一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

目次

  1. 一般葬の費用について
  2. 一般葬の費用の相場は?
  3. 一般葬の費用の内訳について
  4. 一般葬の費用を抑えるには?
  5. 地域別の一般葬の平均費用
  6. 一般葬行う際の注意点
  7. 一般葬の費用についてまとめ

一般葬の費用について

葬儀

葬儀の方法として一番イメージしやすいのが一般葬ですが、実際にかかる費用についてすぐ答えられる方はあまり多くありません。

故人の職業やお人柄、亡くなられた年齢や地域の習慣などによってその費用には違いが出てくるため、一概に相場をお答えできないというのが正直なお気持ちなのではを思います。

しかし、ある程度の目安となる費用がわかっていると、いざという時の心構えやご自身の終活を行う上でも大変メリットがありますよね。

そこで今回の終活ねっとでは、一般葬の費用について

  • 一般葬の費用の平均的な相場
  • 一般葬の費用の内訳
  • 一般葬の費用を抑えるためのポイント

という点に注目し、詳しく解説していきたいと思います。

一般葬をお考えの方は勿論のこと、まだ具体的なイメージをお持ちでない方も是非最後までお付き合い下さい。

一般葬の費用の相場は?

葬儀

まず最初に、一般葬の費用の相場についてご説明していきます。

一般葬と呼ばれるのは、次のような流れで行われる葬儀です。

  • ご遺族や参列者が故人を偲びお別れの時間を過ごすお通夜
  • お通夜の翌日、宗教儀礼に則った葬儀や告別式
  • 葬儀の後に出棺し、火葬場でご遺体を火葬
  • ご自宅にご遺骨をお連れして四十九日までご供養

一般葬を請け負っている各葬儀会社では、故人がお亡くなりになった後のご遺体の送り迎えからお通夜・葬儀・出棺・ご自宅での祭壇の準備まで、一般葬に関わる全てを行なっています。

実際に一般葬で故人をお送りした方の平均的な費用を見ますと、約200万円前後が一番多い金額です。

この他、一般葬の中でも会社の上役や地元の名士といった方の葬儀の場合には、平均して約400万円前後が平均的な費用となっています。

  • 故人の立場やお付き合いの広さ
  • 故人のお仕事先やご親族関係との兼ね合い

このような点を加味して葬儀の相場と照らし合わせ、費用の目安を立ててみましょう。

一般葬の費用の内訳について

葬儀

次に、一般葬にかかる費用の内訳について詳しくみていきましょう。

一般葬での準備に必要なものは多岐に渡っているため、実際に葬儀を行なった経験がある方でも全てを覚えていることはなかなかありません。

また、あとでゆっくりと思い返した時、あの時はもっとこうすればよかった、と後悔なさる方も多くいらっしゃいます。

そこで、一般葬にかかる費用の内訳を通して、葬儀の内容についても詳しくご説明していきたいと思います。

一般葬全体の基本料金

まずは一般葬全体の基本料金を見ていきましょう。

一般葬を行う各葬儀会社では、葬儀に必要な準備をセットにして基本料金内に組み込み、提示しているところがほとんどです。

基本料金の中に含まれている内容は、以下のようなものになります。

  • 祭壇
  • 棺や小物一式
  • 納骨に必要な容器等一式
  • お焼香やお線香の設備
  • 高張提灯
  • 受付設備と記録帳
  • 接待のためのお茶道具や設備使用料
  • 葬儀後の後飾り
  • 葬儀場の案内板
  • 司会
  • 会場のお世話係

基本料金内で設定されているのは「一般葬で最低限必要な設備と準備品」です。
これ以外に必要なものが基本料金にプラスされ、一般葬全体での料金となるのです。

基本料金・セット内容は各葬儀会社により多少の差異はありますが、一番お手頃な費用ですと約50万円前後、故人のお立場や会葬者の人数によっては100万円を超える場合もあります。

式場の利用料

葬儀を行う会場の使用料は、葬儀の規模によって変わってきます。

さらに、民営斎場と公営斎場によっても金額に差があり、どの斎場を利用するのかによっても大きな違いが出てきます。

民間の葬儀会社に葬儀をお願いする場合には、規模に合わせたセットプランで式場利用料込みとなっていることもあります。

まずは葬儀に参列なさるご遺族とお別れにいらっしゃる参列者の大まかな人数を把握し、それを目安として葬儀の会場の広さを決められると良いでしょう。

以下で式場ごとに利用料を見ていきましょう。

斎場の利用料

葬儀の行われる斎場の利用料を、ご利用人数別にみてみましょう。

  • ご遺族と会葬者合わせて50名の場合→約10万円前後
  • ご遺族と会葬者合わせて100名の場合→約15万円前後
  • ご遺族と会葬者合わせて100名を超える場合→約20万円前後から

故人のお別れにどの位の人数の方がいらっしゃるのかはなかなか把握しきれませんが、小さく見積もると逆に多くの方がいらっしゃった時にご遺族が慌ててしまうということもあります。

分からない場合には大まかな人数を斎場にお伝えして、葬儀を準備する会場を相談してみるのも良いでしょう。

火葬場の利用料

火葬場の利用料には、次のような料金が含まれています。

  • 火葬料
  • 休憩室使用料
  • 骨壺料

現在都心部では火葬場不足で、民営の火葬場を利用する方も増えてきました。

公営の火葬場を利用される場合の相場は約2万5千円、民営の場合は約6万円となっています。

民営の火葬場の場合、葬儀や告別式の有無によって料金に差が出てきますので、葬儀の斎場と併せて考えてみられても良いでしょう。

飲食費用

飲食費用は、お通夜の時や告別式後の精進落としでお出しする料理とお飲み物の料金です。

これは斎場に併設された料理施設で調理されることもありますし、外部委託している業者から取り寄せることもあります。

飲食費用はご遺族や会葬者の方々の人数によっても変わってきますが、50名で約40万円前後、これより多い場合ですと50万円を大きく超えることもあります。

故人とのお別れを惜しむ方々が集うことになりますので、どのくらいのお料理やお飲み物を用意すればいいのか、準備をするご遺族が悩まれる点でもあります。

決めかねる場合には、葬儀会社の方とご相談した上で少し多めにお願いするなどの対応をするようにしましょう。

寺院に支払う費用

葬儀の際には、お坊様に法要をお願いすると共に、故人の戒名をつけて頂かなければなりません。

葬儀に関わる一切の法要に関してお包みする金額は、檀家となっている寺院やお住いの地域によってもまちまちです。

ここでは、寺院に支払う費用を実際にお包みしたことのある方々の平均的な金額を元にご説明していきます。

お布施

お通夜や葬儀の法要に対してお包みするのがお布施です。


地域性も加味されますので金額には差異がありますが、全国的な平均金額を見ますと、お通夜と葬儀の二日間で僧侶お一人に法要をお願いした場合、約10万円〜15万円ほどとなっています。

寺院によっては寺務所で尋ねることも可能ですが、実際にお尋ねするのは気が引けてしまわれるという方も少なくありません。

もし可能であれば同じ檀家の方にお聞きするようにしたり、葬儀社よりお坊様をご紹介頂いた時にはお包みする金額を相談するなどしてみましょう。

戒名料

戒名とは、故人が亡くなられた後仏様のお弟子になる際につけて頂くお名前のことです。

戒名は仏様にお仕えするお坊様にお願いすることになるのですが、この時にお包みするのが戒名料です。

戒名はどの宗派においてもつけられるものですが、お名前にも位(くらい)があり、より高い位になるほど戒名料も高くなっていきます。

宗派・位を合わせてその平均的な金額をみてみますと、一般的な戒名で約20万円、戒名の位によっては50万円ほど必要となることもあります。

葬儀会社によっては戒名にお包みする金額をご相談することも可能ですので、戒名料でお困りの時には一度ご相談されてみるのも良いでしょう。

御膳料

通夜振る舞いや告別式後の精進落としの際、会食の席を設ける場合にはお布施とは別に御膳料をお包みします。

御膳料としてお包みする金額の平均は約1万円前後で、お布施とは別の封筒を用意し、お坊様にお包みすることになります。

御膳料の金額も地域性が関係してきますので、同じ檀家の方や葬儀会社と相談して決めるようにしましょう。

お車代

寺院からお坊様に出向いて頂くことに対してお包みするのがお車代です。

御膳料と同じく、お車代と書かれた封筒などを用意し、お包みすることになります。

全国的な平均金額は約1万円となっておりますが、こちらも地域性が関係してきますので、可能であればお包みする際にどなたかにご相談してみましょう。

お坊様にご挨拶してお渡しするタイミングが分からない場合には、葬儀を取り仕切る葬儀会社の方と事前に話し合いをしてお声掛けして頂くなどの段取りを取っておきましょう。

供花の費用

供花(きょうか/くげ)は、お通夜や葬儀の際に祭壇に飾られるスタンド型のお花です。

供花はは故人に近しい方から贈られるのが一般的で、お花にはお名前の札がつけられます。

供花費の平均金額は一基で約1万円〜1万5千円、一対で贈られることが多くその場合には二倍の金額が必要となります。

会葬者の中には供花とお香典の両方を贈られる方もいらっしゃいますが、その場合は供花よりお香典の方が少ない金額ですと失礼となることもありますので注意が必要です。

香典返し(返礼品)の費用

香典返しの費用も一般葬の費用の内訳として忘れてはいけないものの一つです。
基本的な考え方として、香典返しの時には頂いた金額の半分を目安にする、という考えがあります。

しかし、お香典は人によって違いがありますし、場合によっては会葬して頂いたその日のうちにお返しするという方も増えてきました。

お香典の相場としては5千円〜1万円が一番多い金額ですので、一律2千円〜3千円を費用の目安にして香典返しを用意すると良いでしょう。

返礼品を葬儀社の方から用意して頂ける場合もあります。

平均的な金額としては千円から2千円で、ハンカチやお茶といった軽いものを葬儀やお通夜に参列して下さった方にお渡しします。

ご自分で用意するのが難しい場合には、葬儀会社に相談してみましょう。

その他オプションの費用

お通夜や葬儀には、これまでご説明してきた内容の他にも必要な項目があります。

場合によっては頼むことはないかも知れませんが、もしもの時の知識として知っておくと、いざという時に落ち着いて行動することが出来ます。

お通夜や葬儀のその他オプション費用についてみていきましょう。

エンバーミングの費用

エンバーミングという言葉をご存知でしょうか。
エンバーミングとはご遺体を保存する技術の名前です。

エンバーミングは主に海外で行われている方法で、ご遺体を衛生的に保存するために行われます。

葬儀を予定している自治体の火葬場の数や、不足の事態によるアクシデントなどからご遺体を火葬するまで日にちが開いている場合、ドライアイスによるご遺体の保存では間に合わないこともあります。

エンバーミングは、科学的な処置を施すことでドライアイスよりも長くご遺体を保つことが可能なため、もしもの時やご遺族の意向により行われることがあります。

エンバーミングの費用約15万円〜25万円ほどとなっています。

会場案内看板

葬儀会場の案内看板を会場周辺に設置して、会葬者の方にわかりやすくご案内します。
街中で見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。
会場案内看板にも費用はかかります。

小さな町の場合、市内のメイン通りに数カ所設置をすると、その看板を見かけた方々が訃報を知りお互いにお声掛けしていらっしゃることも多くあります。

会場案内看板費用一枚につき3千円〜5千円ほどが目安となる費用です。

何枚位必要になるかわからない場合には、葬儀会社の方やその町のご事情に詳しい方と相談なさって決められても良いでしょう。

祭壇の費用

祭壇費用も忘れてはいけません。

葬儀の時の祭壇は、素材や大きさによってその費用に違いが出てきます。
主な祭壇としては次のようなものです。

  • 白木祭壇

    輿(こし)で棺を担いで墓地へ運んでいた昔の風習になぞらえ、白木を素材とした厳粛な雰囲気の祭壇。すでに出来上がっているものをレンタルする形で用意することが多い。

  • 花祭壇

    祭壇全体を生花であしらい、花の種類やデザインも多種多様に選ぶことができる祭壇。故人のイメージやご遺族の意向により、ご希望に沿った形にアレンジできる。

最近では、白木祭壇をメインに花祭壇の要素を取り入れるといった折衷型のものや、花以外にもキャンドルを使用するといった祭壇もみられるようになってきました。

祭壇の大きさや使用する生花によってもお値段に違いが出てきますが、平均的な費用としては約50万円前後となっています。

故人の搬送車以外の車の手配

故人をお連れする搬送車以外にも、ご遺族や会葬者のためにマイクロバスや中型バスをご利用なさる方もいらっしゃいます。

バスを貸し切ることで沢山の方を一度にお連れすることが出来たり、ご高齢の方のお体のご負担を考えてご自宅近くで降車が可能になるなど、多くのメリットがあります。

葬儀会社によってはバス会社と提携していたり、葬儀会社自体がバスを所持していることもありますので、バスなどの手配が必要な時には葬儀会社にご相談するようにしましょう。

故人の搬送車以外の車の手配の平均的な費用としては、約8万円〜10万円前後が相場となっています。

一般葬の費用を抑えるには?

葬儀

費用が高いというイメージがある一般葬ですが、一般葬の費用を抑える方法があるのをご存知でしょうか。

葬儀とそれに関わる費用の知識を知っておくと、葬儀の事前準備としては勿論のこと、突然のご不幸でも役立てることが出来ます。

ここでは、一般葬の費用を抑える方法についてご紹介していきたいと思います。

扶助・補助制度を利用する

一つ目に扶養・補助制度を利用するという方法が挙げられます。
国民健康保険や社会保険、各共済組合に加入されている方には、申請することで葬祭費補助金制度が適用されます。

対象となるのは以下のような場合です。

  • 保険に加入している本人が亡くなった場合

    葬儀を行ったご家族が、故人が加入していた保険の加入先に申請する。

  • 保険に加入している人の扶養家族が亡くなった場合

    葬儀を行った加入者本人が、故人の死亡を各自治体や加入先に申請する。

  • 保険に加入している本人が亡くなったが葬儀を家族以外が行なった場合

    葬儀を行った人が、故人の加入していた保険の加入先に申請する。

どのような保険に加入していたかによって、補助金制度の名称や金額は異なります。

現在どのような保険に加入なさっているのかを一度確認して、万が一の時にどうすれば良いのかを各加入先に相談してみましょう。

葬儀保険に加入する

葬儀保険とは葬儀にかかる準備費用に関する保険です。
この葬儀保険に加入することで一般葬費用を抑えることができます。

これまで葬儀費用として生命保険に加入するといった方法が多かったのですが、生命保険の場合すぐに保険金がおりるわけではないので、万が一の時にすぐに葬儀費用を用意することが困難でした。

また、生命保険では持病の有無や加入時の年齢も大きく関わってくるため、思い立った時に加入しようと思ってもそれが叶わない場合も少なくありません。

このような点をカバーし、葬儀に関する費用について安心してお任せできるのが葬儀保険です。

取り扱いのある業者によって小さな違いはありますが、どの葬儀保険においても次のような特徴を持っています。

  • 加入する時に医師の診断や病歴の自己申告がない
  • 高齢でも加入が可能で継続することができる
  • 支払いがスピーディ・最短で申請した翌日には保険金がおりる

この他にも、早い年齢からの加入であるほど葬儀が割引になるといった葬儀保険もありますので、取り扱い企業に資料請求などを行い、比較検討してみましょう。

葬儀プランを見直す

葬儀プランを見直すこともしてみましょう。
葬儀を請け負う各葬儀会社では、ある程度の目安として費用別に葬儀のプランを立ててご提案しています。

例えば、広い斎場に大きな祭壇・それに見合うだけのお花やお席をご用意してこの位の費用です、というような感じです。

しかし、葬儀のプランによっては必要のないものまで組み込まれていることもあり、葬儀プランの項目を一つ一つ見直して見ると、意外なところで費用が掛かっていることに気がつきます。

  • 葬儀プランで使用予定になっているお部屋を変更する
  • 飾られるお花を変える
  • 葬儀に必要な物品の変更など

このような点を見直すことで費用を抑えられることもありますので、費用について悩まれた時には一度葬儀のプランを見直すことをおすすめします。

地域別の一般葬の平均費用

葬儀

一般葬の全国的な平均費用は約200万円ですが、地域によってその費用には違いが出てきます。

ここでは、地域別の一般葬の平均費用についてご説明いたします。

東京

東京での一般葬の平均費用は、約190万円前後です。

物価が高いというイメージが強いですが、一般葬ながらご遺族の意向も取り入れた葬儀もあり、全国平均に近いお値段となっています。

横浜

横浜での一般葬の平均費用は、約160万円〜190万円となっています。

横浜には今でも大きな敷地を構える昔からの住民も多く、ご遺族や会葬者の人数が多い場合には200万円を超えることもあるようです。

大阪

大阪での一般葬の平均費用は、約120万円〜180万円です。

大阪を始めとした近畿圏内では、地域の風習などによりその内容も若干変動する他、人情味に溢れるご家族による心を尽くした葬儀などで費用にも違いが出てきます。

福岡

福岡での一般葬の平均費用は、約160万円ほどとなっています。

地方都市という地域性もあり物価は安いですが、ご近所付き合いを大切にする風習も残っており会葬者も多く、故人のお付き合いの広さによっては費用が高くなることもあるようです。

一般葬行う際の注意点

葬儀

最後に、一般葬での注意点についてみていきましょう。

会葬者として参列した経験はあっても、いざ葬儀を出す側になると焦ってしまうこともあります。
慌てることなく対処できるようにしましょう。

以下から場面別に注意点を挙げていきます。

会葬礼状は必要?

まず改葬礼状は必要か、という疑問についてです。
会葬礼状は、弔問に来て頂いた会葬者にお渡しするものです。

概ね受付でお香典をお預かりした際に、葬儀会社で用意して頂いた返礼品とともにお礼状をお渡しします。

香典返しをするのだから会葬礼状は必要ない、と思われる方もいらっしゃるのですが、そもそも会葬とは「故人へ最後のご挨拶にいらっしゃった」ということであり、「故人に変わってお礼申し上げる」というお気持ちを表したものが会葬礼状です。

どのようなお付き合い方がいらっしゃるかわかりませんので、失礼にならないよう最低限のご用意はしておく方が良いでしょう。

参列者への対応は丁寧にしましょう

葬儀にいらっしゃる方々は、皆様故人とのご縁がおありです。

ご遺族にとっては初めての方でも、故人との思い出を胸に足を運んで下さる会葬者の皆様は、故人にとって大切な方々です。

これまでのご縁に対し、故人に変わってお礼を申し上げる気持ちを持って、葬儀に参列して下さる方々への対応は丁寧にしましょう。

一般葬の費用についてまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは、一般葬の費用について詳細にご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度、記事の内容を振り返りまとめてみましょう。

  • 一般葬の全国平均としての費用は約200万円
  • 一般葬は費用の内訳が細かく分かれており、その内容をよく確認することで費用を抑えることもできる
  • 葬儀保険や加入している保険の扶助・補助金制度も確認しておき、一般葬の費用を抑え、万が一の時に備えておくことも大切である。

費用の面から一般葬以外の葬儀を選択なさる方も多くなってきましたが、一般葬での葬儀があったおかげで故人とお別れが出来たと安心なさる方も少なくありません。

一般葬で悩まれることがございましたら、専門家の方にご相談するなどして検討するようにしてみましょう。

終活ねっとでは、今回の記事以外にも終活に関する情報を多数ご紹介しております。
是非一度ご覧になってみて下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「一般葬・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「一般葬・費用」についてさらに知りたい方へ

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬から宇宙葬まで!

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像

多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

一般葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!のサムネイル画像

一般葬のメリットとデメリットをご紹介!費用についても解説します!

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!のサムネイル画像

葬式やお墓にかかる費用はどのくらい?内訳や相場をご紹介します!

家族葬とは?、話題の定額葬儀は、どんな内容でしょうか?のサムネイル画像

家族葬とは?、話題の定額葬儀は、どんな内容でしょうか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「一般葬・費用」についてさらに知りたい方へ

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用って誰がどう払えばいいの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと