都立霊園にかかる値段はどのくらい?都立霊園申し込みを徹底解説!

都立霊園は立地もよく費用も安いと最近関心が高まっています。 でも都立霊園にはどんな施設があり、値段が実際はどのくらいなのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。 都立霊園の値段について、施設ごとの値段だけでなく、申込み方や注意点も含めて、分かりやすく解説します。

目次

  1. 都立霊園でかかる値段について
  2. 都立霊園とは?
  3. 都立霊園にかかる費用は?
  4. 都立霊園への申し込みの仕方
  5. 都立霊園の注意点
  6. 都立霊園の値段についてまとめ

都立霊園でかかる値段について

お墓

東京都で霊園探しをされている方は、費用面などで苦労されている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、都立霊園です。
都立霊園は立地もよいところが多く関心が高まっています。

この都立霊園ですが費用はどれくらいかかるのでしょうか?
具体的に値段はどのくらいかかるのかなどわからないことも多いと思います。

そこで今回終活ねっとでは、都立霊園にかかる値段について、

  • そもそも都立霊園とは、どんなところなのか?
  • 都立霊園で必要な費用の内訳は、どんなものがあるのか?
  • 都立霊園の施設にはどんなものがあり、値段はそれぞれどうなっているか?
  • 都立霊園の申し込み方、注意すべきことはどのようなことがあるのか?

など、費用の内訳や施設ごとの値段だけでなく、申し込みの方法・注意点も含めて分かりやすく解説します。

誰にとっても役に立つ内容となっております。
ぜひ最後までご覧ください。

また、人気の都立霊園ランキングについて知りたい方は、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

都立霊園へはどのように申し込みをすれば良いのでしょうか?申し込みまでの流れ、今年度の募集要項、費用相場、都立霊園一覧、注意点、都立霊園のお墓の区分、特徴、手続きについても解説しています。資料請求や見学予約を無料で行うことも可能です。

都立霊園とは?

お墓

都立霊園とはいったい何なのでしょうか。

都立霊園は、東京都が設置した公営霊園で、23区内や多摩地域など全部で8か所あります。

東京都23区には次の4つの霊園があります。

  • 青山霊園:港区南青山の緑豊かな霊園です。
  • 雑司ケ谷霊園:豊島区池袋の雑木林のような霊園です。
  • 谷中霊園:台東区谷中の周囲に寺院が多い霊園です。
  • 染井霊園:豊島区駒込の小規模な霊園です。

多摩地区には、次の3霊園があります。

  • 多磨霊園:府中市にある大規模な霊園です。
  • 八王子霊園:八王子市にある公園墓地です。
  • 小平霊園:東村山市にある駅に近い霊園です。

千葉県にある都立霊園もあります。

  • 八柱霊園:松戸市にあり松戸市民も利用できる霊園です。

都立霊園は、このように利便性の良い立地にあり、使用料や管理費も安く人気が高くなっています。

都立霊園にかかる費用は?

お墓

ここまで都立霊園とは何かについてご紹介してきました。

次に都立霊園の費用について説明していきます。
都立霊園では具体的にどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

費用の内訳

都立霊園の費用の内訳は、施設によって違いもありますが、永代使用料と年間管理料、それに墓石代・墓石設置費が必要です。

下でそれぞれ詳しく見ていきましょう。

永代使用料

まず初めに、永代使用料です。

都立霊園では使用料と言われますが、民営霊園や寺院墓地の永代使用料と同じで、お墓を建てる土地の使用権である永代使用権を取得するための費用です。
永代使用料は、立地や墓地の面積などにより異なります

年間管理料

次に年間管理料です。

年間管理料は、霊園の施設の維持管理や共用部分の清掃などに必要な費用で、通常、墓地・霊園の管理者に毎年支払います。

管理料は、民営霊園や寺院墓地では立地によって異なるのが通例ですが、都立霊園の場合、どこの霊園でも単価は同じで変わりありません。

墓石代・墓石設置費

最後に墓石代・墓石設置費です。

都立霊園の場合も、お墓を立てるときは墓石代・墓石設置工事が必要です。
ただ、都立霊園の場合は、民営霊園や寺院墓地と違い石材店の指定はありません

ですから、ご自身で施工業者を決めることになりますので、ご自身の考えにより無駄な出費を抑えることもできますが、一方でしっかり検討して決める責任も大きくなります。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続、費用の内訳などお墓のあらゆる内容について解説しています。
都立霊園でお墓を建てるか迷っている方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

都立霊園の施設ごとの値段

都立霊園の施設ごとの値段はどうなっているのでしょうか。

都立霊園の埋葬施設には、埋蔵施設と収蔵施設があります。

埋蔵施設は、一般のお墓に当たるものです。
埋葬の仕方は、個別の区画がある一般埋蔵施設・壁型埋蔵施設・芝生埋蔵施設と、集合型の立体埋蔵施設、合祀型の合葬埋蔵施設があり、樹木葬の樹林型合葬と樹木型合葬もあります。

収蔵施設は納骨堂で、多磨霊園みたま堂・雑司ケ谷霊園崇祖堂・八柱霊園納骨堂があります。
ご遺骨の収蔵期間により、長期収蔵施設・短期収蔵施設・一時収蔵施設に分かれます。

主な施設の概要と値段は、次のとおりです。

一般埋蔵施設

一般埋蔵施設は、一般的なお墓で使用期限はありません。
一般埋蔵施設は、返還された墓地を整備し直して再貸付けする形が多くなっています。
墓石等は一般のお墓と同様に借りた方がご自分で設置します。

平成29年度には、多磨霊園390区画、八柱霊園310区画のほか、谷中霊園・小平霊園・青山霊園で募集があり、募集があった霊園数が一番多い施設ごになります。

都立霊園の使用料は、墓地の立地や規模によりかなり違いがあります。
また、同じ霊園内でも募集区画により大きな違いがある場合もあります。

例えば平成29年度の使用料は、面積が2㎡以下の谷中霊園は約260万円~360万円でしたが、面積が約2㎡~6㎡と幅がある多磨霊園では使用料も約160万円~520万円と大きな幅がありました。

ちなみに立地が良い青山霊園は2㎡弱~4㎡で約440万円~1000万円超までと都立霊園で一番高い使用料です。

都立霊園の申し込みは、申込み区分・組での申込みになり、区画までを指定することはできません。
思ったよりも高額の使用料の区画に当たっても、別の区画に変えることはできませんので、申込は各組の最も高い使用料を目安にして検討する必要があります。

一方、一般埋蔵施設の毎年の管理料は、1220円~3660円ですが、1平方メートル当たり単価は一律に610円と決まっており、都立霊園間でも違いはありません。

都立霊園の使用料も管理料も、民営霊園や寺院墓地に比べると、かなり安い設定といえます。

立体埋蔵施設

次に立体埋蔵施設です。

立体埋蔵施設は、ご遺骨を骨壺に入れたまま地上の納骨室に安置し、20年後に骨壷からご遺骨を出して地下のカロートに共同埋蔵するものです。
立体埋蔵施設は、お墓の後継者がいない方も申し込むことができる永代供養墓です。
立体埋蔵施設は、1区画にご遺骨を3体まで埋蔵できます。

現在、立体埋蔵施設は青山霊園と谷中霊園にありますが、平成29年度に新規募集があったのは谷中霊園だけでした。
谷中霊園の使用料は66万2000円で、管理費は不要です。
谷中霊園の立体埋蔵施設も人気が高く、平成29年度の申込倍率は約8倍と前年度の約6倍より高くなりました。

壁型埋蔵施設

また、壁型埋蔵施設というものも存在します。

壁型埋蔵施設は、墓地需要が増えていることへの対策として、バブル期後半に小平霊園・八柱霊園・多磨霊園に造られた墓地です。
墓石とカロートは、あらかじめ設置されています。
使用者は、墓石に家名プレートを付けることもできます。

壁型埋蔵施設の募集は近年行われていませんが、過去に募集があった時の使用料は約160万円でした。
壁型埋蔵施設の年間管理料は2720円とほかの埋蔵施設よりはやや高めですが、民営霊園や寺院墓地に比べれば安いといえます。

長期収蔵施設

長期収蔵施設は、ロッカー形式の納骨堂で使用期間30年で、更新も可能です。
大きさは、骨壺2個が入る2体用、4個が入る4体用、6個が入る6体用があります。

平成29年度に募集があったのは多磨霊園の「みたま堂」だけでした。

使用料は、2体用が24万3000円、4体用が32万4000円、6体用が40万5000円でした。
管理料は、2体用が3010円、4体用が4020円、6体用が5030円です。

いずれも人気が高く、中でも数年ぶりに募集があった2体用は募集数10に対して41倍を超える倍率で、都立霊園の各施設・区分の中で最高の倍率になりました。

芝生埋蔵施設

芝生埋蔵施設は、芝生を植えて整備した墓地に納骨室が設置されています。
芝生埋蔵施設は面積が4㎡の再貸付の施設ですが、小平霊園には新規貸付の2㎡の小型芝生埋蔵施設もあります。

平成29年度は、小平霊園・八王子霊園・多磨霊園、八柱霊園で募集がありました。

芝生埋蔵施設の使用料は、多磨霊園が約360万円と一番高く、次いで小平霊園が約340万円で、八柱霊園が約80万円でした。
小平霊園の小型芝生埋蔵施設の使用料は、約180万円でした。

年間管理料は、芝生埋蔵施設が3320円、小型芝生埋蔵施設が1660円で、㎡当たり単価は830円になります。

合葬埋蔵施設

最後に挙げられるのが、合葬埋蔵施設です。

合葬埋蔵施設は、多数の方のご遺骨を共同で埋蔵するものです。
お墓の後継者がいない方でも申込むことができる永代供養墓で、生前に申し込めるタイプもあります。

ご遺骨を合祀する時期の違いにより次の2つのタイプがあり、どちらかを選ぶことができます。

  • 直接共同埋蔵;納骨時からご遺骨を共同埋蔵します。
  • 一定期間後共同埋蔵;20年間は個別に安置され、その後共同埋蔵に移されます。

合葬埋蔵施設は、小平霊園・多磨霊園・八柱霊園の3霊園にあります。
しかし、多摩霊園はこのところ新規募集を行っておらず、平成29年度に募集があったのは小平霊園と八柱霊園だけです。

小平霊園は3体まで埋蔵できる直接共同埋蔵タイプの募集で使用料はご遺骨1体につき5万7000円でですが、24倍と高い倍率でした。

小平霊園には樹木葬の合葬埋蔵施設もあります。
使用料は、生前申込できる樹林型が1体につき12万3000円と4万1000円(粉状遺骨)、生前申込できない樹木型が18万3000円で、いずれも管理料は不要です。

八柱霊園の合葬埋葬施設は、直ぐに合祀するタイプと一定期間後に合祀になるタイプの両方があり、選ぶことができます。
ご遺骨1体の使用料は、直接共同埋蔵タイプが5万1000円で、一定期間後共同埋蔵タイプは12万6000円と、一定期間後共同埋蔵の方が高くなっています。

都立霊園への申し込みの仕方

お墓

ここまで都立霊園の値段についてみてきましたが、都立霊園にはどのように申し込めばいいのでしょうか。

都立霊園の申し込み方法については、東京都が例年6下旬に配布する「申し込みのしおり」に記載されています。
平成29年度の募集は、次のような手順で行われました。

  • 申込書配布 6月23日~7月18日(「申し込みのしおり」に添付)
  • 申込期間  7月3日~7月18日
  • 抽選日   8月29日
  • 使用許可  12月中旬

例年ほぼ同様の手順ですので、参考にされるとよいでしょう。
都立霊園の申込みは、インターネットか郵送で行います。

インターネットでの申し込みの仕方

まずインターネットでの申し込みの仕方についてみていきましょう。

インターネットで申し込まれるときは、事前に申込者情報の登録が必要です。
都立霊園の公式サイトの「TOKYO霊園さんぽ」から事前登録と申込ができます。
このサイトには「申込みのしおり」も掲載されますので、ご覧になるとよいでしょう。

郵送での申し込みの仕方

次に郵送での申込みの仕方です。

申し込みのしおりを利用しましょう。

「申し込みのしおり」は、東京都庁の案内コーナーのほか、各都立霊園、都内各区市町村の窓口、公益財団法人東京都公園協会で入手できます。
「申し込みのしおり」に専用の申込書が付いていますので、必要事項を記入し決められた申込期間内に郵送しましょう。

都立霊園の注意点

お墓

最後に都立霊園の注意点についてみていきましょう。

都立霊園を利用する際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

応募資格の確認を忘れずに!

応募資格の確認を忘れないようにしましょう。

都立霊園の申込みは

  • 都内に一定期間居住していること、
  • 申込者は申込遺骨の祭祀の主宰者であること、
  • 埋葬するご遺骨があること、

などの応募資格が決められています。
この応募資格は、申し込む施設や区分などにより違いがあるので注意が必要です。

例えば、都内居住要件は、一般埋蔵施設は「5年以上」ですが、樹木葬は「3年以上」です。
また「ご遺骨があること」が申込みの基本ですが、合葬埋蔵施設や立体埋蔵施設・樹木葬でも生前申込が可能な場合があります。

折角当選しても、応募資格がなく都立霊園を利用できなかった方もいます。
応募資格や申込条件は、しっかり確認しておきましょう。

申し込み期間が決まっている

次の注意点は申込期間が決まっていることです。

都立霊園は年1回の募集で申込時期も限られています。
施設によっては毎年募集があるわけではないことにも注意しましょう。

倍率が高い

倍率が高いことにも注意しましょう。

都立霊園は、民営霊園や寺院墓地に比べて費用が安いため応募倍率が高く、応募条件を満たしていても抽選になり、なかなか利用できないのが難点です。

例えば、都立霊園の中でも青山霊園や小平霊園などの人気が高く、施設別では多磨霊園のみたま堂が高い倍率になっています。

当選しても許可を取り消される場合がある

また、当選しても許可を取り消される場合があります。

都立霊園では、当選後に書類審査があります。
当選しても、期日までに必要な書類を提出しなければ、当選辞退となります。

また、お墓を立てるまでの期間が決められています。
使用許可証を受け取った日から3年経ってもご遺骨を埋葬しないと使用許可が取り消されますので、注意しましょう。

都立霊園の値段についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、都立霊園でかかる値段についてご紹介してきましたがいかがでしたか。

この記事の内容をまとめると以下になります。

  • 都立霊園は、東京都が設置した公営霊園で8か所あるが、いずれも利便性が良い.。
  • 都立霊園の費用の内訳は、永代使用料や年間管理料、墓石代・墓石設置工事費が必要になる場合が多く、民営霊園や寺院墓地と大きな違いはない。
  • 都立霊園の施設は、永代供養や生前申し込みできる。
  • 都立霊園への申し込みはインターネットもしくは郵送でおこなう。
  • インターネットでの申込みの場合、事前に申込者情報の登録が必要となる。
  • 都立霊園は応募資格があるので確認してから申し込みをする。
  • 申し込みは期間が決まっているので気を付ける。
  • 都立霊園は倍率が非常に高く、当選しても許可を取り消されることがある。

都立霊園は値段も安く誰にとってもおすすめの霊園です。
ただし、都立霊園に申し込む際には上記したようにいくつかの注意点があります。
気を付けて申し込みを行うようにしましょう。

この記事が皆様のお墓選びの参考となれば幸いです。

終活ねっとではこの記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらも併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人気の都立霊園ランキングについて知りたい方は、こちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「都立霊園・値段」に関連する記事

  • 大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

    大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

    東京で立地もよく費用も安いと大人気なのが都立霊園です。 でも、どんなところにどんな施設があるのか、使用料はどの位なのか、立地や施設による違いはどうか、など気になりますね。 都立霊園の使用料について、メリット・デメリット、おすすめの霊園などを含めて詳しく解説します。

  • 都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介のサムネイル画像

    都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介

    永代供養料を納めると霊園管理者がご遺骨の供養や管理をしてくれるのが、永代供養です。都立霊園で永代供養をできないかと考えいらっしゃる方も多いでしょう。都立霊園のどこでできるのか、申込条件や費用も気になりますね。都立霊園での永代供養について、詳しく解説します。

  • 都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

    都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

    あなたは都立霊園に行ったことがありますか?都心の一等地にあったり、東京都内でありながら比較的安い費用であったり、都立霊園には魅力がいっぱいです。そんな都立霊園について、今回は費用を中心に1から解説していきます。最後までお読みいただければ幸いです。

  • 都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

    都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

    都立霊園は、毎回募集のたびに高倍率続出で人気の公営墓地です。そんな都立霊園にお墓を持つことになった場合、どのように納骨や手続きを行ったら良いのでしょうか?今回は都立霊園での納骨について徹底解説します。

  • 都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説のサムネイル画像

    都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説

    東京都での霊園探しにお悩みの方におすすめなのが都立霊園です。 でも、どんな霊園があり、倍率はどれくらいか、どのように申し込んだらよいのか、など悩まれる方も多いと思います。 そこで、今回終活ねっとでは、人気の高い都立霊園の倍率や申込み方法などを解説します。

  • 多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介しますのサムネイル画像

    多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介します

    都立多磨霊園は、各界の著名人が眠る緑豊かな公園墓地として知られ、都内で終活中の方から圧倒的な人気を誇ります。では都立多磨霊園にはどうやって申し込むのでしょうか。気になる倍率や費用・募集日程などの募集要項や、都立霊園ならでは制限や申込資格などを詳しく紹介します。

  • 都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?のサムネイル画像

    都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?

    都内にお住まいの方には都立霊園をご希望の方がいらっしゃると思います。 しかし都立霊園は誰でも利用できるものではありません。 条件や抽選があることをご存知ですか? 今回は都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率も解説するので最後までご覧ください。

  • 都立霊園の納骨堂の利用方法から手続き・お申し込みまで詳しく解説のサムネイル画像

    都立霊園の納骨堂の利用方法から手続き・お申し込みまで詳しく解説

    人気が高い都立霊園の納骨堂は、お墓探しで悩んでおられる方にとって興味深いと思います。 しかし、どんな施設があり費用はどのくらいかかるか分からないと本当に利用できるのか心配ですね。 今回は都立霊園の納骨堂について、利用方法から手続きまで詳しく説明します。

  • 樹木葬ができる都立霊園、小平霊園について紹介します!のサムネイル画像

    樹木葬ができる都立霊園、小平霊園について紹介します!

    お墓の承継で迷う方も多い中、ご遺骨を自然に還したいという気持ちから樹木葬を選ぶ方が増えています。しかし樹木葬はどんなものか知らない方も多いでしょう。今回は都立霊園の小平霊園を取りあげ、樹木葬の趣旨や都立霊園の費用・申込方などを解説します。

  • 東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめのサムネイル画像

    東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめ

    8か所を数える東京都の霊園は、立地も環境も良いことから、たいへん人気があります。では、東京都の霊園募集はどのように行われているのでしょうか。募集の流れや申し込みの方法、気になる申し込み資格や注意点など、都立霊園に申し込むために必要な情報を詳しくご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「都立霊園・値段」についてさらに知りたい方へ

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介のサムネイル画像

都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説のサムネイル画像

都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説

多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介しますのサムネイル画像

多磨霊園の募集について解説!日程・倍率・申込資格なども紹介します

都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?のサムネイル画像

都立霊園の抽選についてまとめました。気になる手続き方法や倍率は?

都立霊園の納骨堂の利用方法から手続き・お申し込みまで詳しく解説のサムネイル画像

都立霊園の納骨堂の利用方法から手続き・お申し込みまで詳しく解説

樹木葬ができる都立霊園、小平霊園について紹介します!のサムネイル画像

樹木葬ができる都立霊園、小平霊園について紹介します!

東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめのサムネイル画像

東京都立の霊園募集について!気になる流れや注意点についてまとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「都立霊園・値段」についてさらに知りたい方へ

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!のサムネイル画像

大人気都立霊園の永代使用料はどれくらいかかる?人気の秘密も解説!

都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介のサムネイル画像

都立霊園で永代供養は可能?都立霊園にかかる費用や条件も紹介

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!のサムネイル画像

都立霊園に入るのにかかる費用とは?都立霊園について1から解説!

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!のサムネイル画像

都立霊園の納骨について!気になる手順や注意点をまとめました!

都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説のサムネイル画像

都立霊園の倍率ってどれくらい?人気の霊園から抽選方法まで徹底解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと