よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

お墓に関して詳しいという方はなかなかいないでしょう。もしお墓について疑問があっても、周りに聞いても誰もわからないということもあるでしょう。そこで今回終活ねっとでは、よくあるお墓に関する疑問を一挙に解決しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. お墓に関するよくある疑問について
  2. お墓の購入に関する疑問
  3. お墓の入り方に関する疑問
  4. お墓の改葬に関する疑問
  5. 新しい形のお墓に関する疑問
  6. お墓に関するよくある疑問についてまとめ

お墓に関するよくある疑問について

お墓

お墓と言うものは身近にあるものの詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

いろんな疑問点がありながら、なかなか人には聞きにくい事柄でもありますよね。

そこで今回終活ねっとでは、お墓に関するよくある疑問について

  • お墓の購入に関する疑問
  • お墓の入り方に関する疑問
  • お墓の改装に関する疑問
  • お墓の新しい形に関する疑問

以上の点を中心にご紹介していきます。

お墓に関する疑問は放置している深刻な事態につながることも考えられます。
これを機会にお墓に関する様々な疑問について一気に解決しましょう。

是非最後までお読みください。

お墓の購入に関する疑問

お墓

お墓に関する疑問で最も多いのがお墓の購入に関する疑問ではないでしょうか。

お墓は決して安くはない買い物ですので納得した上で購入したいですよね。

ここではまず、お墓の購入に関する疑問についてみていきましょう。

寺院墓地と霊園は何が違う?

寺院墓地と霊園の違いはいったい何なのでしょうか。

寺院墓地とは、寺院の境内にある墓地のことです。
寺院墓地を購入するためには、その墓地を管理している寺院の檀家にならなければいけません。
檀家になるということは、寺院の寄付や行事にも参加しなければいけなくなります。
メリットとしては手厚く供養してくれることや、比較的交通の便が良いところが多いということが挙げられます。

霊園とは、公益法人や宗教法人、あるいは都道府県や自治体が運営するお墓を建てることができる場所のことを指します。
宗教、宗派、あるいは国籍に関係なくお墓を建てることができます。
霊園は郊外にあることが多く、交通の便が悪いところが多いです。
メリットとしては、お墓のデザインを好きなようにできることや施設や送迎バスなどのサービスが充実していることが挙げられます。

お墓はどのような点に着目して選べば良い?

お墓はどのような点に着目して選べば良いのでしょうか。

お墓を選ぶ時にまず考えたいのが「どんなお墓を建てたいか」ということです。
寺院墓地の場合は、お墓の大きさや形、広さなどが決まっている場合があります。
ご自分がどんなお墓を建てたいかということを明確にして、希望に沿ったお墓を建てることができるか検討することも大切です。

次に、継承者の問題も考えておきましょう。
お墓というものは「購入して建てる」といいますが、正確には土地を借りているだけです。
永代使用料とは、墓所を使う権利を取得するために払うものです。
その後、管理料を支払い続けなければ、墓所を使うことができなくなります。
お墓を購入しても継承者がいなくて管理料を支払うことができなければ、お墓が無くなってしまう可能性があります。
墓地や霊園によっては継承者がいない時は、購入することができない場合もあります。

他には、お墓へのアクセスなども着目するべきでしょう。
継承者がお墓から遠く離れたところに住んでいる場合は、お墓参りに行くことが困難になります。
交通の便も考えてなるべく継承者やご家族様が納得できる場所を選びましょう。

一般的なお墓の購入費相場はいくらくらい?

では、お墓の購入費相場はいくらくらいなのでしょうか。

一般的なお墓の購入費用相場は、150万円~300万円が平均となっています。
50万円以下でも購入することは可能ですが、納得のいくお墓を建てるためにも100万円程度は用意しておいた方がよいかもしれません。

お墓の購入費用の内訳は?

お墓を購入する際の費用の内訳はどうなっているのでしょう。

ここでは、お墓の購入費用の内訳についてそれぞれ詳しく解説していきます。

永代使用料

まず一つ目に挙げられるのが永代使用料です。

永代使用料とは墓地を使用する為に払う料金のことです。

霊園などでお墓を建てるということは、永代使用料を払うことで霊園内にお墓を建てることができる権利を購入するということになります。

都市部ほど永代使用料は高くなる傾向ですが、土地の広さや立地条件にもよりますが平均すると100万円前後というところが多いです。

石材の材料費、設置工事費

次に、石材の材料費・設置工事費です。

使う石を高級なものにすると価格も高くなりますが、全国平均で製材の材料費と工事費を含めて100万円~300万円となっています。

お寺へのお布施

最後に、お寺へのお布施です。

お寺に新しくお墓を建てた時はご住職様に開眼供養(かいげんくよう)をしていただく必要があります。
開眼供養とは墓石に魂を入れていただくことで、開眼供養をされていない墓石はたとえお墓の形であってもただの石ということになります。

開眼供養をしていただく際にはお布施が必要となり、相場は3万円~5万円です。
地域やお寺によっては「お車代(5000円~1万円)」が必要な場合もあります。

お墓の入り方に関する疑問

困った人々

ここまでお墓の購入に関する疑問について説明してきました。

次に、よくある疑問として挙げられるのがお墓の入り方についてです。

ここでは、次男は実家のお墓に入っていいのかなど、お墓の入り方に関する疑問についてご紹介していきます。

次男は実家のお墓に入れない?

お墓の入り方に関する疑問で最も多いのが、次男は実家のお墓に入れるのかという疑問です。

結論から申し上げますと、次男であっても実家のお墓に入ることは可能です。

ただし、昔からの風習ではお墓を継承するのは長男とされているところが多く、一般的にお墓に入るのは長男とその家族ということになります。

長男以外の弟たちは基本的には実家のお墓には入らず、自分でお墓を建てるのが一般的です。

しかし、次男であっても家族や親族が認めた場合は実家のお墓に入ることは可能です。

嫁いで姓が変わると実家のお墓に入れない?

では、女性の場合はどうなるのでしょう。
女性が嫁いだ場合、姓が変わることが多く実家のお墓とは名字が違ってきます。

嫁いで姓が変わると実家のお墓に入れないのでしょうか。

一般的には嫁いで姓が変わった女性の場合は、嫁ぎ先のお墓に入ります。

しかし名字が違っていても実家のお墓の名義人が認めた場合は、実家のお墓に入ることは可能です。
また、嫁いでいても実家のお墓の継承者になることもできます。

いずれにしろ、実家のご家族様や親族、嫁ぎ先のご家族様や親族、配偶者などとの話し合いが大事になってきます。
どこのお墓に入ることができるかということに法的効力はありませんので、周りの状況や立場を考えて後々のトラブルにならないように配慮が必要です。

お墓の改葬に関する疑問

お墓

次に、お墓の改葬に関する疑問を説明いたします。
お墓を改葬するというのは、お墓の引っ越しや建て直し、あるいは墓じまいのことです。

お墓を動かすためには、様々な手続きが必要ですので、基本的なことはしっかりと覚えておきましょう。

お墓の改葬の手順、かかる時間、相場は?

まずはお墓の改葬に関する基本的な疑問についてみていきましょう。
お墓の改葬の手順、かかる時間、費用相場はどうなっているのでしょうか。

お墓の改葬は以下のような手順で行います。

  • お墓の移転先を探す。
  • 新しいお墓の形を決めて石材店などと契約をして、お墓を作ってもらう。
  • 古いお墓で閉眼供養をしてもらい、遺骨を取り出す。
  • 新しいお墓が完成したら開眼供養をしてもらい納骨する。

石材店が実際にお墓を建てる工事期間は約3か月ほどです。
書類を揃えたり古いお墓を撤去などを含めますと、お墓の改葬は半年~1年ほどかかるということになります。

改葬の費用相場は200万円~300万円程となっています。

お墓の改葬するためには複雑な打ち合わせや書類などを用意しなければいけません。
時間があまりとれないという方は、手続きや申請などをすべて代行してくれる専門家に依頼するのも、一つの方法です。

墓石を移転先で再び使うことはできる?

墓石を移転先で再び使うことはできるのでしょうか?

結論を先に申し上げますと、使うことはできます。

移転先がそれほど遠くなく、移転先の場所に元の墓石を置けるだけのスペースがあるのなら可能です。
しかし、霊園や墓地には「建墓規定」というものがあり、それぞれルールが違ってきます。
民間の霊園や寺院墓地などでは持ち込みができない規定になっているところもあります。
移転先はどのような規定になっているか事前に調べる必要があります。

持ち込みが可能な場合でも、高さや大きさを調節しなければいけない場合もあります。
移転先の区画によっては元の墓石が合わないということも考えられます。
石材店に相談すれば建墓規定を含めて、最善の方法を考えてくれます。

骨壷はどのように保管、移動すれば良い?

骨壷はどのように保管、移動すれば良いのでしょうか。

骨壺は、新しいお墓ができるまでは移転先の霊園で保管してくれることが多いです。
寺院によっては一時預かりを受け付けてくれるところもありますし、納骨堂でも期間限定で預かりを行ってくれるところもあります。

また、骨壺はご自宅で保管することも可能です。
ご遺族様やお墓の継承者が遺骨を自宅で保管することは違法ではありません。
お墓ができるまでご遺骨にカビが生えないように、高温多湿の場所は避けて保管しましょう。

骨壺を移動する方法は特に決まりはありません
車や電車で移動させても問題はないでしょう。
しかし、骨壺と一目でわかるようにしていると周りの方々が不快に感じる場合もありますので、風呂敷で包むなど配慮が必要です。

新しい形のお墓に関する疑問

お墓

最近ではお墓も新しい形が増えてきています。
ライフスタイルの変化や核家族化で、お墓を継承することが負担になる場合もあります。
お墓は先祖代々から受け継がれていくものというのが定説でしたが、最近では納骨堂や樹木葬、海洋葬、合祀墓、手元供養など、お墓を建てずに供養するという形が増えてきています。

ここではそうした新しい形のお墓についての疑問を解説します。

永代供養で合祀することに問題はない?

永代供養で合祀することに問題はないのでしょうか。

永代供養とはご遺族や親族の代わりに霊園・寺院が遺骨を管理し供養してくれることです。
永久的に霊園や寺院に供養をおまかせするということになります。
継承者や身内がいない場合に適しています。

ほとんどの霊園や寺院で永代供養を頼んだ場合は、合祀されることが多いです。
合祀とは合祀墓というお墓に他人のご遺骨と一緒に入るということです。

合祀は他人と同じお墓を共有するということになりますので、故人を身近に感じにくいというデメリットがあります。
その反面、初期費用だけで済みますし、その後のお墓の管理などはしなくても良いというメリットもあります。

合祀されたご遺骨は戻すことができませんので、ご遺族様や親族との話し合いが重要になってきます。
永代供養の費用相場は、遺骨一体につき、5万円前後のところが多いです。

ご遺骨の手元供養は勝手にしても良い?

ご遺骨の手元供養は勝手にしても良いのでしょうか。

故人を供養するためにはご遺骨を保管しているところ、お墓や納骨堂まで行って手を合わせるというのが一般的です。
しかし、新しいお墓を用意できない、あるいはお墓が遠くてお参りに行くことが困難な方は、自宅にご遺骨を保管して供養することもできます。

ご遺族様や親族などが、ご遺骨を自宅で保管し手元供養することは何も問題ありません
ご遺骨をすべて自宅で保管する方法と、分骨して一部のご遺骨だけを自宅で供養するということもできます。

骨壺を小さなものに変更することもできますし、パウダー状にしたご遺骨を指輪やペンダントに組みこともできます。
手元供養のメリットは、費用を押さえることができるということのほか、自宅で常に供養することができ、故人を身近に感じることができます。

親族など周りの方々への配慮が必要

新しい形のお墓や供養方法は、各家庭の事情や故人の遺志などによって検討してもいいでしょう。
しかし親族など周りの方々と話し合いをして、お互いに納得したうえで行わなければ後々にトラブルに発展する可能性があります。

お墓の形には正解というものはありませんので、ご遺族や親族が納得する形を選んで、供養するようにしましょう。

お墓に関するよくある疑問についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓に関するよくある疑問について解説しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓を購入するためには、霊園と寺院の違いを理解したうえで利便性を考慮して慎重に選びましょう。お墓を建てる為の費用の総額の相場は150万円~300万円です。
  • 実家のお墓に入れるのは一般的には長男とその家族とされていますが、親族や継承者の許可があれば次男以下の弟や嫁いだ娘でも入ることはできます。親族などの許可があれば長男以外の兄弟姉妹が継承することも可能です。
  • お墓を改葬するには、様々な書類と手続きが必要です。改葬がすべて完了するためには、半年~1年ほどかかる場合が多く、改葬の総額の平均相場は300万円ほどです。
  • 永代供養でご遺骨を合祀することや手元供養することは、何も問題ありません。費用が安く付くというメリットはありますが、新しい形の供養方法は親族やご遺族との話し合いが重要です。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

終活ねっとでは、お墓に関する様々な疑問について詳しく解説していています。
他の記事もあわせてお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・疑問」に関連する記事

「お墓・疑問」についてさらに知りたい方へ

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • 誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

    誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

    自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

    同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

    自分はどのお墓に入ろうかと悩むことってありますよね。そもそも、同じお墓に入れる人に決まりなんてあるの?と疑問が生じることもあるとおもいます。そこで、今回は同じお墓に入れる人の決まりや入れるお墓がない場合について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

  • お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!のサムネイル画像

    お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!

    一口にお墓といっても、いろいろなタイプがあります。 お墓に入る人・供養の仕方、お墓の経営者・お墓の形のタイプもいろいろあり、何がどう違うのか、迷ってしまいますね。 今回の終活ねっとでは、お墓のタイプについて、お墓の種類を全部まとめて、分かりやすく解説します。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

    現代は供養に対する価値観も多様化し、夫婦だけのお墓を建てたい方も多いのではないでしょうか。 そんな方たちに今人気なのが、永代扶養の夫婦墓です。 ここでは永代供養の夫婦墓について、実際の費用やメリットについて詳しくまとめてみました。

  • お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

    お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

    お墓を購入することは家と同じで「一生の買い物」といわれています。しかし、以前お墓を購入したことがある方や、周りにお墓の購入について詳しく知っている人がいるという場合は少ないと思います。今回はみなさんが安心してお墓を購入できるよう、お墓の購入に関して解説します。

  • 現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

    現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

    終活を始めた時に、まず考えるのはお墓のことでしょう。しかし、昔と違い現代は様々な選択肢があるので悩みが尽きません。そこで今回は、現代のお墓事情の変化について、その問題点・原因・解決策を説明します。お墓の悩みを解決する道筋が開けますので、是非お読みください。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・疑問」についてさらに知りたい方へ

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!のサムネイル画像

お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・疑問」についてさらに知りたい方へ

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!のサムネイル画像

お墓にはどんなタイプがあるの?お墓の種類を全部まとめます!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと