墓石の値段の相場はどれくらい?墓石の費用を細かく分析しました!

墓石の値段は決して安くはありません。しかしお墓全体の価格と一括して説明されることも多く、墓石の値段の吟味は難しいものです。では墓石の値段の相場はどのくらいでしょう?後悔しない墓石選びに役立つ、墓石の値段に関する様々な要素と相場を解説します。

目次

  1. 墓石の値段の相場について
  2. 墓石の値段を決める要素は何なのか?
  3. 墓石の値段の相場はいくらくらい?
  4. 墓石の値段の相場の変動要因
  5. 墓石の値段の相場まとめ

墓石の値段の相場について

お墓

皆さんは墓石を建てることについて考えたことがありますか?
墓石の値段は安いものではありません。
その上、子供や孫の代にもわたって使われる可能性もあります。
墓石選びで後悔はしたくないものです。

しかし、墓石の値段は墓地と一括して案内されることも多く、わかりにくいのも事実です。
墓石の値段が適正かどうかを知るには、どのような要素に着目すれば良いのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、墓石の値段の相場について

  • 墓石の値段はどのように決まるのか?

    墓石の値段を決める要素を挙げて、それぞれについて解説します。

  • 墓石の値段の相場はどのくらいなのか?

    墓石の設置までにかかる費用を複数の要素に分解して、どの工程にいくらの費用が必要なのか解き明かします。

  • 墓石の値段を変動させる要因は何か?

    墓石はどんな要因で値段に差が生まれるのか解説します。

以上の点を中心にご紹介していきます。

墓地・墓石選びのヒントが盛りだくさんなので、是非最後までお読み下さい。

またお墓を建立する際に必要な費用について、詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

墓石の値段を決める要素は何なのか?

お墓

墓石の値段の内訳は、主に、材料費・彫刻費・設置工事にかかる費用とその他の費用に分けられます。
以下ではそれぞれの費用についてさらに詳しく説明します。

ちなみに、墓地によっては指定石材店が定められていることがあり、指定された特定の石材店の墓石以外は設置できないとされている場合があります。
これを指定石材店制度と呼びます。

取扱いが可能な墓石の種類や彫刻の技量は、石材屋さんによって差があります。
特に指定石材店制が採られている場合、指定された石材屋さん以外の石材屋さんには頼めないことになるので、墓石にこだわるなら墓地選びは石材屋さん選びから始めると良いかもしれません。

墓石の材料費

まず当然ですが、墓石の値段にはその墓石の原材料となる石材の値段が含まれます。
以下では、墓石として用いられる石材にはどのようなものがあるかを簡単にご紹介します。
石材の種類が墓石の値段をどのように変動させるかは後に詳しく説明します。

墓石の原材料には、花崗岩(かこうがん)・閃緑岩(せんりょくがん)・斑レイ岩(はんれいがん)・安山岩(あんざんがん)といった火成岩・深成岩が用いられています。
これらの石は、採石地によってさらに色・成分組成・耐久性など様々な特徴を備えます。
このような特徴による分類で、墓石の原材料として用いられる石材としてはおよそ300種類以上が知られています。

特に花崗岩は御影石(みかげいし)とも呼ばれ、墓石の原材料として最も一般的な石材です。
花崗岩は、中国・インドなど国外のほか、国内では愛知県・茨城県・愛媛県・福島県などが主要な採石地です。

採掘量が少なく優れた特性を持つ石材は、ブランド石材として流通しています。
江戸城の築城にも用いられている小松石(こまついし)、世界一高価ともいわれる香川県の庵治石(あじいし)、特徴的な桜色を放つ岡山県の万成石(まんなりいし)は3大銘石とも呼ばれる国産高級ブランド石材として知られています。

墓石の彫刻費

石材屋さんによる彫刻費用も墓石の値段に含まれます。
彫刻自体についてだけでなく、彫刻の前後にする石の磨き直しなどの処理に対する技術料も彫刻費用に含まれます。
彫刻費用は墓石そのものの費用と一括して表示されたり、墓石の設置工事費に含めて説明されることもあるので、墓石の値段を確認するときには注意が必要です。

彫刻費用はさらに、基本彫刻料と特別彫刻料に区別されるのが通例です。
基本彫刻料には、家名・題目・建立者や建立日などの彫刻についての技術料が含まれます。
特別料金の内訳はさらに多様ですが、主に墓石の値段を変動させる要因となるため、詳細は後述します。

基本彫刻料の場合には、一文字毎に◯◯円、特別なデザインを施す場合にはデザインの種類や大きさ毎に◯◯円、といった形で細かく料金単価が設定されている場合もあります。

その他に、墓誌への「追加彫刻料」は墓碑に対する彫刻料とは別に設定されていることがほとんどです。

なお、墓地によっては墓石の彫刻内容について指定・制限がされる場合もあります。
特に寺院墓地の場合には、その寺院が属する宗旨・宗派の題目以外の題目は彫ることができないことが一般的なので、よく確認しましょう。

墓石の設置工事費

墓石・墓碑を墓地に建立するためには、土地の基礎工事などの設置工事も必要です。
これらの工事費用も墓地・墓石の値段に含まれます。

墓石の設置工事には基礎工事のほか外柵工事・墓石工事があります。

基礎工事では、「べた基礎工法」などと呼ばれる工事によって墓所全体を支える地盤が造られます。
倒壊の危険がある地盤であれば、費用のかさむ杭打ち工法などが必要とされることもあります。
また墓地の地盤だけでなく、墓地の区画位置によっても必要な基礎工事の内容は変わることがあります。

基礎工事で地盤を整えたら、外柵工事・墓石工事を施し、実際に墓碑を建立します。
墓石の設置工事費用には、これら一連の工事に要する運搬費・機材費用・人件費も含まれます。

必要な工事の内容・程度は、実際に担当者が現地を確認してからでないと明らかにならないことも珍しくはありません。
そのため工事費用は、事前に提示された見積もり費用と、実際に担当者が現地を確認してから提示する見積もり金額に大きな差が生じることもありがちです。

なお、お墓の敷地に撒く玉砂利の費用なども、この工事費用に含まれることが多いようです。

その他墓石以外に必要な費用

材料費・彫刻費・設置工事費以外にも、お墓の設置には様々な費用がかかります。
以下では、その中でも特に無視できない永代使用料・墓地管理費について簡単にご紹介します。

ちなみにこれらの費用も、「お墓の値段」として墓石原材料・設置工事費用などとまとめて提示されることが一般的です。
その際、永代使用料の支払いは通常最初の1回だけで済むのに対し、管理費は墓地を利用し続ける限り支払うこととされるのが通常なので、一括して費用が提示されている場合には注意が必要です。

その他寺院墓地の場合には、檀家となるための檀家料もしっかりと確認する必要があります。

永代使用料

永代使用料は、ある土地を墓地として使用するために墓地の運営・管理者に対して支払う費用です。
永代使用権は賃貸借契約としての性質を持つものと考えられ、永代使用料はその対価たる賃料としての性質を有すると評価されるケースが多いようです。

永代使用料は地域のほか、墓地の立地・設備の違いや選んだ区画の広さ・立地の違いといった要素によって変動します。

墓地の管理費

墓地の管理費は、墓所の運営にかかる費用として徴収されます。
管理費の内訳は、水汲み場の水道代や霊園内の電気代、清掃・清掃の委託にかかる費用などです。

管理費は永代使用料とは別に支払うものとされることが一般的ですが、永代使用料に含まれていることもあります。
前述の通り、管理費は定期的に支払う必要があることがほとんどなので、注意が必要です。

墓石の値段の相場はいくらくらい?

お金

ここまでは、墓地の値段が主に墓石の原材料費・彫刻等技術料・工事費用・永代使用料・墓地の管理費用といった要素で成り立っていることをご紹介してきました。

いずれの費用も石材屋さんの広告などでは「墓地の値段」として一括して案内されることが多いものの、墓地の値段を吟味をするためにはそれぞれの要素の相場も把握しておく必要があります。

墓石の材料費

お墓・墓地の価格の中でもかなりの部分を占めるのは墓石の原材料費です。

いくつかの石材屋さんの紹介によると、墓碑として一般的に用いられる8寸角(約24.2センチ四方)石材の相場はおおよそ100万円前後です。

もう少し詳しくみると、国産石材の場合は約125万円から190万円。
外国産石材の場合は約50万円から70万円程度の相場だそうです。

墓石の彫刻費

次に、家名・戒名の彫刻にかかる費用は、戒名・生前の名前・逝去日・年齢などをあわせて、平均としては1名あたり5万円程度が相場だと言われます。

ただし地域・霊園によって相当に差があるため、3万円から8万円程度の開きはあります。

ちなみに墓碑そのものではなく、墓誌への追加彫刻費用も1名につき5万円前後が相場とされます。

墓石の設置工事費

墓石の設置工事に要する費用は、おおむね5万円前後が目安です。

しかし実際のところ、設置工事費用の相場は一般的な工法の場合でも、地盤などによって3万円から11万円とかなり開きがあります。

特に地盤が弱く墓碑の倒壊が危惧されるような墓地では、杭打ち工法などの地震対策が必要不可欠となる場合があります。
杭打ちの費用は一般に25万円から50万円程度はかかることが多いので、単に基礎工事を施すだけの場合と比べかなり費用がかさみます。

墓石本体の値段の相場は?

ここで一旦、ここまででご紹介した墓石本体にかかる費用をまとめます。
墓石の原材料費として100万円、基本彫刻料として5万円、設置工事日として5万円の費用を想定すれば、墓石本体にかかる値段の相場は約110万円が平均的な費用です。

できるだけ費用を抑えるのであれば、墓石の原材料費として50万円、(墓誌への追加彫刻を除く)基本彫刻料が5万円、基礎工事費が3万円程度として、墓石本体だけで最低でも約60万円程度の費用が目安になりそうです。

その他墓石以外に必要な費用

最後に、永代使用料・墓地管理費用そして入檀料などの、その他墓石以外に必要な費用も確認しておきましょう。

主な費用は以下の通りです。

  • 永代使用料

    まず、永代使用料の相場は地域によってかなり異なりますが、都市圏だと40万円前後、それ以外の地域では20万円前後が相場だといわれます。

  • 墓地管理費用

    墓地管理費用は、1年あたり300円〜1万円とかなり幅があります。
    大まかな区別の目安として、公営墓地なら数百円、外部業者に清掃を委託するような大規模霊園なら数千円〜数万円といったところです。

  • 戒名料

    戒名料の相場は、1人につき全国平均で50万円程度といわれます。

  • 入檀料

    入檀料はその寺院に属するために支払う費用で、地域・宗派によって異なるものの、おおむね10万円から30万円が相場といわれます。

お墓を建てるための値段の相場は?

ここまでご紹介したことも踏まえて整理すると、お墓を建てるために必要な費用の相場は、墓地の地域・霊園の種類に従ってさらに以下のように整理できるでしょう。

  • 都市圏の大規模霊園の場合:140万円から200万円程度あるいはそれ以上
  • 都市圏の公営墓地または都市圏以外の大規模霊園の場合:120万円から140万円程度
  • 都市圏以外の公営墓地の場合:80万円から120万円程度

この記事ではお墓を新しく建てる際に必要な値段の相場を解説しましたが、終活ねっとではお墓をリフォームする際の値段の相場についても解説しています。
よろしければこちらの記事もお読みください。

こちらも読まれています

古いお墓をリフォームするのに必要な費用は?相場をお教えします!

年が経つとどうしても劣化してくるお墓ですが、リフォームにより費用を抑えて輝きを取り戻すことが出来ます。これを機に建て替えを、と思われるその前に、一度リフォームを検討なさってみてはいかがでしょうか。古いお墓のリフォームにかかる費用について、お話させて頂きます。

墓石の値段の相場の変動要因

お金

これまででも触れたように、墓石の値段は様々な要因によって変動します。

ここでは、墓石の値段の相場の変動要因についてご紹介していきます。

石材による値段の違い

石材の種類が墓石の値段を左右することは想像に難くないでしょう。

石材の値段は、主にその石の採掘量や等級で左右されます。

まず、国産石材は外国産の石材と比べて採掘量が少ないためより高価になる傾向があります。
また、石の色によって、白っぽい色→その他の色→黒っぽい色の順に価格が高くなる傾向にありますが、これも採掘量の差によるものです。

次に墓石に用いられる石材は、石の吸水性・圧縮強度・比重のほか、模様の入り方などによって等級が定められ、等級が上がればその分高価になります。

石の種類(特に硬さ)は彫刻費にも影響を与えます。

基本的には等級の高い石材ほど硬くなります。
石の硬度が上がればその分彫刻の難度が増すため、墓石自体の値段だけでなく、彫刻費も値上がることがあります。
特に一部の高級国産ブランド石材を墓石に用いるような場合には、それらの石に彫刻を施すことが出来る職人の数も限られるなどの理由から、原材料費だけでなく技術費も高価になります。

墓石の大きさによる値段の違い

墓石の大きさは、使用する石材の量・彫刻費用・設置工事費用の面で墓地の値段に影響します。
大きな墓石ほど使用する石材の量も多くなり、その分値段も上がることは当然です。

また、墓石は通常石材の固まりを削って作成されます。
したがって彫刻後の墓石のデザインが大きなものであればその分大きな石材が必要になり、墓石の値段も高くなります。

また加工する石材の量が増えれば、その分彫刻料も余計にかかることになります。
加工・デザイン後の墓石の大きさはそれほどではなくても、デザインによって用いる石材の量が増せば、その分墓石の値段が上がることもあります。

さらに、墓石の大きさ・使用する石材の量が増せば、その分設置工事にかかる運搬費用も増すことになります。

彫刻の内容による値段の違い

墓石の値段は彫刻の内容によっても左右されます。

彫刻の値段は石材の硬さ・石材の大きさにも左右されることは既にご紹介しました。

その他にも、彫刻の値段は墓石への彫刻字数にも左右されます。
家名・題目・建立日などいわゆる「基本彫刻」と呼ばれるような彫刻は基本料金として一定額が設定されている場合が多いようですが、石材屋さんによっては「1字につき◯◯円」と値段が設定されるケースもあります。

また、基本彫刻の他に特別な装飾・デザイン彫刻を依頼した場合、それらの面積や難易度に応じた技術料として、基本料金とは別に特別料金がかかります。

さらに、同じ彫刻内容でも彫刻方法によって値段が変わることもあります。

墓石の彫刻方法には、単純に石材を彫り込む「彫込み」以外にも、「グラデーション彫り」「浮かし彫り」「中彫り」「線彫り」など様々あります。
その彫刻に要する技術の難しさの他、彫刻方法によっては特別な素材や道具を必要とする場合があるため、特殊な彫刻方法を選択した場合、その分彫刻費用も値上がりします。

これらの値段の変動要因を理解した上で、さらにお墓にかかる費用を安く済ませたい場合は、こちらの記事もご参照ください。

こちらも読まれています

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

近年お墓の値段はかなり高額になっています。大切な方の供養の場ですから、心のこもったお墓にしたいと思うのは当然です。ですが、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。お墓もいろいろありますが、安く建てるにはどうしたらよいのでしょうか。費用の抑え方を紹介します。

墓石の値段の相場まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
終活ねっとでは今回、墓石の値段の相場に関して以下のような事項をご紹介しました。

  • 墓石(墓地)の値段の相場は約170万円前後
  • 墓石の値段は主に原材料費(石材費)・彫刻料・設置工事費その他の費用に区別できる
  • そのうち墓石本体の値段(原材料費・彫刻料・設置工事費含む)の相場は約110万円前後・安くて60万円前後
  • 墓石の値段を左右する重要な要素は、墓石の種類・大きさ・墓地の地盤や性質

墓石や墓地を吟味する際にこれらの事項を念頭に置いておくと、石材屋さんの説明が理解しやすいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「お墓を建てるのは経済的な理由から難しい」という方には、永代供養という供養方法も注目されています。
こちらの記事で費用など詳しく紹介していますので、参考になさってください。

こちらも読まれています

永代供養について費用の内訳や相場、選び方などを全て紹介します

永代供養を選ぶ際に費用は気になりますよね。では、永代供養の費用の内訳や相場、また霊園の選び方とはいったいどんなものなのでしょうか?今回は永代供養にかかる費用の訳と金額の相場を解説していきます。お寺や霊園を選ぶ時の注意点も説明していますのでぜひお役立てください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓石・値段・相場」に関連する記事

「墓石・値段・相場」についてさらに知りたい方へ

  • 墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

    墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

    お墓を建てるにあたって、どのくらいの予算が必要か考えたことはありますか?いざというときに困らないために、前もってお墓の情報を集めておくことは重要です。墓石の値段はどのくらいなのでしょうか?墓石の値段を抑える方法や注意点も解説していきます。最後までご覧ください。

  • 墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!のサムネイル画像

    墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!

    お墓について考えるとき、費用の問題は避けては通れません。墓石の値段の平均はどれくらいなのでしょう。一般的なお墓を立てる際にどのくらい費用がかかるのかをご説明していきます。地域別の墓石の平均値段比較も見ていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!のサムネイル画像

    墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!

    お墓がすでにある場合には、そのお墓に納骨をする際に墓石に名前を彫ることになります。この名前を彫るための値段やタイミングが気になっている人もいるのではないでしょうか。ここでは、その墓石に名前を彫るための値段やタイミングについて紹介します。

  • お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

    お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

    お墓を購入する際、費用がどうしてもかかってしまう。なぜお墓の値段は高いのでしょうか。今回は、お墓が高い原因やお墓を少しでも安く購入するために確認することはどんなことなのか等をご説明いたします。お墓の購入を考えている方は是非最後までご覧ください。

  • お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

    お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

    お墓を建てる時にまず最初に気になるのは、そのお値段ではないでしょうか。お手頃な値段でお墓を購入できても、安いお墓は色々な面で心配だと思われる方も少なくありません。今回終活ねっとでは、安いお値段でも満足のいくお墓を建てるためのポイントについて詳しく解説します。

  • 墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法のサムネイル画像

    墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法

    お墓を早めに準備したいという方も少なくないのではないでしょうか。お墓を建てる上でお値段は気になるところです。今回は墓石の値段を比較する際に注目するポイントをご紹介します!お墓を安く建てる方法とは?墓石購入価格の比較についても見ていくので最後までご覧ください。

  • お墓を建てるときの費用は?相場から墓石の選び方も紹介します!のサムネイル画像

    お墓を建てるときの費用は?相場から墓石の選び方も紹介します!

    一生に一度の大きな買い物になるかも知れないお墓。何代にも渡って受け継がれていくものだからこそお墓を建てる際に妥協したくないですよね。しかし滅多にない機会の為費用の面で悩まれる方も多いのではないでしょうか。お墓を建てる時のポイントとその費用を学んでみましょう。

  • お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

    お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

    お墓を建てたり維持したりするとなると、それこそ莫大な費用が必要です。そのため、お墓にかかる費用の平均を前もって知っておくと、何かあった場合などに際してもさまざまな対応が可能となります。いったい、お墓にかかる費用の平均額はどのくらいなのでしょうか?

  • お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!のサムネイル画像

    お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!

    お墓は専門的用語が多い!ただでさえ分かりにくいのに、石材店によって見積もり価格が大きく異なったりします。なぜその価格なのか、見積もり書を比較しやすくするにはどうするといいか、なるべく出費をおさえ満足のいくお墓を手に入れるために、最大限見積もりを活用しましょう。

  • 墓石の値段についてどれくらいご存知ですか?のサムネイル画像

    墓石の値段についてどれくらいご存知ですか?

    お墓を建てるには、土地代や管理費がかかりますが、何よりもお墓本体(墓石)が必要です。墓石は値段がまちまちだと言われています。ここでは、墓石の値段についてまとめていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓石・値段・相場」についてさらに知りたい方へ

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!のサムネイル画像

墓石の値段はいくらくらい?お墓を安く建てる方法や注意点も解説!

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!のサムネイル画像

墓石の値段の平均はどれくらい?値段が決まる要因とともに解説!

墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!のサムネイル画像

墓石に名前を彫る値段の相場やタイミングを解説します!

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!のサムネイル画像

お墓を安く買う方法とは?お墓の値段を抑えるポイントまとめ!

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法のサムネイル画像

墓石の値段を比較する時に注目するポイントは?お墓を安く建てる方法

お墓を建てるときの費用は?相場から墓石の選び方も紹介します!のサムネイル画像

お墓を建てるときの費用は?相場から墓石の選び方も紹介します!

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!のサムネイル画像

お墓にかかる費用の平均ってどれくらい?内訳や安くする方法も解説!

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!のサムネイル画像

お墓の見積もりの着目ポイントは?見積もりの見方を解説します!

墓石の値段についてどれくらいご存知ですか?のサムネイル画像

墓石の値段についてどれくらいご存知ですか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと