お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

今までお墓を建てることは当たり前でしたが、現在ではあえてお墓を建てない人も増えてきました。その場合、今までと違って、どんな方法が必要となってくるのでしょうか。この記事では、お墓を建てない場合の供養方法などについて解説しています。

目次

  1. お墓を建てない選択肢について
  2. お墓は絶対建てなくてはいけないのか
  3. お墓を建てない供養方法
  4. お墓を建てない供養方法の費用
  5. 費用を抑えてお墓を作るポイント
  6. お墓を建てないという選択肢について

お墓を建てない選択肢について

お墓

ご家族やご親戚など、誰かが亡くなったら、お葬式の他に考えることとして、故人が眠る場所である「お墓」があります。

今までは人が亡くなった後、あるいはご本人が生前に墓石を購入して建てるのが当たり前でした。
しかし、さまざまな選択肢が用意されている現在では、お墓をあえて建てないという人が増えてきています。

お墓を建てないという今までと違った行動をとれば、知らなければならないことも増えてきます。
例えば、お墓を建てない場合の供養方法にはなにがあるのか、それにかかる費用はどれくらいなのかなど、疑問は数多くあることでしょう。

今回の記事では、お墓を建てない選択肢について知っておくべきことを

  • お墓は建てるべきか否か
  • お墓を建てない場合の供養のやり方
  • 種類別の供養にかかる費用
  • お墓を作る際に覚えておくべきこと

以上のポイントに沿って解説いたします。
お墓を建てるべきか迷っている時の参考として、ぜひお読みください。

お墓は絶対建てなくてはいけないのか

お墓

お墓を建てない理由には、経済的に余裕がないという人、宗教的なものに対して忌避感がある人など、さまざまな個人的事情があります。

しかし、お墓を建てることに抵抗があっても、やらなければならないこととして、半ば義務的にお墓を建てているという人も中にはいるのです。
そもそも、お墓は絶対に建てないといけないのでしょうか。

この項目では、お墓を建てることは絶対必要なのか、建てることで発生しうるデメリットについてご紹介します。

お墓は必ず建てるものというわけではない

「お墓は必ず建てないといけないもの」と考えている人は多いです。
しかし、その一方でお墓を建てる意味を見出すことができず、結果としてご自身の希望と義務感の板挟みになってしまいがちです。

結論から申し上げると、お墓は絶対に建てなければならないと決まっているわけではありません

お墓は故人が眠っている場所であり、子孫をそこから見守っているとされています。
遺された側が故人とのつながりを持てるのもお墓の特徴ですが、お墓がなくとも故人を供養する方法は他にもあります。

つまり、故人を偲ぶ気持ちさえあれば、お墓を建てても建てなくても構わないのです。

お墓を建てないことで生まれるデメリット

お墓を建てないことで生まれるデメリットは、供養方法によってお墓参りができない場合があります。

お墓は遺された人と故人をつなぐ役割も備えており、お墓参りができないことは思った以上に負担となりやすいため、後悔する人も出てくるかもしれません。

他のデメリットとしては、ご親戚や知人・友人などとの関係悪化が考えられます。
今までは人が亡くなれば、お墓を建てることが当たり前だったため、お墓を建てないという選択肢に抵抗のある人は多いです。
中には、死者への冒涜だと考えて、猛反対する人もいることでしょう。

特にご親戚へ事前に話を通さず、勝手にお墓を建てないと決めてしまえば、もめ事はさらに大きなものとなります。

したがって、お墓を建てないにしても、周囲の人と事前に話し合いをして理解を得られるように努力するのが先決です。

お墓を建てない供養方法

困った人々

お墓を建てないことに決めたとしても、別の形で供養はしなければなりません。

現代には、さまざまな供養方法があるので、お墓を建てる以外のやり方を選ぶことができます。
ご自身の希望している条件に合ったものを基準に探すのが良いでしょう。

しかし、お墓を建てる以外に、どのような供養方法があるのでしょうか。
この項目では、お墓を建てない供養方法を4つ挙げてご説明いたします。

散骨

散骨は火葬した後のご遺骨を細かく砕いて、山や海、空などに撒く供養方法です。
自然にご遺骨を撒くことで、故人の魂が自然に還るとされています。
そのため、自然が好きな人などを中心に人気の高い供養方法です。

メリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

メリットとしては、お墓を建てるための費用がいらないこと、粉末状にして撒くため、お墓の管理を考えなくていいことなどが挙げられます。

デメリット

デメリットとしては、あとで他の供養方法に変えたいとおもっても、ご遺骨を取り戻すことができない点、特定の場所に手を合わせるお墓参りの形態をとれない点などが挙げられます。

樹木葬

樹木葬とはお墓の代わりに樹木を利用して、ご遺骨を埋葬する供養方法です。

山にある樹木や霊園の敷地内にある樹木などに埋葬します。
山に埋葬するという点では、散骨と同じですが、散骨は粉末状にする必要があるのに対して、樹木葬はそのまま埋葬する形でも問題ないという所が違います。

また、山への埋葬でも、許可を得ている区画で埋葬しなければなりません。

メリット

樹木葬のメリットは、通常のお墓よりも費用を安く抑えられること、特定の場所に埋葬するため、お墓参りができることなどが挙げられます。

デメリット

デメリットとしては、まだ歴史の浅い供養方法であるため、ご親戚からの理解が得られにくいこと、そして山に埋葬する場合、契約相手によってはどこに埋葬されたのか、わかりにくくなっていることが挙げられます。

永代供養

永代供養は依頼者の代わりに、お寺や霊園が管理・供養をしてくれる方法です。
お墓参りをする人がいない、ご自身がお墓参りに行けないなど、さまざまな理由から、永代供養を選択する人は多いです。

永代供養の「永代」はいつまでもずっとという意味ではなく、ご遺骨を管理する期間は決まっています
一般的に、33回忌までとしているところが多いですが、これもお寺や霊園によって変わってきます。

メリット

永代供養のメリットとしては、契約する際に一式の費用を払えば、あとで管理費やお布施は請求されないこと、宗教・宗派を問わないところが多いことなどが挙げられます。

デメリット

デメリットとしては、ご遺骨を後で返してもらえないこと、他人のご遺骨と一緒に埋葬される場合もあることなどが挙げられます。

手元供養

手元供養は、お墓などの物体ではなく、ご遺骨そのものを供養の対象とする方法です。
自宅供養とも呼ばれ、名前の通り、自分の家で供養します。

小さな骨壺や仏壇などを置く形で供養するやり方もあれば、ご遺骨をペンダントやブレスレットといったアクセサリーにして、常に身につけるという供養方法もあります。

メリット

手元供養のメリットとしては、いつも故人を身近に感じられるので、遺されたご家族が安心できること、費用が全くかからないことなどが挙げられます。

デメリット

デメリットとしては、ご親戚や友人・知人がお墓参りをしたい場合、お墓ではなく人の家を毎回訪ねる必要があること、火事などの災害が起きた場合、お墓よりも被害に遭う可能性が高いことなどが挙げられます。

お墓を建てない供養方法の費用

お墓を建てない人の理由の1つに、費用が高すぎるからというものがあります。

それでは、他の供養方法はどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
この項目では、お墓を建てない供養方法にかかる費用についてご紹介します。

散骨

専門家へ依頼した場合にかかる費用は、約5万円程度です。

散骨をした証明書や写真などがオプションで含まれていることがほとんどです。

樹木葬

樹木葬にかかる費用は、約50万円程度です。

お墓を建てた場合、数百万円はかかることを考えれば、かなり安い金額と言えるでしょう。

永代供養

お寺や霊園と契約した場合にかかる費用は、10万円~150万円です。

ここまで金額に差があるのは、施設によって供養の内容や管理する期間などが違うためです。

手元供養

手元供養にかかる費用は、約5000円程度です。

これは、小さな骨壺などを新しく購入した場合の金額であり、骨壺をすでに持っているなら費用はかかりません。

費用を抑えてお墓を作るポイント

お墓

他の供養方法が気に入らず、やはりお墓を建てたいという人もいるでしょう。
しかし、お墓は普通に建てると費用が高額になります。

この項目では、費用を抑えてお墓を作るポイントをご紹介します。

公営墓地(霊園)を利用する

公営墓地や公営霊園は民営やお寺と比べると、管理料などが安くなっています。

また、公営墓地がある場所も郊外の場合は安く都心であればあるほど交通の便が良いため、費用は高くなっていきます。

したがって、民営やお寺にこだわりがないなら、郊外の公営墓地がおすすめです。

墓石の値段を安くする

墓石の種類に注目することでも値段を安くすることができます。

例えば、長泰や中国産の新天山石などは50万円前後となっており、お手頃な価格です。

また、過剰な装飾や付属品などを追加すれば当然費用も高くなりますので、できるだけ加工の少ないお墓を目指しましょう。

お墓の面積を狭くする

お墓の敷地面積が広ければ広いほどに、お墓にかかる費用は高くなります。

お墓参りをする際にそこまでのスペースは必要ありませんので、費用を安く抑えたいならお墓の面積を狭くするのが最適です。
だからといって、狭くしすぎてもお墓参りがしにくくなりますので、バランスを考えた上で決めるのが良いでしょう。

お墓を建てないという選択肢について

お墓

いかがでしたか?
この記事では、お墓を建てない選択肢についてご説明いたしました。

  • お墓は個人を偲ぶ気持ちがあれば、建てなくても良い
  • お墓を建てないデメリットとしては、供養方法によってお墓参りが難しくなる、反対の立場をとるご親戚との関係悪化などがある
  • お墓を建てない供養方法は、散骨・樹木葬・永代供養・手元供養がある
  • 供養方法にかかる費用は、散骨が約5万円、樹木葬が約50万円、永代供養が10万円~150万円、手元供養が0円~5000円程度
  • 費用を抑えて安くお墓を作るなら、他よりも比較的安価な公営墓地の利用、安い価格の墓石を選び、加工を少なくする、敷地面積を狭くするなどがポイント

以上のことがわかりました。
自身のお墓について考えることも終活の1つです。

終活ねっとでは他にもお墓に関連した記事がたくさんありますので、この記事を含めて参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

樹木葬について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・建てない」に関連する記事

「お墓・建てない」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・建てない」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと