お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

目次

  1. お墓を建てないことについて
  2. お墓を建てないで埋葬はできるの?
  3. お墓を建てない際の供養方法
  4. お墓を建てないメリット・デメリット
  5. お墓を建てる時の費用の抑え方
  6. お墓を建てないことについてのまとめ

お墓を建てないことについて

お墓

お墓をどうするかは終活において大きな問題です。
日本では昔から人がなくなると火葬され、お墓に遺骨を納めるのが一般的とされてきました。
しかし近年の少子高齢化に伴い、深刻な墓地不足が生じています。
お墓を建てたくても建てられないのです。

また、経済的な理由などでお墓を建てることが困難な場合もあります。
お墓は安価なものではありませんから、思い立ってすぐに建てられるわけではないのです。
それではお墓を建てないという選択肢はどうなのでしょうか?
今回はお墓を建てないで供養することについて、

  • お墓を建てないで埋葬はできるの?
  • お墓を建てない際の供養方法
  • お墓を建てないメリット・デメリット
  • お墓を建てる時の費用の抑え方

の4つに注目して見ていきたいと思います。
少子高齢化や人々のライフスタイルの変化に伴って、お墓に対しての考え方も多様化してきているのが現代です。
まずはお墓を建てないで埋葬することは可能なのかということから解説していきましょう。

お墓を建てないで埋葬はできるの?

困った人々

お墓を建てることなく埋葬できるかどうか、法律に触れながら見ていきます。
「墓地・埋葬等に関する法律」は略して「墓埋法(ぼまいほう)」とも呼ばれる日本の法律です。
墓埋法では墓地や埋葬に関する様々な取り決めがされています。
現在の日本で土葬の文化はほぼありませんから、ここで言う「埋葬」とは火葬後の遺骨を指します。

法律によると、墓地ではないところに遺骨を埋めることはできません
「墓地」には寺院墓地、民営墓地、公営墓地の3種類があります。
それ以外の場所に勝手に遺骨を埋めることはできないというわけです。
たとえ自宅の庭など私有地であっても、それは法律違反になってしまいます。

しかし先述したように、事情によりお墓を建てられない人もいます。
そのような人すべてが法律違反になってしまっては大変ですよね。
次項では、お墓を建てないときの供養方法について、詳しく見ていきます。

お墓を建てない際の供養方法

花

お墓を建てないときの供養方法について、具体的に5つの例を挙げます。
それぞれのメリット・デメリットをよく考慮して検討してみてくださいね。

散骨

散骨とは遺骨を海や山など自然の中に撒く葬送方法です。
この散骨は、お墓を建てない新しい葬送方法として近年注目を集めています。
しかし遺骨をそのまま撒いてしまうのは法律違反とみなされることがあります。
散骨を行う際には、それが遺骨だと分からないように2ミリ程度に粉骨する必要があります。

散骨に対しての法律や決まりごとはまだ曖昧で、はっきりとしたものが存在しません。
人々の生活圏を避け、常識の範囲で行うことが必要となります。
自治体によっては散骨することを制限したり、禁止している所もあるので注意が必要です。

散骨は安い費用でできるのも魅力の一つで、だいたい5万円~30万円くらいだそうです。
お墓を建てるよりもずいぶん費用を抑えることができます。
しかし散骨は遺骨を粉骨して撒いてしまいますので、後からお参りをしたいと思っても不可能です。
中には定期的にお参りをすることを望んでいる家族もいるでしょうから、あらかじめよく話し合っておくと良いでしょう。

永代供養墓

永代供養墓を利用するのもよい方法です。
永代供養墓とは、何らかの事情でお墓参りができなかったり、お墓を建てられなかったり、身寄りのない人に代わってお寺が遺骨の供養と管理を行ってくれるお墓のことです。
無縁墓になったり、お墓が荒れるのを防ぐことができ、管理も任せられるので安心です。

永代供養にかかる費用は、供養・管理のための永代供養料納骨の時のお布施名前を彫ってもらう費用の3つです。
いったん支払いを済ませれば、基本的に追加で費用がかかることはありません。
料金はお寺によって違いますので、確認を取っておくとよいと思います。

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を埋葬するのではなく預かってくれる場所のことです。
もともとはお墓を建てるのを待っている間に保管する場所だったようですが、近年ではお墓の代わりとして利用されています。
納骨堂は室内にあり、仏壇式、墓石式、ロッカー式、自動式などさまざまな形式があります。

納骨堂もお墓を建てるより費用を抑えられ、継承者や家族がいなくても購入できます。
比較的交通の便がよい所に建っており、室内なので天気を気にせずお参りできるところも便利です。

合同墓

永代供養墓には合同墓(合祀墓)と呼ばれるお墓もあります。
個別のお墓ではなく、一つのお墓に何人もの遺骨を納めるタイプです。
合同墓に納骨すれば、個人のお墓は必要ありません。

個別でお参りすることは不可能ですが、掃除などの手間を省くことができるのがメリットです。
寺院によっては年間の管理費がかかる場合がありますので、申し込む際に確認を取っておきましょう。

樹木葬

樹木葬も自然に還る葬送方法ですが、散骨とは違います。
墓地や霊園などに木を植え、その下に遺骨を埋葬します。
1人1本の樹木を用意するパターンと、複数の遺骨を1本の木の下にまとめるパターンの2つがあります。
スペースの問題からも、後者を採用している墓地や霊園が多いようです。

また、ガーデニング型と呼ばれる樹木葬もあります。
これは緑の豊かな庭のような場所に遺骨を埋葬する方法です。
人々の生活圏から離れ、山林に埋葬する里山型もあります。
樹木葬は「埋葬許可証」が必要で、必ず許可を得た場所に埋葬しなければなりません。

他の遺骨と合同で埋葬した場合、もし後にお墓を建てたくなっても遺骨を取り出せないことがあるので、そのあたりは注意が必要です。
樹木葬を選ぶ際には家族にも意見を聞き、慎重に検討しましょう。

0葬

火葬した遺骨は遺族の手に渡り、何らかの形で供養されるのが一般的な考え方ですよね。
しかし0葬(ぜろそう)はそうではありません。
火葬したらそこで全てを終わりにするのです。
遺骨は引き取らず、火葬場に処分を任せます。

そうすることによってお墓の心配もいらず、遺族がお墓の管理をする必要もないのが利点です。
必ずしもお墓を建てなければならないという決まりはないので、自由な葬送方法として注目されています。

では、引き取らなかった遺骨はどうなるのでしょうか?
一般的には火葬場にある専用の施設などに埋葬されているようです。
きちんとした処分が行われているか確認するために、資料の提出を義務付けている自治体もあります。

自宅保管

自宅保管するという方法もあります。
お墓に納骨せずに遺骨を自宅に置いておくことは、法律違反ではありません。
墓地以外の場所に「埋める」行為は禁じられていますが、保管なら問題ないというわけです。

遺骨を自宅保管することによって、いつでも亡くなった人を近くに感じられると考える人もいます。
また、保管するだけでなく遺骨をアクセサリーとして加工することもできます。
このような保管方法も、現在注目を集めています。

しかしすべての遺骨を自宅保管することにはリスクもあります。
保管場所によっては遺骨にカビが生えてしまったりするからです。
また、自然災害や火災などで紛失してしまう可能性もあります。
これらのリスクを考えて、一部を永代供養や納骨堂に、一部を自宅保管にと分骨している人が多いようです。

お墓を建てないメリット・デメリット

お墓

それでは次に、お墓を建てないメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

まずはメリットです。
費用や管理の面でメリットがあるようです。

費用を抑えられる

まずは費用です。
お墓を建てるためには、100万円~300万円ほどの費用がかかると言われています。
墓石代だけではなく、工事費、彫刻費、墓地の永代使用料、年間管理料などその費用は様々です。

お墓を建てない選択をすれば、このような費用が抑えられることになります。
その他の葬送方法を選択したとしても、お墓を建てるほどの費用はかからないはずです。
このように費用面ではかなりのメリットがあると言えます。

管理が簡単

お墓の管理をしていくのは、残された家族にとってかなりの負担と言えるでしょう。
管理料の支払い、檀家の務め、法要、墓掃除、墓参りなど、やることはたくさんあります。
しかし、お墓を建てない選択をしてしまえば、これらの管理の必要はありません。
管理が簡単になるので、負担が大幅に減ります。
残された家族のためにお墓を建てない、という選択をする人が近年増えているのです。

デメリット

次にデメリットを見てみましょう。
デメリットは精神面や周囲との話し合いについてが多いようです。

方法によっては心の拠り所がなくなる

亡くなった人のお墓参りをすることは、家族にとって心の拠り所となっている場合があります。
お墓を訪れ、心を込めて掃除をし、お墓に眠る大切な人に語りかけることで、心の安定を感じている人もいるのです。
しかしお墓を建てないとなれば、何を心の拠り所にしてよいのか分からないということにもなりかねません。
そのような人がいることも考慮し、あらかじめよく話し合っておく必要がありそうですね。

後々問題が出てくる可能性がある

誰にも相談せずにお墓を建てない選択をしてしまうと、後々問題が出てくる可能性もあります。
お墓を建てないことに反対する親戚もいるかもしれません。
そのようなことが起こらないために、必ず家族と相談が必要です。

また、いったん永代供養や合祀などの方法を取ってしまうと、後から家族がお墓を建てたいと思っても不可能です。
合祀されれば遺骨を取り出すことは不可能だからです。
0葬の場合も同じです。
選択は慎重に行わなければなりません。

お墓を建てる時の費用の抑え方

お金

以上の内容を見て、「やっぱりお墓はあった方がよい」と考える人もいるでしょう。
そんな時のために、お墓を建てる費用をできるだけ抑える方法をご紹介します。

墓石の価格を抑える

墓石の価格はとても幅広いです。
原石の取れた国や場所などでかなり価格が違ってきます。
また、墓石にかかる費用は墓石の購入費だけではありません。
加工費や彫刻日も追加でかかってきます。

墓石の価格を抑えるには、できるだけ耐久性があって安価な石を探すことです。
そして墓石のデザインをシンプルなものにすることです。
石材店に予算を伝えると、相談に乗ってくれますよ。

区画面積を小さくする

お墓を建てる区画面積を小さくすることも、費用を抑えるコツです。
当然のことながら、区画が広ければ広いほど費用はかかります
家を建てる際の土地と同じですね。

周囲の目を惹くような立派なお墓を建てたいと言うなら話は別ですが、お墓は小さなものでも特に問題はないと思います。
供養する気持ちが大切なのです。
区画面積を小さくしたら、それに合う小さめの墓石を購入しましょう。

公営霊園を利用する

公営霊園とは、都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している霊園を指します。
公営墓地とも呼ばれます。
この公営霊園を利用することによって、他の寺院墓地や民営墓地よりも年間管理料が安く抑えられるのが魅力的です。
また、宗教や宗派による制約がないのも人気の一つです。

しかし、公営霊園を利用するには制約もあります。
すでに手元に遺骨があり、その遺骨がまだどこにも埋葬されていないことが条件です。
そしてその霊園がある自治体に住所や本籍地がなければなりません。
公営霊園は費用の面からもかなり人気なので抽選に応募しても当たらない可能性があります。
中には何年待っても購入できないという人もいるようです。

お墓を建てないことについてのまとめ

お墓

いかがでしたか?
お墓を建てないことと、お墓を建てない時の供養方法について見てきました。
今回この記事から分かったことは、

  • お墓を建てないこと自体に関しては、法的に問題はない。
  • お墓を建てない時の供養方法は散骨、永代供養、樹木葬、0葬、自宅保管などがある。
  • お墓を建てない選択をした場合のメリットは、費用が抑えられること、管理が簡単なことである。
  • 反対にデメリットは心の拠り所がなくなってしまう可能性がある、後々問題が起こる可能性がある。
  • お墓を建てない場合、あらかじめ家族としっかり話し合っておく必要がある。
  • 費用を抑えてお墓を建てる場合、墓石の価格を安くする、墓地の区画面積を小さくする、公営霊園を利用するなどの方法がある。

ということでしたね。
少子高齢化が進み、お墓の管理をしてくれる子孫が少なくなっていることから、終活の一環として自分のお墓について自分で決めていく人が増えている時代です。
今一度、死後のお墓の必要性についてじっくり考えて家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

もしお墓を建てないメリットの方が多い場合、建てないという選択もありかもしれません。
お墓を建てない方法でも故人を供養することは十分可能なのです。
人々を取り巻く環境やライフスタイルの変化とともに、お墓に対する考え方も変化してきているのですね。

「お墓・建てない」に関連する記事

  • お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

    お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

    今までお墓を建てることは当たり前でしたが、現在ではあえてお墓を建てない人も増えてきました。その場合、今までと違って、どんな方法が必要となってくるのでしょうか。この記事では、お墓を建てない場合の供養方法などについて解説しています。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

    近年お墓の値段はかなり高額になっています。大切な方の供養の場ですから、心のこもったお墓にしたいと思うのは当然です。ですが、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。お墓もいろいろありますが、安く建てるにはどうしたらよいのでしょうか。費用の抑え方を紹介します。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • 墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

    墓石なしのお墓の供養方法について解説します

    先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石なしのお墓とはどのようなものなのでしょうか?墓石を持たない代わりに、どのような供養をするのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

  • お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

    お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

    お墓を購入し建てることは、家と同じで一生の買い物といわれています。終活の一環としてお墓を建てられる方も多くいらっしゃいますが、お墓を建てる時期にも適した時期と避けるべき時期があります。今回終活ねっとではお墓を建てる時期について詳しく解説していきます。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

    お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

    お墓を買うことを考えている方必見!初めてお墓を建てるにあたって費用や手順など分からないことも多いを思います。この記事を読めばお墓を買うにあたって様々な疑問や注意点が解決します。今後お墓を購入することを考えている方は是非最後までお読みください。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・建てない」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!のサムネイル画像

お墓を建てる時期はいつが最適なの?避けるべき時期とあわせて解説!

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「お墓・建てない」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?のサムネイル画像

お墓を建てないという選択?お墓を建てない供養方法とは!?

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!のサムネイル画像

お墓を安く建てるにはどうしたらいい?費用の抑え方をご紹介します!

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

墓石なしのお墓の供養方法について解説しますのサムネイル画像

墓石なしのお墓の供養方法について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと