お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説

お墓の管理料はどのくらいかかるのでしょうか。 お墓を引き継ぐことになったり、お墓を購入しようと思っても、先々の負担がどのくらいなのか、わからず心配だという方も多いと思います。 お墓の管理料はどのくらいかかるのか、滞納したらどうなるか、などについて解説します。

目次

  1. お墓の管理料について
  2. お墓の維持にかかる費用の内訳
  3. お墓の維持にかかる費用の相場
  4. お墓の管理料を滞納するとどうなるの?
  5. 管理料が必要ない永代供養墓
  6. お墓の管理はどこまでやってくれるの?
  7. お墓の管理料まとめ

お墓の管理料について

お墓

お墓を建てるのには様々な費用が発生しますが、お墓を維持するのにも費用が発生するとご存じで知たか。

お墓には管理料などの維持費用が掛かります。

ではこのお墓の管理料はどのくらいかかるのでしょうか?
先々の負担がどのくらいあるのか今のうちに知っておくことは大切です。

そこで、今回終活ねっとではお墓の管理料について、

  • お墓の維持にかかる費用の内訳は、どんなものがあるのか?
  • お墓の維持にかかる費用の相場は、どのくらいなのか?
  • お墓の管理料を滞納すると、お墓はどうなるのか?
  • 永代供養墓の管理料は、どのようになっているのか?
  • 寺院や霊園は、お墓の管理をどの程度までやってくれるのか?

などの点を中心に、費用の相場や管理の範囲などを含めて解説します。
お墓の購入でどうしようかと悩んでおられる方をはじめ、皆さんのお墓選びの参考になりますので、ぜひ最後までご覧ください。

お墓の維持にかかる費用の内訳

お墓

ここでは、お墓にかかる維持費用の内訳についてご紹介していきます。

お墓の維持にかかる費用としては、公営霊園も民営の霊園や寺院墓地でも、まず管理料があります。
お墓を持っていると、その他にもお布施や寄付・護寺会費などが必要になることがあります。

それぞれどんなことに必要な費用なのか、見ておきましょう。

管理料

管理料は、お墓を利用する人たちが共同で使う墓地や霊園の水汲み場・トイレなどの清掃や補修などの維持管理に必要な費用です。
これらの施設や設備の水道代・電気代などの光熱水料も含まれます。

管理料の支払いは、まとめて一括払いする例もありますが、普通は毎年1回支払う方式が多くなっています。
管理料は、1年間につきおおむね数千円から1万5千円程度になっています。

お布施

お墓がある墓地・霊園で納骨や開眼供養などの法要を行うときや、寺院などで各種の行事などが行われる際に、寺院や僧侶の方にお渡しするお布施が必要になります。

お布施は、お寺や僧侶の方に読経や戒名を頂いたときなどにお渡しする金品ですが、本来お寺やお坊さんへの寄進や感謝の意味でお渡しするもので、行為の対価や費用ではないとされています。

お布施の相場は、法要や行事の規模・性格にもより異なりますが、通常の読経などであれば1万円~5万円前後です。
日常的なお墓参りなどの際にお渡しするお布施なら、5千円~1万円くらいでよいでしょう。

亡くなった方の戒名や法名をつけていただくようにお願いするときにもお布施をお渡ししますが、この場合のお布施は寺院への寄付という性格で、金額に決まりはないこともあって、相場は3万円位から数十万円と、かなり幅があります。

寄付

維持費用にかかる内訳の一つに寄付もあります。
寺院の改修増築、付帯的な施設や設備などの新増設に際して、寄付を求められることがあります。

お寺の檀家の方などに協力費などの名目で請求されることが多いのですが、かなりの高額になることもあります。
支払う必要があるものかどうかは、周りの方の意見も聞いて相談されるとよいでしょう。

護持会費

護持会費は、寺院などを維持するための費用です。
お寺には、墓地や水汲み場・トイレなどの共同施設の他にもいろいろな施設や設備があります。

護持会費は、共同施設だけでなく、そのようなお寺の施設を含めてお寺全体を管理運営するための費用に充てられるものです。

護寺会費と管理料は必ずしも明確に区分されているわけではなく、管理料あるいは護寺会費に両方の費用が含まれていることもあります。

お墓の維持にかかる費用の相場

お墓

ここでは、お墓にかかる維持費用の相場について、霊園・寺院のタイプごとに説明します。
墓地のある霊園・寺院は、大きく分けて、「民営霊園」・「公営霊園」・「寺院墓地」の3つのタイプがあります。

民営霊園

民営霊園は、宗教法人や公益法人などの民間事業者が管理・運営する霊園です。
民営霊園は、一般的に比較的立地の良い場所が多く、施設もきれいで使い勝手の良いところが多くなっています。

民営霊園のお墓の維持費は、基本的に管理費だけです。
民営霊園の管理費の相場は、霊園の規模や利便性による違いはありますが、地域による差はあまり大きくはなく、おおよそ5千円~1万千円前後が多いです。

お墓の維持費は基本的に管理料だけですが、ご遺骨の埋葬時や法要の際には、別途お坊さんの手配やお花代などもかかります。
それらの費用を含めると年によっては、6~7万円の費用がかかります。

公営霊園

公営霊園は、市町村などの公共団体が管理・運営する霊園・墓地です。
公営霊園は、宗教や宗派を問わず誰でも申し込むことができるのがメリットです。

公営霊園でお墓の維持にかかる費用は、管理料だけです。
公営霊園の管理費は、一般的に寺院や民間霊園の管理費よりも低く、千円~1万円くらいが相場です。

公営霊園の管理費は、地域差はあまりありませんが、墓地の区画の大きさにより違いがあります。
例えば、東京都が経営する都立霊園の一般墓所の管理費は、立地が一番良い青山霊園と他の都立霊園とで、㎡当たりの単価に違いはありません。
都立霊園の管理費は、すべての霊園で年額、2㎡以下が1220円、4㎡以下が2440円、6㎡までが3660円になっており、1㎡当たりの単価はいずれも610円と低額です。

公営霊園は、管理費は安いメリットがある一方で、法要の会食の手配は自分で行わなければならず、また水汲み用の桶を置いていないなど、サービス面で劣るとの指摘もあります。
最近は、これらのサービス面も改善されてきています。

ただ公営墓地は募集時期が限られており応募倍率も高いので、その点は注意が必要です。

寺院墓地

寺院墓地は、既存の寺院の敷地内やその近くに設けられた昔ながらのお墓です。
従来は檀信徒契約を交わしてお寺の檀家にならなければ利用できないという寺院墓地が普通でした。
しかし最近は、宗教宗派を問わないという寺院墓地が増えており、選びやすくなっています。

寺院墓地でお墓の維持費は、管理費あるいは護持会費と行事参加費です。
寺院墓地の管理費は、地域的な差よりも寺院の格式による違いの方が大きいです。
寺院墓地の管理費の相場は、おおむね5千円~1万5千円前後です。

お寺との日頃のお付き合いの仕方にもよりますが、お寺では行事も多くありますので、それらの行事への参加費や寄付金なども必要になることがあります。

その意味で、寺院墓地の維持管理費は他の霊園墓地よりも高くなることが多いといえます。
ただ、一方でお寺はずっと存続している歴史のある名刹なども多く、法要の時もお坊さんに頼みやすく、長く安定的にお付き合いができるので安心できるというメリットがあります。

それぞれの霊園・墓地の管理費の多寡だけでなく、メリット・デメリットも考え合わせて、ご遺族にもっともふさわしい方法を検討されるとよいでしょう。

お墓の管理料を滞納するとどうなるの?

お墓

お墓の管理料を滞納するとどうなるのでしょうか。

最近の管理規約などでは、お墓の管理料を滞納した場合の扱いが明記されています。
例えば、「管理料を3年以上滞納した場合は、墓地使用契約を解除する」などの条項です。

墓地使用権は民事上の債権ですから、このような条項がなくても滞納を続ければ解約理由になります。
ただ墓地使用権の永久性も考えて、3回以上滞納を続けると墓地の使用契約の解約が認められるとの考えが一般的であり、規約などもその趣旨の規定になっていることが多いのです。

墓地の使用契約が解約されて永代使用権がなくなると、お墓を撤去しなければなりません。
そうなると撤去して更地に戻すために相当高額の費用もかかります。

お墓の使用者の所在が不明なときは、お墓の撤去はすぐ行えるわけではありません。
お墓の使用者の名前などを官報に公告し墓地に立札を掲示し、お墓の使用者などに1年以内に申し出るように促します。

そして、その期間内に申し出がなければ墓地埋葬法(施行規則2条1項・3条2号)に基づいて、お墓を撤去し、ご遺骨は無縁墓に移すことになります。

墓地の管理料の時効は

それでは墓地の管理料に時効はあるのでしょうか。
墓地の管理料は、民事の一般債権として10年の消滅時効(民法166条・167条)とする説もみられます。

しかし、管理料は通常は毎年1回ずつ決まった時期に納めることになっていますから、定期給付債権の短期消滅時効である5年間の消滅時効(民法169条)というのが、一般的な解釈です。

公営霊園の管理費も、金銭債権の消滅時効で5年間とされています(地方自治法236条1項)。
ですから、少なくとも5年分は時効にならず管理料を支払う必要があります。

これらの問題が起こらないように、管理費は忘れずにきちんと払うようにしましょう。

管理料が必要ない永代供養墓

お墓

ここでは、管理料が必要ない永代供養墓について説明します。

「永代供養墓」は、ご遺族の代わりにお寺や霊園の管理者が管理し供養してくれるお墓です。
無縁墓になる心配もなく、お墓を継ぐ人がいなくても安心して利用できます。

永代供養墓は、ご遺骨は納骨時あるいは一定期間経過後にほかの方のご遺骨と合祀されます。
ご遺骨が合祀になりますので、通常、墓石やその設置工事費が必要なく、初期費用が大幅に安くなります。
また、毎年の管理料も必要ないのが一般的です。

合祀に馴染みがなく、違和感や抵抗感がある方も多いかもしれませんが、少子化でお墓の継承が難しくなっている最近の状況下で、次第に関心が高まってきています。

永代供養墓は、生前に申し込むこともできますので、お墓を継ぐ子や孫がおられない方や、先々の管理費の負担を子や孫たちに欠けたくないとお考えの方にとってはメリットが大きく検討に値する埋葬方法です。

お墓の管理はどこまでやってくれるの?

お墓

寺院や霊園では、お墓の管理はどこまでやってくれるのかも気になりますね。

霊園・墓地の管理者が行ってくれる管理はどこまでで、個人で行わなければならない管理はどんなことなのか、よく分からないという方も多いと思います。

寺院や霊園の管理者が行ってくれる管理の範囲と、個人が自分で行うべき管理の範囲について、分けて説明します。

寺院や霊園がやってくれる管理の範囲

寺院霊園による管理は、墓地の共有部分の清掃やそれらの施設の維持・修繕です。

墓地の共有部分は、水汲み場やトイレ、墓地に至る通路や駐車場などがあります。
水汲み用の桶やひしゃくなどの器具・備品や共有部分の垣柵や植樹も含まれます。

これらの施設や器具・備品などの清掃や修繕などの維持管理は、寺院や霊園の管理者が行います。
また、これらの施設のための水道代・電気代なども管理費から支払われます。

個人でやるべき管理

個人の家のお墓は、当然それぞれの家の方が個人として管理します。

墓石や墓誌・墓標の清掃などは、ご遺族やご親族が自分達でしなければなりません。
周囲のお墓の迷惑にならないように、雑草や供物の残り物などの除去・清掃、植え込の刈り込みなどを行い、お墓の周りを含めてきれいにしておくよう、心がけたいものです。

お墓の管理料まとめ

お墓

お墓の管理料について説明してきましたがいかがでしたか。
今回の記事でお墓の管理料について以下のようなことが分かりました。

  • お墓の維持費用は、まず管理料があり、他にお布施や寄付・護寺会費などが必要になることがある。
  • お墓の維持費の相場は、民営霊園や寺院墓地がおおよそ5千円~1万5千円前後、公営霊園が千円~1万円が相場で、公営霊園が比較的安い。寺院墓地は他に行事参加費などもありお墓の維持費は高めであるが、それぞれメリット・デメリットもある。
  • お墓の管理料の滞納を続ければ使用契約が解約されて永代使用権がなくなることもある。
  • 墓地の管理料は5年間の消滅時効があるが、忘れずにきちんと払う必要がある。
  • 遺族の代わりに霊園管理者が管理し供養してくれる管理料不要の「永代供養墓」がある。
  • 寺院・霊園の管理者は墓地の共有部分の清掃や維持・修繕を行うが、各家のお墓はそれぞれの家で管理・清掃しなければならない。

お墓の承継が難しくなる中で、お墓の管理費の問題はよく考える必要がありますね。
先々のことも考えて永代供養墓を選択肢の1つとして検討することも考えられるでしょう。

終活ねっとではこの他にもお墓の承継や管理、ご遺骨の埋葬方法などについての記事を掲載していますので、参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「お墓・管理料」に関連する記事

  • お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

    お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

    お墓の管理費用はなぜ納めないといけないのでしょうか? 管理費用は長期に渡って支払う為、きちんとした理由が気になりますよね。 それでは、納めた管理費用は何に使用されて、その相場はどのくらいなのでしょうか? ここでは、一般的なお墓の管理費用の相場と使い道を解説します。

  • お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

    お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

    お墓にはいろいろと費用がかかってきます。その中でも長期的に発生するのがお墓の管理費で、長期的であるだけにその相場や支払いについては誰もが気になる話題ではないでしょうか。今回は、お墓の管理費について、その相場や支払い方、そして滞納した場合の対処法を見ていきます。

  • 墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

    墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

    お墓を建てる際には様々な費用がかかりますが、その中に必ず支払うこととなる墓地管理料というものがあります。この墓地管理料とはどういった料金で相場はどのくらいのものなのでしょうか。また、もし管理料を滞納してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

  • 墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

    墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

    墓地・霊園を使用する立場としては、定期的に払っている管理費がどうなっていて、また墓地・霊園の管理もどのように行われているか気になるところではないでしょうか?今回は、墓地・霊園の管理費がどのようなもので、かつ墓地・霊園の管理がどう行われるかをみていきます。

  • 墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

    墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

    墓地・霊園の管理費についてご存知でしょうか。近年では、お墓の管理費について詳しく知らず、突然請求がきて慌てる方も増えています。この記事では、墓地・霊園の管理費の相場やその使い方について詳しく解説していきたいと思います。ぜひ最後までお読みください。

  • お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

    お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

    お墓を建てる費用として、永代使用料や墓石代などの大きな費用に注目しがちですが、お墓が継続する間は永久に管理費を支払わなければなりません。この管理費とはどのようなものなのか解説します。

  • 霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

    霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

    霊園・墓地の管理と聞いて何を想像しますか? 私たちの代わりに管理してくれていることを思いつくのではないでしょうか。 しかし、霊園・墓地の管理とはそれだけではありません。 誰が、どのように管理しているのか? 今回の終活ねっとでは、霊園・墓地の管理についてまとめてみました。

  • お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

    お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

    お墓は定期的に管理費が必要です。また、お墓がある場所によっても管理費には違いがあります。そこで今回は、一般的にかかるお墓の管理費についてご紹介します。

  • 墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

    墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

    お墓がたくさん建っている敷地のことを私たちは墓地と呼んでいます。一方で似たような言葉として霊園というものもあります。この2つの言葉はどこに違いがあるのでしょうか?今回は、墓地と霊園というに通った言葉の違いについて見ていきましょう。

  • 墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?のサムネイル画像

    墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?

    墓地・霊園のお墓の維持費についてご存知でしょうか。墓地・霊園のお墓の維持費は管理費だけでなく、様々な費用が含まれている場合があります。この記事では、維持費の内訳や、運営先によってどのような違いがあるのかなどについて詳しくご説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・管理料」についてさらに知りたい方へ

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!のサムネイル画像

霊園・墓地の管理に必要なこととは?管理に対する疑問に答えます!

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!のサムネイル画像

墓地と霊園は何が違うのか?費用や管理の面から解説します!

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?のサムネイル画像

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「お墓・管理料」についてさらに知りたい方へ

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!のサムネイル画像

お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと