直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

目次

  1. 直葬の費用について
  2. 直葬って何?
  3. 直葬の費用相場は?
  4. なぜ直葬だと費用が抑えられるの?
  5. 直葬の費用内訳について
  6. 直葬後の散骨の費用について
  7. 直葬をする際の注意点
  8. 地域別の直葬費用
  9. 直葬の費用についてまとめ

直葬の費用について

お金

皆さんは葬儀と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

おそらく、多くの方が「お通夜とお葬式(告別式)を行い、そのあとは火葬場で火葬を行った後で、四十九日明け頃にお墓に埋葬する」というイメージをお持ちでしょう。

しかし、世間は広いもので、よりシンプルな直葬(ちょくそう)と呼ばれる形の葬儀も存在します。

普通の葬儀よりもシンプルとなりますとあまり手間がかからず、かつご遺族の方にも費用面などであまり負担をかけずに済むということになるでしょう。

そこで今回は、この直葬と呼ばれる葬儀の方法について見て、さらにそれに必要な費用がどのくらいかについて一緒に考えていきましょう。

ぜひとも、終活の中でご自分の葬儀について考える時の検討材料にしてみてください。

直葬にかかる費用について、以下の各ポイントに沿って見ていきます。

  • 直葬とはいったいどのような葬儀の形なのか?
  • 直葬の費用の相場はどのくらいなのか?
  • なぜ直葬であれば費用を安く抑えられるのか?
  • 直葬の費用の内訳はどのようなものなのか?
  • 直葬されたご遺体を散骨する際の費用はどのくらいなのか?
  • 直葬をする際に注意すべき点とは?
  • 地域別で直葬の費用はどのくらいになるのか?

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

是非ご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

直葬って何?

葬儀

なかなか耳慣れない直葬と呼ばれる葬儀の形ですが、いったいどのようなものなのでしょうか?

直葬とは、お通夜やお葬式(告別式)といった儀式を省略して、そのままご遺体を火葬する形の葬儀のことです。

このため、直葬は火葬式とも呼ばれ、場所も火葬場の火葬炉の前で行われます。
参加する方もご家族などの限られた身内の方のみです。

似たような葬儀の形に、家族葬や密葬が挙げられますが、こちらは限られた身内の方で行われる葬儀の中でも、お通夜やお葬式も行われるものを指します。

直葬の費用相場は?

お金

一般の葬儀に比べると火葬のみを執り行うため非常にシンプルに見える直葬ですが、そのための費用の相場とはいったいどのくらいなのでしょうか?

お通夜やお葬式を省略した分、非常に安くなり10万円台〜30万円台というのが一般的な相場です。

中には費用が10万円を割り込む場合もあり、また直葬といえど何らかの事情で追加費用が発生するということであれば40万円台ほどかかります。

ちなみに一般の葬儀費用の平均が100万円前後といわれており、そこから考えると直葬がどれほど安い費用で行われるのかがわかります。

なぜ直葬だと費用が抑えられるの?

お金

それでは、なぜ直葬はそれほど安く費用を抑えることができるのでしょうか?
その背景には、直葬という葬儀の形が持つ特徴があるといえます。

まず、直葬は火葬のみが行われる葬儀の形です。
つまり、普通であればその前に行われるお通夜やお葬式は省略されています。

参列する人数も非常に少なく、その分参列者へのおもてなし(会食など)の経費を抑えることが可能です。

また、会場も葬儀場ではなく火葬場の火葬炉の前であるため、葬儀会場の費用も発生しません

もちろん、そのほかに発生するお通夜やお葬式を行うのに必要な経費も発生しないため、普通の葬儀に比べると経費を安く抑えることができるのが、直葬の費用の安さの秘訣です。

直葬の費用内訳について

葬儀

それでは、直葬を行った場合に発生する費用の内訳について、より具体的に見ていきましょう。

なお、項目によっては追加費用が必要な場合や、より安く抑えることもできる場合もありますので、こちらでご紹介する内容を参考にしつつ、実際の場での費用交渉を行うとよいでしょう。

直葬の基本料金

まずは基本料金として、ご遺体を火葬場に運ぶための寝台車の手配のための費用とご遺体を納める棺の費用、実際に直葬を行う火葬場の利用料、そして火葬後のご遺骨を納める骨壷代が挙げられます。

寝台車の手配

直葬の場合、ご遺体を運ぶのに寝台車は欠かせない手段です。

故人が病院などで亡くなると、一度ご自宅もしくはそのほかの安置所に運ばれ、そこで納棺が行われた後で火葬場に運ばれるという流れで、寝台車は2回使うこととなります。

そして、寝台車による搬送料金は2万円〜3万円ほどが一般的な相場となります。

ちなみに会社によっては、寝台車の費用算出の区間を車庫からとしている場合もあります。

なので、より安く費用を抑えるということであれば費用算出の区間についても注目するとよいでしょう。

さらに、一定の距離を超えると追加費用が発生し、「10㎞ごとに○○円」というような金額も追加で請求されますのでこの点も留意すべきです。

棺の費用

ご遺体を納めるについては、ほとんどの火葬場が棺に納めた状態でなければ火葬を受け付けないとしているため、直葬においても必需品といえるでしょう。

その費用の相場は安くて1万円台から3万円台、平均で6万円前後が一般的です。
ただし、ご遺体の身長や身の幅によっては金額が前後することもあります。

火葬場の利用料

直葬では火葬場で葬儀が行われるため、この費用は不可欠です。

火葬場は自治体が運営する公営のものと民間の会社が運営する民営のものとがあります。

公営の火葬場

公営のものであれば費用は運営している自治体によりますが、安くて数千円、高いところで5万円ほどが相場です。

民営の火葬場

民営の場合は公営の火葬場に比べて一回り高い傾向にあります。

おおよそ5万円〜15万円が相場ですが、地域や会社によりばらつきがあります。

さらに、火葬場によっては休憩室の料金が発生するところもありますので、事前にチェックしておく必要があるでしょう。

骨壺代

火葬が終わった後に、ご遺骨を納めるための骨壷にかかる料金です。

こちらの費用は4千円〜2万円ほどが平均的な相場となっています。

ちなみに骨壷の費用についても火葬場に支払うため、火葬場が公営であるか民営であるかによって費用が大きく異なってきます。

その他の費用

上に挙げた基本料金のほかにも、以下のような費用項目が挙げられます。

寝台車以外の移動用の車代

直葬でもご遺族の方が参列される場合があります。
その際にはご遺体を運ぶ寝台車のほかにも、参列される方が移動するための車代も必要となってきます。

この料金に関しては会社によってまちまちですので、詳しくはそれぞれの会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

火葬中の控え室の手配

ご遺体を火葬している間は、参列者の方たちは別室で控えていることとなりますが、その部屋を手配するための費用もまた必要です。

火葬中の控え室の手配にかかる費用は、

  • 公営の火葬場:0円〜1万円ほど
  • 民園の火葬場:2万円前後

ほどが一般的な相場となってきます。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

是非ご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

直葬後の散骨の費用について

お金

直葬を行った場合、納骨を行うという方もいますが、一方で散骨を行うという方も少なくありません。
こちらでは、その散骨のために必要な費用の相場について見ていきます。

樹木葬の費用

樹木葬は、公園墓地に設けられた専用の区画や専用の墓地に植樹された樹木を墓標の代わりにして、そのたもとにご遺骨の入った骨壷を納骨する形の埋葬です。

自然とともに眠りたい方や環境意識の高い方を中心に利用者が増えてきています。
近年この樹木葬でも、散骨として樹木の周りにご遺灰を撒くことも増えています。

樹木葬では墓石を用いたお墓を建てないため、費用の面でも一般のお墓への納骨に比べると比較的安くなります。

一般的には、10万円から80万円がその費用の相場です。

海洋散骨の費用

海洋散骨は、散骨のうちでも最も広く行われているものです。
文字通り、船で沖合の海域に出て、そこで散骨が行われます。

海洋散骨にかかる費用ですが、散骨の際のプランによって3つのパターンに分かれます。

個別散骨

1つ目は故人のご遺族だけが参加する個別散骨で、チャーターする船の料金をそのご遺族だけで負担するため、費用がやや高めとなる傾向にあります。

おおむね20万円〜30万円ほどが一般的な相場です。

合同散骨

次に複数のご遺族が参加する合同散骨が挙げられ、こちらは船のチャーター代を参加する各ご遺族で分担して負担するため、その分費用が安くなります。

合同散骨の場合は10万円前後が一般的な相場です。

委託散骨

最後にご遺族が立ち会わない代わりに、すべてを会社の方に委託する委託散骨が挙げられます。
ご遺族の方に代わって専門家の方が沖合の海域で散骨を行うため、船のチャーター代は発生しません。

このため、5万円前後と非常に安い費用ですが、散骨後は散骨をしたという証明書が郵送されますので安心できます。

宇宙葬の費用

近年の宇宙開発技術の進歩に伴って徐々に広まり始めているのが宇宙葬です。

ご遺骨の入った骨壷を人工衛星やロケットに搭載して発射し、一定期間の間(数ヶ月から数年)地球の軌道を周回した後で、再び大気圏に突入し燃え尽きるという内容となります。

このため、宇宙開発で問題となっている宇宙ゴミの増加にはつながりません。

日本でも2社が宇宙葬事業を行っており、その費用は安くて20万円、高くて50万円からというのが相場です。

ただ、今後人工衛星やロケット関係の技術が進歩すれば、より低価格で利用できる可能性も十分に考えられます。

直葬をする際の注意点

葬儀

普通の葬儀に比べると準備や費用の面で負担が軽くなる直葬ですが、注意すべき点がいくつかあります。

直葬でも葬儀社に依頼するの?

普通の葬儀に比べると耳慣れない分、直葬をどこに依頼すればよいのかについて判断に迷う方も多いでしょう。

また、直葬を普通の葬儀と同じように葬儀社に依頼すれば良いのかが分からないという方もいるのではないでしょうか。

結論から書けば、葬儀社に依頼しても差し支えありません。

むしろ、近年では葬儀でも経済的な事情から直葬を行うという方が少なくありません。
そのために葬儀社でも直葬プランを用意しているところが増えてきています。

そのため、直葬で故人をお見送りすることを考えるのであれば、葬儀社に相談するとよいでしょう。

火葬場だけ借りることは出来るの?

直葬が行われるのが火葬場であるということで、火葬場さえ確保すればよいのではないかとお考えの方も多いでしょう。

しかし、これはあまり現実的ではありません。

まず、亡くなった方の遺体は死亡後24時間以上経過しないと火葬することができないため、いったんはご自宅か安置のための施設に搬送する必要があります。

そして、火葬場には棺に納めた状態で搬送するのが原則であるため、ここまででご遺体を搬送するための寝台車やご遺体を納める棺が必要となってきます。

このため、火葬場だけ確保するというのはあまり良い方法とはいえません。

僧侶は呼ぶの?

火葬だけするということで、僧侶の方は呼ぶべきか呼ばなくてもよいのか悩む方もいることでしょう。

一般的には、火葬に先立って僧侶の方にお経をあげてもらうため僧侶の方を呼ぶとよいです。
その際には僧侶の方へのお布施のほか、交通費に当たるお車代を用意するとよいでしょう。

ただ、実際のところ直葬を行う場合に僧侶の方を呼ばないで済ませるということも少なくありません。

特に宗教にこだわりがないということであれば、僧侶の方は呼ばなくてもよいでしょう。

戒名はどうするの?

もし戒名をつけてもらいたいということであれば、直葬であっても僧侶の方を呼んでお経をあげてもらうように手配しましょう。

お経を上げてもらう際に戒名のことを相談すれば、戒名をつけてくれる場合も少なくありません。

香典は辞退するべき?

直葬で香典はどのようにすべきかということを考える方も多いでしょう。

結論からすれば、受け取っても辞退しても大丈夫です。
ただ、香典を受け取る場合、直葬では一概に香典の額は少なくなりがちです。

これは直葬の持つシンプルさから、参列する側がそれほどサポートの必要性を感じないということが挙げられます。

もし辞退するということであれば、事前に発送する直葬のお知らせに香典を辞退する旨を明記したり、持参されてもきちんとお断りするといった配慮が必要です。

直葬後の散骨で注意すること

散骨そのもので注意すべき点としては2つあります。

まず、ご遺骨を前もって粉骨しておくことです。
粉状にしない状態で散骨すると、死体遺棄として刑法で処罰されてしまいます。

もう1つ、散骨場所についてはその土地や海域の利用者の方に配慮したうえで、その方たちの迷惑にならないような場所を選ぶようにしましょう。

葬式の前に親族と相談をしましょう

直葬であっても散骨であっても、最近になって注目されてきた葬儀の形であるため、事前にしっかりとご親族の方と相談しておくことが大切です。

特に、新しい葬儀の形を受け入れられないという方の理解を得ておかないと、後々トラブルのもとになりかねません。

なので、しっかり配慮して合意を取り付けるようにしましょう。

地域別の直葬費用

葬儀

最後に、国内の各地域での直葬の費用の相場について見ていきましょう。
ぜひともお住まいの地域で直葬を検討する際の参考にしてみてください。

東京都

東京の場合は、直葬の費用の相場として10万円〜20万円が一般的です。

地域により火葬の料金や骨壷代に差がありますが、加えて都内にある火葬場はその多くが民営であるため、それが直葬の際の火葬料金の平均の高さ(5万4千円)という形で反映されています。

このため、東京都は全国でも直葬の費用の相場は非常に高いといえるでしょう。

京都市

京都市の場合は直葬の費用の相場は5万円〜15万円となっており、東京都に比べると一回り安くなっています。

仮に、追加サービスを加えても最大で20万円出してもおつりが返ってくるほどですので、それほど費用はかさまないといえるでしょう。

札幌市

札幌市についても5万円〜15万円が相場となっています。

会社によっては5万円台で直葬が可能ですが、文字通り必要最低限の直葬を行うプランとなっていますので、最低でも10万円前後の費用は必要であるといえます。

神戸市

神戸市についても5万円〜20万円が相場です。

地域によって火葬場の費用が高くなる場合もあるため、その点も考慮に入れて葬儀社とよく交渉する必要があるといえるでしょう。

福岡市

福岡市の場合は10万円〜30万円が相場です。

地元で人気のある葬儀社によっては30万円台のものもありますが、その料金の分サービス内容が手厚くなっています。

直葬の費用についてまとめ

お金

直葬の費用についていろいろと見てきました。
ポイントとなる点をまとめると、以下のようになります。

  • 直葬とはお通夜やお葬式を行うことなく、そのまま火葬する葬儀の形を指す。
  • 直葬の費用相場は10万円〜30万円とされている。
  • 直葬の費用を抑えることができる理由として、お通夜やお葬式を省略する分参列者がずっと少なくなったり、会場などを用意する手間が省けるからである。
  • 直葬の費用には基本となる料金とその他の費用とがある。基本料金には寝台車の手配料金や棺の費用、火葬場利用料、骨壷代が挙げられる。その他の費用の例として、寝台車以外の利用手段の料金や火葬中の控え室の料金が挙げられる。
  • 直葬の後に行われる散骨の費用は、樹木葬で10万円〜80万円、海洋散骨で5万円〜30万円、宇宙葬で20万円〜となっている。
  • 直葬の注意点として、葬儀社に依頼できることや火葬場を借りるだけでは不足であること、僧侶の方を呼んだり戒名をつけたりすることができること、香典は受け取りも辞退もできること、事前にご親族と相談することなどが挙げられる。
  • 地域によって直葬の費用の相場は変わってくる。特に東京都の場合は全国の他地域よりも高くなりがちである。

直葬を利用する方は、多くの場合、葬儀の費用を安くするという目的で利用しています。

終活の中で亡くなった後のご家族の負担を減らすということであれば、直葬もまた葬儀の形の選択肢になりえるといえるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「直葬・費用」に関連する記事

「直葬・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 気になる直葬の費用の相場について調査しました!のサムネイル画像

    気になる直葬の費用の相場について調査しました!

    「お葬式の費用ってどれくらいかかるの?」と考えたことはありませんか? 簡素でも心温まるお葬式をしたいと考えたことはありますか? 今、直葬に注目が集まっています。 費用を抑えつつも故人との最後のお別れができる直葬について調べてみました。どうぞ、最後までご覧ください。

  • 直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

    直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

    シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

  • 直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

    直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

    直葬という葬儀のスタイルが増えていることをご存知でしょうか?直葬とは火葬だけを行う葬儀のことです。お通夜や告別式を行わない分、時間短縮になり家族の負担はかなり軽減します。そんな直葬について、その所要時間を流れとともに解説してきます。

  • 直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

    直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

    最近は直葬を行う方が増えてきていますが、直葬の場合の読経や費用、戒名についてどうすれば良いかあなたは知っていますか?何も知らない状態では、いざという時に困ってしまいますよね。 今回は直葬時のお経や費用、戒名についてまとめましたのでぜひ最後までご覧下さい。

  • 葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

    葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

    葬儀やお墓の費用はご遺族の今後の生活に関わることですから、よく考えて決める必要があります。 でもよく分からないことが多く、費用は見当もつかないという方もおられるでしょう。 今回の終活ねっとの記事では、葬儀とお墓の費用について、内訳も含めて分かりやすく解説します。

  • 直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

    直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

    一般的な葬儀とは異なる直葬ですが、近年この直葬を行うケースが増えてきています。ですが直葬の場合、菩提寺に納骨ができないなどのトラブルが生まれているのはなぜでしょう?そこで、直葬が増えている理由と、菩提寺へ納骨する方法をご紹介します。ぜひ最後までご拝読ください。

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

  • 一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

    一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

    一般葬での葬儀でどのくらいの費用がかかるのか、考えてみると意外とわからないものですよね。一般葬でかかる費用が分かっていると、ご自身の終活を進める上でも大変良い目安となります。この記事では一般葬での費用とその内訳について、詳しく解説していきます。

  • 一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

    一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

    一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「直葬・費用」についてさらに知りたい方へ

気になる直葬の費用の相場について調査しました!のサムネイル画像

気になる直葬の費用の相場について調査しました!

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!のサムネイル画像

直葬にかかる時間はどれくらい?直葬の流れとともに解説!

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明しますのサムネイル画像

直葬のときのお経はどうすればいいの?費用や戒名について説明します

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!のサムネイル画像

葬儀とお墓にかかる費用とその内訳をまとめました!

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とはのサムネイル画像

直葬をすると菩提寺に納骨できないって本当?納骨するための方法とは

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!のサムネイル画像

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと