墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

墓地へのお供えものはいろいろとありますが、その中でもお花はお墓を一層華やかに見せて明るい雰囲気を醸し出す効果があります。となるとどのようなお花を選ぶのか、またそれに即したマナーをどう守るかが大切な要素です。今回は墓地に供えるお花の種類やマナーを見ていきます。

墓地に供える花について

お墓

墓地にお墓参りに行った際にお供えするものにはさまざまなものがあります。
お線香やお水、お墓に眠っている故人が生前大好きだったお菓子やお飲物などがその例です。

いや、実は今ここで挙げたものと同じようにお供え物として欠かせないのがお花です。
たしかにお墓の1つ1つにはお花をお供えする花立もありますし、加えてお花がお供えしてあると、墓地全体が華やいだ雰囲気で、外見やイメージそのものも大きく変わります。

このようにお墓や墓地の見栄えまでもすっかり変えてしまうお供え物としてのお花ですが、どんな種類でもお供えすればよいというものでもなく、その場に適した種類を選ぶことも大切です。

そこで今回終活ねっとでは、墓地にお供えするお花として適した種類や、お花をお供えする際のマナーについて考えていきましょう。

この記事では

  • 墓地に備える花の種類には、どのようなものが適しているのか?
  • 墓地にお花をお供えする際のマナーとは?
  • 墓地にお花をお供えする際に心掛けるとよいポイントとは?
  • お供えするお花の宗教による違いとは?

という4つのポイントに基づいて、内容を進めていきます。
ぜひ最後までお読みください。

墓地に供える花の種類

お墓

まず、墓地にお供えするお花の種類としてどのようなものが適しており、その逆にどのような種類は避けた方がよいのでしょうか?

ここでは、「種類」という視点から墓地にお供えするお花について見ていきましょう。

供えるのに適した花

一般的にお花の種類はさまざまで数えきれないほどですが、どのような種類のものがお供えするのに適しているのでしょうか?
ここでは、お墓に供えるのに適した花について見ていきましょう。

お墓にお供えするお花として定番とされているものとしてをイメージする方も多いでしょう。
菊が挙げられる理由としては、まずお墓にまとわりつく邪気を払ってくれるという効果があるとされているためです。

また、切り花にしても長持ちしたりするうえ、実際に花屋で売られている菊には種類も色も豊富であるという実用的な理由も挙げられます。
長持ちをするというのであればお墓の管理上あまり困りませんし、色や種類が豊富である分、お墓が華やいで見えるためです。

金魚草

金魚草もまたピンク色や黄色の花をつけるという点ではお墓を明るい雰囲気にしてくれるような花ですので、お供え物に適しています。
しかも、咲く時期も春から初夏にかけてですので、なおのことお墓を華やかに見せてくれます。

アイリス

アイリスは春先に咲く、アヤメや菖蒲などアヤメ科のお花の総称です。
しかし、春先に咲くため春のお彼岸の時期にも似合いますし、また和の雰囲気を醸し出すため、一般的な和型墓石のお墓とも相性の良いお花といえます。

加えて、菊と同じく切り花にしても長持ちするため、お墓の管理の面でも実用的といえます。

リンドウ

夏が終わり秋になるにつれて咲いてくるのがリンドウです。
色が青色や紫色のものが主であるため、落ち着いた季節となってくる秋のお彼岸などに墓地でお供えするお花としては適しています。

避けた方がいい花

墓地にお花をお供えする種類はどのようなものであもよいというわけではありません。
中には避けた方がいいお花もあります。
いったいどのような特徴を持ったものが挙げられるのでしょうか?

実は、タブーとされているお花の特徴についてはお経で触れられています。
そのお経によれば、香りの強いもの(異臭のあるものも含む)や色の黒いもの、バラのようにとげを持っているもの、彼岸花のように毒を持っているものなどです。
ほかにも傷みやすいものや散りやすいものもタブーとされています。

ちなみに、これらのお花を墓地にお供えしてはいけない理由ですが、お供えしたお花はあの世にいるご先祖様のもとに届くとされているためです。
言い換えれば、墓地でお花をお供えする際には、単にお墓を華やかにするためではなく、ご先祖様にお花をプレゼントするという気持ちで臨む必要があるともいえます。

そのため、避けるべき特徴に当てはまるお花をお供えすると、ご先祖様も嫌な思いをすることは間違いありませんので、お供えしないようにしましょう。

墓地に供える花に関するマナー

マナー

墓地にお花をお供えするといっても、墓地・霊園は利用する方みんなのものですので、きちんとマナーを守ることが大切です。

ここでが、お花をお供えする際に守るべきマナーをご紹介します。

お供えした花は持ち帰るべき?

お墓参りの際にお花をお供えしたうえ、そのほかのものもお供えしてきちんと一連のやるべきことが終わった後、お供えしたお花はどうするべきなのでしょうか?

まず結論から書くならば、持ち帰った方がよいといえます。
その理由としては、お供えしたお花もそのままにしておくといずれ枯れてしまい、お墓そのもの、ひいては墓地全体の見栄えの悪さにつながるためです。

墓地・霊園によっては管理している方の方が傷んだお花などを片付けてくれるところもありますが、できればご自身で持ち帰って、管理している方の迷惑にならないようにするとよいです。

また、墓地・霊園が自然の豊かなところにある場合は、そのお花の周囲に蚊などの虫が寄ってくることも多く、周りの方にとっても迷惑となりかねないため、それを避けるにもなおさら持ち帰った方がよいといえます。

ちなみに、持ち帰ったお花ですが、そのまま仏壇などにお供えすることはあまりよくないとされています。
1度お供えしたお花を再びお供えすることはご先祖様に対して失礼なこととされているためです。
そのため、持ち帰ったお花はご自宅の花瓶などに生けるとよいでしょう。

造花を供えることは可能?

造花とは自然のものではない人工のお花のことですが、実はこちらをお供えしても大丈夫です。
仏教の教えの中では、お供えするお花は自然のものでも造花であっても特に区別はしていないためです。

ただし、いくら造花で長持ちもするうえに、虫などが寄ってこないからといっても、お供えした後に持ち帰らないというのはマナーに反します
造花もそのままにしておくと、強風などで飛んでしまうこともあって、そのような場合はやはり周囲の迷惑となってしまうためです。

したがって造花を持ち帰るか、風などで飛んでしまわないような工夫をあらかじめしておくことが大切です。

供える花の本数は?

実は墓地でお供えするお花に関するマナーですが、本数にも決まりがあります。
つまり、3本や5本、7本といった奇数の本数でお供えするのがよいとされています。

ただし、実際にお花屋さんで買ってからお墓参りに出かける際には、お花の本数について神経質になる必要はありません。
店員さんの方で調整はしてくれますし、またセットで売られている場合はあらかじめ奇数本でまとまっていますので、心配する必要はありません。

墓地に花を供える際のポイント

お墓

実際のところ、墓地でお花をお供えする際に心掛けるべきポイントとしてどのような点が挙げられるのでしょうか?
ここでは、それらのポイントについて簡潔に見ていきましょう。

明るい色を選ぶ

実際にお墓にお供えするお花は、明るい色を基調とするのが一般的とされています。
具体的には、白色や黄色、ピンク色、紫色などが挙げられ、例えば3本セットでお供えをするのであれば、「白色、黄色、紫色」にするのが特におすすめです。

ひし形に供える

お墓にお花をお供えする際には、全体としてひし形となるように心がけます。
具体的には、長めのお花を1本真ん中にお供えして、その周囲に残りのお花をお供えするというやり方です。
こうすることによって非常に見栄えよく、バランスが取れた外見となってきます。

故人の好きな花を供える

お墓にお花をお供えるのであれば、そこに眠っている故人の方が生前大好きだったお花をお供えしましょう。
この点は、終活の中で元気なうちにご自身の好きなお花をあらかじめご家族に伝えておくとよいでしょう。

先ほども少し触れましたが、お供えしたお花はあの世にいる故人の元に届くと考えられています。
そう考えるのであれば、せめて故人の方が大好きだったお花をお供えすれば、その方も非常に喜び、お供えした側にとっても心が晴れやかとなるでしょう。

ただし、先ほども挙げた避けるべき種類のものはお供えしないように気をつけましょう。

宗教による供える花の違い

お墓

宗教ごとにどのようなお花がお供えするものとして向いているものはあるのでしょうか?
ここでは、宗教による供える花の違いについて解説していきます。

仏教

仏教の場合は、お花をお供えすることそのものが極楽浄土を表現することでもあります。
また、お墓に眠るご先祖様や故人の方への供養の気持ちを示すとともに、仏様への感謝の気持ちも表すものであるため、その点を心がけてお花をお供えすることが大切です。

このため、毒のあるものや暗い色のものといった縁起の悪い種類のものは避けるようにしましょう。

キリスト教

キリスト教の場合は、お花をお供えする目的として、亡くなった方への敬意を示すためということが挙げられます。

そのため、亡くなった方がやすらぎを感じることができるように白色のお花が主にお供えされることが多いです。
また、故人の方が生前好きだったお花を供える場合も多いです。

墓地に供える花についてまとめ

お墓

墓地でお供えするお花について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 墓地でお供えするお花の種類としては、菊や金魚草、アイリス、リンドウといった明るい色を持ち、縁起が良いとされているお花が適している。一方で、とげがあるものや毒を持ったものといったお花の種類は避けるべきとされている。
  • 墓地にお供えするお花に関するマナーとして、基本的にお供えしたお花は持ち帰るべきであること、造花はお供えしても大丈夫であること、お供えするお花の本数は奇数を心がけることなどが挙げられる。
  • 墓地にお花をお供えする際には明るい色のものを選んだり、ひし形になるようにお供えしたり、故人が生前好きだったお花を選ぶようにしたりする、といったことが挙げられる。
  • 宗教別のお供えするお花の違いとしては、仏教の場合は明るい種類のものを選ぶように心がける。一方で、キリスト教の場合は白を基調としてお花や、故人の好きだったお花をお供えする。

墓地でお供えするお花の種類は明るい色のものや縁起のよいものと同じように、亡くなった方が生前好んでいたものをお供えすることもポイントです。

このため、終活の中でエンディングノートを用いて、ご自身の好きなお花のことを書き残しておくのもよいでしょう。

この記事を参考にして、墓地でお供えするお花選びをしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「墓地・花」に関連する記事

「墓地・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お盆にお墓参りに行く際、お花をお墓にお供えすることが多いのではないでしょうか。お花をお供えする際には、決まり事やお供えしてはいけないお花などがあるといわれています。今回は、お盆のお墓参りのお花についての疑問点を紹介します。のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

お葬式や一周忌、三回忌などの法事で亡くなった方へお花をお供えすることがあると思います。その時にどのような花の種類がお供えに向いているのか、悩んだことはありませんか?今回は、特にお供えにおすすめの花の種類について紹介します。のサムネイル画像

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

お花をお供えすると一言でいいましても、葬儀にお供えするお花、御仏前にお供えするお花も種々様々です。特に仏様へお供えするお花は、価値観の多様性と変化に伴い、仏壇事情も目まぐるしく変わっている昨今、進化に進化を重ねています。お供えのお花についてお伝えします。のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

ランキング

よく読まれている記事です

関連する記事

「墓地・花」についてさらに知りたい方へ

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

法事にお供えする、花の種類について紹介します。のサムネイル画像

法事にお供えする、花の種類について紹介します。

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介しますのサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと