誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

目次

  1. どのお墓に入るのかについて
  2. お墓の入り方は法律で決まっている?
  3. 家族のお墓に入るのは誰?
  4. お墓の入り方に関する疑問
  5. 自由にお墓に入るようになってきている現状
  6. どのお墓に入るのかについてまとめ

どのお墓に入るのかについて

お墓

終活を行うにあたって、お墓についての話は必ず出てきます。
自分は死後どのお墓に入るのかということについて、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?
長男ならば問題はないかもしれませんが、女性や妻、次男の場合どのお墓に入ればよいのでしょうか?
自分の娘や息子はどうなるのでしょうか?

そこで今回終活ねっとではそんなお墓について

  • お墓の入り方は法律で決まっている?
  • 家族のお墓に入るのは誰?
  • お墓の入り方に関する疑問
  • 自由にお墓に入るようになってきている現状

の4つを中心に見ていきたいと思います。

誰がどのお墓に入るかについての法律はあるのでしょうか?
嫁や次男はどのお墓に入ればよいのでしょうか?
気になるお墓の入り方について、詳しく知っていきましょう。
この先終活を行うにあたって、きっと役に立つはずです。

ぜひ最後までお読み下さい。

お墓の入り方は法律で決まっている?

お墓

そもそもお墓に誰が入るのかなど、お墓の入り方は法律で決まっているのでしょうか?
結論から言うと、答えはNOです。
どのお墓に誰が入るのかということについて定めた法律は存在しません。

それなのにお墓の問題はどこの家族にも必ずと言ってよいほど起こってきます。
その原因の1つとして、法律ではなく「慣習」によるしきたりがあるからです。
慣習には主に2種類あり、1つ目はお墓の管理者に認めてもらうことです。
2つ目は身内同士の話し合いでの決定事項です。

同じお墓に入るのは血縁者のみと法律で定められているわけではないので、言ってしまえば他人と一緒にお墓に入ることも可能なわけです。
しかし、それにはお墓の管理者や身内からの同意がなくてはならないというのです。

特に年配の方には、この慣習を大切にしている人が多いです。
法律はなくても、代々そうしているから、と慣習に従って入るお墓を決めている場合がほとんどです。
霊園や墓地でも、同じお墓に入れるのは血縁者だけと管理規則に定めていることがあります。

家族のお墓に入るのは誰?

人々

長男がお墓を継いでいくというのは、一般的な話です。
では次男についてはどうでしょう?

次男も家族のお墓に入ることを望む場合、それが可能になるのでしょうか?
嫁いだ娘が実家のお墓に入ることは?

ここでは家族のお墓への入り方について順に詳しく解説していきます。

次男も家族墓に入れるのか

どのお墓に誰が入るかについての法律がない以上、次男も家族のお墓に入ることが可能と言えます。
しかし、そこに付いてくるのが「慣習」です。
慣習としては、同じお墓に入るのは家族のみとされていることが多いです。

未婚の次男であれば問題はありませんが、結婚している場合、次男は新たに戸籍を作って自分の家族と生活している人が多いです。
その場合、次男は家族とみなされません。
本来ならば自分と家族のためのお墓を自分で建てることになるのでしょう。

これは日本に昔から伝わる「本家・分家」という制度がもとになっていると考えられます。
長男は本家、次男は独立して分家、という具合です。
長男が継いだお墓に入るのは、基本的に長男、長男の妻、その子どもです。

ですが近年、実家のお墓に入ることを望む次男が増えてきているのです。
その理由としては、独立はしたけれど夫婦で別のお墓に入ることを望んでいたり、自分たちのお墓を建てても後を継ぐ子どもがいなかったりなどです。

その場合、家族のお墓の管理者が認めれば一緒に入ることは可能です。
しかし先述したように、霊園や墓地によっては入る人を定めているところもあるので、注意が必要です。
誰がどのお墓に入るかということは、自分だけの問題ではありません。
生前からよく相談し、計画しておく必要があります。

嫁いだ娘は実家の家族墓に入れるのか

では、嫁いだ娘は実家の家族墓に入れるのでしょうか?
当然ですが、嫁げば苗字が変わるので家族とはみなされなくなります。
しかし、この場合もお墓の管理者が認めれば実家の家族墓に入ることが可能です。

近年の少子化や核家族化によって、このような問題も多く見られるようになってきました。
今後お墓を建てる方で、ゆくゆくは苗字のる違う子孫にお墓を継いでもらいたいと考えている人もいるでしょう。
その場合、お墓に彫刻する文字も考える必要があります。
「○○家」とするのではなく、「南無阿弥陀仏」などの文字を入れるのも1つの方法でしょう。

嫁いだ先の家族からあまり良い顔をされないことも考えられます。
やはりここにも慣習というものがあるのでしょう。
嫁いだ娘が実家のお墓に入りたいという場合は、事前によく話し合っておくことが大切ですね。

お墓の入り方に関する疑問

お墓

次に、お墓の入り方に関する疑問を解決していきたいと思います。
お墓に入る人数制限はあるのでしょうか?
宗派が違う者同士であっても同じお墓に入ることは可能なのでしょうか?

お墓に入る人数に制限はあるの?

お墓に入る人数について、法律では特に定められていません。
何人でも入ることが可能です。

しかし、ご遺骨を納めるときは骨壺に入れて納めますので、スペースには限りがあります。
先祖代々何人もの骨壺を収めるのは、どうしても無理が出てきます。
だいだい収められる数は5~6個が限界でしょう。
その場合、古いご遺骨から順番に小さな入れ物に入れ替えたり、ご遺骨を納めるカロート内の土に埋めたり、1つの骨壺にいくつかのご遺骨をまとめたりするようです。

最近では、細かく砕いて散骨するという供養方法を選択する人も増えてきました。
散骨に関しては詳しい決まりはできておらず、あくまで個人の常識の範囲内でということになっています。

宗派が違っていてもお墓に入れるの?

宗派が違っていてもお墓に入れるのか、という疑問を抱く方は多いかと思います。
日本は仏教徒が多い国ですが、その中にも様々な宗派があります。
普段の生活の中では宗派の違いはあまり意識しないかもしれません。
しかし、お墓のこととなると、大きな問題となることがあります。

お墓の形はどの宗派でも基本的に自由となっていますが、刻む文字は宗派によって異なる場合があります。
宗派が違う人がお墓に入る可能性がある場合は、無難に「○○家之墓」などにしておくのもよいでしょう。
最近では漢字一文字や、「安らかに」など、亡くなった人に対するメッセージを刻むお墓も増えてきています。

公営や民営墓地の場合、宗教や宗派は問わないとされている所もたくさんありますので、管理者や家族が気にしなければ一緒にお墓に入ることも可能です。
しかし寺院墓地の場合、ほとんどがその寺院と同じ宗派に限定されています。
寺院によっては、宗派の違う人の納骨を断っているところもあるようです。

自分はどの宗派なのか、また配偶者はどの宗派なのかなどを確認しておくとよいでしょう。
そしてお墓が建っている場所、または建てる予定の場所は宗派が違っていても大丈夫かを知っておくことも大切ですね。
夫婦で宗派が違う場合は、公営や民営墓地をおすすめします。

自由にお墓に入るようになってきている現状

お墓

お墓の歴史は古く、縄文時代から死者を埋葬する風習はあったとされています。
さまざまな歴史の中で慣習が生まれ、人々の間で受け継がれてきました。
地域によってさまざまな伝統もあります

しかし、近年お墓に対する考え方が少し変わってきているようです。
従来の慣習通りではなく、自由な発想でお墓を建てる人が増えているのです。

ここでは、自由にお墓に入るようになってきている現状について詳しく見ていきましょう。

個人で個別にお墓を購入する

先祖代々が埋葬されるお墓を「家族墓」と言います。
それに対し、1人だけが埋葬されるお墓を「個人墓」と言います。
従来の考えでは、個人墓に埋葬されるのは歴史上の人物や著名人であるとされてきました。
個人で個別にお墓を購入する人が出てきているのです。

個人墓を選択する理由は様々です。
何らかの理由やトラブルで家族と一緒に埋葬されることを拒んだり、自分らしくありたいと自分の好みのスタイルのお墓を建てたりするのです。
個人墓にすることによって、お墓のデザインや刻む文字も自由に決めることができます。

また、お墓の継承者となる跡取りがいない場合にも個人墓を選択します。
この場合、墓石や墓地の購入ではなく永代供養を選択する人が多いようです。
永代供養とは、いったんお金を払っておくことによって寺院が一切の法要などを行ってくれる供養方法です。
家族が管理する必要がないので、お墓の継承者がいなくても安心です。

「墓友」とは?

墓友という言葉を耳にしたことがありますか?
墓友とは、お墓に一緒に入る友達のことです。
亡くなった後に一緒にお墓に入ることを決め、交友関係を続けている人たちがいるのです。

墓友は家族関係にはありませんが、お墓に対して同じ考え方を持っている人が多いです。
また、共通の趣味などで深く繋がっている場合もあります。
墓友を作る人は、熟年離婚をした人、身寄りのない人など孤独な高齢者が多いのが特徴です。

老人ホームなどでも「墓友」に関する取り組みが行われています。
同じお墓に入りたい仲間を募集し、共同墓地に埋葬することを約束するのです。

墓友が増加している背景には、一人暮らしの高齢者が増えていること、跡継ぎのいない人が増えていること、未婚のまま一生を終える人が増えていることなどが挙げられます。
また、子どもを持たなかったり、子どもにお墓のことで迷惑をかけたくないと考えている人も多くいます。

先のことを考え、お墓の管理ができずに無縁墓になるのを防ぐためにも、これからさらに墓友が増えていくと考えられます。

どのお墓に入るのかについてまとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、誰がどのお墓に入るのかについて、気になる疑問を解決してきました。

この記事から分かったことは

  • 誰がどのお墓に入るのかということについて、法的な決まりはない。
  • しかし古くからの慣習により、お墓の管理者に認めてもらうことが必要な場合が多い。
  • 寺院や墓地によっては家族ではない人との合葬を禁止している所もある。
  • 次男や嫁いだ娘も実家のお墓に入ることができるが、この場合もお墓の管理者の同意が必要。
  • 入るお墓については親族間であらかじめ話し合っておくことが大切。
  • お墓に入れる人数に決まりはないが、カロート内のスペースには限界があるため、古いものからまとめて骨壺に入れるなどの工夫が必要。
  • 寺院墓地の場合は違う宗派を受け入れない場合があるが、公営や民営の墓地は比較的宗派を問わない傾向にある。
  • 現代はお墓に対する考え方が柔軟になってきており、一人で入るお墓や他人同士で同じお墓に入る墓友が増えている。

ということでしたね。

お墓の入り方に関する法律は詳しく制定されていません。
あくまで慣習に従ってということですが、実際問題その慣習について様々な問題も発生しているようです。
後にトラブルになることを防ぐためにも、家族間でしっかりと決めごとをしておくのがよいかと思います。

また、お墓に対する考え方もどんどん変わってきている時代です。
少子高齢化に伴い、お墓の管理が大変になってきているのです。
永代供養墓や墓友などは、これからもどんどん注目され、増えていく可能性があります。
みなさんもこの機会に一度、お墓について家族と話し合い、お墓の在り方について見直してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・入る」に関連する記事

  • 違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

    違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

    お墓には法律だけでなく、寺院・霊園の規約や故人・親族の気持ちなど、考えることが多くあります。お墓の悩みの中でも、違う苗字の人は同じお墓に入る事ができるのか?という悩みを抱く方もいると思います。この記事では違う苗字の人同士が同じお墓に入れるのかどうか解説します。

  • 同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

    同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

    自分はどのお墓に入ろうかと悩むことってありますよね。そもそも、同じお墓に入れる人に決まりなんてあるの?と疑問が生じることもあるとおもいます。そこで、今回は同じお墓に入れる人の決まりや入れるお墓がない場合について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • 夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

    夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

    夫婦生活を続けているけど、お墓まで一緒に入りたくないと考える方も増えてきているようです。とはいっても、そんなことできるのかと疑問を感じている方もいるでしょう。そこで、ここでは夫婦で別のお墓に入ることができるのか、その理由、別のお墓に入る方法も紹介します。

  • お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

    お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

    「自分はどのお墓にはいるんだろう」と考えたとき、気になってくるのがお墓のルール。実家のお墓には誰でも入れるの?何人まで入れるの?夫と一緒には入りたくないのだけど!誰が引き継ぐの?お墓に刻む文字は?気になるお墓のルールについて詳しく説明していきます。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

    よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

    お墓に関して詳しいという方はなかなかいないでしょう。もしお墓について疑問があっても、周りに聞いても誰もわからないということもあるでしょう。そこで今回終活ねっとでは、よくあるお墓に関する疑問を一挙に解決しますので、ぜひ参考にしてください。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

    夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

    生きている間は仲良し夫婦でも、死後は別々のお墓に入りたいという人が増えているようです。それはなぜなのでしょうか?夫婦で別々のお墓に入ることは可能なのでしょうか?夫婦で入るお墓の最新事情についてご紹介していきます。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・入る」についてさらに知りたい方へ

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?のサムネイル画像

夫婦で入るお墓の最新事情!別々のお墓に入りたい人が増加?

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・入る」についてさらに知りたい方へ

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!のサムネイル画像

違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと