樹木葬と納骨堂の違いは?値段やメリット・デメリットを徹底比較!

現代、多くの人が選ぶ埋葬方法の一つに樹木葬や納骨堂があります。樹木葬や納骨堂は、なぜ多数の人に選ばれているのでしょうか?今回は、樹木葬と納骨堂の違いについて、それぞれのメリット・デメリットを交えながら解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. 樹木葬と納骨堂について
  2. 樹木葬と納骨堂とは何か
  3. 樹木葬のメリット・デメリット
  4. 納骨堂のメリット・デメリット
  5. 樹木葬と納骨堂ではどっちがいい?
  6. 樹木葬と納骨堂まとめ

樹木葬と納骨堂について

お墓

終活をする際、皆さんはどのような埋葬方法を選びたいと思いますか?
お墓のイメージのある寺院墓地でしょうか?
それとも、自分の理想に沿った埋葬方法を探しますか?

近年、新しい埋葬方法が注目を集めています。
その中でもとりわけ注目を集めている新しい埋葬方法に樹木葬と納骨堂があります。

この樹木葬と納骨堂ですが、いったいどういう埋葬方法でそれぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、近年多くの人に選ばれる樹木葬と納骨堂について

  • 樹木葬と納骨堂とは?
  • 樹木葬のメリット・デメリットとは?
  • 納骨堂のメリット・デメリットとは?
  • 樹木葬と納骨堂、どちらが良いの?

などの点を中心に、細かく解説を行なっていきます。
より理想とする埋葬方法を見つけることができるよう、お手伝いができれば幸いです。
ぜひ最後までご覧下さい。

樹木葬と納骨堂とは何か

困った人々

終活をやっていると樹木葬や納骨堂という単語をよく耳にすると思います。

樹木葬納骨堂とはそもそも何なのでしょうか。
ここでは樹木葬と納骨堂の特徴を踏まえて、それぞれの埋葬方法について解説をしていきます。

樹木葬とは

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標とする供養方法のことで、自然葬の一つにあたります。

近年亡くなった後は自然に還りたいという考え方から、自然葬を選択する人が増えてきています。
自然葬とは、従来のお墓のように墓石の下にご遺骨を埋葬するのではなく、言葉の通り海や山などといった自然の中にご遺骨を埋葬して自然に還すという埋葬方法です。

樹木葬と一般的なお墓との違いの一つに、墓標があります。
従来のお墓の場合、墓標は墓石になりますが、樹木葬の場合には墓標はハナミズキやサルスベリといった樹木が墓標になります。
樹木葬に使用される樹木の中で人気が高いのは、やはり桜の木になります。

納骨堂とは

核家族化や少子化などの影響でお墓を承継できない人が増加している近年、納骨堂を選択する人も増えています。
納骨堂とは、一体どのようなものなのでしょうか?

納骨堂とは、骨壷に入ったご遺骨を預けて保管してもらう施設のことをいいます。
最近はロッカー式・仏壇式・お墓式・機械式といった様々なタイプの納骨堂がありますが、もともとは一時的にご遺骨を保管する目的で墓地の片隅などに建てられてた建物でした。

納骨堂には、運営や管理をしているところによって寺院納骨堂・公営納骨堂・民営納骨堂に分けられます。

先程述べたように、納骨堂といっても実に様々なタイプのものがあるので、それぞれの特徴を考慮し希望に沿ったものを選択する必要があります。

樹木葬のメリット・デメリット

桜

樹木葬とは、樹木を墓標として自然の中にご遺骨を還すという埋葬方法ということがわかりました。

近年、希望者の増えている樹木葬のメリットデメリットを紹介していきます。
樹木葬に興味を持っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

メリット

樹木葬を希望する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは四つのメリットをご紹介いたします。

永代供養で後継者の心配がない

一つ目のメリットは、樹木葬は永代供養であることがほとんどなので後継者の心配がないことです。
一般的なお墓の場合、お墓を維持・管理していく為にはきちんとお墓を継承しなければなりません。
ですが近年、少子化や核家族化などの増加に伴って、お墓の承継が困難なケースが増えてきています。

樹木葬は基本的に永代供養であるので、お墓を承継する必要がありません。

宗旨・宗派を問わない

樹木葬の二つ目のメリットは、宗旨・宗派を問わないことです。

一般的な寺院墓地の場合、墓地を利用する為には、そのお寺の檀家になることが条件とされているケースがほとんどです。
檀家になると、お葬式などといった葬祭にまつわる儀式や供養をお寺に任せることができる一方で、お布施や護持会費といった費用がかかります。

一方樹木葬は、基本的に宗旨・宗派が問われません。
仏教やキリスト教、イスラム教といった様々な宗教が存在しており、無宗教者も増えている現在では、宗旨・宗派を問わない樹木葬を選択する人も増えてきています。

費用が安い

樹木葬の三つ目のメリットは、費用が安いことです。

樹木葬は、樹木を墓標としている為、一般的な寺院墓地のように墓石を必要としません。
お墓を建てる必要がないので、墓地・霊園よりも比較的埋葬にかかる費用を安く抑えることが可能です。

自然に還ることが出来る

最後に樹木葬は自然に還ることが出来ます

自然に還ることができるというのは、納骨堂との違いで最も明確な点かもしれません。
前に述べたように、樹木葬は自然葬と呼ばれる埋葬方法の中の一つです。
従来のお墓のようにご遺骨を墓石の下に埋葬するのではなく、ご遺骨やご遺灰を山や海などの自然の中に還そうとする埋葬方法が自然葬です。
以前は、ご遺骨を粉砕して散骨する埋葬方法のみを自然葬としていましたが、現在では自然に還る素材の骨壷を使用して埋葬する方法や、直接ご遺骨を自然の中に埋葬する方法も含めすべてが自然葬と呼ばれています。
近年では、亡くなった後は自然に還りたいという考えを持つ人も増えており、この自然葬を選択する人が増えてきています。

樹木葬の場合も霊園・墓地によって違いはありますが、ご遺骨を粉末状にしたり、土の中で溶ける素材でできた骨壷に入れてご遺骨がゆっくりと自然に還るよう埋葬することも多いです。

デメリット

ここまでは樹木葬のメリットについてみてきましたが、次にデメリットについてみていきましょう。
ここでは4つのデメリットについてご紹介いたします。

改葬が出来ない

樹木葬は改葬が出来ません

先程述べたとおり、樹木葬はご遺骨を自然に還すという考え方に基づいた埋葬方法です。
墓地・霊園によって埋葬方法は異なりますが、ご遺骨を直接埋葬したり、土に溶ける素材の骨壷に入れて埋葬するといったケースがほとんどです。

また樹木葬の場合には、一本の樹木を墓標としてその周辺の区画に複数のご遺骨を埋葬する場合が多いです。
個々に埋葬する場合であっても、13回忌といった一定の保管期限を定め、その期限を過ぎると埋葬場所を変えて合祀墓にうつされるケースがほとんどです。

時間が経って、ご遺骨が自然に還っている場合はもちろんのこと、複数のご遺骨を一緒に埋葬されていることが多い樹木葬では、後に改葬を希望してもご遺骨が取り出せないケースがほとんどです。

樹木葬においては、後々改葬ができない可能性が高いということを念頭において、家族や親戚などとよく話し合って決めることが大切です。

お墓が荒れやすいことも

樹木葬は特に里山型でお墓が荒れやすい傾向にあります。

樹木葬の場合、自然の中に埋葬することがコンセプトとなっている為、一般の墓地・霊園のようにそれぞれの家の承継者によってきれいに維持・管理されているお墓のイメージとは異なります。

樹木が墓標となり、自然の中に埋葬することが目的である樹木葬では、草木が多い茂ったりといった自然ならではの環境のもとで埋葬されるので、一般的なお墓に比べてどうしてもお墓が荒れやすくなってしまうことは避けられません。

アクセスが悪い事も多い

これも里山型に多いのですが、樹木葬はアクセスが悪いことが多いです。

先程述べましたが、樹木葬の目的は自然の中に埋葬するということです。
特に樹木葬の種類の一つである里山型の場合では、都市部より離れ、山林などといった広い土地に自然と溶け込むように存在しています。

このように、自然が豊かな場所にご遺骨を埋葬できる一方で、どうしてもアクセスが悪くなってしまうケースもあるのです。

年配の方や体の不自由な方などには、参拝が大変になってしまうこともあるので注意が必要です。

自分の理想とギャップが出来てしまうことも

樹木葬では自分の理想とギャップが出来てしまうことがあります。

大自然の中で眠るご遺骨は、とても静かで癒される空間にあるというイメージはありませんか?
それぞれが樹木葬に対して思い描くイメージは、様々なものがあるでしょう。

樹木葬は、樹木を墓標として樹木の下にご遺骨を埋葬します。
しかし先程も述べたように、あくまで自然の環境の中に埋葬する為、実際に見に行ってみると草木が生い茂りお墓が荒れていたなどといった状況がないとも限りません。

このように一般的なお墓に比べ、樹木葬は思い描いていたイメージとのギャップも起こりうるので、樹木葬を検討する際には、終活の一つとして樹木葬を扱っている墓地や霊園を複数あたり、実際に足を運び自分の目で確認をすることが大切です。

終活ねっとでは樹木葬に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では樹木葬の費用の相場や樹木葬ができるオススメの霊園について解説しています。
樹木葬に興味のある方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

納骨堂のメリット・デメリット

お墓

近年社会で問題となっている少子化や核家族化の影響によって、納骨堂は希望者が増加しています。

ここでは納骨堂を選ぶ際のメリットデメリットについて解説していきます。

メリット

納骨堂を選択するメリットにはどういうものがあるのでしょうか。
ここでは5つのメリットをご紹介いたします。

天候にお参りが左右されない

納骨堂はお参りが天候に左右されません

一般的な墓地・霊園の場合、参拝する時に気になることの一つに天候があります。
天候によっては、参拝の予定を変更しなければならないこともあります。

納骨堂は、一般的な墓地・霊園と違って室内にあるため、参拝する際にも天候に左右されません。

メンテナンスの必要がない

納骨堂は基本メンテナンスの必要がありません

寺院墓地や霊園などの場合、きちんとお墓の維持・管理をする為にも、お墓の掃除や草むしりといった定期的なメンテナンスが必要となります。
承継人である人や親戚などがお墓の近くに住んでいて、定期的に参拝ができる状況であれば、お墓をきれいに維持することが可能ですが、頻繁に参拝できない状況であれば普通お墓は荒れてしまいます。

ですが納骨堂は施設内にある為、一般の墓地・霊園と違って頻繁に参拝できない状況でもお墓が荒れるといった心配がありません。
メンテナンスの必要がないことも納骨堂の利点と言えます。

宗旨・宗派を問わない

一般的な寺院墓地の場合、そのお寺の檀家になることが利用するための条件となっているところが少なくありませんが、納骨堂の場合には基本的には宗旨・宗派は問われません

先程述べたように、納骨堂には運営主体によって寺院納骨堂・公営納骨堂・民営納骨堂があります。
寺院納骨堂の場合であっても、基本的には宗旨・宗派問わず利用することが可能ですが、まれに檀家になることが利用条件となっている納骨堂もあるので、検討する際にはきちんと調べることをおすすめします。

交通の便が良い

納骨堂は交通の便が良い場所にあることが多いです。

納骨堂の場合、広いスペースが必要ありません。
近年では、マンション型の納骨堂など、狭いスペースでより多くのご遺骨を埋葬できる納骨堂も増えている為、一般の墓地・霊園にくらべ交通の便の良い場所にあるところが多いです。

年配の方や体の不自由な方などにとっては、より参拝しやすい環境にあるといえます。

費用が安い

納骨堂は費用が安く済みます。

お墓を建てる際にかかる費用の中で特に頭を悩ませるものに墓石があります。
墓石に使用する石材やデザインによって、その費用は大幅に変わります。
納骨堂の場合には、この墓石を必要としないため、一般的なお墓に比べて費用が安くすむケースが多いです。

また、多くの寺院墓地ではお寺の檀家になる必要があるため、入檀料などといった費用もかかります。
お墓を建てる土地を永代に渡って使用するために支払う永代使用料も、使用する墓所の区画の広さによって金額に違いがあります。
墓所の区画も狭くて済むことからも、一般的なお墓よりも納骨堂を利用する方が費用を抑えられる場合が多いです。

デメリット

納骨堂を選ぶ際に、注意すべきデメリットとはどのようなものでしょうか?
ここでは4つのデメリットについてご紹介いたします。

収蔵期間が決まっている場合が多い

納骨堂を利用する場合、そのほとんどが永代供養でありご遺骨の収蔵期間が決まっているところが多いです。
収蔵期間は三十三回忌を区切りとするところが多く、この期限を過ぎると合祀墓へとご遺骨が移されるケースが多いです。

合祀墓へ移されたご遺骨は他のご遺骨と一緒に埋葬されるので、収蔵期間後は改葬などを希望する際でもご遺骨を取り出すことが出来なくなります

埋葬スペースが狭い

納骨堂は埋葬スペースが狭いことが多いです。

納骨堂は、多くのご遺骨を保管する施設です。
より多くのご遺骨を埋葬する為には、どうしても埋葬スペースが狭くなってしまいます。

ロッカー式の納骨堂のようにロッカー型のお檀がずらりと並んでいる風景は、従来のお墓と比べると手狭に感じてしまう可能性があります。

供え物に制限がある

納骨堂はお供え物に制限があります。

一般的な墓地の場合、参拝の祭には故人の好きだったお花や食べ物・飲み物、お線香などをお供えする人が多いと思います。
基本的にお供え物に制限はありませんが、納骨堂でのお供えには制限を設けているところも多いようです。

納骨堂によって違いがありますが、特にアルコールやお線香、生花といったものを持ち込むこと自体を禁止している施設もあるので、事前にきちんと調べてその施設のルールに沿って参拝するようにしましょう。

建物が老朽化した時が不安

納骨堂は建物の老朽化が不安です。

従来のお墓でも同じことですが、長い年月が経てば納骨堂の建物自体も老朽化します。
お墓であれば、そのお墓を管理している承継者によって建て替えや修繕が行われますが、多数の利用者がいる納骨堂が老朽化した場合には、建物の修繕などの費用は誰が持つことになるのでしょうか?

納骨堂の建て替えを行う場合には、多額のお金が必要となります。
自分の代では建て替えの必要がなくても、子供や孫の代で高額の修繕費用が請求されることも無いとは限りません。
また、修繕が出来ない場合には、納骨堂の存続自体が困難となる可能性も無きにしもあらずです。

そういった不安をなくす為にも、契約をする際にはきちんと確認をしておく必要があります。

樹木葬と納骨堂ではどっちがいい?

困った人々

これまで、樹木葬と納骨堂のそれぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。
いざ樹木葬と納骨堂のどちらかを選ぶとなると、どちらを選べば良いのでしょうか?

近年では、少子化や核家族化などの影響によって、お墓を承継できない家が増加しています。
また自分が亡くなった後、子供達に面倒をかけたくないという思いから、お墓の承継を必要としない樹木葬や納骨堂を選択する人は多いです。

樹木葬も納骨堂も、どちらも

  • 一般的なお墓よりも比較的費用が抑えられる
  • お墓の維持・管理の手間がかからない
  • 宗旨・宗派を問わない

など、共通点もたくさんあります。

前に述べたように、樹木葬はご遺骨を自然の中に埋葬し自然に還すという考え方に沿った埋葬方法なので、このような考えを持っている人にとっては理想的な埋葬方法と言えます。

納骨堂は、アクセスもよく参拝の際にも天候に左右されないので、頻繁に参拝に行かれる人にとっては参拝しやすい条件が揃っています。

樹木葬も納骨堂も、それぞれどちらを選ぶのかは人によって異なります
終活をする際に、家族や親戚とよく話し合い、ぜひ自分の理想に沿った埋葬方法を見つけてください。

樹木葬と納骨堂まとめ

お墓

樹木葬と納骨堂について、それぞれの特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 樹木葬とは、自然の中にご遺骨を埋葬する自然葬の一つで、従来のお墓のように墓石の下にご遺骨を埋葬するのではなく、樹木を墓標として樹木の下にご遺骨を埋葬する方法をいう。
  • 納骨堂とは、ご遺骨の入った骨壷を預けて室内で保管してもらう施設を指し、運営主体によって寺院納骨堂・公営納骨堂・民営納骨堂に分かれる。
  • 樹木葬のメリットとして、永代供養のため承継人を必要としない、宗旨・宗派を問わない、費用が比較的安い、遺骨を自然に還すことができるといった点がある。
  • 樹木葬のデメリットとして、改葬ができない、自然の中にある為お墓が荒れやすいこともある、アクセスが悪いところが多い、自然であるため描いていた理想とギャップが生じる場合があるといった点がある。
  • 納骨堂のメリットとして、室内のため参拝の際に天候に左右されない、お墓のメンテナンスが不要、宗旨・宗派を問わない、立地が良い、費用が比較的安いといった点がある。
  • 納骨堂のデメリットとして、ご遺骨の保管期限がある、埋葬スペースが狭く感じる、お供え物に制限がある、建物自体の老朽化の心配があるといった点がある。
  • 樹木葬か納骨堂のどちらが良いということはなく、それぞれの状況や希望に合わせて選択すると良い。

樹木葬と納骨堂について、以上のことが分かりました。

少し前までは、お墓というと従来の寺院墓地のイメージがありましたが、現代では利用者のニーズに合わせて埋葬方法を選択できる時代となりました。

終活を通して、自分の希望に沿った埋葬方法を探してみるのも良いかもしれません。
その為に、今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

終活ねっとでは今回の記事以外にも終活に関する記事を多数掲載しております。
そちらもあわせてご覧ください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「樹木葬・納骨堂」に関連する記事

「樹木葬・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「樹木葬・納骨堂」についてさらに知りたい方へ

樹木葬について他の埋葬方法と様々な点で比較してみました!のサムネイル画像

樹木葬について他の埋葬方法と様々な点で比較してみました!

樹木葬で納骨ってどうやるの?費用から方法まで全てを解説します!のサムネイル画像

樹木葬で納骨ってどうやるの?費用から方法まで全てを解説します!

樹木葬のデメリットについて気になるポイントを徹底解説します!のサムネイル画像

樹木葬のデメリットについて気になるポイントを徹底解説します!

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!のサムネイル画像

樹木葬ついて種類別のメリットをデメリットとあわせて解説!

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットものサムネイル画像

樹木葬ができる東京付近の墓地を紹介!相場やメリット・デメリットも

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方についてその注意点やメリットを徹底解説!

樹木葬の手続きや埋葬方法について、費用もあわせて紹介しますのサムネイル画像

樹木葬の手続きや埋葬方法について、費用もあわせて紹介します

樹木葬のお墓参りや納骨式での服装についてわかりやすく解説します!のサムネイル画像

樹木葬のお墓参りや納骨式での服装についてわかりやすく解説します!

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!のサムネイル画像

樹木葬のトラブルって一体何?樹木葬の注意点について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと