直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

直葬とは、ごく一部の親しい人だけで火葬のみを行うお葬式のことを言います。 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーはぜひ知っておきたい知識です。 今回は、香典の必要性や相場をご紹介していきますのでぜひ最後まで読んでご参考にしてください。

目次

  1. 直葬の香典について
  2. 直葬の場合に香典は必要?
  3. 直葬の香典の金額相場は?
  4. 直葬で香典はいつ渡すの?
  5. 直葬の場合の香典返しは必要?
  6. 直葬の香典についてまとめ

直葬の香典について

葬儀

従来は故人に繋がりのあった人をたくさん呼んで大規模なお葬式が執り行われることが多かったですが、最近は家族葬やごく一部の身近な人だけを読んで小規模なお葬式が執り行われることが多くなっています。

そのなかでも特に、お通夜や告別式を省略してごく親しい人だけで火葬を行う直葬と呼ばれる形式のお葬式が年々増えています。

今までのお葬式の形に囚われない人が多くなったこと、その後のご家族の負担を考えて終活を進める中で予算を抑えたいと考える人が増えたことが要因として挙げられます。

一般的なお葬式では、参列者は相互扶助の意味合いを込めて香典を準備します。

昔はお葬式を行う場合、近隣の人に食事を振る舞う風習があり負担が大きかったため、近隣の人が自分で食事を持ち寄ったことが起源と言われています。

それが戦後、お金を香典として持ち寄るように変化してきました。
それでは、直葬に参列する場合、香典を持っていく必要があるのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、直葬の香典について解説します。

  • 直葬に香典を準備する必要があるのか
  • 香典の相場や、喪主に渡すタイミング
  • 香典返しが必要か

以上のことを中心にご紹介します。

もし直葬に参列することになった場合や、直葬が行われて後日お線香をあげに行く場合に知っておきたい情報を載せておりますので、ぜひ最後までお読みください。

直葬の場合に香典は必要?

葬儀

まず原則として、香典を受け取る・受け取らないは喪主の判断に委ねられています。
したがって地域やご家庭によって、直葬で香典を準備するかどうかは変わってきます。

事前に喪主から香典不要という連絡があった場合は、無理矢理渡すことは避けましょう。

もし特に連絡が無い場合、香典は相手への「気持ち」や「心遣い」を表すものですので、準備しておく方が良いです。
ただし、渡そうとした際に断られた場合は、無理に渡さずに引き下がりましょう。

ここでは、身内が喪主だった場合香典を準備する必要があるのか、喪主が辞退した場合はどうしたらよいのかをご説明します。

身内が喪主でも香典は必要?

身内が喪主の場合(夫や妻、未婚の子供のように喪主と戸籍が同じ場合)は、基本的には香典は不要です。

喪主が自分の父や母であっても、自分が結婚していて家庭を持っている場合には別世帯と考えられるので、香典は必要になります。

喪主側が辞退することも

相手への気持ちや心遣いとして香典を準備しても、喪主側が辞退する場合もあります。
香典はありがたいものですが、一方で喪主にとって負担になるケースもあるからです。

例えば

  • 香典をどのように分配するか、家族同士での揉めごとの原因になる
  • 香典返しをするために、品を選んで物を送るという作業が発生する
  • せっかく葬儀が終わっても、香典返しのために引き続き作業をしなくてはならない

などの負担があります。

香典返しをする際には、金額や故人との関係性を加味した上で品物を選んで発送する必要があるため、喪主にとっては大変な作業となります。

このような理由から、もし喪主が「香典は不要です」と断った場合は無理矢理渡さないようにしましょう。

直葬の香典の金額相場は?

葬儀

香典には、「相互扶助」と「故人への供養」の意味が込められています。
そのため、香典を渡す相手との関係性によって金額相場も変化します。

一般的には、相手との関係性が深いほど金額も高くなります。

ここでは、直葬の香典の金額相場について身内の場合と、知人・会社関係の場合の相場を参考としてご説明します。

身内の場合

身内の場合、喪主と自分が同じ籍である場合は、香典をもらう側の立場になります。
そのため香典の準備は不要です。

喪主と身内であるが、自分と籍が違う場合の香典相場は、

  • 祖父母:1万円程度
  • 両親:5~10万円
  • 兄弟姉妹:1~5万円

となっております。

知人・会社関係の場合

知人・会社関係の場合は一般的に3千~5千円が相場とされています。
金額が高いほど良いわけではありません。

あまりに高い香典は喪主への負担も大きくなってしまいますので、注意しましょう。

直葬で香典はいつ渡すの?

葬儀

直葬の場合、受付がないこともありますので香典を渡すタイミングは悩ましいと思います。

ご遺族に直接渡す方法、祭壇に供える場合のポイントをご説明します。
また、香典に使うお札についても気を付けたいポイントがあります。

ご遺族に直接渡す場合

まずは、ご遺族に直接渡す場合の香典の渡すタイミングについて見ていきましょう。
直葬に呼ばれた際には、ご遺族にお悔やみの言葉を述べて直接香典を渡します。

葬儀では、悲しみを表すためにできるだけ言葉は少ないほうが良いとされていますので、何も言わずに渡す形でも良いです。

ですが、余裕があれば「こちらをお供えください」「この度はご愁傷さまです」と一言添えて渡します。

祭壇に供える

もしくは、ご焼香をする際に祭壇に供えるという方法もあります。
この場合は、ご焼香の直前に供えましょう。

また、香典は故人ではなくご遺族へお渡しするものですので、香典を置くときの向きは自分が読める
向き
にしてください。

香典に使うお札

香典に使うお札はマナーとして、新札ではなく折り目の付いたお札を使うのがマナーです。
香典は前もって準備するものではないため、新札を利用するのはマナー違反と言われています。

ただし、あまりにボロボロになったお札や使い古されたお札は供えるものとしてふさわしくありませんので注意しましょう。

直葬の場合の香典返しは必要?

葬儀

香典をいただいた場合、香典返しは必須です。

お返しの額は地域などによって変わってきますが、頂いた額の3分の1~半分程度のものをお返しするのが一般的です。

あらかじめ香典返しを準備していた場合は、香典を頂いたらすぐにお返しをお渡ししましょう。
あらかじめ準備していなかった場合には、49日の忌明け後に渡します。

品物としては、タオルやコーヒー、銘茶などが一般的です。
この時、感謝の気持ちを伝えるためにお礼状も添えます。

直葬の香典についてまとめ

葬儀

この記事では、直葬の香典について解説しました。
近年は、終活を考える人が多くなり、身内への負担を考えて自分の葬儀を小規模に行いたいと考える人が増えています。

その中でも、ごく親しい人だけで火葬を執り行う直葬はあまり参加したことがなく、香典マナーについて今までご存知なかった人も多いと思います。

  • 直葬の香典の必要性
  • 身内が喪主の時の香典
  • 香典の相場と渡し方
  • 直葬で香典をもらった際のお返し

についてお伝えしました。
今回お伝えした知識を参考にして、いざという時に備えておきましょう。

終活ねっとでは、「直葬での香典」以外にも葬儀に関する様々な記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「直葬・香典」に関連する記事

  • 葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

    葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

    日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

  • 香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

    香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

    香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

  • 葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

    葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

    葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

    一周忌法要における香典はどのようにしたらよいのでしょうか?一周忌の法要はご遺族にとって大切な場ですから、金額や書き方など失礼のないようにしたいものです。今回の記事では一周忌の香典について、香典袋の表書きや名前の書き方、金額の相場などを分かりやすく解説します。

  • 直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

    直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

    シンプル志向の時代の流れとともにお通夜と告別式を行なわない直葬が注目を集めています。今回は直葬のメリットとデメリットについてさまざまな点からご説明いたします。直葬を希望する方もこれから考えたい方も必見の役立つ情報です。デメリットでは注意点もご説明いたします。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

    香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

    親戚や友人が不幸にあった際には、お通夜・お葬式に参列し香典をお渡しすることになります。皆さんは、お通夜とお葬式のどちらで香典を渡せばいいのかご存知でしょうか?今回は、通夜や葬儀での香典を渡すタイミングについて解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

    香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

    お通夜や告別式などで持参する香典には、お悔やみとご供養の気持ちをこめた大切な意味があります。今回は香典の特に表書きについて詳しくご説明します。宗教宗派別の香典の表書きや名前の書き方など、誰もが知っておきたいマナーについてですので最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「直葬・香典」についてさらに知りたい方へ

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!のサムネイル画像

直葬にはどんなメリットとデメリットがある?注意点とともに解説!

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「直葬・香典」についてさらに知りたい方へ

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説しますのサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーや金額について解説します

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介しますのサムネイル画像

葬儀後に香典を贈りたい!贈る方法や書き方について紹介します

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

一周忌の香典はいくら包む?香典袋の書き方や金額相場について解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと