お墓参りでの供養の仕方は?注意点や供養の意味を解説します!

命日やお盆などにお墓参りをする人は多いでしょう。お墓をきれいにして先祖や故人を想い、手を合わせて供養すると気持ちもスッキリします。では、お墓参りで注意することはあるのでしょうか。供養の意味なども含め解説します。

目次

  1. お墓参りで供養をすることについて
  2. 供養とは
  3. お墓参りでの供養の仕方
  4. お墓参りで供養をする際の注意点
  5. お墓参りにいけない時の供養の仕方
  6. お墓参りで供養をすることまとめ

お墓参りで供養をすることについて

お墓

お彼岸の季節や命日が近づくと、家族や親戚とお墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか。
頻度は人それぞれですが、みなさん一度は経験があるかと思います。

お墓参りに行って、お墓をきれいに掃除したり、お線香やお供え物をあげ、故人やご先祖に手を合わせると、それだけで気分がすっきりして清々しい気持ちになるものです。

お墓参りは故人や先祖の供養として一般的な供養方法ですが、どのような意味があるのかご存知の方は少ないかもしれません。

今回、終活ねっとではお墓参りで供養をすることについて

  • お墓参りで供養することについて
  • 供養とは
  • お墓参りでの供養の仕方
  • お墓参りで供養する際の注意点
  • お墓参りにいけない時の供養の仕方

これらに焦点を当てて解説します。

当たり前に行いがちなお墓参りですが、その行為の意味まで考える機会はあまりないでしょう。
この記事をご覧になり、お墓参りに行くときの参考にしてみてください。

供養とは

お墓

お墓参りすることは、故人や先祖を供養することになります。
ですが、そもそも供養とはどのようなことを指して言うものなのかご存知ですか。
漠然と故人や先祖の冥福を祈るというイメージを持つ方がほとんどだと思いますが、供養とはどのような意味なのでしょうか。

供養とは、サンスクリット語が語源になっていると言われており、本来は「尊敬」という意味合いを持ちます。

元々は仏や菩薩に尊敬の念を持ち、香華や灯明などの供物を心から捧げることを供養と言っていましたが、それが転じて、故人や先祖の冥福を祈ることを供養と言うようになりました。

追善供養について

一般的な供養の一つに追善供養があります。

「追善」と言う文字が表すように、生きている人が良いことを行うことによって、亡くなった人の功徳になり、その徳がまた自分に返ってくると言う考え方が元になっています。

そして一周忌や三回忌などに菩提寺で僧侶を招いて読経してもらうことを追善供養と言います。
また、仏壇に手を合わせる、お墓参りに行き先祖の冥福を祈る以外にも、仏教的な行いはすべて追善供養であるという考え方から、寺院の掃除の手伝いや行事に参加することも追善供養にあたるとされています。

先祖供養について

先祖供養という言葉も、よく耳にします。
先祖供養をしないと祟りがあるなど怖い話を聞くこともあります。

では、先祖供養とはどのようなものでしょうか。

人は勝手に生まれるわけではなく、その人を生んだ親がいて、その親にもまた生みの親がいます。
このように自分がこの世にいるのは先祖のおかげとする儒教の教えのとおり、先祖を敬い、感謝して供養することを先祖供養と言います。

先祖供養に特別な方法はありません。
お墓参りでも仏壇でも、心を込めて手を合わせることが供養となります。

お墓参りでの供養の仕方

お墓

お墓参りは、漠然とお墓を綺麗にして、お供え物やお花を用意し、お線香を焚き、手を合わせて終わった気分になりますが、正しいやり方、意味はあるのでしょうか。

ここでは、お墓参りでの供養の仕方や意味について解説します。

掃除をする

お墓参りはお墓の掃除と考えても良いでしょう。
大切な故人や先祖の眠っている場所です。
まずは、自宅を掃除するようにきれいに掃除をしましょう。

掃除の方法・手順としては、まず敷地内の掃除から始めます。
枯れた花や線香の燃え残りなおどのごみ拾いや草むしりを行います。
植木がある場合は綺麗に剪定しましょう。

墓石はデリケートなので、スポンジなどで優しく水洗いします。
家庭用洗剤や金たわしを使うと墓石を痛めるので注意しましょう。

お供え物を捧げる

お供え物を捧げることも忘れてはいけません。

お供え物としては、お彼岸やお盆には、おはぎや牡丹餅を思い浮かべますが、ほかにも故人の好きだったお菓子や果物、飲み物を供えると良いでしょう。
その際、半紙や懐紙をお皿の代わりにします。

また、墓石を綺麗にしたあとに墓石に水を掛けることが多いです。
これは不浄なものを洗い流し、故人の霊を清めるからと言われています。

仏教では死後の輪廻転生として六道があり、この中の餓鬼道に落ちたものは水を飲もうとしても飲めず、苦しんでいると言われています。

しかし、お墓にかけた水だけは存分に飲めるので、餓鬼を憐れんで水を施そうとしたのがお墓の水かけです。
お墓にはたっぷりと水をかけ供物としましょう。

お花をお供えする

墓前にお花を供えるのは、菩薩が行う六つの修行のことをさす六波羅蜜の「忍辱」に由来すると言われています。
この忍辱の教えは悲しみや苦しみに負けず、怒りや焦りを持たず、常に明るい笑顔でいるようにという教えです。
また、花は仏の慈悲を表していると言われ、人の心を静めつつ清めてくれます。

お供えの花に特に決まりはありませんが、トゲのあるもの、毒のあるもの、匂いの強いものは避け、故人の好きだった花や仏花としてセットで売られている花を用意すると良いでしょう。

お供えの仕方としては、お花の数は奇数にし、左右同じになるように対で用意し、花の正面がお参りする人のほうを向くように飾ります。

お線香をあげる

お線香をあげるのも大事な供養方法の一つです。

お線香独特の香りは邪気をはらい、身を清めてくれるという効能があると言われています。
またお線香の香りは全体に広がるため、仏の慈悲が全ての人に及ぼされることを表現します。

さらに、香りは死者の食べ物と考えられているので、良い香りのお線香を供え、その香りを亡くなった人や仏に食べてもらうと言う意味もあります。
良い香りのお線香を用意すれば、故人もきっと喜ぶでしょう。

お墓参りのお線香は束で供えることが多いですが、宗派によっては本数が決まっている場合もあります。
お線香を焚いたら、燃え尽きるまでそばにいることが望ましいですが、それが難しい場合は、周りに燃えやすいものがないか確認して、その場を離れましょう。

灯明をあげる

灯明をあげるという供養方法はご存知ですか?

灯明は六波羅蜜の「智慧」を表しています。
これは煩悩の暗闇を明るく照らす仏の智慧で、灯明はこの世に生を受けたすべての生き物の無明を照らし、故人の霊を悟りの境地の極楽浄土に導くと言われています。

都会の墓地では灯明を置くところや灯篭がないことが多いですが、地方ではまだお墓の前に灯篭があり、灯明を供えるようになっているところがあります。

お墓参りで灯明を供えたい場合は、キャンドルホルダーや灰皿などを利用し、お墓にロウが落ちないように注意してください。
お参りが済んだらロウソクの火は息を吹きかけて消すのではなく、必ず手であおいで消し、持ち帰るようにしましょう。

合掌する

仏教では右手が清浄な手、左手が不浄な手と一般的に言われています。

手を合わせることによって、左手で行った不浄なことを清浄にすると言う意味があるようですが、合掌は手を合わせた人の心を清浄なものにして、故人や先祖に感謝の気持ちを持つためにする行為と考えて良いでしょう。

また、合掌するときは墓石より頭を低くすることがマナーなので、しゃがんで手を合わせましょう。

お墓参りで供養をする際の注意点

お墓

せっかくのお墓参りですから、故人を偲んできちんと供養したいですよね。
気がつかないうちに非礼なことをしてしまったり、不備が生じてしまってはお参りが台無しになってしまいます。

ここでは、お墓参りで供養をする際の注意点について見ていきましょう。

持ち物

お墓参りに行くとき、手ぶらで行く人は少ないでしょう。
では、お墓参りに行くときには、どのような持ち物が必要なのでしょうか。

必要なもの

お墓参りの際に必ず必要なものは、お花、お線香、ロウソク、マッチ、ライター、お供え物、半紙、数珠、掃除道具です。
あると便利なものは、ごみ袋、新聞紙、ペットボトルです。
バケツなどは霊園によっては備え付けのものがあるのでそれを利用しましょう。

掃除道具

掃除道具としては、雑巾、タオル、スポンジ、たわし、歯ブラシがあると便利です。
場所によっては、植木ばさみが必要となることがあります。
ロウソクを供える場合は、キャンドルホルダーなども用意しましょう。

お供え物は持って帰る

お墓参りする際にお供え物を持って行くことは多いのではないでしょうか。
お供え物は故人の好きだったお菓子や果物が一般的です。
お彼岸やお盆の時にはおはぎや牡丹餅などもお供えすることがあります。

お供え物はお参りしているときのみお供えします。
お墓参りが終わったらお供え物は持ち帰ることになります。

また、墓前でお供え物を食べるのも供養の一つと考えられているので、その場でお供え物を食べて処理するのも良いでしょう。

持ち帰ったお供えを仏壇に供えてもよいと言う人もいます。

しかし反対に、一度お供えしたものは、故人や先祖が召し上がった残り物だからもう一度お供えするのは失礼だとする人もいます。

信心深い人ほど、そのように考えることが多いようなので、持って帰ったお供え物については、親戚や家族に相談すると良いでしょう。

いずれにしても、お供え物はお墓で食べるか、持ち帰って故人や先祖を偲びながら食べるのがおすすめです。

お花はどうしたら良い?

ではお供えしたお花はどうするべきでしょうか。
お墓参りに供えたお花はそのままにしておく人と持ち帰る人がいます。

霊園によってはお花の管理・片づけを行ってくれるところがあるので、そのようなところでは供えた花を残して帰っても構いません。
そうでない場合は、お花をそのままにしておくと虫が湧いたり、お墓が傷んだりするので持ち帰るほうが良いでしょう。

お墓参りにいけない時の供養の仕方

仏壇

お墓が遠方にある、交通の便が悪い、高齢のためお墓参りに行けないなどの理由からお墓参りに行けないことがあります。
お墓参りにいけない時の供養の仕方としてどのようなものがあるのでしょうか。

  • 自宅に仏壇を用意する
  • 小さなテーブルに写真、ロウソク、お線香、お花を供える
  • 寺院に卒塔婆とお経を依頼する

さまざま理由からお墓参りに行けないことがありますが、寺院に卒塔婆とお経を依頼したり、自宅の仏壇にお参りするなどの方法があります。

故人や先祖のお墓参りは形ではなく、大切なのは故人や先祖の冥福を祈り、日ごろの感謝を込め手を合わせることです。

お墓参りで供養をすることまとめ

お墓

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは、お墓参りでの供養の仕方について

  • 追善供養とは一周忌や三回忌などの法要を言う
  • 生きている人が良いことを行うことによって故人や先祖の功徳になり、それがまた、自分に返ってくることを追善供養と言う
  • 先祖供養に決まりはなく、先祖を敬い感謝することを言う
  • お墓参りする際は、お墓の掃除、お供え物をする、お花、灯明、お線香を供えることすべてに意味がある
  • お墓参りしたあとのお供え物やお花は持って帰るほうが良い
  • お墓参りに行けないときは、家で供養しても良い

ということがわかりました。

お墓参りはお彼岸やお盆、命日以外にお祝い事があった時なども先祖に報告する意味で行う人が多いでしょう。

お墓参りにはこうしなければならないという取り決めはありません。
故人や先祖を偲び、感謝し、会話することが大切なことではないでしょうか。

お墓参りに行けないときは自宅で供養しても構いません。
どのような形であれ、故人や先祖を偲び、きちんと供養しようという思いが大切です。

終活ねっとでは、ほかにもお墓参りや先祖のことについての記事がたくさんあります。
ぜひ、ほかの記事も併せてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・供養」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓参り・供養」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

永代供養の後のお墓参りってどうすれば良い?【持ち物の準備編】のサムネイル画像

永代供養の後のお墓参りってどうすれば良い?【持ち物の準備編】

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒にのサムネイル画像

お墓参りに行かないと不幸になるのか?行けない時の対処法もご一緒に

お墓参りの際に必要な道具は?気をつけたいポイントと一緒にご紹介!のサムネイル画像

お墓参りの際に必要な道具は?気をつけたいポイントと一緒にご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・供養」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと