9月のお彼岸のお墓参りの方法についてまとめてみました

9月といえば秋のお彼岸で、お墓参りが盛んな時期の1つに数えられます。ただ、秋のお彼岸だとはわかっていても、具体的にどのようにお墓参りをすればよいかが想像できないという方もいることでしょう。そこで今回は9月に迎える秋のお彼岸のお墓参りについて見ていきましょう。

目次

  1. 9月のお彼岸のお墓参りについて
  2. 9月のお彼岸について
  3. お彼岸のお墓参りの仕方
  4. お彼岸にお墓参りに行けない場合
  5. 9月のお彼岸のお墓参りについてまとめ

9月のお彼岸のお墓参りについて

お墓

1年のうち、9月もお墓参りの時期の1つに数えられます。
なぜなら、9月の下旬には秋のお彼岸があるためです。

秋のお彼岸と聞くと多くの方がイメージするものとして、お墓参りのほか、おはぎやヒガンバナ、秋分の日といったものが挙げられます。
しかし、秋のお彼岸におけるお墓参りの具体的な内容やマナーなどについて、またお彼岸そのものの時期やいわれについて気になるという方も多いでしょう。

そこで、今回終活ねっとでは、9月のお彼岸のお墓参りについてとりあげていきます。
具体的な内容としては、

  • 9月のお彼岸の時期とはどのようなもので、いつごろなのか?
  • 9月のお彼岸の際のお墓参りの仕方とは?
  • お彼岸にお墓参りに行けない場合はどのようにすればよいのか?

という3つのポイントを軸に話を進めていきます。

9月のお彼岸について

お墓

お彼岸といっても春と秋の年2回に迎えられるもので、このうち9月のお彼岸が秋のお彼岸です。
では、お彼岸とはどのようなもので、なぜその時期にお墓参りをするのか、またお彼岸の具体的な時期はいつ頃なのでしょうか?

ここではお彼岸そのものの概要について見ていきましょう。

お彼岸とは何?

まず、お彼岸がどのような意味の用語であるのかというところから見ていきましょう。
お彼岸とは、もともと仏教用語で、仏教の発祥の地インドで使われていたサンスクリット語(梵語)でパーラミタ―(修行を通じて悟りの境地に至ること)を漢語訳した「到彼岸」が語源です。

ちなみに、私たちが今生きている世界は「此岸(しがん=この世)」と呼ばれ、煩悩に満ちた世界とみなされています。

現代の日本仏教の考え方として、人は亡くなった時点で成仏し悟りの世界(つまりあの世)に至るとされていることと、春分の日(3月21日)と秋分の日(9月23日)に昼と夜の長さが同じくらいになり、この世とあの世とが最も近づくという考え方から、これらの日を中心としたお彼岸の時期にご先祖様のことをしのび、供養するという風習が行われるようになりました。

お彼岸の時期はいつ?

では、具体的なお彼岸の時期はいつごろになるのでしょうか?

ここでポイントとなるのが、先ほどお彼岸の説明の中で出てきた春分の日と秋分の日の存在です。
春分の日も秋分の日も、1年の中で昼と夜の長さが同じくらいになるとされる日ですが、それぞれの日を中日として、前後に各3日間を含めた合計1週間がお彼岸の時期となります。

そのため、この春と秋のお彼岸の時期にお墓参りを済ませるというのが習わしとされています。
また、お彼岸の際には、お寺でも彼岸会や施餓鬼会(せがきえ)といったご先祖様を供養するための法要が盛んにとり行われます。

お彼岸のお墓参りの仕方

お墓

具体的にお彼岸の際のお墓参りをするには、いつどのような格好で出かけ、なおかつどのようなお供え物をすればよいのでしょうか?

ここでは、お墓参りの際に守るべきマナーや服装、お供え物について詳しく見ていきます。

お墓参りする時間帯

お墓参りする時間帯に決まりはあるのでしょうか?

「お墓参りをするのであれば朝や午前中がよい」ということで午前中にお墓参りに出かける方も多いですが、実際にはお墓参りに行く時間帯については特に決まりはありません。
つまり、原則として行きたい時間や都合のつく時間であればいつ行っても大丈夫です。

ただ、墓地や霊園の管理者の方への配慮や混雑具合のことを考えますと、午前中に行っておく方が無難であるともいえます。
そういった意味では「お墓参りは朝や午前中の方がよい」というのも一理あるといえるでしょう。

ただし、いくらどの時間帯に行ってもかまわないとはいっても、それは墓地や霊園が開園している時間帯(朝から夕方くらいまで)の範囲内でのことです。

さらに、夕方になって閉園時間の直前になると、墓地や霊園の管理者の方が閉園時間に向けて敷地の出入口を閉じるのに忙しくなってきますので、遅くとも夕方の早い時間にはお参りを済ませるとよいでしょう。

お墓参りに適した服装

次に、お墓参りに適した服装について見ていきましょう。
結論から先に言うならば、特に普段着でも構いません。

ただし、普段着であればどのような服装でもよいというわけではありません。
お彼岸の時期のお墓参りという、ご先祖様のことをしのび供養する場である以上は、なるべく派手さのない服装で参加するとよいでしょう。

そのため、肌の露出具合の著しいもの派手な色の服装はお墓参りの場にふさわしくないため、避けた方が無難です。

お彼岸でも喪服もしくは礼服が必要な場合

お彼岸の時期のお墓参りでは、必ずしも喪服もしくは礼服を着用しなければいけないわけではありませんが、例外として喪服を着用する必要のある場合があります。

それは、菩提寺などで開催される彼岸会に参加する場合です。
特に、故人が亡くなって間もない場合(初彼岸や三周忌までなど)では、ご遺族の方は基本的に喪服を着用しての出席がマナーとされています。

ちなみに、故人のご遺族以外の親戚や知人・友人の方の場合は、喪服とまでいかなくとも派手さのない落ち着いた外見のスーツを着用するのがマナーです。

なお、中学生や高校生の方であれば学生服を着用して参加するとよいでしょう。
このケースには小学生でも制服がある方も含まれます。

お墓参りの時のお供え

お彼岸の時期のお墓参りの際にお供えするものとしてはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

基本的にはお線香やお花、果物、お菓子といったそのほかの時期のお墓参りと同じようなものを持参して差し支えはありません。
お菓子や果物といった食べ物関係をお供えする際には、そのままお供えするのではなく半紙に載せた形でお供えしましょう。

そして、お墓参りが終わったら、お供えした食べ物は必ず持ち帰るようにします。
これは食べ物を残していった場合、管理者側の方での後始末に手間がかかるだけでなく、カラスなどが食い散らかした場合、他の家の方にとっても迷惑となるためです。

お彼岸特有のお供え物のお菓子

お彼岸特有のお供え物のお菓子といえば、3月の春のお彼岸であればぼたもち、9月の秋のお彼岸であればおはぎが挙げられます。

特に、秋のお彼岸にお供えされるおはぎは、秋の七草の1つに数えられる萩がお彼岸を迎える頃に花を咲かせるため、その粒を使って作るようになったことと、萩の粒が古くから邪気を払うとされてきた小豆の粒に非常によく似ていることからお彼岸の時期に供えられるようになりました。

なお呼び方についてですが、萩の粒で作った「萩餅」を丁寧に言い換えた「お萩餅」を短縮したところから来ています。

お彼岸特有のお花

秋のお彼岸特有のお供え物はお菓子だけではなくお花にも見られます。
お彼岸特有のお花について見ていきます。

9月といえば、かつて旧暦の9月に菊の節句というものがあったことから、菊の花が咲く季節となっており、このため秋のお彼岸にお供えする花として適しています。

また、菊は一般的に仏花としても定番の種類で、特に観賞用に改良された小菊はおすすめです。
この他にも、トルコキキョウやリンドウといった秋に咲く花で、かつ落ち着いた色合いのものもよくお供えされます。

一方、秋のお彼岸といえばヒガンバナをイメージする方も多いのではないでしょうか。
しかし、実はヒガンバナはお供えする花としてはタブーとされています。
なぜなら、仏教の教えではお墓にお供えする花で避けるべきものとして毒のあるものやとげのあるものが挙げられているためです。

そして、ヒガンバナは毒を持っているためお供えするものとしてはおすすめできません。
このほか、バラなどもとげがあるため避けるべきといえます。

お彼岸にお墓参りに行けない場合

困った人々

9月のお彼岸の時期にお墓参りに行きたくても、仕事などの事情で都合が合わなくて行けないという方も少なくないでしょう。
お彼岸にお墓参りに行けない場合はどのようにすればよいのでしょうか?

結論から言えば、お彼岸にお墓参りに行けなくても、あらためて都合のよい時期を選んで出かけることもできます。
そして、お墓参りに行けない代わりにご自宅の仏壇に手を合わせるだけでもご先祖様を供養することとなります。

ちなみに、お彼岸の時期の間にお墓参りに行かないとたたりなどがあるという俗説もありますが、実際はそのようなことはありませんので、ご安心ください。

9月のお彼岸のお墓参りについてまとめ

お墓

9月のお彼岸の時期のお墓参りについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • お彼岸とはもともと仏教の用語で「悟りの境地に至ること」を意味し、そこから転じて彼岸(悟りの境地=あの世)にいるご先祖様を供養する時期のことを指すようになった。具体的な時期は、春であれば3月の春分の日、秋であれば9月の秋分の日を中日とした1週間となっている。
  • お彼岸の際のお墓参りの仕方として、時間帯はいつでもよいが、遅くとも夕方の早い時間までに済ませる。服装については派手さがなければ普段着でもよい。ただし、彼岸会に参加するということであれば喪服もしくは礼服を着用する。
  • 9月にお墓参りに行けなくても、仏壇に手を合わせるだけでも供養にはなる。改めて別の機会に行けば良い。

上記のことを、ぜひ9月のお墓参りの参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
終活ねっとでは、ほかにもお墓参りに関する様々な記事を紹介していますのでそちらもぜひご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「9月・お墓参り」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「9月・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?のサムネイル画像

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?のサムネイル画像

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

春分の日のお墓参りについて解説します!のサムネイル画像

春分の日のお墓参りについて解説します!

春と秋のお彼岸ってどういう日なの? お彼岸のこと調べました。のサムネイル画像

春と秋のお彼岸ってどういう日なの? お彼岸のこと調べました。

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!のサムネイル画像

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!

お彼岸に墓参りに行くのは何故?時期やマナーについて解説しますのサムネイル画像

お彼岸に墓参りに行くのは何故?時期やマナーについて解説します

初めてのお彼岸に準備するお供え物、意味と基本をお知らせしますのサムネイル画像

初めてのお彼岸に準備するお供え物、意味と基本をお知らせします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「9月・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えしますのサムネイル画像

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?墓参りに最適な時期をお教えします

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?のサムネイル画像

彼岸明けにお墓参りはしていいの?お供えものは何にしたらいい?

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?のサムネイル画像

お彼岸の入りは?一番良いお墓参り日はいつ?

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!のサムネイル画像

お彼岸のお墓参りっていつ行くのがいいの?時期や時間について解説!

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介しますのサムネイル画像

お彼岸にはなにをお供えするの?お彼岸について紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと