園の方が安く、民営霊園が高いという傾向にあります。

お墓の建て方についてまとめ

お墓

お墓の建て方についていろいろなポイントを見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お墓を建て方を考えるうえでまず重要となるのが建てるための時期だが、法律的にも宗教的にも特に決まりはない。ただし、一般的には前もって用意している方たちであれば故人の四十九日法要に間に合うようにしている。なお、新規でお墓を用意するということであれば故人の一周忌や三周忌などの節目に合わせて建てられることが多い。
  • お墓を建てることができるのは墓地であるが、墓地には寺院墓地や公営霊園、民営霊園の3種類があり、それぞれに長短がある。さらに、お墓の立地について考えたときに、アクセスの良さや周辺環境、人気の高さもまた重要な要素となる。
  • お墓の建て方でも特に重要なポイントに、石材店の選び方や墓石選びに考慮すべき点、さらに永代供養をしてもらうかどうかという点が挙げられる。石材店については、指定されていない場合はなるべく多くの見積もりをとるのが望ましい。墓石選びの際に考えるべきポイントとして、墓石の石材や使う石材の量、墓石に施すデザインが挙げられる。永代供養してもらえるかどうかという点は、将来のことも含めて考えるとよい。
  • お墓を建てる際に必要なこととして、火葬証明書の提出と開眼供養を行うことがあげられる。
  • お墓を建てる際の費用の項目として、永代使用料と墓石代、維持管理費があげられる。永代使用料は全国平均で60万円だが地域によって変動してくる。墓石代は全国平均が130万円ほどだが、こちらも石材の種類や質、使った石材の量、デザインの複雑さなどによって変化してくる。そして、意地管理費は4千円〜1万4千円が相場で、特に公営霊園が安く民間霊園の方が高い傾向にある。

お墓を建てるとなると、人生の中の大きな買い物の1つといわれるだけあって、さまざまな点について情報を集めたり、検討したりする必要があるといえます。

加えて、長期的に使うものであるため、お墓との将来の付き合い方についても視野に入れる必要もあります。

そのため、お寺や石材店などとよく相談しつつ、多くの情報をもとによく検討して、理想通りに建てられるように準備をしていくことが、お墓の建てる上でのコツといえるでしょう。

最後までお読みくださりありがとうございました。

終活ねっとでは、他にもさまざまな記事をご用意していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・建て方」に関連する記事

「お墓・建て方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・建て方」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。のサムネイル画像

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!のサムネイル画像

お墓選びのポイントって何?より良い墓地や墓石の選び方を紹介!

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!のサムネイル画像

お墓選びのポイントは?失敗しないお墓の選び方を伝授します!

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと