都立霊園で墓石は必要?墓石を建てるまでの手順、注意点などもまとめ

都立霊園でのお墓には墓石は必要なのか考えたことはありますか?墓石のことについて、選び方や建てるまでの手順、都立霊園での注意点などを詳しく解説していきます。都立霊園での墓石購入を検討している方はぜひこちらの記事を参考にしてください。

目次

  1. 都立霊園で墓石を用意することについて
  2. 都立霊園で墓石を用意する必要はあるのか
  3. 墓石を選ぶまでの手順
  4. 都立霊園で墓石を用意するのにかかる費用
  5. 都立霊園で墓石を建てる際の注意点
  6. 都立霊園で墓石を用意することまとめ

都立霊園で墓石を用意することについて

お墓

都立霊園をお選びになり、さてこれからどうお墓を建てようかと考えたときに、まず思い浮かべるのが墓石ですよね。
どのような墓石が自分のイメージするお墓にふさわしいのか、悩むことと思います。

最近では洋風のお墓も珍しくなく、デザインの良さも墓石に求める方が増えてきています。
たくさんある選択肢の中から、どのようなお墓を建てればいいのかについて考えることも終活の一つです。

そこで今回の終活ねっとでは、都立霊園で墓石を用意することについて具体的に以下の内容について紹介していきたいと思います。

  • 都立霊園で墓石を用意する必要はあるのか?
  • 墓石を選ぶまでの手順
  • 都立霊園で墓石を用意するのにかかる費用
  • 都立霊園で墓石を建てる際の注意点

都立霊園で墓石を建てる際に役立つ情報を紹介していますので、ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

都立霊園で墓石を用意する必要はあるのか

お墓

お墓といえば墓石という想像が一般的だと思います。
霊園によっては石材店を指定しており、墓石を買うことが前提となっている場合もあります。

そのため、どの霊園に入るとしても墓石は必要だと考える方も多いと思います。
では都立霊園で墓石を用意する必要はあるのでしょうか?

墓石を建てる必要はない

実は、都立霊園では必ずしも墓石を建てる必要はありません
都立霊園では一般埋蔵施設・芝生埋蔵施設・壁型埋蔵施設を選ぶことができますが、このうち壁型埋蔵施設ではすでに納骨堂(収蔵施設)が設けられています。

そのため、壁型埋蔵施設の場合は墓石を建てなくても大丈夫です。
また、一般埋蔵施設や芝生埋蔵施設にお申し込みをされた場合でも墓石を建てるのが一般的ですが、必ずしも墓石を建てなければならない訳ではありません。

ただし、一般埋蔵施設の場合、墓石を購入しない方も墓地の境界部分には高さ80cm以内の囲障(外柵)を必ずご自分で設置する必要がありますので、囲障を用意しなければならないという点にご注意ください。

墓石以外でのお墓として樹木葬を選択された場合も、もちろん墓石は必要ではありません。
墓石を建てないと三年以内で使用許可が取り消されると書かれているサイトも見受けられますが、都立霊園の公式サイトには記載されていません。

指定の石材店もない

墓石を用意する義務がないので、都立霊園には指定の石材店がありません
お墓をどう建てるかは自由なのです。

しかし、さきほども書いたように、注意しなければならないことがあります。
一般埋蔵施設の場合、墓地の区画の境界部分に囲障を設置しなければならない点です。
墓石の必要ない樹木葬であっても同様に囲障は用意しなければなりません

都立霊園では指定の石材店がないため、囲障もご自分で用意することになり、調べていくうちに墓石も建てようと考える方も多くいらっしゃいます。
もちろんこれから家族が共に入ることになるお墓として、墓石を建てる方も多くおられるので、次は墓石をどのように選ぶのかを解説していきましょう。

墓石を選ぶまでの手順

お墓

ここでは墓石を建てようと決められた方のために、具体的な墓石を選ぶまでの手順を詳しく解説していきます。

霊園の使用上の制限などの規約を確認

都立霊園では墓地に関していくつかの使用上の制限を設けてあります。
たとえば小区画墓所では墓地の面積が3㎡以下と指定されています。
それに合わせて墓石の高さは3m以内、盛り土の高さは35cm以内と、細かく設定されています。

各都立霊園によって、細かいルールの違いや制約があります。
墓石を建てる際には霊園の使用上の制限などの規約を確認しておきましょう。

建てたいお墓について考える

都立霊園での使用規約を確認したあとは、実際に自分が建てたいお墓について考えることが重要です。
お墓について考える際に重要なポイントとしておおまかな予算と墓石の種類について見ていきます。

予算

墓石の予算はおよそ100万円程度と言われていますが、大きさや原材料として使用する石の素材によっても金額が大きく変わっていきます。
事前にどの程度の大きさのお墓を買うのか、原材料は国産の物と海外製の物どちらを買うかなどについて考えておきましょう。

お墓の種類

お墓の種類は大きく3つに分類でき、和型・洋型・デザイン型のお墓があります。
それぞれの種類のお墓がどのような特徴があるのかについて紹介していきたいと思います。

和型
お墓

和型の墓石は一般的な、昔ながらのお墓に建てられている墓石です。
石碑の背が高いことが特徴で、縦に文字が多く彫り込めます。

洋型
お墓

洋型の墓石は横に長くおしゃれな雰囲気です。
土台部分や囲障も洋風のデザインにすることができます。
ただ、石碑に家名以外にも文字を多く彫り込むには工夫が必要でしょう。

デザイン型
お墓

和型と洋型の良いところをあわせ持ったのが、デザイン型の墓石です。
横長である洋型の墓石は石碑に刻める文字の数が限られてしまうため、和型のように石碑を縦長にして、文字が縦に多く刻めるタイプもあります。

以下の記事では和型・洋型・デザイン型のお墓の種類についてさらに詳しく紹介しています。
それぞれの費用の違いなどについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

お墓といえば四角くて長細い長方体をお墓を想像しますが、近年はとてもデザイン性に富んだお墓が増えつつあります。良いデザイン墓を選ぶコンテストまで開催されいるほどです。今回は、今はやりのデザイン墓石のアイディアや費用などをご紹介します。

いくつかの石材店で見積もりを取る

墓石にはさまざまな種類があり、石材店によって主に取り扱っている種類が違っていたり、金額にも幅があります。
できれば一つの石材店だけではなく、いくつかの石材店で見積もりを取ることで比較もしやすく安心です。

墓石の注文

墓石のデザインを決めたら、実際に墓石の注文をしましょう。
墓石の注文をする際に、家名を彫り込むことが重要になります。
都立霊園の規則では、一つの墓地につき一つの墓石と一つの家名を彫り込むという原則がありますので、夫婦別姓の場合などは気をつけましょう。

もし最終的な見積もりを出したときに予算が厳しい場合は、石碑の大きさを変えたり、石の素材を再検討したりと、石材店とよく相談されることをおすすめします。

墓石の完成後

墓石の完成後は設置工事をします。
墓石を建てる土台となる基礎工事はもちろんのこと、地下のカロート(納骨施設)の設置、境界部分の囲障の設置もご自分で手配することになります。
これらも石材店が一括で請け負っていることが多いので、見積もりのときに聞いてみましょう。

また、都立霊園の小区画墓所では土地の面積が小さく囲障を設けるのが困難な場合に、墓石の土台部分を囲障として認める規約があり、一体型墓所とよばれています。

都立霊園で墓石を用意するのにかかる費用

お墓

墓石を用意する手順がわかったところで、都立霊園で墓石を用意するのにかかる費用について、面積ごとの一般的な相場を見ていきましょう。

基本的に面積が大きくなるにつれて墓石を用意するのにかかる費用も高くなっていきます。
都立霊園で墓地を用意する場合、面積によって100万円〜500万円ほど必要になりますが、基本的に3㎡以下の小区画墓地であることがほとんどなので、100万円〜300万円程度が一般的な相場です。

しかし、都立霊園の中でも青山霊園は特に価格が高く、小区画墓地でも最低で400万円以上が相場となっています。
このように面積にだけでなく霊園自体の人気によっても費用が異なってくるため、ご自身が入る予定の霊園だとどれくらいの費用がかかるのか調べておきましょう。

すでにカロート(納骨施設)が設置されている芝生埋蔵施設ですと、30万円〜120万円程度が相場となっています。
芝生埋蔵施設では土台の基礎工事や囲障を設置する必要がないので、相場が低くなっています。

以下の記事では都立霊園にかかる費用についてさらに詳しく解説しています。
ぜひこちらの記事とあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

都立霊園は立地もよく費用も安いと最近関心が高まっています。 でも都立霊園にはどんな施設があり、値段が実際はどのくらいなのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。 都立霊園の値段について、施設ごとの値段だけでなく、申込み方や注意点も含めて、分かりやすく解説します。

都立霊園で墓石を建てる際の注意点

お墓

墓石の相場は大きさで変わり、墓所の面積によっては倍ぐらい違うことがわかりました。
それでは都立霊園で墓石を建てる際の注意点をあらためてまとめてみましょう。

墓石の相場を知っておく

都立霊園では指定の石材店がないため、墓石を建てる場合にはご自分で注文から設置工事までをすることとなります。
墓石だけでなく囲障や基礎工事なども考えなければならないため、墓石の相場を知っておくことで、全体の見積もりを把握できるようになり墓石の建立がスムーズに進められるでしょう。

見積もりは複数の石材店で出す

墓石を選ぶさいに大事なことは、ご自分の持つお墓のイメージにふさわしい仕上がりになるかどうかです。
理想的なお墓を建てるためには一つの石材店だけではなく、納得がいくまでいろいろな石材店をまわり、気に入ったところがあれば見積もりは複数の石材店で出すほうが良いでしょう。

一般埋蔵施設では囲障は必ず必要

都立霊園は墓石を必ず建てる義務はないのですが、一般埋蔵施設では囲障は必ず必要です。

一般埋蔵施設では、小区画墓所については例外として墓石の土台部分を囲障とする一体型が認められています。
しかし、芝生埋蔵施設を選ばれた場合は囲障を設置する必要がなく、樹木葬による植樹や埋蔵施設の工事も禁止されています。

都立霊園で墓石を用意することまとめ

お墓

今回終活ねっとでは都立霊園で墓石を用意することについて見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると以下になります。

  • 都立霊園で墓石を用意する必要はあるの?

    都立霊園では必ずしも墓石を建てる義務はなく、壁型埋蔵施設や樹木葬等を利用する場合は墓石は必要ない。また、都立霊園では指定の石材店もないため自由にお墓を建てることができる。

  • 墓石を建てるまでの手順は?

    まず霊園の規約を確認した上でお墓の予算や種類について考える。お墓には和型・洋型・デザイン型と3つの種類があり、自分にあったお墓の種類を選ぶのが良い。また、お墓を建てる時には複数の石材店に見積もりして、他の石材店との比較をすることが重要。

  • 都立霊園で墓石を用意するのにかかる費用

    墓石にかかる費用は面積の大きさにより100万円〜500万円ほどかかる。都立霊園では3㎡以下の小区画墓地であることが多いので一般的な費用は100万円程度である。人気な霊園では小区画墓地でも400万円近く必要な場合もある。

  • 都立霊園で墓石を建てる際の注意点

    都立霊園で墓石を建てる場合、自分で注文などをしなければならないため、法外な契約をしないためにも複数の石材店で見積もりを出し墓石の相場を知っておく必要がある。また、都立霊園では必ずしも墓石を建てる必要はないが、一般埋蔵施設では囲障を設置する必要がある。

今回の記事を見て、納得のいく理想のお墓にふさわしい墓石を建てていただけたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「都立霊園・墓石」に関連する記事

「都立霊園・墓石」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「都立霊園・墓石」についてさらに知りたい方へ

終活で墓石を選ぶときのポイントは?種類や費用について紹介します!のサムネイル画像

終活で墓石を選ぶときのポイントは?種類や費用について紹介します!

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!のサムネイル画像

都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法のサムネイル画像

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法

和型墓石はどんな構造をしているの?種類や費用相場を詳しく解説!のサムネイル画像

和型墓石はどんな構造をしているの?種類や費用相場を詳しく解説!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

墓石の価格はいくらくらい?価格が決まる要因や相場をお教えします!のサムネイル画像

墓石の価格はいくらくらい?価格が決まる要因や相場をお教えします!

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!のサムネイル画像

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと