お墓にある板の正体は?卒塔婆と呼ばれる木の板について解説します!

お墓参りをしたときに周りのお墓を見てみると何やら不思議な木の板を見かけるという方も多いでしょう。この木の板はいったいどのようなもので、何のために立てられているのでしょうか?今回は、お墓に立てられているこの一見不思議な木の板について考えてみましょう。

目次

  1. お墓にある板について
  2. お墓の後ろにある板って一体何?
  3. お墓に卒塔婆を立てる意味とは?
  4. お墓に卒塔婆を立てるには?
  5. お墓の古くなった卒塔婆はどうすればいい?
  6. お墓にある板についてまとめ

お墓にある板について

お墓

お墓参りに出かけた際、何気なく周りのお墓を見てみると、一見すると何とも不思議な細長い木の板が何本も立っているのを目にしたことがありませんか?
それも、さらによく見ると、不思議な文字が、それもとても漢字にもひらがなにも見えないような形で黒く書かれています。

この不思議な木の板はいったい何のために立てられており、そしてそこに書かれている文言は何を意味するのでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、お墓に立っている不思議な木の板についていろいろと見ていきましょう。
なお、今回の記事では

  • お墓の後ろに立てられている木の板とは何なのだろうか?
  • お墓に立てられている「卒塔婆」と呼ばれる木の板は何のために立てているのか?
  • お墓に卒塔婆を立てるにはどのようにすればいいのか?
  • 古くなった卒塔婆はどのようにすればよいのか?

という各ポイントに沿ってお墓にある板について内容を進めていきます。
終活を行なっている方はぜひ参考にしてみてください。

お墓の後ろにある板って一体何?

お墓

お墓に何本も立てられている不思議な木の板はどのような名前を持っており、どのようにして立てられるに至ったのでしょうか?

ここでは、このお墓にある木の板の名前と由来について見ていきましょう。

お墓にある木の板は卒塔婆という名前

お墓にある木の板は卒塔婆(そとば)と呼ばれています。
細長い木の板でできているため、「板塔婆」という名前も持っており、また単純に「塔婆(とば)」とも呼ばれています。

ちなみにその長さはおおよそ1mから2mほどで、成人の背丈と同じくらいかそれ以上と考えてよいでしょう。

卒塔婆の起源

卒塔婆の起源は、古代インドで「仏塔」を意味する「ストゥーバ(ストゥーパ)」を漢語訳したものが、そのまま日本に伝わってきたものです。
ちなみに、仏塔の方はもともと、仏教の開祖であるお釈迦様のご遺骨を納めるための塔を意味していて、仏教寺院でもおなじみの五重塔のもととなりました。

そして、この五重塔をモデルにしてお墓の中につくられるようになったのが五輪塔で、さらにそれを簡略化した形で出現したのが卒塔婆です。
使われ始めたのは12世紀といわれています。

そのためか、卒塔婆の上の部分はどこか独特な形をしておりますが、これは上から順に五輪塔の形である「宝珠形・半円・三角形・円・四角形」を象っています。
これらの形にはちゃんとした意味があり、仏教の宇宙観の五大要素である「空・風・火・水・地」を象徴するものです。

お墓に卒塔婆を立てる意味とは?

お墓

卒塔婆がどのようなものであるのかについて見てきたところで、今度は卒塔婆を立てる意味についてより詳しく見ていきましょう。

なぜ卒塔婆を立てるの?

一見不思議な木の板であるお墓の卒塔婆は何のために立てられているのでしょうか?

これは一言でいえば、お墓に眠る故人やご先祖様の追善供養のためとされています。
一般的に仏教の中で卒塔婆を立てている宗派の考え方では、卒塔婆を立てることそのものが善行とみなされており、お墓の周りに板状の卒塔婆を立てることで善行を積み、それが故人やご先祖様のご冥福やご成仏につながると考えられています。

ちなみに、お墓周りに卒塔婆を立てることを卒塔婆供養といい、単に故人やご先祖様のご冥福やご成仏のためだけでなく、今生きている故人のご遺族の方のためになるとも考えられています。

卒塔婆に書かれた文字の意味は?

実は卒塔婆にはさまざまな文字が書かれているうえ、その内容も何種類かに分けられます。
卒塔婆に書かれた文字の意味には一体どのようなものがあるのかについて見ていきましょう。

戒名

卒塔婆に書かれている文字の内容としてまず挙げられるのが、故人の戒名です。
戒名とは簡単に言えば故人の死後の名前のことで、もともとは仏門に入った方のためにつけられていましたが、現在では人は亡くなった後に成仏するという考え方から、亡くなった方向けにお寺の方でつけられます。

とはいっても、卒塔婆の一番上からいきなり書かれるわけではありません。
戒名が書かれるのは卒塔婆の表側の真ん中あたりで、書き出しが「」という字から始まります。
これは、「故人の方である○○さん(○○は戒名)の為に立てた卒塔婆ですよ」という意味が込められています。

経文

卒塔婆には経文も書かれています。
どのような経文が書かれるかは、卒塔婆を立てる宗派によってさまざまです。

例えば、浄土宗であれば「南無阿弥陀仏」、日蓮宗であれば「南無妙法蓮華経」、天台宗と真言宗であれば梵字で「キャ・カ・ラ・バ・ア」と種子(しゅじ=梵字で表した主尊)が、禅宗であれば梵字で「キャ・カ・ラ・バ・ア」もしくは「大圓鏡智(だいえんきょうち)」と記されます。

ちなみに、浄土真宗の場合は経文がありません
それは、後で見るように浄土真宗では卒塔婆は立てないためです。

梵字

卒塔婆の中でひときわ目立つ存在といえば梵字が挙げられます。
梵字とは、古代インドのサンスクリット語やブラーフミー系文字を表したものを指し、日本へは密教とともに中国経由で伝わりました。
主に仏様や菩薩様を表した文字として卒塔婆だけでなくお経や五輪塔にもよく使われます。

さて、卒塔婆における梵字ですが、先ほど経文の項を見た際に、天台宗や真言宗では梵字で「キャ・カ・ラ・バ・ア」の文言と種子を記すことに触れてきました。
「キャ・カ・ラ・バ・ア」は、漢語訳すると「空・風・火・水・地」となり、これらは仏教の宇宙観の中の五大要素を表します。

また、他にも色で「青・黒・赤・白・黄色」を意味したり、形で「宝珠・半月・三角・円・正方形」を示したりすることもあります。

「キャ・カ・ラ・バ・ア」の下にはもう1つ種子(しゅじ)と呼ばれる梵字が記されます。
これは、十三仏と呼ばれる極楽へと導く13人の仏様を意味し、そのうちのどれかのお名前が梵字で書かれます。

さらに、天台宗や真言宗の場合、卒塔婆の裏面にバンと呼ばれる梵字が書かれます。
これは「大日如来(宇宙を象徴する仏様)」を意味し、卒塔婆に書かれた戒名の方が大日如来のお力で救われることを意味しています。

没年月日・供養年月日

卒塔婆には故人の没年月日や供養を行った年月日が裏面に書かれています。
供養については、年忌法要だけでなく、故人の納骨法要を行った日やお盆や彼岸会、お施餓鬼会の日付が記されることもあります。

施主名

施主名とは、故人をしのび、ご冥福やご成仏をお祈りするための法要を執り行うのに中心となった人物の名前を指します。
卒塔婆では施主名を裏面の一番下に「施主 ○○○○」という形で書き記します。

施主のほかにも、故人のご家族やご兄弟の名前でまとめて立てる場合もあり、その際には「○○家家族一同」や「兄弟一同」といった書かれ方がされます。

卒塔婆を立てる時期はいつ頃?

最初に卒塔婆を立てる時期について見ていきましょう。

卒塔婆を立てるのは故人のご遺骨をお墓に納骨する際です。
その後は、四十九日や一周忌といった故人が亡くなった後の節目に催される法要ごとに卒塔婆を新しく立て直していきます。

ただし、お寺側の方で進んで卒塔婆を立てておいてくれる場合や、何らかの事情で法事や法要に出かけることができない時は、お寺側に依頼してそのまま建てておいてもらうこともできます。

浄土真宗では卒塔婆を立てない理由は?

仏教の各宗派の中でも浄土真宗は卒塔婆を立てません
その理由として、浄土真宗では亡くなった方は阿弥陀如来のお力によって成仏し、極楽浄土でおまれ変わるという立場である他力本願に立っているためです。

そのため、故人のご冥福やご成仏を願って卒塔婆を立てることに特に意味を見出していません。
ただ、地域によっては宗派や寺院に関係なく卒塔婆を立てるところもあります

お墓に卒塔婆を立てるには?

困った人々

実際のところ、お墓に卒塔婆を立てるにはどのようにすればよいのでしょうか?
ここでは、卒塔婆を立てる際の方法や、それにかかる費用について見ていきましょう。

管理者に依頼する

卒塔婆を立てるためには、基本的には故人の菩提寺やお墓のある墓地・霊園の管理者に依頼をします。

立てるタイミングについては、事前に依頼して立ててもらう場合もあれば、訪れた際に直接依頼する場合もあります。
ただし、いつまでに依頼しておかなければいけないかについては、寺院や墓地・霊園によってそれぞれ異なるため、事前に確認しておくことが欠かせません。

ちなみに、卒塔婆を立てる場合は、塔婆立てと呼ばれる卒塔婆を立てるためのものに立てていきます。

塔婆立てはお墓の墓石と一体となっているものや、箱に並べていくものといったようにさまざまなものがありますが、宗派によっては立てる必要がない場合もあります。
なお、墓地や霊園によっては塔婆立ての長さがあらかじめ決まっている場合がありますので、その場合は規則について事前に聞くようにしましょう。

卒塔婆の費用はどれくらい?

卒塔婆を立てるうえでもやはり費用が必要です。

卒塔婆の費用の相場はどれくらいかといえば、3000円から1万円の間とされています。
卒塔婆を立てるための費用も、お布施という形でお寺や墓地・霊園の管理者に手渡すこととなるため、封筒に包んで渡します。
その際の表書きは、御塔婆料御布施となります。

お墓の古くなった卒塔婆はどうすればいい?

お墓

卒塔婆もずっと立てた状態にしておくと墓石と同じように風雨にさらされるため、当然ながら古くなります。
ご近所の小さい墓地などで古くなった卒塔婆が何本も立っている様子を見たことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。

ただ、古い卒塔婆はそのままにしておくと周囲の景観を悪くすることになったり、風の強い日には破損しやすくなったりするおそれもあります。
そのようなことを防ぐためにも、定期的に古くなった卒塔婆を処分してもらうことが大切です。

卒塔婆を処分する時期に決まりはありませんので、ご自身の判断に応じて処分してもらうこととなります。

卒塔婆を処分するための方法ですが、お炊き上げをする場合や裁断して一般ごみと同じように処分する場合、ご自身で持ち帰る場合など寺院や墓地・霊園によってさまざまです。
このため、詳しいことは寺院や墓地・霊園の管理者によく聞いておくようにしましょう。

注意しておくべきこととして、勝手にご自身で焼却することができないという点が挙げられます。
特に都市部にある寺院や墓地・霊園の場合、周りに住宅街があるということも少なくありません。
勝手に焼却すると、その際に出るススなどが住民の方が干している洗濯物に悪影響を及ぼす場合もあるためです。

お墓にある板についてまとめ

お墓

お墓にある不思議な木の板である卒塔婆についていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?
今回の内容をまとめますと、以下のポイントとして挙げることができます。

  • お墓に立てられている不思議な木の板は「卒塔婆」と呼ばれ、もともとはお釈迦様のご遺骨を納める仏塔から来ており、それが五輪塔に変化した後でそれを簡略化したものとして立てられるようになった。
  • お墓に卒塔婆を立てる意味として、お墓に眠る故人やご先祖様を供養するためというものがある。つまり、故人やご先祖様のご遺族である人々が善行を積むことで、故人やご先祖様の善行をも積むことにつながり、ご冥福やご成仏にもつながるというものである。ちなみに、浄土真宗では他力本願の教えがあるため卒塔婆は立てない。
  • お墓に立てられている卒塔婆に書かれている文字には梵字や経文、戒名、没年月日や供養年月日、施主の名前などが書かれている。なお、経文の内容は宗派により異なる。
  • 卒塔婆を立てるには基本的に菩提寺や墓地・霊園の管理者に依頼することとなる。なお、そのための費用の相場は3000円から1万円が相場である。
  • 古くなった卒塔婆は景観上の問題や破損の恐れを考えると定期的に処分するのが望ましい。そのための方法はお寺や墓地・霊園により異なる。

浄土真宗以外の宗派ではお墓に卒塔婆を立てることは、故人やご先祖様を供養していくという点で欠かせないことです。
実際のところ、立てる際には費用も掛かってくるため、終活の中でも考えておくべきことといえます。

中には、将来的にご家族に負担をかけたくない、もしくはなるべく負担を軽くしておきたいという理由で卒塔婆を立てる必要はないという方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合でも終活に取り組む中でご家族や菩提寺の住職に相談しておくことも大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・板」に関連する記事

「お墓・板」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・板」についてさらに知りたい方へ

お墓にある木の棒は何?お墓の木の棒の詳細や建て方まで解説します!のサムネイル画像

お墓にある木の棒は何?お墓の木の棒の詳細や建て方まで解説します!

卒塔婆と卒塔婆供養について、わかりやすく解説します。のサムネイル画像

卒塔婆と卒塔婆供養について、わかりやすく解説します。

お墓の後ろに立ててある「木札」は何?立てるための知識と準備のサムネイル画像

お墓の後ろに立ててある「木札」は何?立てるための知識と準備

お盆の塔婆供養のやり方をご紹介!卒塔婆についても解説しますのサムネイル画像

お盆の塔婆供養のやり方をご紹介!卒塔婆についても解説します

塔婆料を入れる封筒の書き方を解説します!表書きや中袋の注意点のサムネイル画像

塔婆料を入れる封筒の書き方を解説します!表書きや中袋の注意点

納骨式の費用はどれくらいかかるの?費用の相場・内訳を解説のサムネイル画像

納骨式の費用はどれくらいかかるの?費用の相場・内訳を解説

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介しますのサムネイル画像

仏教のお墓にはどういう意味がある?他の宗教との違いも紹介します

浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!のサムネイル画像

浄土真宗のお墓の建て方やお参りの仕方について詳しく解説します!

お墓の塔婆、意外と知らないその意味と供養について知っておこうのサムネイル画像

お墓の塔婆、意外と知らないその意味と供養について知っておこう

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・板」についてさらに知りたい方へ

お墓にある木の棒は何?お墓の木の棒の詳細や建て方まで解説します!のサムネイル画像

お墓にある木の棒は何?お墓の木の棒の詳細や建て方まで解説します!

卒塔婆と卒塔婆供養について、わかりやすく解説します。のサムネイル画像

卒塔婆と卒塔婆供養について、わかりやすく解説します。

お墓の後ろに立ててある「木札」は何?立てるための知識と準備のサムネイル画像

お墓の後ろに立ててある「木札」は何?立てるための知識と準備

お盆の塔婆供養のやり方をご紹介!卒塔婆についても解説しますのサムネイル画像

お盆の塔婆供養のやり方をご紹介!卒塔婆についても解説します

塔婆料を入れる封筒の書き方を解説します!表書きや中袋の注意点のサムネイル画像

塔婆料を入れる封筒の書き方を解説します!表書きや中袋の注意点

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと