合同墓で行う永代供養についてメリットや気になる費用を紹介します

お墓にも伝統的なものもあれば、新しいタイプのものもあります。その中でも最近利用者が増えてきているのが合同墓で行われる永代供養という形です。実は従来の家族墓に比べると費用面などでメリットがあります。今回は、合同墓による永代供養のメリットや費用を見ていきます。

目次

  1. 合同墓の永代供養について
  2. 合同墓とは
  3. 合同墓で永代供養するメリット・デメリット
  4. 合同墓での永代供養にかかる費用
  5. 一般的なお墓から合同墓に改葬するには?
  6. 合同墓の永代供養について・まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

合同墓の永代供養について

お墓

昔とは異なり、今ではお墓や葬儀の形と一言でいってもいろいろな在り方があります。

もちろん、今でも伝統的な和型墓石に故人のご遺骨の入った骨壷をカロート(納骨スペース)に納めるというやり方は一般的です。

ですが、それ以外にも永代供養や樹木葬、散骨といったこれまでのものに比べて斬新な埋葬方法が登場してきているのもまた事実といえます。

それらの新しいお墓や葬儀にまつわる方法は、いわば近年のお墓や葬儀に対する価値観の変化や多様化、加えて少子高齢化によって将来的にお墓の面倒を見てくれるような人が見つかりにくくなってきているという、社会的な背景の表れであるともいえます。

その中でも特にこのような世相の変化を反映するお墓の在り方が合同墓での永代供養です。

そこで今回終活ねっとでは、合同墓で行われる永代供養について、主にそのメリットや費用の面から見ていきます。

より詳しい内容として

  • 合同墓とはどのようなお墓なのか?
  • 合同墓で永代供養を行うメリットとデメリットとは?
  • 合同墓で行う永代供養に必要な費用はどのくらいなのか?
  • 一般的なお墓から合同墓に改葬するにはどうすればよいのか?

というポイントに沿って話を進めていきます。
終活中の方でお墓選びを考えている方はぜひ参考にしてください。

合同墓とは

お墓

合同墓とはいったいどのようなお墓なのでしょうか?
まずは、合同墓の特徴などについて触れていきましょう。

合同墓とは文字通り複数の方のご遺骨をまとめて納骨する形のお墓を指します。
そういわれると、普通の家で持つお墓と変わらないではないかと考える方もいるのかもしれませんが、実は全く違います。

普通の家で持つお墓の場合は、そこに入ることができるのはそのご家族の方だけに限られます。

ですが、合同墓は血縁に関係なくさまざまな方を一緒に埋葬することができるという点で普通のお墓と異なります。

特に、家で持つお墓を将来継いでくれる方がいないご家庭などで、終活の一環で合同墓に入り、後のことを心配することがないように対策する方や、費用や管理のことなどで残されるご家族に迷惑をかけたくないという方を中心に合同墓を利用する方が増えています。

合同墓で永代供養するメリット・デメリット

人々

家の血筋に関係なく多くの方が利用できる合同墓ですが、合同墓に埋葬された後の供養の方法で代表的なものとして永代供養、つまり墓地や霊園の管理者の側でご遺骨に対する供養や管理の一切を行うやり方が挙げられます。

そこでここでは、合同墓における永代供養のメリットとデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

メリット

合同墓で行う永代供養にはメリットが多いです。

ここでは、費用が安いという点や無縁仏・無縁墓になる心配がないという点、そして宗教や宗派に関係なく利用できるという点を取り上げていきます。

費用が抑えられる

合同墓で行われる永代供養はまず費用が非常に安いというメリットが挙げられます。
その理由として、合同墓で行われているというのがポイントです。

合同墓は先ほども見たように複数の方のご遺骨が同じお墓の中に埋葬される、いわば共用のお墓であるといえます。

言い換えれば、誰のものでもないということで、占有しているわけではないので、一般のお墓のように占有に必要な費用(土地使用料もしくは永代使用料)が発生しないというのがこの安さの秘密です。

また、あらかじめお墓が建っているため、個人でお墓を建てる場合に必要な墓石代も不要となる点も費用が抑えられる大きな理由となります。

さらに、合同墓での永代供養の場合は年間管理料も請求されることがありませんので、長期的に見ても費用が安く抑えられます。

無縁仏・無縁墓になる心配がない

合同墓を利用した永代供養の第2のメリットとして、利用される方にとって亡くなった身内の方が無縁仏となるリスクが避けられ、合同墓そのものが無縁墓にならないという点が挙げられます。

近年では少子高齢化や核家族化といった社会の変化の影響で、お墓を将来的に引き継いで管理してくれるという方がいないというご家庭も少なくありません。

もし、お墓を引き継いで管理してくれる方がいない場合、最終的にはそのお墓は無縁墓として撤去され、中に眠っている方のご遺骨も無縁仏として専用の共同墓に移されてしまいます。

その点で合同墓での永代供養は。墓地や霊園の管理者の方が全面的にご遺骨やお墓そのものの供養・管理をしてくれるため、半永久的に故人のご遺骨が無縁仏とされたり、またお墓そのものが無縁墓となる心配から解放されます。

宗教宗派を問わない

合同墓を利用する永代供養のメリットの第3として、依頼する方や故人の方の属している宗教や宗派に関係なく利用できるという点が挙げられます。

たしかに、近年ではお墓や葬儀の在り方に対する価値観や方法が多様化してきたこともあって、宗教や宗派不問の墓地や霊園も増えてきてはいます。

しかし、伝統的な寺院墓地では今でもその寺院の宗派に属していない方の利用は原則として断られる場合が少なくありません。

もちろん、ご家族の中で違う宗教や宗派に属している方がいる場合、寺院墓地にあるその家のお墓にはいることすらも断られるケースもよくある話です。

そこで、お墓のことを考える際に宗教や宗派のことについて心配をしたくないということであればこのような合同墓による永代供養を利用するという手もあります。

加えて、先ほども見たように費用も安いため、費用のことと併せてご家族に心配や苦労をかけたくないということであれば、なおさらおすすめといえるでしょう。

デメリット

ここまで見てきたようにメリットの多い合同墓を利用した永代供養ですが、デメリットがないわけではありません。
そこで、ここでは合同墓で永代供養するデメリットを紹介していきます。

ご遺骨が取り出せない

合同墓での永代供養の方法で見られるデメリットとしてよく取り上げられるのが、納骨した後にご遺骨を取り出せないという点が挙げられます。

合同墓そのものが血筋や家に関係のない複数の方を埋葬するお墓であるとともに、埋葬の際に骨壷からご遺骨を取り出し、そのまま納骨するという方法がとられます。
すると、納骨後にどのお骨がどなたのものであるかの判別がつきにくいこととなります。

このため、納骨後はご遺骨を取り出すことがほぼ完全に不可能であるため、もしご遺骨の取り出しができないという点で違和感を覚えるのであれば、別の埋葬の方法も検討してみるとよいでしょう。

家族の心の拠り所となり得ない可能性がある

もう1つでメリットとして、合同墓そのものが埋葬された故人のご家族にとって心のよりどころと感じることができない可能性もあるという点が挙げられます。

こちらも先ほども触れたこととなりますが、合同墓は個人のお墓ではないので個人専用のお墓にお参りするということではなくなります。

言い換えれば、家の方以外の見ず知らずの方も一緒に眠っているということで、ご先祖様に会いに来たという気持ちが薄れがちになることもあることを意味します。

そのため、どうしても家のお墓にこだわるという場合には合同墓以外の方法も考えるとよいでしょう。

合同墓での永代供養にかかる費用

お金

それでは合同墓を利用した永代供養に必要な費用はいったいどのくらいなのでしょうか?
ここでは、金銭面から合同墓を利用した永代供養について見ていきましょう。

結論から言えば、総額で10万円から30万円ほどです。

そもそも一般的なお墓に比べ土地使用料や墓石代、工事費用が発生しないので、この時点でかなりの額が抑えられます。
さらに、長期的に見ても年間管理料といった維持費も必要とされません。

あくまでも永代供養そのものにかかるお金に対して費用が発生するという点がポイントであるといえます。

ちなみに永代供養には、合同墓を利用したもの以外にも、樹木葬や散骨といった方法があります。
樹木葬の場合は10万円から80万円、散骨は細かい方法にもよりますが5万円から30万円(海洋散骨の場合)が相場です。

このため、樹木葬に比べると安くなりやすく、散骨とは大体同じくらいの相場になるといえます。

一般的なお墓から合同墓に改葬するには?

お墓

お墓の跡継ぎがいないという理由で、ご遺骨をそれまでのお墓から合同墓に移すという方法もあります。
いわゆる改葬という方法ですが、ここでは合同墓への改葬について簡潔に見ていきましょう。

改葬とは?

改葬とは、何らかの事情でお墓を維持できなくなった場合などに、新しいお墓を別の場所に建てたうえで、それまでのお墓を閉じ、ご遺骨を新しいお墓に移す一連の流れを指します。

特に、それまでのお墓に通うのにアクセス面での負担が大きかったり、そのお墓の管理などをしてくれる方がいないというケースで改葬を行う方が増えてきています。

改葬の流れ

改葬の流れですが、まずご家族などでよく相談したうえで、菩提寺や石材店との相談・打ち合わせをします。
あわせて、改葬先となる墓地・霊園探しを行います。
そして、必要書類をそろえたうえで役所で改葬許可証を発行してもらいます。

改葬の際にはまず、それまでのお墓を閉じることが重要です。
具体的には、そのお墓の閉眼供養を行い、ご遺骨を取り出し、専門業者にお墓を撤去してもらいます。

その後、改葬先の新しい墓地や霊園に改葬許可証を提出し、新しく建てたお墓の開眼供養を行った後、納骨を行います。

合同墓に改葬する際にも基本的にこの流れで行われますが、一般的なお墓への改葬と違う点として、開眼供養は行わずそのまま納骨法要が行われる点が挙げられます。

合同墓の永代供養について・まとめ

お墓

合同墓での永代供養について見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 合同墓とは、血筋や家に関係のない複数の方のご遺骨を一緒に埋葬する形のお墓のことである。
  • 合同墓での永代供養のメリットとして、安い費用で利用できる点と無縁仏や無縁墓の心配がなくなる点、そして宗教や宗派に関係なく利用できる点が挙げられる。一方でデメリットとして、納骨後にご遺骨を取り出せないという点と、ご家族にとってお墓が心のよりどころにならない可能性がある点とが挙げられる。
  • 合同墓での永代供養にかかる費用の相場としては10万円から30万円が一般的である。
  • 一般的なお墓から合同墓に改葬する場合は、基本的に普通の改葬の方法と同じ流れとなる。つまり、ご家族のうちでよく相談したうえで、菩提寺や石材店と段取りをし、改葬許可証を取得する。そして、それまでのお墓の閉眼供養を執り行った後で、合同墓への納骨法要を行うという流れである。

お墓の跡継ぎとなる方がいないという事情に悩むご家庭が多い中で、合同墓を利用した永代供養を利用する方は増えてきています。
終活に取り組む中でも、このような方法があるということをぜひともご理解いただいたうえで、検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

「永代供養・合同墓」に関連する記事

「永代供養・合同墓」についてさらに知りたい方へ

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

    1
  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

    2
  • 永代供養の個人墓って一体何?メリット・デメリットや費用も解説!

    永代供養の個人墓って一体何?メリット・デメリットや費用も解説!

    最近は、少子化や核家族化の影響により、お墓の継続者が減少し、お墓の管理に困っている人が増えています。そんな中、永代供養が注目されており、個人墓を活用する人が増加しています。今回はそんな永代供養の個人墓をメリットやデメリット、費用を含め詳しく解説いたします。

    3
  • 永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

    永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

    現代は供養に対する価値観も多様化し、夫婦だけのお墓を建てたい方も多いのではないでしょうか。 そんな方たちに今人気なのが、永代扶養の夫婦墓です。 ここでは永代供養の夫婦墓について、実際の費用やメリットについて詳しくまとめてみました。

    4
  • 永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。

    5

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    2
  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

    3
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    4
  • 霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

    終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

    5

関連する記事

「永代供養・合同墓」についてさらに知りたい方へ

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養の個人墓って一体何?メリット・デメリットや費用も解説!のサムネイル画像

永代供養の個人墓って一体何?メリット・デメリットや費用も解説!

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介しますのサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の内訳や購入のコツも紹介します

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと