お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

目次

  1. お寺で必要になる永代供養料について
  2. 永代供養料とは
  3. お寺でできる永代供養の種類と相場
  4. お寺で永代供養をおこなう際注意したいこと
  5. お寺で必要になる永代供養料まとめ

お寺で必要になる永代供養料について

お墓

近年、少子高齢化や核家族化が進んだことで様々な形態のお墓が登場しています。

そして、数あるお墓の種類から「子供に負担をかけたくない」「お墓を引き継いで行く人がいない」など、様々な理由から永代供養という方法を選択される方が増えてきています。

また、永代供養は大抵の墓地や霊園で行うことが可能です。
では永代供養を行う際に必要な費用の相場はどれくらいなのでしょうか。

今回終活ねっとではその中でもお寺の永代供養料について

  • 永代供養料とは
  • お寺でできる永代供養の種類と相場
  • お寺で永代供養をする際の注意点

以上の点を中心にご紹介いたします。

永代供養をお考えの方をはじめ、終活中の方にも役に立つ内容となっております。
ぜひ最後までお読みください。

永代供養料とは

困った人々

永代供養とは、寺院・霊園がご遺族に代わってお墓の供養を受け持つことをいいます。

すなわち永代供養料とは、預かったご遺骨を永代にわたり管理または供養するための料金です。
場所によっては「志納金」という言い方をされることもあります。
その内容は特に定義されているわけではないため、寺院や霊園によってその内容は様々です。

ちなみに、よく似た言葉として「永代使用料」がありますがその意味は全く異なります。
永代使用料はお墓を建てる際に必要となる費用のことであり、お墓の土地を永代にわたって使用するための料金です。

お寺でできる永代供養の種類と相場

お墓

では、お寺での永代供養について詳しくご説明していきましょう。

永代供養料の相場10万円〜150万円ほどです。
これだけ料金の幅が広いのは、永代供養には4つタイプがあることが理由です。

さらにお寺の場合は檀家にならなければ永代供養できない場合もありますが、その場合は別途お布施などが必要となります。

それぞれのタイプの特徴とそれにかかる永代供養料の相場は次のようになります。

個人墓

個人墓は、通常のお墓と同じように個別のお墓を建てて納骨するタイプとなります。
単独墓といわれる場合もあります。

一般的なお墓と変わりないように思うかもしれませんが、あくまでも永代供養ですので、一定期間(33回忌などが目安)が経過すると墓石は撤去されて、ご遺骨は共同供養塔や合祀墓に納骨され流場合が多いです。

個人墓の場合の永代供養料の相場は、

  • お一人で入られる場合:70万円〜100万円
  • ご夫婦で入られる場合:100万円〜150万円

です。

一般的なお墓を所有すると年間管理料がかかったり、ご家族で定期的に掃除するなど管理する必要があります。

ですが永代供養付きの個人墓であれば、初めは一般のお墓と同じように個別でしっかりと供養することができ、一定期間経過後は合祀されるのでお墓守やお墓の相続などの心配も不要です。

デメリットとしては、やはり永代供養墓の中では費用が高額であることでしょう。
これは個別の墓石を建てることが要因です。
金銭的な負担がかかりますのでご家族とよく相談するようにしましょう。

集合墓

集合墓は、納骨の場所が個々に分かれており、そこに小さな石碑や塔を建てるタイプです。
小さなお墓が集まっているため集合墓と呼ばれています。
個人墓よりも小規模ですが個別の小さなお墓です。

こちらも個人墓と同様に、一定期間が経過すると合祀されるようになっています。
集合墓の場合の永代供養料の相場は30万円~100万円程度です。

はじめは一般的なお墓と同様にしっかりと個別で供養したいが、個人墓を建てるほどの金銭的余裕がない場合に、この集合墓はオススメです。
小さな石碑や塔を建てますが、個人墓より小規模で安価で済みます。
個人墓を建てるほどの余裕はないが、一代の間だけのお墓は用意したいという方にオススメです。

デメリットとしては、個人墓ほどではありませんがある程度高額であることです。
また、個人墓ではありませんから場所によっては骨壺を入れる最小限のスペースのみの場合もありますから、事前にどのようなお墓になるのか確認が必要です。

合祀墓

合祀墓は、ご遺骨を分けずに他人のご遺骨と一緒に納骨するタイプです。
「永代供養墓」「合葬墓」などと言われる場合もあります。
記念碑や供養塔が建てられ、お参りをする場合はそちらにお参りをする形になります。
合祀墓の場合の永代供養料の相場は、10万円~30万円程度です。

メリットとしては、費用が安いことです。
個別の法要を執り行う場合を除いて、法要は合同で行われますから法要費用は必要ありません。

デメリットとしては、個人墓や集合墓に比べて個別のしっかりとした供養ができないことです。
場所によっては個別の法要を行うことができますが、追加の費用が必要となります。
また、お参りの際は他のご家族と一緒になる可能性が高くなります。

納骨堂

納骨堂は、屋内の個別の納骨スペースにご遺骨を納骨するタイプです。
こちらも永代供養ですから、契約期間が終了すると合祀されることとなります。

ロッカー式・仏壇式・自動搬送式などの種類があり、それぞれの特徴と相場は以下の通りです。

特徴 相場
ロッカー式 見た目がコインロッカーに似ていることからロッカー式納骨堂と呼ばれています。 収容スペースに骨壷や位牌を置くことができ、複数人用のものもあります。 10万円〜30万円程
仏壇式 仏壇式は位牌式とも呼ばれ、骨壷を入れる納骨スペースの上段に位牌や仏壇などが設置されています。 位牌やお供えも可能ですが、ロッカー式よりも費用はたかめとなります。 30万円〜100万円程
自動搬送式 機械式とも呼ばれ、ICカードなどの認証によって参拝場所にご遺骨が搬送される形式です。 参拝設備の整った場所で参拝が可能であり、この形式の場合は24時間参拝可能のところもあるなど利便性が高いのが特徴です。 50万円〜100万円程

メリットとしては、どのタイプも屋内にあるため天候に左右されず、24時間参拝可能な場所もあるなどより現代的で利便性に優れたものです。
もちろんお墓の管理も必要ありません。

デメリットとしては、従来通りのお墓参りができないことです。

屋内施設になりますから、最新式の場所であればあるほど室内火気厳禁となっている場所が多くなります。
その場合、お線香をあげることはできません。
火気が使用できない場合は電子線香が用意されている場合もありますが、なんだか物足りなさ感じる方もいらっしゃるようです。
また、スペースが限られているため、お花やお供え物を供えることができないことも多いです。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

お寺で永代供養をおこなう際注意したいこと

困った人々

今まで、お寺で行うことができる永代供養の種類と相場についてご紹介してきました。
しかし、お寺で永代供養を行う際気をつけなければならないことがあります。

ここではお寺で永代供養を行う際注意したいことについてご紹介します。

お寺の廃寺に気をつける

現代では、お寺は後継が居なかったり、収入がなかったりなどが原因で廃寺になる時代です。
お寺が廃寺になればその時点でお墓が消滅し、ご遺骨は無縁仏となります。
個人墓や集合墓、納骨堂に納骨されている場合はご遺骨を取り出して別のお寺や霊園で永代供養することができるかもしれませんが、合祀されていればそれはできません。

また、「永代」とうたっていますから、ご遺骨を預けた後は永遠に管理・供養してくれるものと思ってしまうかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
お寺の檀家である場合は、檀家をやめると永代供養の契約も破棄されるため、個人墓や集合墓は排除されてしまう場合があります。
この場合は最悪の場合、無縁仏になりますので注意しましょう。

また、個人墓や集合墓、納骨堂の場合は個別で取り扱われる一定期間の間は永代供養料の他に管理料を支払わなければならない場合があります。
この支払いをきちんとしなければ、その時点で契約を破棄されることもあります。

永代供養のトラブルに気をつける

永代供養は少子化の現代に適した供養方法と言えますが、その詳しい内容はお寺や霊園によって様々です。
そのためトラブルがしばしば発生します。

永代供養でよくあるトラブルは次のようなものがあります。

  • 「永代」とうたっているが、一定期間が経つとご遺骨を処分してしまう場合がある。
  • 参拝場所が屋内にある場合は、いつでもお参りできるわけではない。
  • 生前申し込みの場合は、証明書を発行しておかなければご遺族が気付かず、事前にお金を支払っている場合は水の泡となってしまう。

他にも追加料金を請求されるなどの様々なトラブルがありますので、永代供養をご検討される際には詳しい内容もしっかりと確認して、ご家族とも相談されることをオススメします。

お寺で必要になる永代供養料まとめ

お墓

今回終活ねっとではお寺の永代供養料についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

この記事でわかったことをまとめると以下になります。

  • 永代供養料とは、お寺や霊園がご家族からご遺骨を預かって代わりに管理または供養するための料金である
  • 永代供養には「個人墓」「集合墓」「合祀墓」「納骨堂」の4つタイプがあり、その相場は10万円〜150万円である
  • 永代供養は、必ずしも永遠に供養されるわけではない
  • お寺が廃寺となった場合にはご遺骨は無縁仏となることに注意が必要である
  • 詐欺のようなトラブルに巻き込まれないように契約内容や金額は詳しく確認することが重要である

ここまで見てきたように、お寺で永代供養を行うことにはたくさんのメリットがあります。
しかし、お寺の廃寺や、永代供養のトラブルなどに巻き込まれる可能性もあります。
また、永代供養は一度納骨するとご遺骨を取り出すことができません。

永代供養を考える際はご家族でしっかりご相談の上行ってください。
この記事がお寺で永代供養を行うことを考えている方のお役に立てば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お寺・永代供養料」に関連する記事

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • 永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

    永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    終活の項目のなかで永代供養が注目を集めています。永代供養はお墓の継承者がいらない新しい供養方法です。ご希望の寺院・霊園に永代供養を申し込む場合、どのような時期が最適でしょうか?永代供養をお願いする時期について詳しく解説いたします。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

    永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

    最近は少子化などの影響で永代供養の施設を利用する人が増えてきています。それと同時に永代供養をめぐるトラブルも色々と起きています。永代供養ではどのようなトラブルが多いのか?それを予防するにはどうすれば良いのか?一緒に考えていきましょう。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お寺・永代供養料」についてさらに知りたい方へ

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お寺・永代供養料」についてさらに知りたい方へ

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと