エンディングノートには法的効力があるの?|遺言書・違い

エンディングノートには法的効力があるの?|遺言書・違い

最近よく耳にする、エンディングノート。エンディングノートは終活の一つであり、ご家族へ自分の希望を伝えることができます。しかしエンディングノートには、法的効力はあるのでしょうか。今回はエンディングノートの法的効力の有無について解説をしていきます。

最終更新日: 2020年02月18日

エンディングノートに法的効力はあるの?

葬儀

終活の一つであるエンディングノートですが、メディアで取り上げられることが増え、言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。

自分の希望をご家族に伝えることができるエンディングノートですが、法的効力はあるのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、エンディングノートの法的効力について以下の内容を中心にご紹介していきます。

  • エンディングノートには法的効力がある?

  • エンディングノートを作る利点はあるの?

  • 遺言書とはどこが違うの?

  • エンディングノートはどんな構成にするの?

これからエンディングノートを作成しようと考えている方は、ぜひ今回の記事を最後までお読みになり参考にしてみてください。

エンディングノートに法的効力はあるの?

困った人々

自分が亡くなった後に希望することを記入しておき、残されたご家族に伝えることができるのがエンディングノートです。
エンディングノートに記入したことには、法的効力はあるのでしょうか。

実はエンディングノートには法的効力はないため、必ずエンディングノートに書いた通りになるというものではありません。
遺産の分配などについてエンディングノートに記入していたとしても法的な強制力がないので、あくまで自分の希望を伝える程度の効果しか発揮できません。

エンディングノートを作成するメリット

人々

法的効力を持たないエンディングノート。
エンディングノートを作成することにメリットはあるのでしょうか。
ここでは、エンディングノートを作成するメリットをご紹介していきます。

相続手続きを進める手助けになる

エンディングノートに自分の貯金や所有している土地、貴金属類などの情報を記入します。
これらの情報を記入しておくことで、万が一自分が亡くなった後にご遺族が遺産相続の手続き行う際の助けになります。

相続手続きは時間や手間がかかるものです。
手続きを終えた後に、通帳などが見つかりまた手続きをしなければいけなくなったということもしばしばあります。

自分の遺産についてエンディングノートに書いておけば、相続の際の手間を省くことができ、また自分の財産の状況を知ることもできます

「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口があります。
提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。
全国各地にある相談窓口で、じっくりご相談ができます。

ご相談は初回無料ですので、相続に関して何かわからないことがあれば、下記のリンクから気軽にご相談ください。

人生の振り返りができる

エンディングノートを作成することで、自分の人生について考えることができます。
人生の終わりについて考えるだけでなく、今までの人生を振り返り今後の生活をより良いものできるといったメリットがあります。

過去を振り返り、自分の残りの人生をどのように過ごすのかということを考えるきっかけにもなります。

エンディングノートと遺言書の違い

人々

エンディングノートとよく似ている遺言書。
どちらもご遺族に自分の希望などを伝えるものですが、違いはあるのでしょうか。
ここでは、エンディングノートと遺言書の違いについてご紹介をしていきます。

法的効力

エンディングノートには法的効力はないとご紹介してきました。
これに対して、遺言書には法的効力があるので、ご遺族は遺言書に書いてある通りにしなければいけません。
遺言状は、主に遺産相続について効力を持っているといわれます。

遺産の分配や遺産の破棄などを遺言書にて支持することができます。
遺産について希望があるのであれば、エンディングノートではなく遺言書に記入をするようにしておきましょう。

作成にかかる費用

エンディングノートと遺言書を作成する場合には、費用はいくらかかるのでしょうか。

エンディングノートは決まった作成方法などがあるわけではありません。
家にあるノートを使用して作成してもいいですし、パソコンで入力をして印刷をしておいてもいいでしょう。
金額をかけるとしても、100円程度から数千円程度で済みます

遺言書に関しては、自分で作成できる「自筆証書遺言」と公証人に作成してもらう「公正証書遺言」があります。
公正証書遺言は遺言書に関するトラブルを回避できるといったメリットがあるのですが、費用が高くなってしまいます。

公正証書遺言の作成費用は、遺言に記載されている財産の金額により変わります
100万円までの財産であれば5千円ですが、財産が増えれば数万円必要になる場合も。
しっかりとした遺言書を残したいのであれば、公正証書遺言を作成しましょう。

書き方・書く内容

エンディングノートと遺言書は、書き方や書く内容にも違いがあります。

エンディングノートは自分の好きな書き方、内容で作成をすることができます。
パソコンを利用してもいいですし、スマートフォンで作成しても問題ありません。
書く内容についても家族と自分の思い出や希望する葬儀内容についてなど、自由です。

遺言書に関しては、自筆証書遺言を作成する場合、自筆であることや押捺がされていることなどルールがあります。
この書き方通りに作成していないと、遺言書としての効力を発揮してくれません
また書く内容についても、財産の処理について触れていないといけないというルールがあります。

家族に対して遺産以外のことで伝えたいことがあるのであれば、エンディングノートを活用する方法がおすすめです。

開封する時期

エンディングノートと遺言書は、開封する時期に関しても違いがあります。

エンディングノートは、故人が亡くなってすぐに開封して内容を確認することができます。
また、介護が必要になった場合のことや、延命についてなどの希望がエンディングノートに書かれていることがあるので、生前に開封することもあります。

これに対して、遺言書は家庭裁判所の検認後に相続人が全員いる状態でなければ開封することはできません。
検認されていない状態や相続人が揃っていない状態で、勝手に遺言書を開封してしまうと金銭を支払わなければいけない場合もあります。

以下では遺言書についてより詳しく解説しています。
合わせてお読みください。

エンディングノートの構成について

葬儀

エンディングノートと遺言書の違いをご紹介してきました。
では実際にエンディングノートを作成する場合、どういった構成にするといいのでしょうか。
ここでは、エンディングノートの構成についてご紹介をしていきます。

エンディングノートの主な構成は以下のようになります。

  • 自分の情報

  • 医療や介護について

  • 希望する葬儀形式について

  • お墓について

  • 自分の財産について

  • 家族や親しい友人の連絡先

  • 家族や友人へのメッセージ

先程もご紹介しましたが、エンディングノートに書く内容などは自由です。
自分がご家族に伝えておきたいと思う情報を記入しておくようにしましょう。

エンディングノートの法的効力まとめ

人々

今回「終活ねっと」では、エンディングノートの法的効力の有無についてご紹介してきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • エンディングノートには法的効力はない。
    エンディングノートに遺産の分配などについて記載をしていても、その通りにならない場合もある。
    エンディングノートは、ご家族へ自分の希望を伝えるものとなる。

  • 相続手続きは時間や手間がかかるので、ご遺族の負担となる。
    エンディングノートに自分の財産などについて詳しく書いておくことで、ご遺族の負担が軽くなる。

  • エンディングノートを作成することには人生を振り返ることができるというメリットがある。
    エンディングノートを作ることで、自分の人生を振り返りこれからの人生をどう過ごすか考えることができ、より良い生活を送ることにつながる。

  • エンディングノートと遺言状は、法的効力、作成費用、書式や内容、開封時期の違いがある。
    遺言書は主に遺産相続に関する法的効力を持つので、遺産に関して希望があるのであれば遺言書に記入するようにする。
    公正証書遺言を作成する場合には、遺言書に書かれる財産の金額により手数料がかかる。
    エンディングノートは費用があまりかからない。

  • エンディングノートは書式や内容に決まりがないので自由に作成できる。
    遺言書は書式、内容に決まりがあり自由に作成していると法的効力を失う。
    開封時期に関しては、エンディングノートは決まりがないが遺言書には決まりがある。
    遺言書は勝手に開封をすると、金銭的罰則を科される場合もある。

  • エンディングノートの構成例としては、自分の情報や医療、介護についての情報、自分の財産情報、家族や友人に伝えたいことなどがあげられる。
    エンディングノートの構成に関して決まりはないので、自分がご家族に伝えたいと思う情報を書くようにする。

いかがでしたでしょうか。
遺言書と似ているエンディングノートですが、実は法的効力を持ち合わせていないことが分かりました。

エンディングノートには家族や友人に伝えたいと思うことと書き、遺産について希望がある場合は遺言書に書くようにするといいでしょう。

エンディングノートは作成する時期に関しても決まりはありません。
早いうちからエンディングノートを作成しておくことで、万が一の際にもしっかりと自分の思いを残された方に伝えることができます。

若いうちからエンディングノートを書くことについて以下の記事で詳しく解説をしています。
ぜひご活用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事