友引に通夜は避けるべき?通夜に役立つ情報についてまとめました!

友引と通夜になにか関係があるのでしょうか。通夜は友引に行う事は行けないことなのでしょうか。いろいろと疑問がある方も多いかとおもいます。この記事では、友引や通夜について疑問に思ったことが多いことをまとめます。

目次

  1. お通夜と友引について
  2. カレンダーでよく見る友引とは
  3. 友引と通夜の関係
  4. 北海道での友引の通夜について
  5. なぜ友引の葬儀は避けられるの?
  6. 六曜は通夜・葬儀と関係ありません
  7. 友引と通夜についてまとめ

お通夜と友引について

葬儀

終活中の方もそうではない方も、お通夜を行った事や参列された方もいらっしゃるでしょう。
そのとき、カレンダーをご覧になって表示されている六曜を確認されませんでしたか?
なぜ、我々日本人は六曜を気にするのか考えたことがあったのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは

  • カレンダーに表示されている友引ってなんだろう?
  • 友引と通夜の関係って?
  • 北海道での通夜について
  • なぜ、友引の葬儀はさけられているの?
  • 実は、六曜と通夜や葬儀は関係なかった?

など、お通夜と友引について疑問に思っていることをお話しいたします。
最後まで、お付き合いください。

カレンダーでよく見る友引とは

葬儀

一度は、カレンダーや手帳で友引・仏滅・大安など書かれた文字を目にされたことがあるかと思います。
この文字をもとに、結婚式や引っ越し、お通夜や葬儀の日取りを決めている方も多いではないでしょうか。
では友引とは、一体どういう意味なのでしょう。

現在、友引とは凶事を行うと友にまで類が及ぶ、友も道連れにしてしまうと言われています。
また、幸せなこともお裾分けできるとして結婚式などの吉事に好まれています。

しかし、元の理由は中国の留引と言われていて、どのような勝負を行っても勝負がつかない、引き分けになってしまう日とされてきました。
その言葉が、りゅういん→ゆういん→ともびき→共引き→友引と変化して現在の意味に変わってきたのが友引のはじまりです。

友引と通夜の関係

葬儀

では、友引とお通夜の関係はどのようなものがあるのでしょうか。
現在では、友を引く日としてお通夜を行うことが避けられています。

実は、友引と仏教やお墓とはなんの関係もない事を知っていましたか?
先項でご紹介した様に、りゅういん→ゆういん(友引)→ともびきと呼ばれることになり、友を引くとイメージが付いてきてしまったのです。

そのため、友引や六曜と仏教やお墓にはなんら関係がないということが事実です。

北海道での友引の通夜について

葬儀

北海道では、通夜や葬儀について独特の行い方があることをご存じでしょうか。
それは

  • 北海道ではお通夜を2回する事
  • 北海道は、通夜の後に火葬を行う事
  • 北海道では、通夜の前に火葬を行う事

です。
ここでは北海道での友引の通夜についてお話しいたします。

北海道では通夜を2回行う?

北海道では通夜を2回行う地域があることをご存じですか?
とある地域では、仮通夜と通夜の2回行っているところがあります。
なぜなら、訃報は突然やってきてしまいますよね。

その為、北海道のような広々とした地域では同じ道内に住んでいる親戚・友人が集まるのにとても時間や日数がかかることが多くありました。
そのような事情を抱えた家では、通夜を2回に分けて行うようになったのです。

仮通夜の時には、ご遺体に向けて一晩中お線香を絶やさない為に夜とぎをします。
逆に、本通夜の時はご遺骨になっているので夜とぎは必要ないとされています。

通夜の後に火葬を行う地域がある

北海道には、通夜の後に火葬を行う地域があります。
根室地方では、通夜の後に火葬を行いその後、ご遺骨を前に葬儀を実施します。
前火葬とも呼ばれている風習で北海道や東北地方、九州地方の一部に見られている方法です。
亡くなられてから、近親者で通夜を行い荼毘に伏します。

その理由としては、大雪で身動きが取れずに葬儀に間に合わないということが多く、ご遺体の損傷や腐敗を防ぐ為に火葬してご遺骨にして、雪が収まった時に葬儀を執り行うようにしていた為です。

通夜の前に火葬を行う地域もある

北海道には、通夜の前に火葬を行う地域もあります。
函館では、根室とは逆に火葬を行ってから通夜、そして葬儀という地域があります。
その理由としては、昭和9年の函館で起こった函館大火で死者が数多く出たため、衛生上の理由から先に火葬したと言われています。

他にも、漁業町の為潮風でご遺体の損傷を防ぐ為、昭和29年に起こった洞爺丸の沈没事故で多くの方々が亡くなった為、火葬を急ぎ行わなくてはならなかったのが始まりだとも言われています。
その習わしが現在まで続いているようです。

以上のことから北海道では、通夜が友引に当たっていないか、火葬場がお休みでないかなどを考えて実施しなければなりません。

なぜ友引の葬儀は避けられるの?

葬儀

ここまでの話で、なんとなく友引についてわかってきたのではないでしょうか。
では、なぜ友引の葬儀は避けられるのでしょうか?

ここでは、友引の葬儀が避けられる理由について解説していきます。

「凶事に友を引く」という言葉から

凶事に友を道連れにしてしまうと言われているため、葬儀を避けてしまったり行ってはいけないと思っていたりしている方が多いのではないでしょうか。

もともとは、漢字も共だったのが友に変わってしまった為に友を引くと言われてしまった事をご存じ無い方々が多いために現在の様な迷信が伝わっています。

火葬場が定休日の場合がある

友引は長い間の慣習から葬儀をおこなわない、行ってはいけないとされてきた所が多く、その為、火葬場が稼働していない事があります。
その為、葬儀を実施する際には火葬場の定休日を必ず確認しましょう。

友引にあたっている日にお通夜を行うと、翌日が葬儀(火葬)となる場合がほとんどだと思います。
友引の翌日は、友引開けとも呼ばれていて友引の日の葬儀を避けた方々で火葬場が混み合っています。

混み具合によっては、その日に火葬できないこともあるようです。
そのことも念頭に入れておいて、他のご遺族や葬儀社の方々とも実施する日を相談されると良いのではないでしょうか。

六曜は通夜・葬儀と関係ありません

葬儀

今までのことで、友引の意味は理解できましたか。
友引が、葬儀とは関係がないように六曜はお通夜・葬儀とは全く関係がありません
もちろん、仏教(特に浄土真宗)やキリスト教など宗教とも関係がありません。
はっきりと申し上げて迷信です。

六曜とは、もともと現代の曜日のような感覚で使われてきていました。
例えば、1月と7月の1日は先勝、2月と8月の1日は友引などと決められていてそれを順繰りと回していただけでした。
その為、吉凶などは全く関係ないものでした。
それが昭和30年頃から、占い師などにより吉凶の意味が付けられていったものが流行として広がっただけなのです。

しかし、それが現代では当たり前だと捉えられ六曜と葬儀や結婚式などの人生における儀式の日程を決める目安とされてきました。
その為、なかなかその考えから切り替えられない方々も多いでしょう。
無理に、いままでの考えを変える必要はありませんが、友引や六曜に縛られることもないのですよ。

※現代では、気にされない方々も増えてきて営業している火葬場もあるくらい、気にする必要がありません。

友引と通夜についてまとめ

葬儀

いかがでしたか、友引と通夜についてお話ししてきました。
その結果

  • カレンダーで見る友引とは、六曜のひとつであること
  • 友引と通夜は、火葬場の定休日と関係してくるが宗教とは無関係であること
  • 北海道では、二度通夜が行われる所や前火葬を行うところがあること
  • 友引に葬儀を避ける必要はないこと
  • 六曜と通夜、葬儀は関係ないこと

などがお分かり頂けたのではないでしょうか。

ご自身の手で、お通夜や葬儀を行う場合友引に実施しても問題はありませんが、ご親族で気になさる方がいるようでしたら、しっかりと話し合う事と火葬場が営業しているかなども確認してください。

六曜や葬儀になどについて、終活ねっとではご紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「友引・通夜」に関連する記事

「友引・通夜」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「友引・通夜」についてさらに知りたい方へ

友引に葬儀を行ったらいけない?友引と葬儀について調べました!のサムネイル画像

友引に葬儀を行ったらいけない?友引と葬儀について調べました!

友引に火葬や葬儀をしてはいけないのは何故?~友引について~のサムネイル画像

友引に火葬や葬儀をしてはいけないのは何故?~友引について~

お墓参りに友引の日は避けるべき?詳しく説明いたします!のサムネイル画像

お墓参りに友引の日は避けるべき?詳しく説明いたします!

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とはのサムネイル画像

葬式の日程を決めるのにポイントになる友引とは

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像

葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

「大安・仏滅に葬儀は行えない?」今更、人に聞けない悩みのサムネイル画像

「大安・仏滅に葬儀は行えない?」今更、人に聞けない悩み

仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!のサムネイル画像

仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

葬儀の日程を決めるために知っておきたいことのサムネイル画像

葬儀の日程を決めるために知っておきたいこと

葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!

お葬式を大安に行ってはいけない?ちょっと気になるマナーの事のサムネイル画像

お葬式を大安に行ってはいけない?ちょっと気になるマナーの事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと