終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

最近では終活のことを真剣に考える方が増えてきています。終活として介護の問題は、ご本人はもとよりご家族様にとっても避けては通れない事柄です。そこで終活として介護を考えた時にすべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 終活で考える介護について
  2. 終活とは?
  3. 介護について具体的に何を考えればいい?
  4. 終活の介護として家族各々がやるべきこと
  5. 介護施設の種類
  6. 介護の前にやっておきたい終活
  7. 終活で考える介護まとめ

終活で考える介護について

介護

最近では終活を前向きにとらえる方が増えてきています。

終活は自分自身のためでもありご家族様にとっても大切な活動です。
残された人生を幸せに過ごすためには、終活で考える介護の問題についても避けては通れません。

そこで終活ねっとでは、終活と介護について以下のように説明していきます。

  • 終活とはどういう意味?
  • 終活としての介護とは?
  • 終活の介護で家族がすべきこととは?
  • 介護施設の種類
  • 介護の前にやっておきたい終活とは?

残念ながら人には誰でも必ず終わりの時が来ます。
最期まで自分のことを自分でできるのなら良いのですが、もしかしたら介護が必要になってくるかもしれません。
万が一に備えて今のうちに終活として介護問題を考えておくことは重要です。

終活における介護について、本人や家族はどう準備すればいいかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

終活とは?

介護

終活は「人生の終わりに向けての活動」の略です。
しかし終活と言うものは人生の後始末をしてただ死を待つだけのものではありません。
終活の本当の意味は終末期について考え、最期まで幸せな人生を送れるようにすることなのです。

終活には自分の死後について考えておくというのもありますが、自分の老後をどのように過ごしたいかということもあります。

介護が必要になった時、誰に頼むのかや、どこで過ごすかを具体的に考えておくというのも終活の一つです。
安心して介護を受けることができる状況を作り出しておくと、人生の最期まで幸せな日を送ることができるのではないでしょうか?

介護について具体的に何を考えればいい?

介護

高齢になれば介護が必要になる時が訪れるかもしれません。
「自分は絶対大丈夫!」とは必ずしも言い切れるものではありません。
万が一に備えて、今のうちから介護について具体的な内容を考えておきましょう。

今から準備すべきことは何か

今は元気でも将来的に誰でも寝たきりになったり認知症になる可能性はあります。

介護が必要になったとしても幸せに過ごすことはできます。
今のうちに準備できることはしておいた方が良いでしょう。

先のことは分かりませんので、もし自分に介護が必要になったらどうしたいかということを考えておくのも終活の一環です。

誰がお世話するのか

介護が必要になった時、誰がお世話するのかを考えましょう。
子供に頼むのは恥ずかしい、迷惑をかけたくないと一人でがんばる方もおられるかもしれませんが、不安感があり充実した老後を過ごすことが難しくなります。
老々介護で自分だけでなくパートナーまで辛く悲しい老後になるのは避けたいものです。

まずはご家族様と話し合ってみたり、民生委員の方や地元の地域包括支援センターなどに相談してみましょう。
介護を頼む時はどのような方法があるかなどの説明を聞いておけば安心です。

自宅介護か施設介護か

介護が必要になった時、どこに住むかと言うことも重要です。

自宅介護か、施設介護かについて考える必要があります。
自宅介護を希望した場合は、家族と同居しているか、訪問ヘルパーなどを頼めるのかを考えてみましょう。
自宅は住み慣れていて思い出もあるかもしれませんが、お風呂やトイレ、食事や買い物など色々な問題が出てくるということを理解しておきましょう。

施設介護の場合は常に職員の方が介護してくれますので安心感があります。
しかし知らない方との同居になりますし、自分の時間を持ちにくいです。
施設のルールに従わなければいけないので人によっては窮屈さを感じることもあります。

経済的な準備は整っているか

介護が必要になった場合、ある程度の費用がかかります。
施設に入居する場合でも、訪問ヘルパーを頼む場合でも無料という訳にはいきません。
経済的な準備が整っているかは大事な問題です。

介護が必要になっても安心して幸せな老後を過ごすためにどのくらいの費用がかかるかなども終活の一つとして検討してみましょう。
自分の資産を見直して自分に合った最適な方法を見つけましょう。

終活の介護として家族各々がやるべきこと

介護

終活の介護を考えた時、ご本人とご家族の立場は違うものです。
介護についてそれぞれの意見を聞いて一番良い方法を探すのも終活を行う時に大事なことです。

ここでは終活の介護について、ご本人様とご家族様それぞれのやるべきことをご紹介します。

ご本人

終活で介護のことを考える時は、自分が一人で自分のことができなくなった時や認知症になってしまった時のことを想像してみましょう。
ご本人はいずれ介護してもらう立場です。

自分の気持ちを整理しておくのも終活を行う時に大切な事柄です。

どうしたいか考える

自分は介護が必要な事態は起こらないと自信を持っている方もおられるかもしれませんが、先のことは分かりません。

万が一、介護が必要になった時はどうすればいいのか、自分ではどうしたいかを考えておきましょう。

家族に希望を伝える

自分の希望を素直にご家族様に伝えておきましょう。

家族に希望を伝えることで、ご本人様が希望する介護をご家族は知ることができます。
介護が必要になった時どこで受けたいか、誰に頼みたいか、経済的な面も含めてご家族様と話し合うことが大切です。

延命治療が必要になった時や余命宣告を受けた時に告知して欲しいかどうかも含めて、自分の希望を伝えておくとご家族様も悩むことが少なくなります。

ご家族

ご家族にとっても介護は自分の生活に密着した問題です。
自分の親、配偶者の親、それぞれ高齢になり介護が必要になっても自分の生活で目いっぱいの方はなかなか思うようにはできません。

もしもの場合に備えて早い段階から終活の介護について考えておく必要があります。

人任せにせずに一緒に考える

介護はどのような方法を選択しても、ご家族様全員の問題です。

人任せにせず、家族一緒に考えることが必要不可欠です。
ご本人様の負担もありますし、介護する側にも事情があります。

訪問ヘルパーを頼んだとしても24時間見てもらうわけにもいきません。
施設を利用する場合でも、ご本人様が安心して過ごせるようなところを探さなければいけません。

いろんなところに相談するのは良いのですが、人任せにせずに家族一緒で考えるようにしましょう。

ご本人の意思を尊重する

なるべくご本人の意思を尊重しましょう。

介護が必要になる身体には誰でもなりたくてなっているわけではありません。
ご本人様の希望からあまりにかけ離れていて辛く悲しい日々を送るようなことがないように配慮しましょう。

介護施設の種類

介護

高齢者向けの介護施設の種類は多様にあります。
終の棲家になるかもしれない施設ですので慎重に選びたいものです。

どの施設が良いかはご本人様の希望や介護度、予算によって変わってきます。
資料だけで判断せず、ご家族様とよく話し合って情報収集見学を重ねましょう。

施設の種類をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

民間型施設

民間型施設は、民間の企業社会福祉法人が経営している施設です。

数十人が一緒に生活をする大規模な施設から、数人程度で暮らすことができる小規模の施設まで様々あります。
価格は公共の施設よりは高めに設定されていますが、介護の度合いによって受けるサービスを選ぶこともできます。

施設の数も比較的多くあり、入居しやすくなっています。

有料老人ホーム

有料老人ホームなら、介護が必要な場合に施設の介護スタッフによって介護サービスを受けることができます。

自立型の老人ホームもあり夫婦で住むことも可能です。
自立型は生活を楽しむための設備やイベントが充実しているところが多いです。

先々のことを考えて元気なうちから入居される方もいます。

グループホーム

グループホームとは認知症対応型共同生活介護のことで、認知症の高齢者が少人数で共同生活を送る施設になります。

グループホームは地域密着型サービスで施設のある地域に住居と住民票があることが入居条件となります。
比較的家庭に近い生活ができ、できることを自分で行ったりお手伝いをすることができ共同生活を楽しむことができるのがメリットです。

公共型施設

社会福祉法人自治体が運営する公共型施設は、国や自治体から援助金が出ているので比較的低料金で利用できます。

入居の申し込みをしても待機者が非常に多く、地域によっては入居までに数年かかるところもあります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは、要介護度3以上が入居基準となっている施設です。
身体介護や生活支援などの介護サービスを受けることができます。
リハビリのほかレクリエーションなどのサービスも充実しています。

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、入院していた高齢者が退院後にすぐに自宅で生活するのが不安な方が利用することができる介護施設です。

在宅復帰を目指してリハビリや医療行為を受けることができます。
入居期間は原則として3か月~6か月です。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は老人ホームの中でも特に医療が充実している施設です。

医師や看護職員が常勤しており医療ケアが必要な方は安心することができます。
入所期間が長いため空きが出にくく入所は困難です。

厚労省が介護療養型医療施設を廃止する方針を打ち出していますので、入所を希望する場合は注意が必要です。

介護の前にやっておきたい終活

お墓

介護について考えることも大事ですが、その介護を考える前にやっておくべき終活をご紹介します。

エンディングノートを書く

終活としてエンディングノートを書くことをおすすめします。

ご家族様に伝えたいことや大事なものの保管場所を記載しましょう。
あわせて、将来的に自分が介護が必要になった時や延命治療について自分の考えを明確にしておくとご家族様も悩むことが少なくなります。

お墓の準備をする

自分が入るお墓の準備をしておくのも終活の一つです。

先祖代々のお墓がない場合に、納骨堂や合祀墓を望む場合は資料を揃えて検討しておくことも大切です。

終活で考える介護まとめ

介護

いかがでしたでしょうか?
この記事では終活の介護について以下のようなことを解説しました。

  • 終活を行う時に、介護が必要になった時の希望を明確にしておくようにする
  • 介護は人任せにせず、家族一緒に考えて最適な方法を探すのが望ましい
  • 介護施設は民間型と公共型があるが、介護度や本人の希望、予算を踏まえて慎重に選んで納得できるところにする

終活で介護の事柄は避けて通れません。
介護が必要になっても幸せな日々が過ごせるように、早いうちから準備しておきましょう。

終活ねっとではより良い終活を行うためのヒントとなる記事が多数掲載されています。
あわせて他の記事も読んでいただき、良い終活を行うための参考にしてくだされば嬉しく思います。

「終活・介護」に関連する記事

「終活・介護」についてさらに知りたい方へ

  • 入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

    入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

    入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院中でも介護保険を適用できる制度があります。誰もが直面する可能性のある入院。そんな時、介護保険をいかに利用することができるのかについて、詳しく解説していきます。

  • 大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

    大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

    介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える介護の仕事ですが、大変な分やりがいもたくさんあるんです。この記事では誰しもいつかはお世話になる可能性がある介護のお仕事の内容とやりがいについてまとめてみました。

  • 素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

    素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

    定年退職もして、ゆっくりした時間を過ごす老後にあこがれるという人は多いはずです。しかし、せっかくゆっくりできる時間が増えたのにも関わらず老人特有の問題に悩まされてしまうというケースもあるようです。そこで今回は、対策のために老人が抱えやすい問題をご紹介します。

  • 介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

    介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

    介護予防訪問介護と訪問介護はどちらも自宅で行うことができる介護サービスです。今回は、この二つがどのように違っているかを紹介していきます。とくに介護予防訪問介護はこれまで知らなかったという人もいるのではないでしょうか。二つの違いをしっかり確認していきましょう。

  • 深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

    深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

    介護職員の不足がニュースなどでもたまに取り上げられています。しかし、何故そんな状況になってしまったのかは、意外と知られていないのではないでしょうか。この記事では、介護職員が不足した原因と解決策についてまとめました。

  • 介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

    介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

    介護老人保健施設は、高齢者が自立し在宅復帰を目的とするための支援を行う施設です。従って介護老人保健施設での看護師の役割は医療行為だけでなく、日常生活の介助やリハビリも大きな役割となってきます。ブランクのある看護師やゆとりを持ち働きたい人にはおすすめの職場です。

  • 介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめのサムネイル画像

    介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

    介護老人保健施設のリハビリ治療をご存知でしょうか?病院におけるリハビリは見聞きした事があっても、そういった特定の施設におけるリハビリは馴染みが薄い事と思います。今回は、介護老人保健施設で実施されているリハビリについて解説いたします。

  • 介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

    介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

    介護保険制度がどんなものかご存知ですか?名前を知っていても内容や点数・単位計算の仕方を知っている方は少ないでしょう。医療保険の点数との違いとは?今は関係ないかもしれませんが、ご自身やご家族の介護が必要になる前に、介護保険の単位について学びましょう。

  • 終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

    終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

    終活の一環として、終の棲家となる老人ホームを自分で決めておきたいという方はいらっしゃいませんか?けれども、何を決め手に選んだら良いのでしょう。今回は、老人ホームを選ぶときに着目すべき情報をまとめてみました。終活に役立つ情報満載です。

  • 介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

    介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

    介護は人のために人の手によって行われるものでしたが、今技術の進歩により介護ロボットが開発されています。それも様々な種類の介護ロボットが誕生しています。この記事では介護ロボットの種類とその特徴について詳しくまとめてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・介護」についてさらに知りたい方へ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめのサムネイル画像

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!のサムネイル画像

終活で老人ホームを選ぶ時の役立つ情報まとめ!注意点なども解説!

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・介護」についてさらに知りたい方へ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと