正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

毎年どこかの時期に必ず行うお墓参りですが、実は正しいマナーというものが存在します。この正しいお墓参りのやり方を知っておくことは、単に伝統的な作法を守るというだけでなく、真摯な気持ちでご先祖様に向き合うという意味でも大切なことといえるでしょう。

目次

  1. 正しいお墓参りについて
  2. お墓参りの正しい意味
  3. 正しいお墓参りで用意すべきもの
  4. 正しいお墓参りの手順
  5. 正しいお墓参りのマナー
  6. 正しいお墓参りまとめ

正しいお墓参りについて

お墓

毎年、必ずどこかの時期で1度はお墓参りに出かけるということはあるでしょう。
主なお墓参りの時期としてお盆や春・秋のお彼岸、年末年始、故人の命日などが挙げられます。
ですが、どのタイミングでお墓参りに出かけるにしても、ご先祖様に対して真摯な気持ちで向き合いたいという思いを持つ方も多いはずです。

さて、お墓参りに出かける際にはぜひとも守っておきたい正しい作法やマナーはいくつかあります。
単に伝統的だからとか、決まりだからというだけに限りません。
正しいお墓参りの作法やマナー、そしてそれらの意味について知ったうえで実践するだけでも、よりご先祖様に対して真摯な気持ちで向き合うことができます。

そこで今回は、お墓参りにおける正しい作法やマナーなどについていろいろと見ていきます。
現在、終活に取り組んでいる方々も、ご自分がお墓に入った際に正しくお墓参りされたいということであれば、ぜひとも実践していただき、残されるであろう方々に示していただければと思います。

なお、具体的な内容は、

  • お墓参りの正しい意味とはどのようなものなのか?
  • 正しいお墓参りで用意すべきものとは?
  • 正しいお墓参りの手順とは?
  • 正しいお墓参りのマナーとは?

という各ポイントに沿って進めていきます。

お墓参りの正しい意味

お墓

毎年定期的に出かけるお墓参りですが、まずはお墓参りの正しい意味について触れることにいたしましょう。

お墓参りとは本来、亡くなったご先祖様に会いに出かけて、そこでご先祖様を供養したり、ご先祖様に近況を報告して感謝したりするというのが正しい意味です。

ご先祖様の供養については、お供えものをして手を合わせ、ご先祖様が成仏できるように冥福をお祈りするという意味もありますが、同時に仏様を敬って、そのお力に感謝するということにもつながります。

正しいお墓参りで用意すべきもの

お墓

お墓参りには必ずさまざまなものを持参していくことでしょう。
しかし、具体的にはどのようなものを持参していけばよいのでしょうか?

ここでは、お墓参りに欠かせない必需品について見ていきます。

お墓参りの必需品

お墓参りで最低限必要な物は、掃除用具やお供えするお花とお線香、お線香に火をつけるためのマッチあるいはライター、さらにごみを片付けるためのごみ袋が挙げられます。

加えて、ご先祖様の好きだったお菓子などの食べ物もあればよいですが、必ず持ち帰るようにすることが欠かせません。

ちなみに、掃除用具でもバケツといった水をためておくものは多くの場合、墓地や霊園に備え付けとなっていますので、持参する必要はありません。

数珠は必要か?

お墓参りといえば数珠を持っていくべきかどうか悩む方もいらっしゃるでしょう。
結論から言えば、できれば持参した方がよいといえます。

正式なマナーとして、お墓の前であろうと菩提寺の仏壇の前であろうと合掌の際には数珠を手に持ちながらやるというのが決まりとなっているためです。
そのため、マナーが気になるということであれば数珠は持っていくようにするのが無難です。

ただし、軽いお墓参りであれば数珠のない状態で合掌をしても差し支えはありません。

正しいお墓参りの手順

お墓

実際のところ、お墓参りに出かけた際にどのような手順を踏んでいくのが正しいのでしょうか?
ここでは、正しいお墓参りの手順について順を追ってみていきましょう。

手を清める

まずは手を清めることが大切です。

まるで神社やお寺へのお参りのようにも見えますが、お墓もまたご先祖様が眠り、仏様の存在を感じることができる場所ですので、最初にきちんと手を水で清めておくことが大切です。

手桶に水を入れてお墓へ

次に手桶(もしくはバケツ)に水を入れてからお墓に向かいます。
これはもちろんのこと、この後のお墓の掃除に使うためです。

できれば、水汲み場がお墓から距離が近いほど負担になりにくいため、終活でお墓を建てるということであればそれも考えておくとよいでしょう。

なお、手桶などは先ほども触れたように、多くの場合で墓地や霊園に備え付けられているため、それらを借りることとなります。
もし、備え付けられていない場合は、ご自身で用意して持っていきましょう。

まずお墓の前で一礼

いよいよお墓に着いたら、まずはご先祖様や仏様にご挨拶するという意味を込めて一礼します。
目の前にご先祖様や仏様がいらっしゃるという心持ちが大切です。

お墓の周りや墓石を掃除する

ごあいさつの一礼が終わりましたら、お墓参りに先立って、まずはお墓の掃除から始めます。
特に長い間お墓参りに来ていないという場合は、汚れがひどくなっているため念入りに掃除をすることが大切です。

掃除の手順

掃除の手順は以下の通りになります。

  • お墓の区画全体のごみや落ち葉を拾ったり、雑草を取り除いたりする
  • 墓石を水を含んだ雑巾やスポンジを使って洗う
  • 汚れがひどい場合は、墓石専用の洗剤を使う
  • 彫刻の部分の汚れを歯ブラシの先に水を含んで落とす
  • 墓石まわりの小物類(花立てなど)をきれいにする
  • 最後に水洗いした部分すべての水をふき取る

お墓に水をかけていいのか?

お墓の掃除をする際に水をかけることは故人に対して失礼だと悩む方もいるのではないでしょうか?
しかしこれは心配することはありません。

というのは、故人もなくなった後に仏様になってもやはり喉は乾くので、その渇きをいやすためにも水をかけるということは悪くないことといえるためです。

ただし、あまり大量に水をかけると周りの方の迷惑にもなるので、かける量はほどほどにしておきましょう。

線香やお花を供える

お墓の掃除が終わったら、お線香やお花をお供えします。
ちなみにお線香は束の状態で、お花も風で倒れないように事前に茎を少し折った状態で持参します。

なお、お線香は束の状態で火をつけ、そのあと参列者たちで分けるようにしましょう。
やけどにはくれぐれも注意してください。

さらにお菓子などの食べ物についてはそのままではなく、半紙を敷いたうえでお供えするようにしましょう。

お参りをする

お供えものをしたら、参列者一同でお参りします。

まず、お参りの順番ですが、基本的に故人と縁の深い方からお参りするのが正しい作法です。
例えば、父親のお墓の場合であれば、母親→子供→親戚の順番となります。

さらに、おじぎの時に注意したいのが、顔の位置です。
そのまま墓石を見下ろす形でお参りすると、ご先祖様や仏様を上から見下ろすような姿勢になるためあまり望ましいことではありません。
そのため、一度しゃがんだ後で墓石を見上げるようにしましょう。

片付け

お参りがすみましたら、片づけをします。
特に食べ物関係はそのまま残すとカラスなどに食い荒らされて片づけるのが大変になるため、忘れずに持ち帰りましょう。

もちろん、お墓参りの際に出たごみもきちんと持ち帰ります。

お線香の火の消し方

お線香の火の消し方についてですが、必ず手などであおいで消すようにしましょう。
これは、仏教では人の息は穢れているとみなしているためです。
また、実用面でも灰がまき散るのを防ぐためという理由もあります。

そのため、息を吹きかけてお線香の火を消すのはタブーとされています。

正しいお墓参りのマナー

お墓

お墓参りについては手順のほかにも知っておくべき正しいマナーがあります。
ここではタイミングや服装などについての正しいマナーを見ていきましょう。

お墓参りの正しい時期・時間帯

お墓参りに正しい時期について決まっているのかどうかと疑問に思う方も多いでしょう。
時期に関して言えば、特に決まりはなく好きな時期や都合の合う時期を選んで行くとよいでしょう。
逆に言えば、お盆やお彼岸などにお墓参りしなかったからといって罰が当たったり、たたりがあったりする、ということは一切ありません。

他方、時間帯については気を付けた方がよい場合があります。
まず、夕方は墓地や霊園によっては閉園の時間となることが多いうえ、安全面でも足元が暗くなっておぼつかない場合もあるため避けた方がよいです。

お墓参りでの正しい服装

次にお墓参りの際の服装について見ていきます。
結論から先に言えば、お墓参りの際の服装は法要がある場合であれば喪服(黒色のスーツやワンピースなど)を着ていくと無難ですが、それ以外のお墓参りであれば普段着でもかまいません。

ただし、普段着でもかまわないとはいっても、故人の冥福を祈る場ですので派手な服装は避けるようにしましょう。

友人のお墓参りは許可が必要か

お墓参りをする相手が亡くなった友人であるという方もいるでしょうが、はたしてその際には許可が必要なのでしょうか?

少なくとも最初にお墓参りするということであれば、友人のご家族には事前に知らせておくのがマナーです。
ちなみに、2回目以降のお参りであれば許可はあってもなくてもかまいません。

「友人のお墓参りをする際に気をつけるべきこと」についてもっと知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?持ち物はどうする?

葬儀に参列できなかったなどで後日ご友人のお墓参りに行かれる方も多いでしょう。自分のご先祖様のお墓参りとは違って、ご友人のお墓参りではマナーや注意すべきことがあるのでしょうか。お墓参りの時期やマナー、持ち物についてご説明します。

お布施は必要か

お墓参りにお布施が必要かどうかについてですが、お墓参りの際に菩提寺で法要を行うということであれば必要です。

しかし、それ以外の場合であれば特に用意する必要はありません。

正しいお墓参りまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、正しいお墓参りの作法やマナーなどについて見てきましたが、内容をまとめますと以下のようになります。

  • お墓参りの正しい意味とは、ご先祖様を供養し、近況を報告したり感謝したりするというものである。
  • 正しいお墓参りで用意すべきものとして掃除用具やお線香、お花、マッチもしくはライター、ごみ袋が挙げられる。なお、数珠についてはマナーを気にするということであれば持参した方がよい。
  • お墓参りの正しい手順として、最初に手を水で清め、手桶に水を入れてからお墓に出かける。そのあとはお墓の前で一礼してから周りや墓石を掃除し、その後でお線香やお花をお供えした後でお参りし、終わった後は片づけをする。
  • 正しいお墓参りのマナーとして、時期はいつでも好きな時や都合のつくときでよいが、時間帯については夕方時は避ける。服装については法要がある場合は喪服が無難だが、それ以外は地味な普段着でもよい。友人のお墓参りに出かける場合は最初にご家族に許可をもらうのがマナーである。お布施については法要に参加する場合であれば必要となる。

お墓参りの作法やマナーは、一家や親戚一同でお墓参りに出かけるうちにいつの間にか覚えるものです。
しかし、正しいものとなると専門の書籍や記事などを見ないと確認することができない場合が少なくありません。

この記事が正しいお墓参りの作法やマナーを身につけたり確認したりするうえでの参考材料となれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「正しい・お墓参り」に関連する記事

「正しい・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「正しい・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?持ち物はどうする?のサムネイル画像

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?持ち物はどうする?

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!のサムネイル画像

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!のサムネイル画像

お墓参りで何をお供えしたら良い?お供えに関する疑問を解説します!

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介のサムネイル画像

お墓参りは毎月した方がいいの?一般的な頻度の平均もあわせて紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「正しい・お墓参り」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?持ち物はどうする?のサムネイル画像

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?持ち物はどうする?

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!のサムネイル画像

お墓参りの正しい作法とは?手順や注意事項と一緒に解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと