違う苗字の人同士が同じお墓に入れる?お墓への入り方について解説!

お墓には法律だけでなく、寺院・霊園の規約や故人・親族の気持ちなど、考えることが多くあります。お墓の悩みの中でも、違う苗字の人は同じお墓に入る事ができるのか?という悩みを抱く方もいると思います。この記事では違う苗字の人同士が同じお墓に入れるのかどうか解説します。

目次

  1. 苗字とお墓への入り方について
  2. お墓の入り方は法律で決められているのか?
  3. 家族のお墓への入り方について
  4. 違う苗字の人同士でも同じお墓に入れる?
  5. 苗字に関係なく自由にお墓へ入る時代に
  6. 苗字とお墓への入り方についてまとめ

苗字とお墓への入り方について

お墓

そろそろお墓の準備をしないといけないなと漠然と考えていませんか?
お墓へ入ることは当たり前だと考えてはいるものの、先祖代々のお墓に入っていいのか、苗字が違うお墓に入れるのかなど、入り方となると分らないことがたくさんあります。

そもそも、お墓の入り方について法律で決まりがあるのか?
お墓に入るには、同じ苗字でなければならないのか?

そこで、この記事では苗字とお墓の入り方について詳しく説明します。

  • そもそもお墓の入り方に決まりはあるのか
  • 家族墓には誰が入るの?
  • 苗字が違う人同士でも同じお墓には入れる?
  • 新しいお墓の形態

以上について説明します。
お墓の入り方を詳しく知りたい方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

お墓の入り方は法律で決められているのか?

お墓

お墓の入り方については、特に法律で決められているわけではありません

終活でよく耳にするお墓に関係する法律として、「墓地、埋葬等に関する法律」というものがあります。
この第3章13条で「墓地、納骨堂又は火葬場の管理者は、埋葬、埋蔵、収蔵又は火葬の求めを受けたときは、正当の理由がなければこれを拒んではならない」とされています。
つまり、お墓を管理する者が承諾すれば誰でも入れるということになります。
ここでお墓を管理する者というのはお墓の永代使用権者です。

しかし実際には、お墓に入るのは永代使用権者の家族だけとなっている場合がほとんどです。

また、家族墓や個別墓のような単独墓では墓地の使用規則の中で「使用者の親族に限定する」などの埋葬者の制限を設けている場合があります。
その場合には永代使用権者の親族に限るとしたのち、管理者の許可があれば親族以外も埋葬できるとしている場合が多いようです。

家族のお墓への入り方について

お墓

家族で納骨されるお墓は家族墓と呼ばれます。
ここでは家族墓の管理者や、次男も家族墓には入れるかなど、家族墓への入り方について説明します。

家族墓は誰が管理するの?

まずは、家族墓の管理者について見ていきましょう。

家族墓というのは墓石に「○○家之墓」や「○○家先祖代々の墓」と刻まれた、我が国では最も一般的なお墓です。
家族墓では家族という単位で先祖と同じ墓に眠り、管理者は代々引き継がれていきます。

家族墓の管理者が亡くなった場合、財産の相続と同様に家族墓の管理者も引き継がれるということです。

この場合、引き継がれるのは墓地の使用権になります。
ですから、財産のように分けることができないので、相続ではなく継承という言葉を使います。

もし生前の管理者が遺言書などによって次の管理者を指定していれば、当然指定された人が管理者となります。
しかし、遺言書によってお墓の管理者についてまで指定することは多くはありません。
その場合、お墓の管理者については残されたご遺族が話し合って決めるのが一般的で、通常は長男や長女が候補となります。

これは江戸時代から昭和22年まで残っていた家督制度で、長男が祭祀を承継することになっていたことが風習として残っているからです。
長女は結婚して家を出ていく可能性が高く、原則として長男が引き継ぐことになるようです。

次男でも家族のお墓に入れる?

家族墓を受け継ぐのが基本的に長男であるとすると、次男はその家族墓に入ることができるのでしょうか

一般的には長男以外の者は結婚して新しく戸籍を作ることになりますから、お墓も別に立てることになります。
「本家」や「分家」という言い方がありますが、お墓についても同じような考え方をするということです。

しかし、次男以降の男子でも結婚しなかった場合は、家族墓には入れることになります。
また、結婚しても子どもができずに、新しくお墓を建てなかった場合は、管理者の承諾が得られれば入ることができます。

違う苗字の人同士でも同じお墓に入れる?

お墓

違う苗字の人同士が同じお墓に入ることができるのか知らない人は多いようです
実ははひとつのお墓に苗字の違う人が入ることは、よくあることなのです。

ここではいくつかのケースについて説明していきます。

結婚した娘は実家のお墓に入れるのか

まず、結婚した女性が実家のお墓に入る場合についてです。

女性の場合は結婚により苗字が変わりますから、嫁ぎ先のお墓に入るのが一般的です。
しかしどうしても自分の両親と一緒に眠りたいと思う人や、何らかの事情で実家の方のお墓に入りたいと願う人もいます。

この場合は嫁ぎ先と実家の両方のお墓の管理者に承諾をもらうことで、実家のお墓に入ることができます。
もし実家のお墓が霊園などの場合は、その霊園の運営規定で条件が付されている場合がありますから、確認する必要があります。

実家の墓石にある家名とは苗字が違うので、そこに埋葬されていることが後々わからなくなることがあるため、墓石か墓誌(霊標)に自分の名前を刻んでもらうようにしましょう。

離婚して苗字を戻さない女性のお墓の入り方

離婚した女性でも子どものためや結婚後に築いた人間関係など、色々な問題があるために苗字を元に戻さない人は意外と多いようです。
こうした離婚して苗字を戻さない女性のお墓はどうなるのでしょうか?

離婚しているのですから、当然元夫のお墓に入る訳にはいきません。
この場合は永代供養墓や実家のお墓に入ることになります。
一般的には実家のお墓に入る方がほとんどです。

苗字を元に戻さなくてもよいかという点ですが、お墓の管理者が承諾すれば入ることができますし、苗字が違っていても何ら問題はありません。
霊園の場合は運営規程の確認を必ずするようにしましょう。

妻の両親を夫の家族墓に入れてもいいのか

妻が一人娘であったり姉妹だけの家庭の長女であったりすると、その両親が亡くなった場合、どのようにしたら良いのでしょうか。

新しくお墓を建てたとしても管理が難しいことから、永代供養を選択する人もいます。

選択肢のひとつとして、妻の両親を夫の家族墓に埋葬する方法があります。
夫と夫の両親が承諾してくれる必要があり、夫のお墓があるお寺などにも相談しなければなりません。

同じ一つのお墓に入る方もいますが、両家墓というお墓を選択する人が増えています。

両家墓には大きく2つのタイプがあります。
ひとつの区画に二つのお墓を建てるものと、一つの墓石に両家の家名を刻字するものです。
この両家墓については、霊園などでは規定によりできない場合があるため注意が必要です。

苗字に関係なく自由にお墓へ入る時代に

お墓

現代日本は苗字に関係なく自由にお墓へ入る時代に突入しています。
お墓に対する考え方は、日本の歴史の中で様々な変遷を見せてきました。

江戸時代の中期頃までは遺体を共同の埋葬地へ埋め、別の場所にお墓参りのためのお墓を設けていました。
江戸時代の後期になると火葬が行われるようになり、墓石の下に納骨するようになります。
明治以降に霊園などが造られるようになり、現在の姿になってきました。
そして家制度によりお墓に入るのは家族であり、同じ苗字の人であることが一般的であるという慣習ができました。

しかし、最近ではお墓の管理者が承諾すれば苗字に関係なくお墓に入れますし、お墓の形態を変えることにより苗字が違う者同士が、一緒のお墓に入るようになってきたのです。

お墓の形態の多様化

お墓と言われると、お寺や霊園に建てられた和型墓石の形をイメージする人が多いのではないでしょうか。
一つの区画に家族墓や個人墓があり、日本で古くから見られる最も一般的なお墓の姿です。
少子化などによりお墓を引き継ぐことが難しくなってきたこともあり、近年ではお墓の形態は多様化しています。

その中でもお墓の引き継ぎを心配しなくても良いように、永代供養型のお墓が注目されています。
永代供養型のお墓は、生前に自分の希望した形を予約できることも人気のひとつになっています。
永代供養型のお墓の形態としては、個人墓、夫婦墓、共同墓などがあります。

個人墓は家族墓に入らずに個人一代限りとしたい人や、独り身であった人が建てています。
自分の趣味趣向を凝らしたお墓にすることが多いようです。

お墓を引き継ぐ子どもがいない夫婦が選ぶことが多いのが夫婦墓です。
そこには亡くなってからもずっと一緒にいたいという気持ちも込められています。

共同墓に一緒に入るのは、仲の良かった友達だったり、同じ境遇の仲間であったり、信仰を同じにする人であったりと、様々です。

「墓友」とは?

墓友という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。

意味としては、死後に同じ墓に入ることを約束した友達ということになります。

もともと友達であった延長としての墓友もありますが、その逆の墓友となることにより仲良くなる場合が多いようです。
老人会や老人ホームでの知り合った老人同士が永代供養の契約をして、グループで親睦を深めていったりします。

高齢化社会が進んだことにより、ひとり暮らしの老人が増えたことや、少子化によるお墓の継承者がいないことも墓友が背景にあります。

苗字とお墓への入り方についてまとめ

お墓

そこで今回終活ねっとでは、苗字とお墓の入り方について、様々なケースを説明しましたが、いかがでしたか?

まとめると以下の内容になります。

  • お墓の入り方は特に法律で決められていない
  • 家族墓は原則長男が継承するが、場合によっては次男でも入れる
  • 苗字が違っても、管理者が承諾すればお墓には入ることができる
  • 永代供養墓には個人墓、夫婦墓、共同墓などがあり、自由に選べる時代になっている

お墓については、その管理者が承諾すれば誰でもお墓に入ることができます
また、お墓の形態も多様化していて、誰でも自由に選択することができるようになってきました。
しかしお墓のことを考える場合は、自分だけでなく残される家族のこと、周囲の人たちのこと、後々の管理のことなどにも思いを寄せることが大切です。

終活でお墓の入り方を検討する際には、このことを気に留めていただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・苗字」に関連する記事

  • 誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

    誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

    自分がどのお墓に入るかご存知ですか?誰もが気になるお墓事情について、悩みを一挙解決します。誰がどのお墓に入るのか、入るお墓に決まりはあるのか、詳しく見ていきましょう。きっと悩みを解決するヒントが隠れているはず。

  • 同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

    同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

    自分はどのお墓に入ろうかと悩むことってありますよね。そもそも、同じお墓に入れる人に決まりなんてあるの?と疑問が生じることもあるとおもいます。そこで、今回は同じお墓に入れる人の決まりや入れるお墓がない場合について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

  • 夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

    夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

    夫婦生活を続けているけど、お墓まで一緒に入りたくないと考える方も増えてきているようです。とはいっても、そんなことできるのかと疑問を感じている方もいるでしょう。そこで、ここでは夫婦で別のお墓に入ることができるのか、その理由、別のお墓に入る方法も紹介します。

  • 旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

    旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

    「死後離婚」という言葉があるように、近年様々な理由から、旦那と同じお墓に入りたくないという方が増えています。旦那と同じお墓に入りたくない場合、どうしたら良いのでしょうか?旦那と同じお墓には入りたくない方のために、対処法やお墓以外の供養方法をご紹介します。

  • お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

    お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

    「自分はどのお墓にはいるんだろう」と考えたとき、気になってくるのがお墓のルール。実家のお墓には誰でも入れるの?何人まで入れるの?夫と一緒には入りたくないのだけど!誰が引き継ぐの?お墓に刻む文字は?気になるお墓のルールについて詳しく説明していきます。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • 嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

    嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

    「私は将来どのお墓に入るのか?」と誰もが一度は疑問に思うでしょう。ご結婚されている方は特に、嫁の立場ではどこのお墓に入るのかなど、嫁がお墓に入る場合は、特別な決まりがあると思っておられる方も多いと思います。今回は、嫁はどこのお墓に入るのか解説していきます。

  • 先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。のサムネイル画像

    先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。

    先祖代々続くお墓をお持ちの方はいらっしゃいますか? 代々受け継がれているけれど、果たして何代前のご先祖からそのお墓に入っているのか?今後そのお墓には誰が入り、誰が管理していくのか? そんな古くから受け継がれているお墓について、その歴史とあり方を考察していきます。

  • 永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

    永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

    自分がお墓に入った後のお墓の管理について心配する人は多いです。お墓の管理を気にすることなく、自分一人や家族で同じお墓に入りたいと考えている方に知ってもらいたいのが、永代供養の個別墓です。この記事では、永代供養の個別墓についてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・苗字」についてさらに知りたい方へ

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!のサムネイル画像

嫁が入るお墓について状況別に選択肢をそれぞれ詳しく解説します!

先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。のサムネイル画像

先祖代々続くお墓。日本におけるお墓の歴史とあり方を考えます。

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・苗字」についてさらに知りたい方へ

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!のサムネイル画像

同じお墓に入れる人に決まりはあるの?入れるお墓がない場合も解説!

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介しますのサムネイル画像

夫婦でお墓を別にするって可能?理由から方法まで詳しく紹介します

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とはのサムネイル画像

旦那と同じお墓に入りたくない場合どうする?お墓以外の供養方法とは

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明しますのサムネイル画像

お墓のルールについて解説!お墓に入れる人数や法律まで説明します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと