お墓の移動にかかる費用や手順などについて詳しく解説します!

引越しなどにより遠方にあるお墓を近くの墓地に移動したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。お墓をそのまま移動させる場合にはどのような費用がどのくらいかかるのでしょうか。終活ねっとでは今回、お墓の移動にかかる費用と手順をご説明します。

目次

  1. お墓の移動にかかる費用について
  2. お墓の移動にかかる費用の相場・内訳
  3. お墓を移動させる手順
  4. お墓の移動の方法
  5. お墓の移動にかかる費用についてまとめ

お墓の移動にかかる費用について

お墓

少子高齢化が進む中で、お墓を受け継いでいく承継者が離れて生活しているご家庭は多くなっています。

実家に留まって生活する兄弟や親類がいないと遠方に住んでいるご家族がお墓を承継することになり、墓守りは大変になります。

そこで、お墓を近くの墓地に移動しようと考えた場合は一体どのような手続きが必要で、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、お墓の移動について

  • お墓の移動にかかる費用の相場・内訳
  • お墓を移動させる手順
  • お墓の移動の方法

などの点を中心にご紹介していきます。

今実際お困りの方だけでなく、終活をしている人にも役に立つ内容となっておりますのでぜひ最後までお読みください。

実際にお墓の移動をお考えの方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の移動にかかる費用の相場・内訳

お金

お墓や納骨堂に納骨されているご遺骨を移動することを改葬と言います。

お墓を移動させるためには現在お墓がある墓地と新たにお墓を設置する墓地のそれぞれで手続きが必要となります。

まずはそれぞれの墓地で必要となる費用について詳しくご説明いたします。

現在あるお墓でかかる費用

現在のお墓でかかる費用はどれくらいなのでしょうか。

まずここでは現在あるお墓でかかる費用についてご紹介いたします。

解体撤去の工事費

一つ目に解体撤去の工事費です。

お墓があった場所は更地に戻して区画整理をしてから返還することが義務となっています。

墓石の解体と区画整理の工事費用の相場は30万円~50万円程となっています。

しかし、お墓の所在する場所によっては工事がしづらい場合もあり、使用できる重機などが変わるために工事費・工事内容が変動する場合があります。

墓石を新しい墓地に輸送しようと考えていても、石材店が工事により墓石が移動できないと判断した場合は現在の墓石は粉砕処分することになります。
墓石が移動できない場合は新しい墓地ではお墓を一から建てることになりますので、高額な費用がかかってしまいます。

お墓を解体して移動できるのかどうか、事前に石材店に確認し見積もりをしてもらうことが重要です。

ご遺骨の取り出しは石材店に頼むことは可能ですが、その場合は1体あたり4万円~5万円程費用が必要な場合もあります。
ご遺骨の取り出しは自分で行っても問題はありませんので、ご自身でされると費用の心配は不要です。

ただし、ご遺骨の取り出しは少し大変な作業であるため、多くの人が石材店に依頼します。

離檀料

お墓が寺院墓地にある場合では、離壇料が必要となる場合があります。

離壇料とは、寺院の檀家を辞める際に支払う料金で、お布施の一種として寺院の僧侶に対しお支払いするものとなります。

離檀料については明確な料金の決まりはありません。
離檀料がない寺院もありますし、求められる場合もあります。

その寺院とのこれまでのお付き合いによって変わる場合や地域によっても変わってくる場合もあります。
よって、相場は0円〜数十万円と幅が広くなっています。

閉眼供養のお布施代

お墓の閉眼供養、魂抜きをする場合は寺院に依頼します。

お布施の相場としては1万円~5万円程です。
お布施は寺院によっても金額が異なりますので、詳しい金額は直接寺院に確認しましょう。

手続き・書類の費用

次に手続・書類の費用です。

お墓を改葬する場合には、現在お墓が所在する墓地から埋葬証明書と改葬許可証を発行してもらう必要があります。

埋葬証明書・改葬許可証を発行するのにかかる費用はそれぞれ

  • 埋葬証明書:1通300円~1,500円
  • 改葬許可証:1通0円~1,000円

ほどです。

埋葬証明書及び改葬許可証はご遺骨1体につき1通必要ですのでご注意ください。

新しいお墓でかかる費用

続いては新しいお墓でかかる費用についてご説明します。
こちらはお墓を建てる際の手続きと少し似ています。

墓地の永代使用料

まず初めに、墓地の永代使用料の支払いが必要となります。

永代使用料は墓地のよって価格に差がありますが、これは立地や設備の違いによるもので、人気が高い場所であるほど高額になる傾向があります。

相場としては20万円~200万円程となります。

改葬をお考えである場合は、お墓を移動する先の墓地は永代使用料を基準に選択してもいいかもしれません。

墓地の管理料

墓地にお墓を所有する場合には管理料の支払いが必要となります。

墓地の管理料はその墓地の運営母体により異なりますが、4千円~1万4千円程です。

運営母体別にみると、

運営母体相場
民営墓地5千円~1万4千円
公営墓地4千円~1万円
寺院墓地1万円程度+行事参加費

以上のようになります。

お墓の建立費用

墓石を移動先の墓地で新たに建てる場合は墓石代70万円~200万円程かかります。

墓石をそのまま輸送し新しい墓地で組み立てなおす場合は輸送費が必要となります。

輸送費は新たにお墓を建て直すことに比べると費用は低くなりますが、20万円~80万円程がかかります。
輸送距離や墓石の規模によって金額は変動しますので、石材店に確認してください。

開眼供養のお布施代

開眼供養のお布施代は寺院に依頼して読経を挙げていただくための費用です。
相場としては1万円~5万円程です。

手続き・書類の費用

最後に手続・書類の費用です。

新しい墓地では、新たにお墓を建てるのとほぼ同じ手続きを行うことになります。
自治体や墓地によって異なりますが、事務手数料が数千円必要となります。

新しい納骨先がまだ決まっていない方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

お墓の移動にかかる総額費用の相場

結論としまして、お墓の移動には総額約150万円〜300万円程かかることになります。

お墓の移動にかかる費用は高額ですので、お見積もり・計画は綿密に行うようにしましょう。
墓地だけでなく、移動元・移動先の役所でも手続きが必要ですので、ご注意ください。

お墓を移動させる手順

お墓

お墓の移動に必要な費用の相場がつかめたところで、続いては移動にかかる手順のお話をしましょう。

お墓を移動するにあたっては、墓地での手続きだけでなく、役所でも手続きが必要となります。
書類を揃えたり法要を行ったりと、移動が完了するまでに実は結構な時間がかかります。
お墓を移動させる距離にもよりますが、大体6ヶ月〜1年程の期間が必要になりますです。

では具体的な手続きについてご説明しましょう。

墓地の管理者に相談する

まずは墓地の管理者に相談をしましょう。

相談なしに突然お墓を移動させようとするとトラブルになりかねません。
また、相談することで詳しい手続きについても教えていただけますし、墓地での資料の請求もスムーズに進めることができるでしょう。

現在お墓のある墓地では埋葬証明書を発行してもらいましょう。
これは改葬許可書を取得する際に必要となります。

また、お墓に埋葬されているご遺骨が何体あるのかも確認しておきましょう。
証明書などはご遺骨1体に1通必要となります。

ご遺骨を取り出すときに思っていたよりもご遺骨が多かった場合は、追加で請求することになってしまいます。
事前にしっかり確認・準備をしましょう。

工事をしてくれる石材店を探す

墓地の移動は石材店に頼みましょう。
大切なお墓であり、墓石は高額なものです。
やはり信頼できる石材店に任せたいですね。

墓地の管理者に相談された際にオススメの石材店を聞いておくのもいいでしょう。
また、石材店でお墓の移動の際にどれくらいの費用がかかるのか見積もりをしていただいて、それを基準に選ばれるのも良いかもしれません。

新しい墓地の「受入証明書」を取得

お墓の移動を始めるために、まずは移動先の墓地で受入証明書を取得しましょう。

受入証明書は改葬許可証を取得する際に必要になります。

自治体によっては「墓地使用許可証」が必要な場合もありますので、改葬許可証の取得に必要な書類は、事前に自治体に確認しましょう。

改葬許可証を取得

改葬許可証を取得するために役所で改葬許可申請書を提出します。

改葬許可申請書には

  • 埋葬されている方の氏名・性別・本籍・住所
  • 埋葬されている方の死亡した日
  • 埋葬および火葬場所
  • 埋葬および火葬をした日
  • 改葬を行う理由
  • ご遺骨の移動先
  • 申請者の氏名
  • 埋葬されている方との関係
  • 墓地使用者との関係

以上のように様々な内容を記入します。

細かい内容は自治体によって異なりますので事前の確認が重要です。
また、改葬許可申請書には墓地の管理者の署名捺印が必要な場合もあります。

改葬許可申請書と一緒に提出する資料

  • 受入証明書
  • 新しい墓地の墓地使用許可証
  • 埋葬証明書
  • 埋葬されている方の戸籍(除籍)謄本

以上の書類です。

墓地の使用者と申請者が異なる場合、墓地使用者の承諾書も必要なので注意してください。
自治体によって提出書類も異なりますのでご注意ください。

また、他の書類で代用できる場合などもあるので、自治体で確認してみてください。

改葬許可申請書を役所に提出し、受理されると改葬許可証が発行されます。

現在のお墓で閉眼供養をする

寺院に依頼して閉眼供養を行っていただきます。

宗派によっては「抜魂供養」などとも言われます。

現在のお墓の解体工事・ご遺骨を取り出す

墓地の管理者に改葬許可証を見せてご遺骨を取り出します

ご遺骨を取り出したらお墓を更地に戻して墓地の管理者に返還します。

新しい墓地の設置工事・ご遺骨を移転させる

改葬許可証を新しい墓地の管理者に提出して、お墓を設置します。

お墓の設置が完了すれば、ご遺骨を埋葬します。

新しいお墓で開眼供養をする

ご遺骨を埋葬したらあわせて開眼供養を行います。

宗派によっては「納骨法要」「建碑法要」などと言われます。

実際にお墓を移動させたい方はこちら

ここまでお墓を移動させる手順について詳しくみてきました。
お墓を移動するには様々な行政手続きが必要で、意外と複雑であることがわかりましたね。

お墓を移動させたいと思っていても、自分たちだけの力では難しいかもしれません。
そのような場合は、無理せずに改葬の代理業者に依頼しましょう。

お墓の移動を検討している方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをご利用ください。
面倒な行政手続きから新たな納骨先の手配まで、すべてサポートします。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

お墓の移動の方法

お墓

ここまでお墓の移動にかかる費用やその手順をご説明してきましたが、それらの具体的内容はお墓の移動の方法によって大きく変わってきます。

お墓の移動の方法は大きく分けて次の2種類があります。

  • ご遺骨と墓石を一緒に移動する
  • ご遺骨のみ移動する

それぞれの方法について詳しい内容と注意点についてご説明しましょう。

ご遺骨と墓石を一緒に移動する

まず、ご遺骨と墓石を一緒に移動する場合です。

ご遺骨と墓石を一緒に移動する場合、現在あるお墓を解体し、解体した墓石を新しい墓地に設置し直すことになります。

お墓を新しく建てる必要がないため、墓石にかかる費用は解体費用と輸送費のみとなり、代々引き継いできている墓石をそのまま使用し続けることができます。

ただし注意すべきなのは、墓石の搬入は「どこの墓地でもできるわけではない」ということです。

  • 現在の墓地からお墓を解体して持ち運ぶことが可能である
  • 新しい墓地に墓石を持ち込むことができる
  • 新しい墓地に墓石のサイズが合う

以上の点について全て可能でなければ、墓石の搬入を選択することはできません

現在の墓地に墓石を運ぶ重機が使用できない場合も少なくありません。
その場合は現在のお墓は解体後は粉砕処分されます。

また新しい墓地についても、墓石を持ち込むことができない墓地もありますので、注意が必要です。

ご遺骨のみを移動する

現在の墓石が老朽化している場合や墓石の移動ができない場合などには、ご遺骨のみを移動することとなります。

ご遺骨のみを移動する場合には2つの選択肢があります。

ご遺骨の全てを移動するのか、一部を移動するのかです。
お墓を移動される理由によってどちらを選択するのかは変わってきます。

全骨を移動する場合

まず全骨を移動する場合です。

現在のお墓に納骨されているご遺骨の全てを新しいお墓に移動する方法です。

実は改葬方法の中では、この全骨を移動する方法が近年最も選ばれています。
全骨を移動する場合は現在のお墓は更地に戻して、新しいお墓を用意する必要があります。

分骨を移動する場合

次に分骨を移動する場合です。

分骨を移動する場合は、現在あるお墓に納骨されているご遺骨の全てを移動するわけではないため、現在のお墓はそのまま残ることとなります。

分骨の移動には2つのパターンがあります。

数体のご遺骨を新しいお墓に移動する方法

1つは、複数納骨されている中の数体のご遺骨を新しいお墓に移動する方法です。

数体のご遺骨を新しいお墓に移動する場合は、上記でご説明した改葬の手続きが必要となりますが、現在あるお墓を解体・輸送して更地に戻す必要はありません。

ちなみに分骨という言葉は、ここではご遺骨を分けるというよりも、お墓を分けることを意味しています。

骨壷の中のお骨の一部を移動する方法

もう1つは骨壷の中のお骨の一部を移動する方法です。

お骨の一部を移動する場合は、役所での手続きは必要ありません。
しかし、骨壷からお骨の一部を取り出して分骨される際は、墓地の管理者や火葬場から分骨証明書を発行してもらいます。

どちらの方法でも、現在のお墓はそのまま残ることになります。

分骨して移動する場合、墓石の解体・輸送費用がかからないため費用は安くなる可能性がありますが、新しく墓石を用意する必要がありますので一概に安くなるとは言えません。

分骨という言葉は、ここでは本来のご遺骨を分けるという意味で使用されています。

お墓の移動にかかる費用についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓の移動について解説してきましたがいかがでしたか?

今回の記事の内容をまとめると以下になります。

  • お墓を移動することを「改葬」といい、改葬する場合は既存の墓地と改葬先の墓地、それぞれの所在する場所を管轄する役所のそれぞれで手続きが必要である。
  • お墓の移動には、その移動方法等によるが約200万円〜300万円程かかる。
  • お墓の移動には、輸送距離などによるが大体6ヶ月〜1年程の期間が必要である。
  • 改葬の手続きはその方法や自治体、墓地によって異なるため、事前に確認をし、計画・見積もりを行うことが重要である。
  • お墓を移動する方法は、ご遺骨と墓石を一緒に移動する方法とご遺骨のみを移動する方法の2種類がある。
  • ご遺骨と墓石を一緒に移動するにはいくつか条件があり、事前に墓地に確認が必要である。
  • ご遺骨のみを移動する場合は一部のご遺骨を移動する方法か、骨壷の中のお骨の一部のみを移動する方法かで手続きが異なるため注意が必要である。
  • ご遺骨とお墓を一緒に移動する方法とご遺骨の全てを移動する方法は現在のお墓を解体し、更地に戻す必要がある。
  • ご遺骨の一部のみを移動する方法は現在のお墓はそのまま残ることとなるため、更地に戻す必要はない。

お墓の移動は大変大きな決断です。

今回の記事をきっかけに、家族の間でお墓の移動について相談されてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとではこの記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらもあわせてご覧ください。

この記事が皆様のお墓のこれからについて参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・移動・費用」に関連する記事

「お墓・移動・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・移動・費用」についてさらに知りたい方へ

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!のサムネイル画像

複数のお墓のご遺骨を1つにまとめる際の費用や手順を解説します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

お骨を移動する際に知っておきたい事とは何か!?のサムネイル画像

お骨を移動する際に知っておきたい事とは何か!?

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!のサムネイル画像

お墓の引っ越しの費用っていくらかかるの?相場や内訳について解説!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

お墓の引っ越し!改葬はどうやってやるのが正解なの?のサムネイル画像

お墓の引っ越し!改葬はどうやってやるのが正解なの?

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと