終活で自分の遺影用の写真を撮ろう!撮影や選び方のポイントも紹介

終活に興味があるけど、何から始めたらいいの?という人におすすめ!遺影用の写真を撮ってみませんか?今回は終活として遺影用の写真を撮る際の撮影や、選び方のポイントにつてご紹介したいと思います。ぜひお気に入りの写真を見つけてみてくださいね。

目次

  1. 終活で遺影写真を用意しましょう
  2. なぜ終活で写真が必要なのか
  3. 終活で遺影写真を用意する時のポイント
  4. 遺影写真はどこで撮影できる?
  5. 遺影写真の撮影にかかる料金・費用
  6. 終活で大事な写真を生前整理
  7. 終活で用意する写真のまとめ

終活で遺影写真を用意しましょう

カメラ

葬儀の際に最も目を引く場所に飾られるのが遺影写真です。
しかし、遺影写真を亡くなった後に家族が選ぶものと思っていませんか?
実は最近、終活として生前に自分で遺影写真を撮っておく人が増えているのです。

遺影写真はその人のイメージを印象づける最後の写真といっても過言ではありません。
自分がいなくなってから選ばれた写真が気に入らないものになるかもしれない。
そんな思いから、生前に自分でお気に入りを決めておくのです。
遺影写真の撮影は、終活って何をしてよいのか分からない、という人でもすぐに始めることができます。

そこで今回終活ねっとでは、そんな終活における遺影写真について

  • なぜ終活で写真が必要なのか
  • 終活で遺影写真を用意する時のポイント
  • 遺影写真はどこで撮影できる?
  • 遺影写真の撮影にかかる料金・費用
  • 終活で大事な写真を生前整理

の5つを中心に見ていきたいと思います。

自分の最期のシーンを飾る遺影写真だからこそ、気に入ったものにしたいですよね。
一見暗いイメージのお葬式ですが、生前に自分でプロデュースしておくという終活も年々増えています。
以前よりもお葬式に対しての暗いイメージやマイナスイメージがなくなってきているのかもしれませんね。

ぜひこの記事を読んで、終活として遺影撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
遺影撮影の体験セミナーなどが開催されている地域もありますよ。

なぜ終活で写真が必要なのか

困った人々

それではまず、なぜ終活で遺影写真が必要なのかについて考えてみましょう。
「遺影」という習慣が始まったのは、江戸時代だと言われています。
先祖の遺影が座敷や仏間に飾ってあるのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

近年「自分の死」に対する前向きな気持ちから、終活が注目を集めています。
遺影に対しても、生前にお気に入りを準備しておきたいと考えている人が増加しています。
以前は自分で選ぶのではなく、家族が死後に選び、様々な加工をして遺影にしていました。
しかし終活の流行に伴い、人々は自分の気に入ったものを遺影として残したいと考え始めたのです。

このようなことから、終活で遺影用写真を撮影しておくことが注目されるようになりました。
残された家族にとっても、生前に自分が残しておいた写真を使うほうが嬉しいのかもしれませんね。

終活で遺影写真を用意する時のポイント

写真

では実際に遺影写真を用意する時、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?
終活で遺影写真を用意する時のポイントについて、写真を撮る時期や服装、写真の大きさ、メイクはどうするのかなどに触れながら解説していきます。

いつ撮った写真を使うべきか

遺影用写真はいつ撮ったものを使うのがよいのでしょうか?
あまり若い頃で本人と分からないようなものは避けたいし、動けなくなってからでは撮影に行くことができません。
遺影に使う写真はなんでもいいので、ご自身が気に入った写真を選びましょう。

なるべく自分で出歩けるうちに自分の足で行って撮影するとよいと思います。
写真は写真館でも葬儀屋でも撮影が可能です。
中には数年に1度遺影用の写真を撮り直して更新しているという人もいます。

「死ぬのはまだまだ先かもしれないのに」と思う人もいますが、病気や怪我が原因で動けなくなってしまうということが起こるかもしれません。
もし現在動けない状態で遺影写真撮影を希望する場合は、自宅に出向いて撮影を行ってくれる写真館や葬儀屋もあります。
費用は少し多くかかりますが、そのようなサービスを利用するのもよいですね。

遺影写真の服装

では、遺影写真の服装に決まりはあるのでしょうか?
遺影写真というと、喪服を着ているとイメージが強いと思います。
昔は喪服の写真を飾ることが一般的とされていました。
ご遺族の方が喪服ではない写真を選んだ場合、専門家の方が加工して喪服に変えていたのです。

しかし最近では服装に制限がなくなってきています。
従来の形式よりも、「自分らしさ」にこだわる人が多くなったからです。
つまり、自分らしくあればスーツでも喪服でも普段着でもご自身の好きな服装で大丈夫です。
「こうしなければならない」という決まりは特にありません。

ただ、帽子やメガネなどの装飾品はNGの場合が多いです。
顔立ちがはっきりしなかったり、影ができたりということで撮影者側から断られることがあります。
どうしても服装に迷ったら、比較的地味な色のスーツなどが無難でしょう。
あまり気負うことなく、自分の好きな服装で出かけてみてくださいね。

遺影写真の大きさ

遺影写真の大きさは、祭壇に飾るものならば一般的に四つ切サイズです。
しかし、四つ切サイズの写真を用意しなければならないわけではありません。
小さな写真でも、ピントが合いはっきりと写っていれば引き伸ばすことができます。
もし他にも加工が必要であれば、業者で対応してもらえるはずです。

仏壇に飾る遺影であれば、L判でよいと思います。
今は加工技術が発達しているので、多少傷のある写真でもきれいに直してもらえるようです。

遺影写真の撮影時のメイク

続いて、遺影写真の撮影時のメイクについて見ていきましょう。
たくさんの人の目に触れる遺影写真ですから、できるだけ美しく写りたいものですよね。
でも自分でメイクをするのは自信がないという方も多いかと思います。

そんな時には写真屋や葬儀屋でメイク込みの依頼をすることができます。
多少値段は上がりますが、きれいな写真を残すことができると人気です。

遺影写真撮影会というものも開催されているようです。
芸能人やモデルの撮影を行っている有名なカメラマンや、有名なスタイリストが揃い、遺影写真撮影を行ってくれるというのです。
 
お気に入りの洋服に身を包み、きれいなメイクとヘアスタイルで撮影を行う。
考えただけでもワクワクしてきますね。
参加者は60歳~70歳くらいの方が多いようです。

遺影写真はどこで撮影できる?

カメラ

遺影写真を撮影する場所は主に2か所です。
そろぞれどのようなサービスがあるのか、見てみましょう。

写真館での撮影

まずは最も利用者が多い写真館での撮影です。
写真撮影が専門ですので、やはりクオリティの高いものが完成すると思います。
最近では遺影撮影専門の写真館もあるほどで、多くの方が利用しています。

どのように遺影の撮影をして欲しいか具体的な希望を持っている場合には、写真館に伝えましょう。
撮影用の洋服は、可能であれば着ていきましょう。
メイクはその場で行ってくれるところもありますが、メイクを行ってくれない場合は自分でしていきます

どこの写真館にするか迷う場合は、ホームページにサンプルなどが載っていますので参考にしてみてくださいね。
また、実際にお店に行ってみるとショーウインドウなどに写真が飾られていますので、それを見るのもよいと思います。

葬儀屋での撮影

葬儀屋でも遺影撮影を行ってくれます。
葬儀屋の場合、葬儀屋のスタッフが撮影するわけではなく、専属で出入りしているカメラマンが撮影を行うことがほとんどです。
メイクなどのスタッフがいることが多いので、その点は心配なくすべて1か所で済ませることができます。

また、葬儀屋では終活に関するイベントを行うことがあります。
その際に撮影を依頼すれば、普段よりも安価になります。

自分で遺影写真を撮影できる?

自分で遺影写真を撮影する、というのも密かなブームとなっているようです。
一眼レフカメラ、三脚を用意すれば、誰でも比較的簡単に写真撮影ができます。
写真屋や葬儀屋で撮影するように、背景がシンプルなものや硬い雰囲気のものではなく、背景を風景にしたり好きな加工が自分でできるからです。

遺影の形状に決まりはありませんから、どのような写真にしてもよいのです。
笑顔の写真、自分が趣味に打ち込んでいる写真など、気に入ったものを用意することができます。
また、納得のいくまで何度でも撮影ができるのでとても便利です。

遺影写真の撮影にかかる料金・費用

お金

遺影写真の撮影にかかる料金は撮影する場所やサービス内容によって様々です。
メイクさんやスタイリストさんがいて、メイクから遺影撮影まで全て行ってくれる場合は2万円~4万円くらいかかることもあるようです。

しかし、自分でメイクをしていく場合であれば5千円程度で撮影できる場合もあります。
自分の予算や希望に合わせて、いくつかの写真館や葬儀屋で料金を尋ねてみるとよいですね。

終活で大事な写真を生前整理

遺品整理

残された家族が一番困るのが、遺品の整理だという言葉をよく耳にします。
しかも写真となれば、なんとなく捨ててしまうのはもったいない気がしますよね。
でも残しておいても使い道もない、という方も多いかと思います。

遺影撮影の機会に、自宅に残されているたまった写真を整理するのもよいかもしれません。
必要なもの、必要でないものを生前仕分けておきましょう。
ちなみに、俳優の中尾彬さんは終活として夫婦の思い出の写真などを1万枚も捨ててしまったそうです。
このように生前整理をしておくことで、残された家族に迷惑をかけない気配りができるのですね。

終活で用意する写真のまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、終活で用意する写真について解説してきました。

生前に撮影しておくことのメリットはたくさんあっても、デメリットはあまり見当たらなかったように思います。

最後に内容をまとめてみると

  • 「終活」が注目されてきたことと共に、遺影用の写真を生前に自ら用意しておく人が増えた。
  • 写真はなるべく元気なうちに、自分の足で写真館や葬儀屋に出向くのがよい。
  • 昔は喪服の遺影が一般的であったが、近年は自由で自分らしい服装で撮影することが可能となっている。
  • 遺影の大きさは四つ切が多いが、それより小さい写真でもはっきりと写っていれば引き伸ばしてもらうことが可能。
  • メイクはその場で行ってくれる場合とそうでない場合があるので、あらかじめ調べておくことが必要。
  • 遺影撮影は主に写真館や葬儀屋で依頼できるが、自由度の高さから自分で撮影する人もいる。
  • 撮影にかかる料金は撮影場所やサービス内容によってさまざま。
  • メイクやスタイリスト付きであれば2万円~4万円ほど、なしであれば5千円くらいから撮影が可能。
  • 遺影撮影を機に、自分の写真を整理し、いらないものがあれば捨てておくのもよい。

ということでしたね。

「遺影用の写真を自分で用意する」なんて、昔の人には考えられないことかもしれません。
しかし最近は、生前に自分の死後の希望を周囲に伝えておきたい人が多いのです。
最期まで自分らしくありたいと考えているからです。

これから終活を始めようと思っている人、興味があるけど何から始めてよいか分からない人もいるはず。
まずは遺影用写真の撮影から始めてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活・写真」に関連する記事

「終活・写真」についてさらに知りたい方へ

  • 終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

    終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

    最近では、終活を積極的に行う方も増えてきています。終活の一つに遺影写真を撮影しておくというのがあります。そこで、自分で遺影写真を撮影しておく意義とメリットについて、詳しく解説します。最後まで読んで参考にしてくださいね。

  • 遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

    遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

    終活中に遺影撮影するなんて、気が進まないとおっしゃる方もいるでしょう。しかし最近では、自分らしい遺影を残したいと終活中に撮影される方々が増えています。この記事では遺影撮影に必要な、手順や費用について解説してまいります。

  • 素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

    素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

    近年、遺影を生前に撮る方が増えてきています。生前に撮るってどうなの?と思われるかもしれません。しかし生前に遺影の撮影をすることで素敵な写真を残すことができるんですよ。今回は気になる方も多い遺影撮影について紹介していきます。

  • 四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?のサムネイル画像

    四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?

    故人が亡くなってから49日を迎えると四十九日法要を行いますよね。では、四十九日に飾る故人の遺影にはどのような写真を選べばいいのでしょうか?今回は、四十九日法要の遺影の選び方から、法要が終わった後の遺影についても解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

    終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

    終活にとって実はとても大切なメイク!最近はやりの生前遺影撮影ではプロにヘアメイクをしてもらえる!若々しく生き生きとした遺影を撮影しよう!メイクだけじゃない死化粧とは?死化粧も希望どおりにしてもらえる?皆さまの知りたい終活におけるメイクについて解説いたします!

  • 終活における写真整理の利点とポイントを紹介しますのサムネイル画像

    終活における写真整理の利点とポイントを紹介します

    押し入れの片隅に保管されている昔の写真や、大量のデジタル写真。写真整理も、重要な終活のひとつです。膨大な思い出の写真をどう整理すればいいのか、途方にくれることもあるでしょう。ここでは写真整理の方法などについて詳しく解説しますので、ぜひ終活にお役立てください。

  • お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考えるのサムネイル画像

    お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考える

    お墓参りに行った時に、せっかく親戚一同が揃っているので写真を撮ろうと思うけど、これはマナー違反でしょうか?お墓の写真を撮るのは不謹慎な気がすると思っている方もいるでしょう。そこでお墓参りでのマナーをご紹介します。

  • 捨てられない写真は、良き形でご供養しましょうのサムネイル画像

    捨てられない写真は、良き形でご供養しましょう

    写真は誰もが持っているものです。しかし中には、持っているには気がひける、怖いなど、特別な事情を抱える写真をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。そんな写真にはご供養が出来ます。ご供養の方法、ご供養の出来るお寺を、ほんの少しですがご紹介します。

  • 終活を実際に体験?話題の入棺・散骨・遺影撮影体験とは一体何なのかのサムネイル画像

    終活を実際に体験?話題の入棺・散骨・遺影撮影体験とは一体何なのか

    終活では実際に体験できる項目があり話題を集めています。入棺や遺影写真の撮影、海上散骨など終活の選択肢を増やしてくれる貴重な体験となります。今回の記事では終活を体験できる場所やそのメリットについて詳しく解説いたします。

  • 終活でアルバム整理を始めるタイミング・やり方などをご紹介しますのサムネイル画像

    終活でアルバム整理を始めるタイミング・やり方などをご紹介します

    自宅に残った大量のアルバムや写真。終活を行うにあたって整理しなくてはと思ってもなかなか始められない。そんな方のために、アルバム整理を始めるタイミングややり方をご紹介します。いつどのように始めればよいのか、終活を行う際はこれを読んでぜひ参考にしてくださいね。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

関連する記事

「終活・写真」についてさらに知りたい方へ

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?のサムネイル画像

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

終活における写真整理の利点とポイントを紹介しますのサムネイル画像

終活における写真整理の利点とポイントを紹介します

お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考えるのサムネイル画像

お墓で写真を撮るのは不謹慎?お墓参りでのマナーを考える

捨てられない写真は、良き形でご供養しましょうのサムネイル画像

捨てられない写真は、良き形でご供養しましょう

終活を実際に体験?話題の入棺・散骨・遺影撮影体験とは一体何なのかのサムネイル画像

終活を実際に体験?話題の入棺・散骨・遺影撮影体験とは一体何なのか

終活でアルバム整理を始めるタイミング・やり方などをご紹介しますのサムネイル画像

終活でアルバム整理を始めるタイミング・やり方などをご紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「終活・写真」についてさらに知りたい方へ

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!のサムネイル画像

終活で遺影写真を撮影する意義・メリットとは?詳しく解説します!

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!のサムネイル画像

遺影撮影で元気な姿を残して終活を楽しもう!手順や費用を徹底解説!

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?のサムネイル画像

四十九日の遺影の選び方は?四十九日後にはどうすればいいの?

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!のサムネイル画像

終活メイクで最期のときを美しく飾る。遺影撮影と死化粧を徹底解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと