エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!

エンディングノートっていつから書き始めたらいいのか、どんなことを書いたらいいのか疑問に思ったことはありませんか?そもそも終活はいつから始めたらいいのか、エンディングノートにはどんなことを書いたらいいのか、年代別の終活方法など詳しくご紹介いたします!

目次

  1. エンディングノートはいつから書くのか
  2. エンディングノートとは
  3. いつからエンディングノートを書けばいい?
  4. 年代別に終活の始め方を紹介
  5. エンディングノートを書く際のポイント
  6. エンディングノートはいつからなのかまとめ

エンディングノートはいつから書くのか

勉強

終活の一つにエンディングノートがあります。

このエンディングノートっていつから書き始めたら良いのかな?と考えた経験はありませんか?
まだ終活を始める年齢ではないし…とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで今回終活ねっとでは

  • エンディングノートって何?
  • ノートはいつから書き始めたらいいの?
  • 年齢によって終活の内容ってどう変わるの?
  • エンディングノートを作るポイント
  • エンディングノートにはどんなことを書いたらいいの?

以上のことを中心に、エンディングノートはいつから、どんな事を書いたらいいのかご紹介していきます。

エンディングノートとは

老人

最近よくエンディングノートという言葉を耳にしますが、具体的にどのようなものなのでしょうか?

どんなことを何のために書いていくのかご紹介していきます。

エンディングノートを書く目的

まず、エンディングノートを書く目的についてです。

自分の生死に関わるような出来事が起こったときや、介護や医療処置が必要になった場合に、エンディングノートは要望や希望を伝えるための大切な手段となります。

自分が会話のできない状態になってしまったり、意思の疎通が難しい状態になったときでも、延命治療の有無、介護が必要になった場合の対応、自分の葬儀などに関しての希望を伝えることが出来ます。

エンディングノートを書く必要性

次に、エンディングノートを書く必要性についてご紹介します。
エンディングノートは自分の要望や希望を伝えるだけではなく、自分に何かあったときの家族の負担を減らすためにも大切なものです。

万が一のときにエンディングノートがないと、家族はどうしたら良いか悩んでしまうかもしれません。
また家族の行った対応が本当に正しかったのか、他の対応策があったのではないかと後から後悔してしまう場合もあるでしょう。

ですが、エンディングノートに自分の希望を明確に書き記しておけば、家族はできるだけノートに書いてある通りに対応していく事ができます。
ノートを残しておくことによって、家族がどうしたらいいのか迷うことや後々になって後悔することも軽減することが出来るのではないでしょうか?

エンディングノートを書くメリット

エンディングノートには自分の好きなことをそのまま書いていくことが出来ます。

その中でどんな人と出会いどんな時間を過ごしどんなことのために今まで生きてきたのか自分の人生を振り返ることが出来ます。
この自分の人生を振り返ることができるということは、エンディングノートを書く最大のメリットかもしれません。

自分がどんな人生を送ってきたのか振り返り考えることで、今後の残された時間を何のために使うのかを考えることができます。
そして、終活をすることで、自分が家族に対してどういった気持ちを持っているのか改めて考えることができ、今後の人生をより有意義で充実した物に変えることもできます。

家族のためにも、自分が悔いのない人生を送るためにもエンディングノートは大切なノートになります。

いつからエンディングノートを書けばいい?

家族

実際にエンディングノートを作るにしても、いつから書き始めたらいいのか迷っている方も多くいるのではないでしょうか?

始めるタイミングがわからないと困っている方は、次にご紹介することを参考にしてみてください。

適正年齢はない

エンディングノートを書き始めるのに適正年齢はありません。

私たちは産声をあげたその瞬間から、人生の終末期に向かって人生を歩んでいきます。
幼くして最後の瞬間を迎える子供や、20代〜40代に事故や病気などで終末期を迎える人も多くいます。

まだ若いからと思っていても、明日何があるかわかりません。
今生きているすべての人達に自然災害や事故、病気などの可能性は十分あります。

今すぐ始めよう

エンディングノートは、思い立ったら今すぐにでも書いてみましょう。
タイミングや書いた日付を忘れないようにお正月や誕生日に書き始めるのもいいかもしれません。

もちろん、早ければ早いほどいいに越したことはありません。
いつどんな出来事が自分に起こるかわかりません。
万が一に備えて作るエンディングノートはすぐにでも書き始めることをおすすめします。

1年毎に読み直して書き直したり書き足したりすることによって、できるだけ最新の自分の情報や要望、希望を残すのもいいかもしれません。

年代別に終活の始め方を紹介

行く

今すぐにでも始められるエンディングノートですが、実際に終活はいつからどんな事をしたらいいのでしょうか。

ここでは年代別でどのように終活が始められるのかご紹介していきます。

20代

20代ですとまだまだ若いからそこまで考えなくてもいいかなと、実際に終活を始めている方はほとんどいないのではないでしょうか?

何があるかわからない人生でいつから始めるのがちょうどいいのかなと考えてもなかなか現実味があないかもしれません。

ですが、終活を始めるのに早いも遅いもありません
20代から終活を始めても、何も問題ありません。

30代

30代に入ると家族が増えたり、職場での立場が変わったりと人生に変化を感じる方が多いのではないでしょうか。

仕事や家庭が徐々に落ち着き始め、人間関係や財産などが形となってきている方も少なくないかもしれません。

そんな30代だからこそ、終活も視野に入れてみてもいいでしょう。

40代

40代は、人生の折り返し地点であり、老後はどんな風に過ごしているのか考え始める時期だと言われています。
お子様の手がかからなくなり、自分の時間が少しずつ増えてきたという方も多いかもしれません。

40代で、まだ終活を始めていない方はぜひこのタイミングで挑戦して見てください。

50代

50代で、心身共に健康で元気な方も沢山いらっしゃいます。

ですが、足腰の痛みやこの先付き合っていかなければならない病気がみつかったという方や、自分の両親の介護に直面し悩んでいる方などいろいろな人生における変化があると思います。

自分の体の変化を感じた時には、万が一のことを考えて終活に挑戦してみるといいでしょう。

両親の介護などに向き合っている方も、ご両親と一緒に終活を始めてみてもいいかもしれません。

60代

60代は、自分自身の終末期にむけてどのように過ごしていくかよく考えるようになってきた時期ではないでしょうか。

仕事や子育てなどが終わって自分のこれからの生活を見直した時に、やり残したことやこれからやりたいこと、目標などがまだまだたくさんあるかもしれません。

今後を有意義に過ごしていくためにも終活は大切なことです。
いつから始めたらいいんだろうと悩んだら、「今」始めてみましょう。

エンディングノートを書く際のポイント

本

エンディングノートと言っても実際作り始めると、どんなことを書いたらいいのか困ってしまうかもしれません。

そうならないためにも、ここではエンディングノートにどのようなことを書いていくのか、そのポイントをご紹介いたします。

深く考えずとりあえず書き出す

まずは深く考えないで、何となくでもいいので書き出してみることが大切です。

エンディングノートにルールはないので、好きなことを楽しみながら書くことが一番です。
今まで生きてきた中で楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、怒っていたことなどいろいろな思い出があると思います。

そんな大切な思い出を書いてみたり、自分の人生を自伝書のように書き出してみることも、エンディングノートを楽しく書いていくコツになるかもしれません。
他にも、好きな映画や音楽などを書き残したり、趣味について書いていくと自分にしか書くことのできない世界に一つだけのエンディングノートを作ることが出来ます。

自身のことだけではなく、家族についてや家族に宛てたメッセージや手紙を書いておくのもおすすめです。
アナタに万が一のことがあった時、残された手紙は家族に伝えられる最後のメッセージになります。
また家族にとっても最期の大切なメッセージとなります。

何から書き始めるべき?

なんでもいいからまずは書き出してみようと思っても、どんなことから書き出したらいいのかわからないかもしれません。

何から書き始めるべきなのか、おすすめの内容を二点をご紹介します。

まずは自分の希望を書く

まずは自分の希望をノートに書き込みましょう。
ただ、漠然と自分の希望と言っても色々ありますよね。

自分の希望の中でも、特に書き残しておいたほうがいいことは

  • 介護が必要になったときのこと
  • 生死に関わる事故や病気になったときのこと
  • 自分の葬儀をどんな風に執り行ってほしいか

などになります。
この3点はエンディングノートを書いていく上で大切なポイントになります。

エンディングノートは、自分が意思の疎通が難しい状態になったときのために残しておく大切な「伝える手段」でもあります。

介護が必要になったときに家族にしてほしいことはもちろんのこと、病気や事故で意識がない状態が続いた時、人生の最後を迎えた時、自分の希望が伝えられない状況の中で自分は何を伝えたいか、考えることができます。

引き継ぎたい情報を列挙する

万が一のことがあった時に伝えて置かなければならないことはたくさんあります。
それらの引き継ぎたい情報をとりあえず列挙してみましょう。

金銭面や契約しているサービスなどは間違いのないように明記しておきましょう。

また自動引落になっているサービスの加入などをしていれば、どの企業のどのサービスを受けているのかなどもまとめておくと、エンディングノートがより役に立つノートになります。

書き切ろうとしなくていい

エンディングノートは書き切る必要はありません。

完結させようと内容をまとめてしまうと、思うように書きたいことが書けなかったりするかもしれません。
ですが、完結させるのは無理だといってノートを書き始めないのは非常にもったいないです。

書き切り完結させることは意識せずにエンディングノートを作っていくことも、気軽に書き始めるための秘訣になります。

伝えたいことをありのままに書く

何よりもいちばん大切なことは、伝えたいことをありのままに書くことです。

書き言葉では上手く書けない方は、いつも話しているような話し言葉でエンディングノートを作ってみてはいかがでしょうか?

話し言葉で書いていくことで、自分の要望や希望が伝わりやすく、家族へのメッセージも話し言葉で書くことでより気持ちが伝わりやすくなります。

エンディングノートはいつからなのかまとめ

花

いかがでしたか?
エンディングノートをいつから書き始めるかについて、ノートに書く内容とあわせてご紹介しました。

その結果、

  • エンディングノートとは、自分の終末期に向けて希望や要望を的確に伝える大切な手段
  • エンディングノートを書き始めるのに、適正年齢はない。
  • 年代関係なくいつから書き始めても良い。自分にあった終活の方法を見つける。
  • まずは自分の人生や好きなもの、趣味などから書き出してみる。
  • ノートには、自分に万が一のことがあった時どんな風に対応して欲しいかや、金銭関係などについて書いておくと良い。

といったことがわかりました。

今まさに「いつからエンディングノートを書き始めたらいいのだろう」と迷っている方は、せっかく思い立ったのであれば、まずはとりあえず始めてみませんか?

エンディングノートを作っておくと、自分の要望や希望を伝えられるだけではなく、家族の不安を取り除くこともできます。
そして何より自分の人生を振り返って、未来を見つめることもできます。

自分のためにも家族のためにも「今」書き始めてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとには、他にも終活に関する様々な記事が多数掲載されています。
ぜひそちらもご覧ください。

「エンディングノート・いつから」に関連する記事

「エンディングノート・いつから」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「エンディングノート・いつから」についてさらに知りたい方へ

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!のサムネイル画像

エンディングノートの作成方法は?書き方や書くべき内容を解説!

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!のサムネイル画像

エンディングノートの書き方や活用の見本について詳しく紹介します!

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!のサムネイル画像

若い人でも終活できるの?若い人の終活の内容やメリットを解説!

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!のサムネイル画像

手作りエンディングノートの魅力について徹底解説します!

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介のサムネイル画像

すぐに書ける!エンディングノートの簡単な書き方をご紹介

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!のサムネイル画像

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!のサムネイル画像

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介しますのサムネイル画像

エンディングノートについて書かれているおすすめの本を紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと