お墓参りの際に必要な桶に関するマナー、値段などを全て紹介!

お墓参りの際、墓石にお水をかけるときは各墓地や霊園ある「桶」を使用しますよね。その「桶」を使うときのマナーってご存知ですか。今回はお墓参りの時の必需品、「桶」について全てご紹介いたします!ぜひ最後までお読みください。

目次

  1. お墓参りの桶について
  2. 桶は何のためにあるのか
  3. 水桶を使用するためにはどうすればいい?
  4. お墓参りの水桶・柄杓の値段
  5. お墓参りの桶に関するマナー
  6. 水桶以外に必要なお墓参りの際の必需品
  7. お墓参りの桶まとめ

お墓参りの桶について

お墓

皆さんは、お墓参りに使用する桶をいつもどうしていますか?

墓地においてある桶は使っていいのか、他人の名前が書いてある桶は使っていいのかなど、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、終活ねっとではお墓参りの桶について

  • そもそも桶は何のために存在するのか
  • 桶を使用する際に気を付けておくこととは
  • 桶の他に用意した方が良いものとは

を中心に解説してまいります。

誰にとっても役に立つ記事となっております。
ぜひ最後までお読みください。

桶は何のためにあるのか

お墓

そもそもお墓参りに使用される桶は何のために存在するのでしょうか。

ここでは、桶は何のためにあるのかについてご紹介していきます。

正式名称

お墓参りに使用される桶には、正式名称があります。

正式名称を水桶(みずおけ)と言います。

何に使うか

水桶は何に使うのでしょうか。

宗派などによってや寺院墓地かそうでないかなどで異なる場合がありますが、お墓参りにおける桶の利用に際しては、主に2つの用途があると言われています。

それは、

  • お墓の墓石を掃除するため
  • 亡くなられた方への飲み水用として

の2つです。

水桶を使用するためにはどうすればいい?

お墓

水桶を使用するためにはどうすればいいのでしょうか。
お墓で利用する水桶ですが、使用する際の注意事項が存在します。

ここでは水桶を使用するための方法を二つ紹介します。

自分で用意する

水桶を利用する場合は、それぞれの墓地や霊園によっても異なりますので、事前に施設側に確認をとる必要があります。

墓地・霊園によっては水桶を自分で用意する必要がある場合があります。

水桶を自分で用意しなくてはいけない墓地・霊園は、特に公営の墓地・霊園の場合に比較的多くみられます

もし桶の備え付けのない霊園であっても、多くの場合は近くの花屋さんに用意があり、有料で貸して頂けるケースもあります。

無料で貸し出しを行っているケースも一部のお店では見受けられます。

もし貸し出しを希望する場合は、貸し出してもらえるかどうかをきちんと事前に確認を取るようにした方が良いでしょう。

墓地・霊園に設置されている場合

墓地・霊園に設置されているケースが最も多くみられます。

その場合は用意して頂いた方に感謝しつつ丁寧に使用しましょう

民営の墓地・霊園の場合は、無料で利用できる場合と、「水桶代」を支払い施設のものを利用できるケースがあります。
利用料はお墓参りの際に都度支払うのではなく、多くが一定額を事前に支払えば良い場合が多いと言われています。

お墓参りの水桶・柄杓の値段

お金

お墓参りに水桶・柄杓の値段は自分で用意するとどれくらいかかるのでしょうか。

桶の値段に関しては一概に言うことはできません。
なぜなら、桶自体に様々な種類が存在するからです。

まずその1つに素材の違いがあります。
桶には主に2つの素材が用いられ、プラスチック製の場合と、木製の場合があります。

2つ目にその桶の外側に亡くなられた方の家紋や名前を印字するかなどでも値段が変わってきます。

値段も家紋や名前なしの場合では安い場合で1500円前後から、高い場合は2万円前後するものもあります。
民営の霊園の水桶代は5千円前後が相場と言われています。

また、大抵の場合は桶を購入すると柄杓(ひしゃく)もセットになっている場合が多いです。

自前で用意する場合は予算の範囲内で良いものを選びたいですね。

お墓参りの桶に関するマナー

お墓

お墓参りをする際、多くの方が利用する場所ですし、マナーには気を付けたいところですが、どの様なことに特に気を付けたら良いのでしょうか。

ここではお墓参りの桶に関するマナーについて解説していきます。

他の人の水桶は勝手に使っていいのか

お墓参りに行った際、他の人の水桶は勝手に使っていいのでしょうか。

特に桶に他人の家紋や名前が入っていると利用しにくく感じるでしょう。

実は仏教系のお寺(寺院墓地)においては大抵の場合仏教の教えによって他の人にも分け与えるという観点から、他の方の家紋などが入っている場合でもそのまま使用して良いことが多いと言われています。

ただし、宗派などによっても異なることも考えられますので、事前に施設側に確認を取ることを怠らないようにしましょう。

また、寺院墓地以外の民間・公営の霊園で家紋や各家系の持ち物と思われる桶を見つけた場合は、基本的に宗派などはフリーであることから勝手に使用するのは避けた方が良いでしょう。

何も書いてない水桶は使っていいのか

何も書いていない水桶は使っていいのでしょうか。

寺院墓地に関してはそのまま使用しても大丈夫なケースがほとんどです。

一方、民営・公営の霊園の場合は、どなたかの持ち物であることがあるのと、事前に手桶代を支払わなければならない場合があるので、そのまま勝手に利用することは控えた方が良いです。

こちらのケースでも事前に施設側に確認を取ってから使用するのが好ましいでしょう。

水桶の代わりにバケツを使ってもよいのか

水桶の代わりにバケツを使ってもいいのでしょうか。

基本的にはバケツが備わっている場合は施設側に確認をした上で利用しても良いでしょう。
ただし、使用する場合はご先祖様の飲み水用としてではなく、あくまでも墓石の清掃用として使用するように心がけておきたいものです。

特に手桶とバケツと両方使用できる施設の場合は、バケツを墓石の清掃用に、水桶をご先祖様の飲み水用として使用すると掃除用の水とすみわけができて良いかもしれませんね。

水桶は家で使ってもよいのか

水桶は家で使ってもいいのでしょうか。

水桶をお墓参り以外の用途で使用して良いかどうかについては、特段の決まりごとはないと言われています。

ただし、施設で用意している水桶を持ち出すのは大抵の場合マナー違反になりますので、ご自身で用意した水桶を家で使用する分には特に問題はないと言われています。

水桶以外に必要なお墓参りの際の必需品

お墓

以上ここまで、水桶の基本的な使い方などをご紹介してまいりました。

ではお墓参りの際には水桶以外に用意しておく必需品はあるのでしょうか。
主に用意する必要があるものは以下の通りです。

  • お供え物(お菓子・果物など)
  • お花
  • 掃除道具(ほうき・ちりとり・墓石を拭くためのぞうきんなど)
  • 線香
  • ローソク
  • マッチ・ライター類

これらを用意して万全なお墓参りができる様、心がけましょう。

お墓参りの桶まとめ

お墓

お墓参りの桶について解説してきましたがいかがでしたか。

今回の内容をまとめると以下になります。

  • お墓参りに用いられる桶には清掃用と、ご先祖様への飲み水用と2つの目的が存在する
  • 墓地や霊園によって勝手に使用してよい場合と自分で用意しなければならない場合と差がある
  • 桶の他にも充実した準備をした上でお墓参りに臨むことで、ご先祖様に気持ちの良い供養ができる
  • 他の人の水桶は原則使ってもいい
  • 何も書いていない水桶も原則使っていい
  • 水桶は家で使っても構わない
  • 水桶以外のお墓参りの必需品はお供え物・お花・掃除道具・線香・ライターなどがある。

近年は自然葬や合祀などが徐々に浸透しており、水桶で墓石に水をかけることが将来的に少なくなるかもしれません。

しかしながら、まだまだご家族単位の墓石が多く存在していますので、当記事の内容を参考にしてお墓参りをしていただければ幸いです。

終活ねっとではこの記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓参り・桶」に関連する記事

「お墓参り・桶」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓参り・桶」についてさらに知りたい方へ

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!のサムネイル画像

お墓参りの手順には決まりがある?マナーやお供えする花なども紹介!

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのかのサムネイル画像

お墓に水をかけますか?なぜ水をかける派・かけない派が分かれるのか

お墓参りの際に必要な道具は?気をつけたいポイントと一緒にご紹介!のサムネイル画像

お墓参りの際に必要な道具は?気をつけたいポイントと一緒にご紹介!

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?詳しく解説します!のサムネイル画像

友人のお墓参りをする際に気をつけるべきことは?詳しく解説します!

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

永代供養の後のお墓参りってどうすれば良い?【持ち物の準備編】のサムネイル画像

永代供養の後のお墓参りってどうすれば良い?【持ち物の準備編】

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと