おしゃれなエンディングノートがある?|おすすめ・書き方・内容

おしゃれなエンディングノートがある?|おすすめ・書き方・内容

最近、エンディングノートを書き始める方が増えています。たくさんの種類があるエンディングノートですが、おしゃれなエンディングノートがあるということをご存知でしょうか。今回は、おしゃれなエンディングノートについて書き方や書く内容について解説します。

最終更新日: 2020年02月27日

おしゃれなエンディングノートとは?

人々

終活のブームに伴って、エンディングノートを書く方が増えています。
メディアで取り上げられることも多く注目されているだけに、様々な種類のエンディングノートが販売されています。

エンディングノートというと、シンプルで地味なノートをイメージしてしまいますが、本当はどのようなデザインのエンディングノートがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、おしゃれなエンディングノートについて下記の内容を中心に解説していきます。

  • エンディングノートとは?

  • おしゃれなエンディングノートはある?

  • エンディングノートの書き方は?

エンディングノートに興味のある方や、新しく書き始める方はぜひノート選びの参考にしてください。

最後までお読みいただけると幸いです。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

エンディングノートとは?

困った人々

エンディングノートとは、これまでの人生の記録やこれからの人生の希望を書くノートです。
エンディングノートを書くことで改めて自分の人生を振り返ることができ、残りの人生をより良いものにすることが出来ます。

エンディングノートには、人生の記録の他に自分の終末に関する希望も書きます
どんな葬儀にしたいか、終末期の医療はどうしたいかなど自分の考えを書いて記します。
自分の葬儀や医療への希望をエンディングノートに書いておくことは、家族のためにもなります。

エンディングノートが普及するまでは、自分の考えを細かく伝える手段はありませんでした。
家族からしても、元気な内に死後の話をするのは抵抗があります。
そのため葬儀などは残された家族が相談しながら決めていました。

エンディングノートがあれば、家族は故人の希望に沿った葬儀や納骨をすることが出来ます。
このように、エンディングノートを残しておくことで家族の負担を減らすことが出来ます

以上のように、エンディングノートを書いておくメリットが多いことから、最近注目を集めており、終活における重要な活動の一つとなっています。

以下の記事でエンディングノートとはどのようなものなのか、詳しく解説をしていますのでぜひこちらもご覧ください。

おしゃれなエンディングノートについて

人々

エンディングノートは一度書いたら終わりではありません。
定期的に内容を見直して、書いてあることに変化があった場合はその都度更新をしていきます。
そのため、自分にとって使いやすいお気に入りのノートを見つけ長く書き続けることが重要です。

お気に入りの一冊になるには、書きやすさだったり書ける容量だったり人それぞれに判断基準があります。
そして中には、デザインやおしゃれなノートを好む方もいます。

エンディングノートというとシンプルで地味なイメージがありますが、長く使うノートなだけにおしゃれなものを使いたいですね。
特に女性であればピンクなどの明るい色なども人気です。

エンディングノートには地味なものだけでなく、おしゃれなデザインのノートもたくさんあります。
ここでは、おしゃれなエンディングノートについて紹介をします。

市販のおしゃれなエンディングノート

エンディングノートを探す場合、市販されているものの中から選ぶ場合が多いです。
エンディングノートは最近ではメディアなどで取り上げられることも多く、注目をされているのでたくさんの種類のものが販売されています。

市販されているエンディングノートは実物を見て選べるのも特徴です。
近くに大型の書店などがある場合は、実際に何種類かを見比べて検討してみるのも良いでしょう。

プレシャスエンディングノート

女性弁護士としてテレビなどでも有名な、大渕愛子弁護士が監修したノートです。
女性目線で作られたのが特徴のノートで、表紙だけでなく全体的にやさしくて可愛らしい色合いとなっています。

表紙の色もピンクと赤の2種類から選ぶことが出来ます。
項目の内容も充実しており、各項目の記入欄も大きく大切な人へのメッセージもしっかりと書けるように作られています。

エンディングノートの中では比較的新しく販売されているので、電子マネーなどにも対応しているのも特徴です。

手帳型のエンディングノート

こちらのエンディングノートは、エンディングノートとしては画期的なリフィル形式のシステム手帳型となっています。
冊子タイプのエンディングノートでは、項目が決まってしまっておりページ数を増やしたりすることも出来ます。

初めてエンディングノートを書く場合はそれでも良いですが、年数が経過するとページ数を増やしたり書きたい項目が増える場合もあります。
そんな時にこちらのノートであれば自分好みにカスタマイズすることが出来ます

カバーもシンプルで飽きのこないデザインで、赤と紺の2種類があります。

星の王子さまエンディングノート

可愛らしいデザインが特徴的なのがこちらのエンディングノートです。
表紙だけでなく、全体的に星の王子さまのイラストやデザインが描かれているので、見ていて飽きません。

ところどころに星の王子さまからのメッセージが書いてあるのもポイントです。
可愛いだけでなく内容も充実で、全96ページからなるしっかりとした内容のノートとなっています。

エンディングノートの手作り

エンディングノートは、書く内容や形式に決まりがないのが特徴です。
市販のエンディングノートではお気に入りの一冊が見つけられない場合、ノートを手作りすることも可能です。

エンディングノートを手作りすると聞くと、とても大変そうに感じるかもしれませんがそんなことはありません。
形式に決まりがないということは、どんなノートでも良いということです。

罫線だけが引いてある普通のノートに書きたいことを書くだけでもエンディングノートです。
手作りでエンディングノートを作成するメリット・デメリットを説明します。

手作りするメリット

手作りでノートを作成するメリットは、デザインなどを自分好みに出来ることです。
好きな色や柄のノートを使っても良いですし、家族や動物の写真などを使っても良いですね。
自分流のおしゃれなノートに出来るのが、一番のメリットです。

書く内容や項目も自由に決められます
市販のノートではどうしても項目がある程度は決まっていますから、中には書きにくい項目もあるかもしれません。

手作りであれば、書きたい内容だけを自由に書くことができます。

デメリットについて

手作りで作成する場合、自由にデザインが出来る反面作成するのに時間も手間もかかってしまうのがデメリットです。

おしゃれなデザインにするために凝って作成すると、場合によっては市販のノートを買うよりコストがかかってしまう場合もあります。

どうやって作ればいいの?

手作りで作成する場合、一体どのように作ればいいか迷ってしまいますね。
特に初めて書く方であれば、何を書いて良いかも分からないでしょう。

ノートのデザインや形式には決まりがないのは先ほども説明しました。
まずはお気に入りのノートを選び、そのノートをデザインしていくと良いでしょう。
書く項目も決まりはありませんが、一般的に書かれている項目については後ほど説明しますので参考にして書いていくと良いでしょう。

手作りのエンディングノートについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

エンディングノートの書き方

人々

エンディングノートには、一体どんなことを書けばよいでしょうか。
これからエンディングノートを書き始める方の中には、疑問に感じている方も多くいるでしょう。

ここでは、エンディングノートの書き方や書く内容について説明をします。

書き方の決まりはない

先程も説明したように、エンディングノートに書く内容に決まりはありません
どんな内容について書くかは自由です。
市販のエンディングノートでは書く項目が決まっていますが、書きにくい項目は書く必要はありません。

エンディングノートは長く書き続けることが大切ですから、書ける項目を書けるときに書いていくという気持ちで取り組みましょう。

エンディングノートに書くと良い内容

エンディングノートに書く内容に決まりはありませんが、書いておくと良いおすすめの内容を説明します。

家族へのメッセージなど

家族や友人など、感謝の気持ちやメッセージを書く場合も多いです。
大切な人へのメッセージは、形式が自由なエンディングノートならではの項目です。

自分の人生を振り返る過程で、伝えたいメッセージがある場合はしっかりと書いておきましょう。

自分の財産について

財産に関することも書いておいた方がよいです。
財産と一口に言っても預貯金や不動産だけでなく、車や絵画・骨董品など多岐に渡ります。
保有している財産を一覧にしておくことで、家族が財産を把握する際にとても役立ちます。

財産に関することは、遺言書を活用する場合もあります。
エンディングノートには法的拘束力がないのに対して、遺言書は法的拘束力があります
どの財産を誰に残すかという重要な項目は遺言書を使って、エンディングノートは目録を記すというような補助的な役割として使いましょう。

エンディングノートに書くべき財産についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。

葬儀やお墓に関する希望

葬儀やお墓に関することは、エンディングノートに書いておいた方がよい代表的な内容です。
葬儀などは、故人の希望を聞くことが難しい項目です。
家族もエンディングノートによって、故人の希望が分かればとても助けになります。

お墓や納骨の方法も同様で、希望がある場合は出来るだけ細かく書いておくようにしましょう。

医療や介護に関する希望

現在では、病院のベットで息を引き取る方が大半です。
終末期に介護や医療機関とどのように付き合うかは、終活における大切なテーマです。

考えたくはないですが万が一自分の意識がなくなった場合に延命治療をするのか、どのような施設でどのような介護を望むのかということも書いておくようにしましょう。

エンディングノートの書き方はこちらの記事でも詳しく説明していますので、合わせてお読みください。

おしゃれなエンディングノートまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、おしゃれなエンディングノートについて下記の内容について説明してきました。

  • エンディングノートとは、これまでの人生の記録や今後の人生の希望を書くノートであること。

  • おしゃれなエンディングノートは市販のノートでもいくつかあること、またエンディングノートは自作することも可能であり、自作する場合は自分好みのおしゃれなノートが作れること。

  • エンディングノートを書くことによって、自分の人生を見つめ直すきっかけになること、家族を助けることにもなるというメリットがあること。

  • エンディングノートは自分で作ることも出来るが、手間や費用がかかる可能性がある。

  • エンディングノートの書き方に決まりはないが、葬儀や財産のこと、医療のことなどについて書いておくのがおすすめであること。

エンディングノートを長く書き続けるには、お気に入りのノートを見つけることが大切です。
おしゃれが好きな方はぜひ今回の記事を参考にしていただき、ノート選びの参考にして頂ければ幸いです。

エンディングノートの書き方についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事