沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

沖縄は古くから日本本土とは異なった独特の文化が発達した地域であるため、お墓関係についても独特です。そのため、沖縄でお墓の購入を考えるとなるといろいろと新しく知っておくべき事柄が少なくありません。今回は沖縄でのお墓の購入の際に知っておくと良い情報を見ていきます。

目次

  1. 沖縄でお墓を購入する
  2. 沖縄にはどんなお墓がある?
  3. 沖縄でお墓を購入する際の疑問点
  4. 沖縄でお墓を購入する時期
  5. 沖縄でお墓を購入する手順
  6. 沖縄でお墓を購入する際の費用予算
  7. 沖縄でお墓を購入する際に組めるローン
  8. 沖縄でお墓を購入するまとめ

沖縄でお墓を購入する

沖縄

沖縄といえば、本州などの日本本土からはるか南の地域であるため、歴史的にも日本本土とは異なった独特の文化が花開いてきました。

その独自性は、お墓の形やそれにまつわる風習にも色濃く反映されているため、観光で沖縄を訪ねたときにお墓やお墓参りの様子などを見てみると、本州とはまた違った沖縄文化の魅力の1つに触れることができるのではないでしょうか。

中には、そうした沖縄の持つ独特な雰囲気に心打たれ沖縄でお墓を建てたいと思う方もいらっしゃいます。

では本州と異なる文化を持つ沖縄でお墓を購入するとなるとどうすればいいのでしょうか。
そのための時期や手順、費用などについては深く知っておく必要があるといえます。

そこで今回は、沖縄でお墓を購入する際に必要な情報についていろいろとご紹介していきます。

より詳細な内容は、以下の6つのポイントを軸に見ていきます。

  • 沖縄にあるお墓の種類にはどのようなものが挙げられるのか?
  • 沖縄でお墓を購入する際によく見られる疑問点とは?
  • 沖縄でお墓を購入するのに適した時期とは?
  • 沖縄でお墓を購入する際の手順とは?
  • 沖縄でお墓を購入する際の費用や予算の相場とは?
  • 沖縄でお墓を購入する際に役立つローンとは?

終活に取り組む中で沖縄にお墓を建てることに興味がある方や、実際にご自身のお墓に関する選択肢の1つとして検討されている方は、ぜひとも今回の情報を参考にして頂ければ幸いです。

沖縄にはどんなお墓がある?

お墓

沖縄のお墓は、形からして日本本土で見られるそれとは非常に異なった独特のものです。
まずは、沖縄のお墓について理解する手始めに、沖縄のお墓の形にどのような種類が挙げられるのかについて見ていきましょう。

なお、大きく分けると、破風墓と亀甲墓とがあります。

破風墓

破風墓(はふばか)は、沖縄のお墓でも日本の伝統建築に見られるような屋根がついており、なおかつその屋根に破風と呼ばれる切り妻の飾りがあるのが特徴のお墓です。
外見から家を彷彿とさせるほど、日本本土の普通のお墓に比べても非常に大きいです。

もともと沖縄では古くから風葬と呼ばれる故人のご遺体を自然の成り行きで風化させる葬送儀礼があり、それを安定した環境でできるようにご遺体の安置場所を石で囲ったり、堀をめぐらせたりするといったさまざまな工夫を施した結果、出現するようになったのがこの破風墓という形です。

当初は、琉球王国の王室にのみつくられることが許されていましたが、明治時代になって琉球王国が亡くなった後、一般庶民にも解禁されて広くつくられるようになりました。

亀甲墓

亀甲墓(かめこうばか、きっこうばか)もまた破風墓と並ぶ、沖縄の代表的なお墓の形です。
こちらもまた破風墓と同じように家をイメージさせるほどの大きさを誇ります。

その形状が亀の甲羅をほうふつとさせることからこのような呼び方をします。
また、女性の子宮を象っているともいわれており、その背景には沖縄に古くから伝わる、「人は生まれる時も母親の胎内から出て、また亡くなった後は母親の胎内へと戻っていく」という思想があるとされています。

亀甲墓も琉球王国の時代に出現し、やはりこちらも当初は王族や士族にだけ建立が許されていました。
そして、明治になって琉球王国がなくなった後に解禁されて、こちらもまた一般庶民の間で広くつくられるようになりました。

沖縄でお墓を購入する際の疑問点

困った人々

沖縄の代表的なお墓の形についてざっくりと見てきたところで、ここからはいよいよ沖縄でお墓を購入する際の情報についていろいろと見ていきます。

まずは、沖縄でのお墓の購入に関して、よく見られる疑問点について考えてみましょう。

沖縄では伝統的なお墓でなくてないけない?

沖縄でお墓といえば、先ほども見たような伝統的な破風墓や亀甲墓が挙げられますが、両方とも非常に大きく、その分建立や管理のためのコストが高くなるようにも見えます。
沖縄でお墓を建てるということであれば、このような伝統的な形のものでなければいけないのでしょうか?

結論から先に書けば、伝統的なお墓でなくても問題ありません
たしかに沖縄では今もなおこのような伝統的なお墓を好んで購入する方が多いですが、昨今の核家族化といった社会的な状況の変化を受けて、伝統的なお墓の中にもコンパクトな形のものも増えてきています。

このようなコンパクトなお墓であれば建立や管理に必要なコストも従来のものに比べると比較的安く抑えることができます。
そのため、必ずしも従来の大きさの伝統的なお墓を建てる必要はありませんのでご安心ください。

沖縄では個人墓地が多い?

近年の沖縄のお墓事情にまつわる動きとして特に目立つのが、個人専用のお墓、つまり個人墓を個人墓地に建てる例が増えてきているという点です。

自分の土地の一部を墓地にして、そこに自由にご自身のためのお墓を建てるというものです。
もちろん、ご自分で管理するということであるため、個人墓に用いるデザインや大きさをどのように決めるのかも自由自在です。

ただ、最近では沖縄でも霊園墓地というスタイルも増えてきているため、ご自分で土地を用意できない場合でもそちらにお墓を建てることも可能です。

沖縄でお墓を購入する時期

お墓

沖縄でお墓を建てる場合でも、時期について考えることは非常に大切です。
昨今では終活ブームということもあり、沖縄に限らず日本国内でも多くの方が生前にお墓を建てるという方も増えてきています。
また、生前でなくても、お墓をいつ建てるかについては気になるという方も少なくありません。

そこでここでは、沖縄でお墓を建てるうえで適切な時期を、生前に建てる場合と、亡くなった後に建てる場合とに分けて見ていきましょう。

生前に探す場合

お墓を生前に建てることは、亡くなった後に残されるご家族の負担を軽減したり、税金(相続税)対策になったり、縁起がよかったりとメリットが多く、それは沖縄であっても例外ではありません。
それでは、沖縄で生前にお墓を探して建てるとなると、どのような時期がよいのでしょうか。

生前にお墓を探すということであれば、沖縄におけるユンヂチ(閏月)(詳しくは後述)やお彼岸に注目する必要があります。

特にお彼岸は、あの世とこの世とが最も近づく時期とされているため、この時期にお墓を建てるということは縁起の良いこととされています。

亡くなった後に探す場合

亡くなった後にお墓を探す場合、実際にお墓を建てる時期はいつ頃が適切なのでしょうか?
実はこの点は、沖縄に限らず日本国内のどの地域でも故人の没後の特定の時期にお墓を建てるべきという決まりは特にありません

ただ、最も早くても故人の四十九日が明けるタイミングに建てるという方が多いです。
これは四十九日そのものが故人が成仏するためのタイミングとみなされているためです。

ただ、さまざまな事情があってお墓の建立が四十九日明けに間に合わないという場合も少なくありません。
そのような場合は、故人の百か日や一周忌といった節目の法要に合わせて建てるということでも構いません。

沖縄でお墓を購入する手順

お墓

実際のところ、沖縄でお墓を購入するとなるとどのような手順を踏めばよいのでしょうか?
ここでは、手順に沿って沖縄でのお墓の購入について考えてみましょう。

購入時期を考える

沖縄でお墓の購入を考えるとなるとそのための時期として、お彼岸のことをあげましたが、そのほかにも先ほども少し見たユンヂチの時期も考慮に入れることが不可欠です。

実は、沖縄ではお墓のことも含めて年中行事が旧暦の日付に沿って細かく決まっているため、お墓を建てる時期を考えるとかなりの制約を覚悟しないといけません。
しかし、その旧暦に沿ったしきたりにも1つだけ例外があり、それこそが先ほど触れたユンヂチです。

現在の太陽暦と旧暦とでは時期が過ぎるごとに1年につきおよそ10日分のずれが生じます。
そのずれを調整するために約3年(正確には33ヶ月)に1度、ユンヂチ(閏月=余分な月)を設けてその年を13ヶ月としています。
そして、このユンヂチの期間は先ほども見たようにあの世からは見えない月とみなされています。

言い換えれば、ユンヂチが設けられている年については、例年通りに旧暦の日付をきちんと守ることなく、ユンヂチの間に自由な日程でお墓関係の行事を行えるということです。
このため、ユンヂチはお墓を建てるうえでは非常に重要な機会とされる時期とみなすことができます。

墓地のスタイルを考える

時期が決まれば、次は実際にお墓を経てる墓地のスタイルについて考える必要があります。

昨今の沖縄でよく見られる墓地の形態には大きく個人墓地霊園墓地とが挙げられます。

個人墓地についてはすでに見ましたが、ご自分で所有している土地の一部を墓地ということにして、そこに個人用のお墓を建てるため、お墓のデザインや大きさなどさまざまな面で自由に決めることができる反面、管理のことはすべて自己責任で行う必要があります。

一方の霊園墓地は沖縄でも近年になって増えてきている形態の墓地で、こちらは管理者が墓地の管理をきちんと行ってくれるため、個人墓地に比べ全域の管理のことはあまり気にしなくてもよいです。
しかし、その分毎年管理料が発生してくるうえ、万が一滞納すれば最悪の場合でお墓の撤去ということにもなりかねません。

いずれの形態の墓地もそれぞれ長短があるため、ご自分に合った墓地の形態をよく見極めて決めるとよいでしょう。

お墓の形を決める

この段階ではお墓の形を決めるということとなります。
最初に見たように沖縄の伝統的なお墓は概して大きいのが特徴であるため、その分建立や管理のコストが高くなりがちです。

そこで、もし伝統のお墓を建てるということであればコンパクトな形のものがおすすめです。
伝統的な形を残しつつ、従来のものに比べてコスト面で比較的安く建てることができます。

また選んだ墓地の形態が個人墓地ということであれば、伝統的なものに限らずさまざまな形やデザインのお墓を建てることも可能です。
近年では、沖縄でも和型のお墓や洋風のプレートのお墓を建てる例も出てきているため、このようなデザインのお墓を自由に選ぶこともできます。

契約をする

購入の時期や墓地の形態、デザインまで決まれば、いよいよ石材店といった専門の会社と契約する段階です。

正式に契約が成立しさえすれば、後は専門の会社や霊園の管理者が中心となって工事を行ってくれます。

地鎮祭をする

いよいよお墓を建てる段階ですが、実はその際にも重要な行事を持つこととなります。
それが地鎮祭、つまりその土地の神様に工事の許可をいただくとともに、工事が無事に滞りなく完了するように願うための儀式です。

地鎮祭には神式と仏式とがあり、特に沖縄では神式が行われることが多いのですが、いずれにしても専門の会社の方やお坊さん(もしくは神主さんなど)、そのほかの参加者の方々とよく相談して日程や段取りを決めることが大切です。

ちなみに、お墓が完成した後にもハヌカヌージと呼ばれる納骨式並びに完成祝いも執り行うのが慣例ですので、こちらも地鎮祭と同じように関係者の方たちとよく相談しつつ準備をしましょう。

沖縄でお墓を購入する際の費用予算

お金

沖縄でお墓を購入する際にはどのくらいの費用が相場となってくるのでしょうか?

まず、基本的な前提として、沖縄でお墓を建てる費用の項目は、日本本土と同じように土地代と墓石代、工事費用が主なものとなってきます。

これを踏まえたうえで具体的な費用を見ていきますと、沖縄における伝統的なお墓を建てる場合はその規模の大きさを考えると300万円以上は必要となってきます。

ただ、最近では沖縄でも霊園でのお墓や永代供養墓も広まりを見せてきており、霊園にお墓を建てる場合は永代供養つきで80万円以上、コンパクトなお墓や永代供養墓利用であれば50万円以上が相場です。

以下にまとめておきます。

  • 伝統的なお墓:300万円以上
  • 霊園に建てるお墓:80万円以上
  • コンパクトなお墓や永代供養墓:50万円以上

沖縄でお墓を購入する際に組めるローン

人々

最後にここでは沖縄でお墓を建てる際に組むことのできるローンについて簡潔に見ていきましょう。

メモリアルローン

メモリアルローンとは、葬儀やお墓関係に特化したローンのことで、大きく分けると信販系と金融機関の建墓ローンとがあります。

多くの場合、利用目的(お墓の建立など)が制限されている一方で、その分初めて利用した時からある程度まとまった金額を借りることができます。

カードローン

メモリアルローン以外にも利用目的に制限のない多目的ローンもあります。
こちらはお墓や葬儀のこと以外にも利用することはできますが、いきなり多額の借り入れができないこと(初めて利用する場合など)も少なくありません。

ただし、ある程度カードローンの利用経験があり、かつ金融機関からの信用度が高い場合は一度の高額で融資してもらえる可能性が出てきます。

沖縄でお墓を購入するまとめ

Okinawa

沖縄でお墓を購入することについて見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 沖縄の独特のお墓として破風墓と亀甲墓とがあり、いずれも琉球王国の時代から出現し、明治以降に庶民の間でも広く建てられるようになったもので、日本本土の普通のお墓よりも比較的大きい。
  • 沖縄でお墓を購入する際の疑問点として、伝統的なお墓でなくてはいけないのかという点と、個人墓地は多いのかという点が挙げられる。前者については、伝統的なものでもコンパクトなものを建てることができるといえるし、後者については、個人墓地も多いが霊園墓地も最近では増えてきているといえる。
  • 沖縄でお墓を購入する時期として、生前に探すのであればお彼岸やユンヂチ(閏月)の時期が、亡くなった後に探す場合であれば四十九日明けなど故人の没後の節目の時期が適している。
  • 沖縄でお墓を購入する手順としては、まずユンヂチなど購入に適した時期を考慮し、お墓を建てる場所となる墓地のスタイル(個人墓地もしくは霊園墓地)を選択する。そしてお墓の形をやデザインを決めた後で、業者と契約し、実際の工事前と完成時にそれぞれ地鎮祭とハヌカヌージを執り行う。
  • 沖縄でお墓を購入する際の費用として伝統的なものであれば300万円以上、永代供養つきの霊園墓地のお墓であれば80万円以上、コンパクトなお墓や永代供養墓であれば50万円以上が相場となる。
  • 沖縄でお墓を購入する際に組めるローンとして葬儀やお墓関係の利用目的に特化したメモリアルローンや、各金融機関が用意している目的があまり問われないカードローンが挙げられる。

日本でも南国といわれる沖縄にお墓を購入して建てたいという方も少なくないでしょう。
ぜひともこの記事をきっかけにいろいろと関係する情報を探して、検討してみてください。

今回の記事以外にも終活ねっとでは終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらもあわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「沖縄・お墓・購入」に関連する記事

「沖縄・お墓・購入」についてさらに知りたい方へ

  • 沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

    沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    日本列島の中でも比較的南に位置する沖縄は、お墓の形や特徴も非常に独特です。その外見を見るだけでも非常にエキゾチックで、国内にいながらも外国に旅行に行くような気持ちになります。このような沖縄のお墓の形は歴史的にどう変化し、現在どうなっているのでしょうか?

  • 沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像

    沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

    日本でも南の方に位置する地域である沖縄。歴史的に本州などとはまた別の独特の文化が花開いたこともあり、お墓の形も、またそこに見られる特徴も本州とは異なっており、沖縄以外の地域の人々でも関心を寄せる人が少なくありません。今回はそんな沖縄のお墓について見ていきます。

  • 沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

    沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

    初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由と現代のお墓事情を中心に解説いたします。

  • 風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

    風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    沖縄には本州とは違って独自の文化を持っています。その中のひとつ、沖縄のお墓も、独自の形、考え方を元にしていて、中には文化財として指定されていたり、観光の名所となっているほど貴重なお墓もあるほどです。独自のデザインや風習などをご紹介いたします。

  • 沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介しますのサムネイル画像

    沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介します

    お墓参りといえば、ご先祖様への供養などの前にお墓の掃除をします。それは、日本の伝統的な方法に限らず沖縄でも同じことです。しかし、沖縄の場合は本土のそれと異なった独特のやり方が行われます。今回は、沖縄のお墓参りの際の掃除のやり方などについて見ていきます。

  • 沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

    沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

    独特な文化を持つ沖縄には、葬儀やお墓にもこの土地にしかない様々なしきたりがあります。今回はそんな沖縄の風習の中から、年行事や納骨やお供えものなど、沖縄のお墓にまつわるしきたりについて詳しくご紹介しましょう。

  • 知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!のサムネイル画像

    知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!

    日本国内でも独特の文化を持つ沖縄はお墓参りに関する慣習も非常に独特です。日本の本土に住む方の中にはこの独特さに魅かれて、お墓参りの季節を選んではるばると沖縄へやってくるという方も多いです。そこで今回は、沖縄のお墓参りの時期やマナーなどについて見ていきましょう。

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓を購入し建てることは、家と同じで一生の買い物といわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てる時期にも適した時期と避けるべき時期があります。今回終活ねっとではお墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • 沖縄で永代供養のニーズが高まる理由とは?オススメの霊園も紹介!のサムネイル画像

    沖縄で永代供養のニーズが高まる理由とは?オススメの霊園も紹介!

    供養方法に永代供養を選択する人が増えてきました。中でも、沖縄で永代供養の需要が高くなっていることをご存知でしょうか?この記事では、沖縄で永代供養が必要とされている理由やお勧めの霊園などを解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「沖縄・お墓・購入」についてさらに知りたい方へ

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!のサムネイル画像

沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介しますのサムネイル画像

沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介します

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!のサムネイル画像

知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

沖縄で永代供養のニーズが高まる理由とは?オススメの霊園も紹介!のサムネイル画像

沖縄で永代供養のニーズが高まる理由とは?オススメの霊園も紹介!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと