宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説

墓地・霊園にあるお墓を見回してみますと、宗教関係の文言やシンボルを見かけることが少なくないように、お墓と宗教は密接に関係しています。お墓を購入する際などに宗教関係でどのような点に注意すればよいのでしょうか。今回はお墓と宗教との関係について見ていきましょう。

目次

  1. お墓と宗教について
  2. 様々な宗教・宗派のお墓
  3. しきみはどの宗教のお墓にも供えられる?
  4. 無宗教の場合のお墓
  5. 夫婦で宗教が違う場合のお墓
  6. 沖縄のお墓と宗教
  7. お墓と宗教のまとめ

お墓と宗教について

お墓

私たちは一生の中で何度かお墓参りに出かけたり、あるいは新規にお墓を建てたり、どこかの節目で移動もしくは墓じまいしたりする、というように生きていく中でお墓とはいろいろな点で密接に関わりを持つようになります。

このように、私たちの生活の中と密接しているお墓ですが、ほとんどの場合宗教と何らかの関係性を持っています。
その証拠に、墓地や霊園に行ったときにいろいろとお墓を見てみますと、さまざまな宗教・宗派に関係する文言やシンボルを見かけることも少なくありません。

また、お墓を建てる時や亡くなった身内の方をお墓に納骨する時や永代供養の合祀墓(ごうしぼ)を利用する時なども、利用の際に行われる供養などを通じて、宗教・宗派が関係してきます。
このように、お墓のことを考えるうえで宗教・宗派との関係は切っても切ることはできませんし、関係してくる宗教・宗派に関する知識は必要不可欠です。

そこで、今回終活ねっとではお墓と宗教の関係について見ていきましょう。
より具体的には

  • さまざまな宗教・宗派のお墓にはそれぞれどのような特徴が見られるのか?
  • お墓でよく見られるしきみは、どの宗教のお墓にも供えられるのか?
  • 無宗教の場合のお墓はどのように建てられ、どのように納骨されるのか?
  • 夫婦で宗教が違う場合、お墓はどうなるのか?
  • 沖縄のお墓と宗教はどのような関係があるのか?

という5点のポイントを軸に内容を進めていきます。
終活の中でのお墓探しやお墓の引継ぎなどでも宗教・宗派関係の知識は必要不可欠ですので、ぜひともご活用ください。

様々な宗教・宗派のお墓

仏壇

現代では信教の自由が憲法で保障されているだけあって、日本にはさまざまな宗教・宗派が信じられています。
その分、お墓にも宗教・宗派ごとによってさまざまな特徴があります。

仏教のお墓

仏教は日本で最も広く信じられている宗教であり、細かく見ていくとさまざまな宗派があります。
まずは、仏教の各宗派ごとのお墓の特徴を見ていきましょう。

天台宗のお墓

天台宗とは、平安時代初期に最澄大師(伝教大師)によって中国から伝わった宗教です。
天台宗のお墓には、墓石によく見られる文言である「○○家先祖代々之墓」の上に梵字という大日如来を意味する「ア」が刻まれることが特徴です。
この文言が刻まれる理由は、天台宗がこの後ご紹介する真言宗と同じく密教に分類されるためです。

ただ、お墓に刻まれる文言のそのほかの特徴としては、法華経の教えに基づく「南無阿弥陀仏」が刻まれる以外には特に細かい決まりはありません。

そのほか、梵字で「地・水・火・風・空」と刻んだ五輪塔も建てられます。

真言宗のお墓

真言宗とは、天台宗とほぼ同じ時期(平安時代初期)に空海大師(弘法大師)によって中国から伝えられた宗教です。
真言宗のお墓も天台宗と同じく密教に分類されるため、お墓の「○○家先祖代々之墓」の上に大日如来を意味する「ア」の梵字が刻まれることが特徴です。

そして、大日如来を意味する梵字のほかには「南無大師遍照金剛」の文言がお墓に刻まれることも多いです。
さらに、下から梵字で「地・水・火・風・空」と刻んだ五輪塔も建てられます。

浄土宗のお墓

浄土宗とは、平安時代に起こった浄土信仰を基盤にして鎌倉時代の初期に法然上人によって開かれた宗教であり、念仏を唱えるのが教えの基本となっています。
そのため浄土宗のお墓には、墓石に「南無阿弥陀仏」や「俱会一処(くえいっしょ)」というまた浄土でともに会いましょうという意味をもつ文字をお墓に刻むのが特徴的です。

さらに、五輪塔を建てる際、場合によって上から「南無・阿・弥・陀・仏」と刻むこともあります。

浄土真宗のお墓

浄土真宗とは、鎌倉時代に浄土宗を開いた法然上人の弟子であった親鸞聖人が開いた宗派で、現代の日本で最も大きな規模を誇る仏教の宗派となっています。

浄土真宗のお墓については、基本的に浄土宗と同じように墓石に「南無阿弥陀仏」や「俱会一処」と刻みます。

ただし、浄土真宗でお墓を建てる際には、いくつか気をつけないといけないことがあります。
まず、墓石以外の五輪塔や観音像、地蔵像、宝塔は建てることができません。
また、墓石そのものにも建てた日付については「吉日」と記すこともできません。

さらに、戒名のことを「法名」といい、それが刻まれる墓誌も「法名碑」といい、浄土真宗のお墓は法名碑に「法名」と刻むこととなります。
加えて、お墓の開眼供養も「建碑供養(建碑式)」(けんぴほうよう)と呼びます。

このように浄土真宗のお墓に細かいルールが存在するのは、浄土真宗の持っている「亡くなった人は生前の善悪関係なくすべて極楽浄土で生まれ変わる」という考え方に基づくためです。
また、お墓についてもご先祖様を祀る場ではなく、仏様のお力に感謝する場ととらえています。

臨済宗のお墓

次に、臨済宗のお墓について見ていきましょう。
臨済宗は、鎌倉時代に栄西禅師によって伝えられた禅宗の一派です。
臨済宗は禅宗に分類されるため、まず墓石の「○○家之墓」の文言の上の部分に「円相」と呼ばれる悟りや真理を象徴する丸が刻まれます。
このように墓石に刻むことにより、亡くなった方が成仏とともに完全に悟りを開いたことを示すことになります。

また禅宗のご本尊である南無釈迦牟尼仏という文言を刻むことも多いです。
さらに、五輪塔も建てられ、そこには下から梵字で「地・水・火・風・空」と刻みます。

曹洞宗のお墓

続いて、曹洞宗のお墓です。
曹洞宗とは、鎌倉時代に道元禅師によって中国から伝えられた禅宗の一派です。
こちらの宗教も禅宗に分類されるため、臨済宗の場合と同じく、墓石の「○○家之墓」の文言の上の部分に円相を刻むことが特徴です。

また、下から梵字で「地・水・火・風・空」と刻んだ五輪塔も建てられることがあります。

黄檗宗のお墓

黄檗宗(おうばくしゅう)とは、臨済宗や曹洞宗と同じく禅宗に分類されますが、その教えが開かれたのは江戸時代に隠元禅師によるものとされており、比較的新しい宗派です。

ただ、黄檗宗のお墓については臨済宗や曹洞宗とほぼ同じような特徴で、墓石の「○○家之墓」の文言の上の部分に「円相」を刻むことが特徴です。
そして、下から梵字で「地・水・火・風・空」と刻んだ五輪塔も建てられることがあります。

日蓮宗のお墓

日蓮宗とは、鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれた宗教であり、題目(「南無妙法蓮華経」)と唱えるのが特徴です。

日蓮宗のお墓の特徴は、「南無妙法蓮華経」と刻まれるほか、「○○家之墓」という文言もよく見られます。
ちなみに、「○○家之墓」の上の部分に「妙法」と刻む場合もあります。

五輪塔も建てられることがあり、その場合は「南無・妙・法・蓮華・経」とそれぞれの石に上から刻みます。

神道のお墓

神道とは、日本古来の神である八百万(やおよろず)の神を信じる宗教です。
言い換えれば、日本人の民族宗教であるともいえます。

神道のお墓は一見するとあまり見られないことから、存在感が薄いように思えますが、実は神道のお墓というものも存在します。

まず、神道のお墓が建てられる場所は宗教・宗派を問わない霊園であるというのが特徴です。
そして、お墓の形状は仏教の場合と同じように和型墓石が用いられているもの、あるいは縦長の石の上の部分が四角すい、もしくは四方から勾配をつけてなめらかな三角形とした「兜巾(ときん)」となっています。

そして墓石には、「○○家之奥津(都)城(おくつき)」と刻まれ、お墓参りの時は玉串が捧げられ、また香炉の代わりに八足台が使われます。
なお、戒名の代わりに故人の姓名の下に「霊位」がつけられます。

キリスト教のお墓

キリスト教とは、16世紀の中ごろに日本に伝わり江戸時代に禁教となったものの、明治に入ってから再び信じられるようになった宗教です。
キリスト教のお墓の形は特に決まっていませんが、プレート状のものや十字形のものが多く見られます。

キリスト教のお墓も神道の場合と同じく、宗教・宗派不問の霊園やキリスト教専用の霊園であれば建てることができます。

墓石への文言やシンボルとしては、十字架のマークがあるのが特徴で、かつ文言は多くの場合、故人が好んでいた聖書の字句が刻まれることが多いです。
また、故人の名前と生没年だけが刻まれているといった、墓石に刻まれる内容がシンプルなものになっている場合もあります。
なお、キリスト教のお墓は日本の伝統的なお墓と違って、1人につき1つのお墓が原則です。

お墓の形状以外の特徴として、ろうそく立てがあるという点が挙げられます。
なぜならば、キリスト教では日本の伝統的なお墓のように線香をあげるのではなく、ろうそくを立てて火をつけるという慣習があるためです。

ちなみにキリスト教にとってお墓とは、故人を供養する場ではなく故人をしのび神様に感謝する場とされています。
神様に感謝する場という考え方である点では、浄土真宗と似た考え方といえるでしょう。

しきみはどの宗教のお墓にも供えられる?

お墓

お墓にはしきみ(樒)と呼ばれる植物がお供えされることがありますが、これはどの宗教・宗派でも用いられるのでしょうか。

結論から言えば、仏教においては宗派に関係なく広くしきみがお供えされます。
特に地方によっては葬儀の会場にしきみを飾ったり、また花輪として用いられることもあります。

お墓にしきみがお供えされるようになった理由として、線香をほうふつとさせるような強い香りがあることから悪霊除けの効果があるとされたためです。
加えてしきみは毒性が非常に強いため、土葬が一般的だった時代に、野生の犬やオオカミによって遺体を掘り起こされるのを防ぐために、しきみを植えたとされています。

なお、神道やキリスト教ではしきみをお供えするということはありません。
このように宗教ごとに、お墓にしきみをお供えしない宗教があるので、確認しておく必要があります。

無宗教の場合のお墓

お墓

現代では宗教・宗派に対する価値観も多様化していることもあり、中には無宗教の方もいます。
無宗教の場合のお墓はいったいどのようにすればいいのでしょうか?

無宗教だとお墓はいらない?

無宗教ということを理由にお墓はいらないではないか?と考える方も少なくないでしょう。
しかし、本当にそうなのでしょうか?

たしかに、お墓を建てるという選択肢以外にも散骨や自宅供養といった方法を使えばお墓を建てずに供養していくことができます。

しかし、実は無宗教の方でもお墓を建てることができるのです。
具体的には、民営や公営の霊園では多くの場合、宗教・宗派を不問としているので、お墓を立てることができます。
このため、無宗教だからお墓を建てられないと悲観的になる必要はありません。

無宗教のお墓の納骨式

無宗教の方のお墓の場合、そこでの納骨式はいったいどのように行われるのでしょうか?
ここでは、無宗教のお墓の納骨式について見ていきましょう。

結論から言えば、特に納骨式の方法に決まりはありません
これから納骨される故人の方、あるいはこれから故人を送ろうというご家族の方たちが満足するような内容で納骨が行われます。

より具体的な方法として、自然の中にご遺骨をまく散骨や霊園の指定の区域の中で行われる樹木葬、もしくは永代供養墓といった合祀墓に納骨するといった方法が挙げられます。
あるいは、ご自宅でそのままご遺骨の入った骨壷を保管・供養する自宅供養や、ご遺骨の一部をペンダントに納めるといった方法もあります。

無宗教の場合の戒名

無宗教の方の場合の戒名はどうなるのでしょうか?
無宗教の場合、戒名がお墓に刻まれることはありません

ただし、形式的に仏教式の葬儀をあげた場合は、お位牌はそのまま故人のお名前を記すか、お名前に続いて「霊位」という形(「○○○○之霊位」)というようになります。

夫婦で宗教が違う場合のお墓

お墓

宗教に対する考え方が多様化している現在、ご夫婦で宗教・宗派が違う場合、お墓はどうなるのでしょうか。

例えば、寺院墓地に旦那さんの先祖代々のお墓があるものの、奥さんの方が違う宗教・宗派の場合は一緒に入ることができません。

ただ、ご夫婦そろって同じお墓に入りたいと願う方は非常に多いでしょう。
その場合は宗教・宗派が不問の霊園に新しくお墓を建てるといった方法がとられます。
ただし、その際には旦那さんの先祖代々のお墓の今後の管理や墓じまいのことなどもあわせて考えておくとよいでしょう。

沖縄のお墓と宗教

亀甲墓

最後に沖縄のお墓と宗教について紹介していきます。
日本でも沖縄は独特の伝統文化や歴史があり、その関係で日本の本土とは別に沖縄独特のお墓や宗教が発展してきました。

沖縄の場合は、先祖崇拝が現在でも盛んに行われており、そのため毎年のように旧暦に基づいたジュウルクニチー(十六日)やシーミー(清明祭)といったお墓参りの行事が盛んに行われます。

お墓の形状も、本土のお墓と比べると非常に大きく、「家」とたとえることができるほどです。
沖縄のお墓は、破風墓(はふばか)や亀甲墓(きっこうばか)といった種類が代表的ですが、これはもともと、風葬というご遺体を風通しの良いところにさらして風化させる葬送のやり方が行われていた頃に発達したためです。

お墓と宗教のまとめ

お墓

お墓と宗教との関係についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 日本には様々な宗教・宗派が信仰されているため、それらの宗教によってお墓の特徴もさまざまに変化する。
  • お墓にしきみをお供えする慣習は仏教であればどの宗派でも見られる。これは、しきみがお線香のような強い香りを放つことなどが理由に挙げられる。なお、神道やキリスト教ではしきみはお供えされない。
  • 無宗教の方でも、宗教・宗派不問の霊園であればお墓を建てることはできる。また、納骨の方法として散骨や樹木葬、永代供養墓など合祀墓に納骨するという方法がとられる。さらに戒名は基本的につけられないが、俗名でお位牌を作ることはできる。
  • ご夫婦で宗教・宗派が違う場合、宗教・宗派不問のお墓を新しく建てることでご夫婦で一緒のお墓に入ることができる。
  • 沖縄は古くから祖先崇拝が盛んで、現在でも旧暦に基づいた行事が年に何度か行われる。お墓も非常に大きい形状をしているが、これは沖縄にもともとあった風葬の習慣によるものである。

今回見てきたように、宗教・宗派の存在はお墓とかかわりを持つうえで非常に大きく、欠かせない場合が多いです。

そのため、終活の中でお墓を建てたり、入るお墓のことを考えたりする際には、宗教・宗派についても考えておくことが大切といえるでしょう。

宗教・宗派にあまりこだわりがないということであれば、宗教・宗派不問の霊園にお墓を建てるというのも選択肢の1つとしてあります。
今回終活ねっとでは「お墓と宗教」について解説しましたが、他にも終活に関するさまざまな記事を書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・宗教」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・宗教」についてさらに知りたい方へ

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょうのサムネイル画像

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょう

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

特に信じる宗教のない人向けに、無宗教のお墓をご紹介しますのサムネイル画像

特に信じる宗教のない人向けに、無宗教のお墓をご紹介します

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!のサムネイル画像

どんなお墓が人気なの?人気が集まる新しいお墓のかたちも紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・宗教」についてさらに知りたい方へ

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますかのサムネイル画像

お墓を作る意味やお墓の歴史などを知っていますか

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!のサムネイル画像

日本のお墓文化について様々な儀礼と歴史についてまとめました!

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょうのサムネイル画像

お墓の種類を詳しく解説!違いを知って納得のお墓を選びましょう

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと