絶家のときの永代供養はどうすればいいの?詳しく解説します!

絶家の意味をご存じですか?絶家とは字のごとく、家が絶えることを意味します。家が絶えるとは、お墓を承継する人がいないということです。その場合には、永代供養をする必要がでてきます。今回は絶家と永代供養について詳しく解説をしていきます。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 絶家の永代供養について
  2. 絶家とは
  3. 絶家の対処方法
  4. 絶家のときの仏壇・仏具の処分
  5. 絶家の永代供養についてまとめ

絶家の永代供養について

お墓

絶家という言葉を耳にしたことはありますか?
現在に比べると、昔はお墓の承継問題に関してあまり問題視されていませんでした。

しかし近年では、少子化や核家族化が進み、お墓の承継が困難な家庭が増えています。
このことにより、絶家となる家も増加傾向にあります。

実際に絶家となった場合、まず考えないといけない問題として、お墓の問題があります。

先祖代々のお墓はどうなるのでしょう?
また、子供がいない場合には、お墓をどのようにすれば良いのでしょう?

今回は、この絶家と永代供養に関して解説をしていきます。

  • そもそも絶家とは?
  • 絶家になった場合の対処法とは?
  • 絶家になった場合、仏壇や仏具はどのように処分するの?

以上の点より、絶家にならざるを得ない状況や、実際に絶家となった場合の対処法などを詳しく解説していきます。

絶家という言葉は、あまり耳慣れない人も多いとは思いますが、近年では絶家は珍しいことではなくなってきています。

いざという際に困らないように、ぜひ最後までご覧ください。

絶家とは

困った人々

絶家(ぜっけ)とは、子供がいないなどの理由によって、お墓を承継できる人がいなくなってしまう状況のことをいいます。
つまり、家を相続する人が途絶えることを意味します。

絶家になるケースで多いとされているのが、奥さんや祖母の実家です。
近年では、少子化や核家族化などの影響によって、お墓の承継が困難となるケースが増加しています。

こういったことからも、絶家する家は増加傾向にあると言われています。

絶家の対処方法

お墓

子供がいないなどの理由でお墓の承継人がいない場合、自分の代でその家を継ぐ人がいなくなることになります。

その場合、先祖代々のお墓はどうすれば良いのでしょう?
そのままにしておけば、いずれお墓は無縁墓となってしまいます。

そうならないためにも、ご先祖様のお墓を永代供養をしてもらえるように、手配をしなければなりません。

ここでは絶家の対処方法について解説します。

先祖の永代供養

先程述べたように、承継人がいないお墓はいずれ無縁墓となってしまいます。
大切なご先祖様を無縁仏にしないよう、永代供養の手配をしましょう。

ご先祖様のお墓を永代供養してもらうためには、以下のような方法があります。

五輪塔を建てる

すでに先祖代々のお墓があり、承継者がいないことで絶家となる場合、五輪塔を建てて永代供養にします。

五輪塔とは、五つの輪が重なった形をした供養塔です。
下から地(方形)・水(円形)・火(三角形)・風(半月形)・空(宝珠形)の順に石材が積み重なっており、五大を象徴しているとされています。

五輪塔の竿石部分に先祖代々の戒名や法名を刻み、ご先祖様を収容します。

このケースで五輪塔を建てる場合には、ある程度の年数お墓の維持・管理をしてもらえる墓地・霊園に永代供養をお願いした方が良いでしょう。

慰霊塔に合祀する

先祖代々のお墓が無縁墓となってしまう可能性がある場合には、すでにある墓石を撤去し、戒名が刻まれている竿石部分は慰霊塔へ合祀します。
竿石以外の台石部分は、破棄処分することになります。

ご先祖様のご遺骨は、無縁慰霊塔へ祀られ、永代供養されます。

墓じまいする

承継人がいない状況でお墓の管理がされない状態が続くと、お墓は荒れてしまいます。

お墓の周りは草木が生い茂り、墓石自体も劣化していくため、とても惨めな姿になってしまいます。
そんな状態のお墓に眠っているご先祖様は、とても悲しまれるでしょう。

そのようなことにならないためにも、思い切って墓じまいをするという選択もあります。

墓じまいとは、お墓を撤去し、手続きをした上で、ご遺骨を他の墓地や永代供養墓地へ改葬することをいいます。

墓じまいをするためには、いくつかの手続きを踏まなければなりません。
墓石の撤去に関する費用もかかるため、その点はきちんと留意しておく必要があります。

自分の供養

自分のお墓が欲しくて、生前にお墓を購入する人もおられます。
子供がそのお墓を承継してくれれば良いのですが、承継人がいない場合、先程述べたように無縁墓となってしまいます。

承継人がいない場合には、自分の供養のために基本的に永代供養をしてもらうことを検討しましょう。

永代供養墓

永代供養墓は、寺院や霊園が永代に渡って供養や管理をしてくれるお墓です。
承継人がいなくてお墓参りをしてもらえない場合であっても、無縁墓や無縁仏になる心配がありません。

永代供養墓には、複数のご遺骨と一緒に埋葬する合祀タイプや、ご遺骨を骨壷に入れて状態で個別に埋葬するタイプがあります。

個別に埋葬するタイプであっても、ある程度の保管期間を過ぎると、複数のご遺骨と一緒に合祀される場合がほとんどです。

ほとんどの墓地霊園で、合祀までの期間は三十三回忌を目安としています。

樹木葬

樹木葬は、近年人気のある埋葬方法です。

自然葬とは、最期は自然に還りたいという考えを持つ人に支持されており、その名の通り、ご遺骨をお墓ではなく自然の中に埋葬します。

樹木葬は、従来のお墓のように墓石を墓標とせずに、樹木を墓標とする埋葬方法です。
樹木葬には、ご遺骨を森や林といった里山に埋葬する里山型や、霊園内の区画にご遺骨を埋葬する公園型があります。

広い範囲でみると、樹木葬は自然葬の一つになります。

散骨

散骨とは、故人のご遺骨を粉末状にし、海や空などにそのまま撒く埋葬方法です。
樹木葬と同様に、自然葬の一つになります。

現時点では、散骨に関する法律は定められておらず、個人の責任において行わなければなりません。
他人の私有地内や漁場・海水浴場など、散骨をする際には、他人に迷惑をかけないよう細心の注意をはらって行う必要があります。

絶家のときの仏壇・仏具の処分

仏壇

仏壇・仏具の処分方法として、一般的にお焚き上げを行い、燃やすことになります。
ご先祖様に今までの感謝の意を捧げ、改めて祈念します。

仏像や位牌・遺影などは、お寺でお願いをして、魂やお性根を抜く必要があるので、そのまま処分することはできません。

おりんや蝋燭たて、お供え物などといった仏具の場合は、基本的にそのまま通常のごみと一緒に廃棄することになります。

しかし、仏具を自分で処分することに対して気がひける場合には、魂抜き・お焚き上げなど一括で引き受けてくれるところもあるので、お願いすると良いでしょう。

絶家の永代供養についてまとめ

お墓

絶家の永代供養について、解説を行なってきました。
いかがでしたか?

絶家とは、近年では珍しい言葉ではありません。
身近な問題として、絶家になった場合の対処方法を解説してきました。

  • 絶家とは、お墓を承継できない状況になること、つまり家を相続する人が途絶えることをいいます。
  • 絶家となった場合、ご先祖様を永代供養する手配をしなければなりません。永代供養するための方法として、五輪塔を建てる・慰霊塔に合祀する・墓じまいをするといった方法があります。
  • 自分のお墓を建てたいけれど承継人がいないといった場合には、承継人を必要としない永代供養墓や自然葬である樹木葬・散骨などを選択肢に入れると良いでしょう。
  • 絶家となった場合の仏壇の処理は、お焚き上げを行い燃やします。仏像や位牌・遺影などは、魂抜きをお願いしなければ処分できません。おりんや蝋燭立てなどの仏具は、そのまま家庭ゴミとして処分することが可能です。

以上のことがわかりました。

絶家となったからといって、自分とご先祖様の縁が切れるわけではありません。
絶家となった場合には、ご先祖様に対して今までの感謝の意を込めて、きちんとご先祖様を永代供養にする手配を行いましょう。

また近年では、少子化や核家族化が進み、お墓の承継問題は深刻化しています。

しかし現在では、承継が困難な場合であっても様々な埋葬・供養方法があり、それぞれのケースによって自分の希望で選択を行うことができます。

終活を行うことによって、自分の希望に沿った埋葬・供養の方法を見つけましょう。

終活ねっとでは、終活についての様々な記事を紹介しています。
ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「絶家・永代供養」に関連する記事

「絶家・永代供養」についてさらに知りたい方へ

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • 永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

    永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

    お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

    子供に迷惑をかけたくない、後継者がいないなど様々な理由により、お墓をいらないと考える人が増えてきてる今、従来のお墓やお葬式といった制度にとらわれない自由な供養の形に注目が集まっています。お墓がいらないと思った時、どのような選択肢があるのかご紹介します。

  • 独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!のサムネイル画像

    独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!

    独身の方が亡くなられた場合、お墓やその後のご供養はどのようにすれば良いのでしょうか。様々なライフスタイルが選ばれるようになった現代において、独身者のお墓とご供養は悩みの一つとなっています。独身女性・男性のお墓事情とその後のご供養について詳しく解説します。

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

    現代ではお墓の後継者についての心配がいらない永代供養のお墓に注目が集まっています。その中でも永代供養付きの家族墓は家族と一緒の安心感が好評です。今回は家族墓の特徴や気になる費用の相場などを詳しくご説明いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「絶家・永代供養」についてさらに知りたい方へ

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!のサムネイル画像

独身女性・男性のお墓事情を供養方法などとあわせて解説!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと